教授 岡部 正隆教授写真

橋本 尚詞
講師 鈴木 英明
重谷 安代
助教 辰巳 徳史
西條 広起
矢野 十織
客員教授 ミヤケ ツトム
大学院生 (基礎コース)
竹内 理華
(臨床コース(再派遣))
亀島 佐保子
研究技術員 木村 巧、大木 静香
研究補助員 大村 マヤ
講座(研究室)の概要
 大正10年に本学が大学に昇格した際に設置された組織学教室(森田斉次教授)に端を発し、以来、組織学および発生学を中心とした研究と教育を行っています。「組織学教室」の名称は本邦医科大学の中で本学が先鞭をつけたものでした。昭和39年に第二解剖学教室と名称を変更、平成19年に解剖学講座が大講座化された後も、この組織学教室の流れを汲んで現在に至っています。
医学科教育について
 医学科2年生を対象とした解剖学・組織学・人体発生学の講義と実習を担当しています。実習に関しては組織学実習のすべてを担当する他、肉眼解剖学実習、脳解剖実習も担当しています。医学科3年生を対象として、医学英語専門文抄読演習、症候学演習、研究室配属に関する教育活動も行っています。また選択科目である医学研究でも複数の学生を受けいれています。
大学院教育・研究について
 組織学、組織化学、超微細形態学、実験発生学、発生遺伝学、バイオインフォーマティクス的方法論を用いて、ヒトを含む脊椎動物の構造・機能・発生・進化に関する研究を行っています。教員および大学院生がそれぞれのテーマで研究に従事しており、大学院生の研究技術指導は全教員で行っています。研究面では、特に脊椎動物の上陸に際して大きく形態を変化させた様々な臓器の発生・進化の研究が盛んです。対象としている臓器や部位は、鰓弓、歯、消化管、肺、心臓、副甲状腺、腎臓、横隔膜、耳、皮膚などです。
講座(研究室)からのメッセージ
 ゲノム時代の解剖学研究として発生遺伝学や進化発生学的研究を展開していますが、使用する研究手法は様々な分野に応用可能なものばかりです。大学院生として教室に参加する他にも、他講座・研究室の教職員のために非常勤研究員制度を教室独自に設けています。また学外の研究者は本学の訪問研究員制度を利用して教室に参加していただくことが可能です。興味のある方はいつでもご連絡ください。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年
医学科2年生:基礎医科学I、基礎医科学II
看護学科1年生:解剖生理学I
実習科目名称と対象学年
医学科2年生:基礎医科学I(細胞から個体へ実習)、基礎医科学II(形態系実習)
▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
器官・組織発生学
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究

カルシウム代謝関連器官の発生に関する研究

肺・呼吸器官の発生に関する研究

運動失調マウスの病理学的分子生物学的解析
先天奇形症候群の遺伝子診断および病態解析
神経堤とプラコードに派生する器官の形成
横隔膜の発生に関する研究
四肢動物の進化に関する研究
古代魚ポリプテルスのゲノム解析
耳と腎臓の初期発生に関する研究

ゼブラフィッシュを用いた付属肢(対鰭・四肢)の発生・進化メカニズムの解析、三次元器官の形態再生メカニズムの解析

▲ このページのトップへ
主な業績

1. Hashimoto H, Kawabe T, Fukuda T, Kusakabe M. "A Novel Ataxic Mutant Mouse Line Having Sensory Neuropathy Shows Heavy Iron Deposition in Kidney" Neurodegener Dis. 2017;17(4-5):181-198

2. Noda M, Miyake T, Okabe M. "Development of cranial muscles in the actinopterygian fish Senegal bichir, Polypterus senegalus Cuvier, 1829." J Morphol. 2017 Apr;278(4):450-463

3. Uchiyama T, Tatsumi N, Kamejima S, Waku T, Ohkido I, Yokoyama K, Yokoo T, Okabe M. "Hypermethylation of the CaSR and VDR genes in the parathyroid glands in chronic kidney disease rats with high phosphate diet." Hum Cell. 2016 Oct;29(4):155-61.

4. Miyake T, Kumamoto M, Iwata M, Sato R, Okabe M, Koie H, Kumai N, Fujii K, Matsuzaki K, Nakamura C, Yamauchi S, Yoshida K, Yoshimura K, Komoda A, Uyeno T, Abe Y. "The pectoral fin muscles of the coelacanth Latimeria chalumnae; Functional and evolutionary implications for the fin-to-limb transition and subsequent evolution of tetrapods." Anat Rec. (2016) 299(9):1203-23.

5. Nagasawa T, Kawaguchi M, Yano T, Sano K, Okabe M, Yasumasu S. "Evolutionary changes in the developmental origin of hatching gland cells in basal ray-finned fishes" Zoolog Sci. (2016) 33(3): 272-281.

6. Moriyama Y, Ito F, Takeda H, Yano T, Okabe M, Kuraku S, Keeley FW, Koshiba-Takeuchi K. "Evolution of the fish heart by sub/neofunctionalization of an elastin gene." Nat Commun. (2016) 7:10397.

7. Tatsumi N, Kobayashi R, Yano T, Noda M, Fujimura K, Okada N, Okabe M. "Molecular developmental mechanism in polypterid fish provides insight into the origin of vertebrate lungs." Sci Rep. (2016) 6:30580.

8. Shigetani Y, Wakamatsu Y, Tachibana T, Okabe M. "Conversion of neural plate explants to pre-placodal ectoderm-like tissue in vitro." Biochem Biophys Res Commun. (2016) 477(4):807-13.

9. Saijo H, Tatsumi N, Arihiro S, Kato T, Okabe M, Tajiri H, Hashimoto H. "Microangiopathy triggers, and inducible nitric oxide synthase exacerbates dextran sulfate sodium-induced colitis." Lab Invest. (2015) 95: 728-748.


10. Nikaido M, Noguchi H, Nishihara H, Toyoda A, Suzuki Y, Kajitani R, Suzuki H, Okuno M, Aibara M, Ngatunga BP, Mzighani SI, Kalombo HW, Masengi KW, Tuda J, Nogami S, Maeda R, Iwata M, Abe Y, Fujimura K, Okabe M, Amano T, Maeno A, Shiroishi T, Itoh T, Sugano S, Kohara Y, Fujiyama A, Okada N. "Coelacanth genomes reveal signatures for evolutionary transition from water to land." Genome Res. (2013) 23: 1740-1748.

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

○科学研究費補助金・若手研究(B) 「脊椎動物のヒレ・四肢骨格形態差を生みだす糖鎖修飾と発生メカニズム」(矢野)
○科学研究費補助金・基盤研究(C) 四肢動物の祖先モデルとしての古代魚ポリプテルスの実験動物化にかかる基盤整備(岡部)

▲ このページのトップへ
その他
日本解剖学会学術評議員(岡部)
NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構副理事長(岡部)
日本解剖学会学術評議員(橋本)
講座(研究室)独自のホームページURL
解剖学講座 岡部研究室
http://www.okabelab.jp/index.html
▲ このページのトップへ