教授 南沢 享教授写真
助教

寺田 昌弘
谷端 淳

その他

(客員教授)
関口 千春
(非常勤講師)
遠藤 陽一
大越 裕文

 
講座(研究室)の概要
 宇宙航空医学研究室は昭和40年4月に宇宙医学研究室として開設されました。初代教授は佐伯镹教授でその後、井川幸雄教授、本田芳男教授、酒井紀教授、栗原敏教授と引き継がれました。平成7年6月に組織替えのため細胞生理学講座(当時生理学講座第2)の傘下となり、名称も宇宙航空医学研究室と改名し、宇宙航空医学および環境医学の研究と教育を行なっています。
医学科教育について
 機能系実習では心電図、呼吸実習を行なっています。 3年生には症候学演習においてチューターを務めています。研究室配属では、航空医学、宇宙医学、環境医学などに関する研究を学生が主体となって行なっています。
講座(研究室)からのメッセージ
 宇宙航空医学はまだ新しい学問分野です。最近では日本人宇宙飛行士が宇宙ステーションに長期滞在するなどニュースでも話題になっています。しかし、地上と異なる環境に行ったときに生体がどのように変化し適応するかはまだよくわかっていません。また、宇宙医学の研究は宇宙環境を模擬するため、特殊な装置が必要となります。当研究室ではこれからもいろいろなアイデアを出して斬新な実験を計画していきたいと思っています。 また、米国NASAとの共同研究を行っており、学生派遣もしています。
▲ このページのトップへ
教育担当
実習科目名称と対象学年

2年生:機能系実習
3年生:症候学演習、研究室配属、感染・免疫テュートリアル


▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
循環生理学
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
微小重力が循環動態に与える影響に関する研究
空間認識機能が姿勢制御に与える影響に関する研究
長期宇宙滞在宇宙飛行士の毛髪分析による医学生物学的影響に関する研究
長期宇宙滞在飛行士の姿勢制御における帰還後再適応過程の解明
温熱作用が骨格筋萎縮防止に及ぼす研究
骨格筋萎縮へのCa2+シグナルの関与に関する研究
▲ このページのトップへ
主な業績
  1. 1.Ohira T, Ohira T, Kawano F, Shibaguchi T, Okabe H, Goto K, Ogita F, Sudo M, Roy RR, Edgerton VR, Cancedda R, Ohira Y. Effects of gravitational loading levels on protein expression related to metabolic and/or morphologic properties of mouse neck muscles. Physiological Reports 2 (1):e00183, 2014.

  2. 2.Ohira T, Wang XD, Ito T, Kawano F, Goto K, Izawa T, Ohno H, Kizaki T, Ohira Y., Macrophage deficiency in osteopetrotic (op/op) mice inhibits activation of satellite cells and prevents muscle hypertrophy in single soleus fibers. American Journal of Physiology. Cell Physiology 308 (10): C848-55, 2015.

  3. 3.Ohira T, Kawano F, Ohira Tomo, Goto K, Ohira Y., Responses of skeletal muscles to gravitational unloading and/or reloading., The Journal of Physiological Sciences 65 (4): 293-310, 2015.

  4. 4.Ishihara A, Nagatomo F, Terada M, Fujino H, Kondo H, Ishioka N. Effects of microgravity on the mouse triceps brachii muscle. Muscle Nerve 52(1): 63-68, 2015.

  5. 5.Indo H, Tomiyoshi T, Suenaga S, Tomita K, Suzuki H, Masuda D, Terada M, Ishioka N, Gusev OA, Cornette R, Okuda T, Mukai C, Majima H. MnSOD downregulation induced by extremely low 0.1 mGy single and fractionated X_rays and microgravity treatment in human neuroblastoma cell line, NB-1. J. Clin Biochem Nutr 57 (2): 98-104, 2015.

  6. 6.Ohira T, Okabe H, Kawano F, Fujita R, Ohira Tomo, Ohira K, Oke Y, Nakai N, Roy RR, Edgerton VR, Ohira Y. Speed and/or Inclination-Dependent Mobilization of Human Leg Muscles during. Acta Astronautica 116: 237-246, 2015.

  7. 7.Ohira L, Ohira T, Kitada K, Ohira T, Kawano F, Wakahara T, Kamibayashi K, Nakamura Y, Ohira Y. Anti-gravitational growth-associated changes in the mobilization of leg muscles during walking in one girl. Japanese Journal of Aerospace and Environmental Medicine 52 (2): 19-24, 2015.

  8. 8.Indo HP, Majima HJ, Terada M, Suenaga S, Tomita K, Yamada S, Higashibata A, Ishioka N, Kanekura T, Nonaka I, Hawkins CL, Davies MJ, Clair DK, Mukai C. Changes in mitochondrial homeostasis and redox status in astronauts following long stays in space. Scientific Reports. 6:39015. 2016.

  9. 9.Terada M, Seki M, Takahashi R, Yamada S, Higashibata A, Majima HJ, Sudoh M, Mukai C, Ishioka N, Effects of a Closed Space Environment on Gene Expression in Hair Follicles of Astronauts in the International Space Station. PLoS One. 11 (3); e0150801, 2016.

  10. 10.Islamov RR, Gusev OA, Tanabe A, Terada M, Tyapkina OV, Petrov KA, Rizvanov AA, Kozlovskaya IB, Nikolskiy EE, Grigorjev AI, Full-genome study of gene expression inlumbar spinal cord of mice after 30-days pace flight on Bion-M1biosatellite. Acta Astronautica. 122; 231-236, 2016.

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
  1. ○日本学術振興会科学研究費補助金・若手研究B 「神経活動を介した筋活動による脳機能への影響」(寺田)
  2. ○日本学術振興会科学研究費補助金・基盤研究C 「筋ジストロフィー病態における細胞内Ca2+動態の解明と新たな治療法の開発」(谷端)

▲ このページのトップへ
その他
【社会的活動】
日本生理学会 評議員(南沢)
日本宇宙航空環境医学会 評議員、若手の会世話人(寺田)
宇宙航空研究開発機構 ISS科学プロジェクト室 システム研究員(寺田)
日本宇宙生物科学会 財務委員、 企画委員(寺田)
日本体力医学会(評議委員)(谷端)
日本筋学会(運営員会 事務局長)(谷端)

【医学部以外の講義】

東京慈恵会医科大学医学部看護学科
慈恵看護専門学校

▲ このページのトップへ