センター長 加藤総夫教授写真
研究コア・リーダー 加藤総夫(兼任)
大橋十也(兼任)
上園晶一(兼任)
事務局 総合医科学研究センター神経科学研究部内
講座(研究室)の概要
慈恵医大・痛み脳科学センターが平成26年4月に発足しました。このセンターは、文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「痛みの苦痛緩和を目指した集学的脳医科学研究拠点の形成」(平成25-29年度)の支援を受けた研究を推進するため、本学の先端医学推進拠点群の1拠点として設立されたものです。
痛みは、ほとんどすべての臨床領域において、患者さんの苦しみの重要な原因となる訴えです。障害や炎症は強い急性痛を引き起こし、警告信号として働きますが、慢性化した痛みは、警告信号としての役割を果たさないにもかかわらずその苦痛によって患者さんを苦しめ続けます。本邦では国民の20%以上が何らかの慢性的な痛みを訴えています。近年の研究から、この苦痛は、脳の神経回路のはたらきによって生み出されていることがわかっています。本センターは、このような痛みの苦しみを生み出す脳機構を解明し、臨床におけるその緩和方法の開発を目指します。さらに、そこで得られた痛み脳科学の研究成果を、本学教職員および拠点で研究を進める研究者で共有することにより、基礎から臨床に至るまで「痛みのわかる慈恵」を実現し、痛みで苦しむ患者さんに還元することを目指します。
センターの3つのコア

痛み脳科学センターには、下記の3つのコアを設け、それらを中心に、痛みの苦しみの機構解明とその緩和を目指した医学研究推進を目指します。

痛み脳機構研究コア(リーダー:加藤総夫)

  • 慢性痛モデル動物を用い、慢性疼痛による脳内痛み関連領域の可塑的変化を生理学、形態学、薬理学、分子生物学・行動科学などのアプローチを用いて解析し、痛みによる可塑的変化の脳機構を解明します。
  • 我が国でも数少ない9.4T小動物MRI装置を用い、疼痛モデル動物の脳内活動を可視化し、治療的介入の効果を評価しその機構を解析します。

特定疾患疼痛研究コア(リーダー:大橋十也)

  • 本学が豊富な症例を有する小児遺伝病・脊髄空洞症・卒中後視床痛・線維筋痛症・有痛性糖尿病などの各疾患に固有の痛み、特に原因が不明の神経障害性疼痛や難治性疼痛に関する疫学的・分子生物学的解明を推進します。
  • 疾患モデル動物、培養細胞、iPS細胞を用いた細胞モデルなどの解析を進め、痛みの原因に迫り、治療法開発への扉を開きます。

臨床疼痛学研究コア(リーダー:上園晶一)

  • 難治性の慢性痛を訴える症例を豊富に持つ本学麻酔科学・リハビリテーション医学・ペインクリニック学・整形外科学・神経内科学・脳神経外科学を中心にした手術後疼痛・がん性疼痛・侵害受容性疼痛などの病態をさまざまなアプローチで解明します。
  • さらに、その解析に基づいた新規痛み緩和療法の開発および応用・評価を推進します。

機構の概略(2014年4月現在)
センター長 加藤総夫(「戦略的痛み研究拠点形成事業」代表;神経科学研究部)
研究コア・リーダー 加藤総夫(神経科学)・大橋十也(総医研)・上園晶一(麻酔)
ステアリング・ボード 嘉糠洋陸(実動研)・北原雅樹(麻酔)・下山直人(麻酔)・近藤一郎(麻酔)・安保雅博(リハ)・池田 亮(整形)・岡野J洋尚(再生医学)
アドバイザリー・ボード 籾山俊彦(薬理)・河合良訓(解剖)・丸毛啓史(整形)・宇都宮一典(糖内)・井口保之(神内)・村山雄一(脳外)・中川秀己(皮膚科)・岡本愛光(産婦人科) 推進本部 渡部文子(神経科学)・高橋由香里(神経科学)

講座(研究室)独自のホームページURL
http://www.jikei-neuroscience.com/jcnp/
痛み脳科学センターNewsletter
Newsletter[2014-04]
▲ このページのトップへ