教授 南沢 享教授写真
講師

暮地本 宙也

助教

谷端 淳

その他

(非常勤講師)
大越 裕文

 
講座(研究室)の概要
 宇宙航空医学研究室は昭和40年4月に宇宙医学研究室として開設されました。初代教授は佐伯镹教授でその後、井川幸雄教授、本田芳男教授、酒井紀教授、栗原敏教授と引き継がれました。平成7年6月に組織替えのため細胞生理学講座(当時生理学講座第2)の傘下となり、名称も宇宙航空医学研究室と改名し、宇宙航空医学および環境医学の研究と教育を行なっています。
医学科教育について
 機能系実習では心電図、呼吸実習を行なっています。 3年生には症候学演習においてチューターを務めています。研究室配属では、航空医学、宇宙医学、環境医学などに関する研究を学生が主体となって行なっています。
講座(研究室)からのメッセージ
 宇宙航空医学はまだ新しい学問分野です。最近では日本人宇宙飛行士が宇宙ステーションに長期滞在するなどニュースでも話題になっています。しかし、地上と異なる環境に行ったときに生体がどのように変化し適応するかはまだよくわかっていません。また、宇宙医学の研究は宇宙環境を模擬するため、特殊な装置が必要となります。当研究室ではこれからもいろいろなアイデアを出して斬新な実験を計画していきたいと思っています。
▲ このページのトップへ
教育担当
実習科目名称と対象学年

2年生:機能系実習
3年生:症候学演習、研究室配属、感染・免疫テュートリアル、医学英語専門文献抄読Ⅰ


▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
循環生理学
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
骨格筋萎縮へのCa2+シグナルの関与に関する研究
筋萎縮の病態に迫るミトコンドリアの役割解明に関する研究
筋の萎縮を検出する尿中バイオマーカーに関する研究
マウス胃組織への微小重力環境の影響に対する形態学的解析
(2018年度「きぼう」利用マウスサンプルシェアテーマ採択課題)
重力制御装置Graviteを用いた細胞の機能形態への重力の影響の解析
▲ このページのトップへ
主な業績
  1. 1.Bochimoto H, Kondoh D, Nagata R, Ishihara Y, Tomiyasu J, Han K, Shimada K, Sasaki M, Kitamura N, Fukushima M, Ultrastructural changes in colonic epithelial cells in a rat model of inflammatory bowel disease., Microsc. Res. Tech. (2019) jemt.23285. doi:10.1002/jemt.23285.

  2. 2.Hosokawa M(Kyoto Univ.), Takeuchi A(Kyoto Univ.), Tanihata J, Iida K(Kyoto Univ.), Takeda S (National Center of Neurology and Psychiatry: NCNP), Hagiwara M Kyoto Univ.): Loss of RNA-binding protein Sfpq causes long-gene transcriptopathy in skeletal muscle and severe muscle mass reduction with metabolic myopathy. iScience, 2019

  3. 3.Shibasaki H (NCNP), Imamura M(NCNP), Arima S(NCNP), Tanihata J, Kuraoka M(NCNP), Matsuzaka Y(NCNP), Uchiumi F (Tokyo Univ. of Science), Tanuma SI (Tokyo Univ. of Science), Takeda S (NCNP): Characterization of a novel microRNA, miR-188, elevated in serum of muscular dystrophy dog model. PLoS One, 14: e0211597, 2019

  4. 4.Tanihata J, Nishioka N, Inoue T, Bando K, Minamisawa S: Urinary titin is increased in patients after cardiac surgery. Front Cardiovasc Med, 6: 7, 2019

  5. 5.Masaki Y (Tokyo Institute of Technology: TIT), Yamamoto K (TIT), Inde T (TIT), Yoshida K (TIT), Maruyama A (TIT), Nagata T (Tokyo Medical and Dental University: TMDU), Tanihata J, Takeda S (NCNP), Sekine M (TIT), Seio K(TIT): Synthesis of 2'-O-(N-methylcarbamoylethyl) 5-methyl-2-thiouridine and its application to splice-switching oligonucleotides. Bioorg Med Chem Lett, 29: 160-163, 2019

  6. 6.Tanihata J, Nagata T (TMDU), Ito N (NCNP), Saito T(NCNP), Nakamura A (Shinshu Univ.), Minamisawa S, Aoki Y (NCNP), Ruegg UT (Geneva Univ.), Takeda S (NCNP): Truncated dystrophin ameliorates the dystrophin phenotype of mdx mice by reducing sarcolipin-nediated SERCA inhibition. Biochem Biophys Res Commun, 505: 51-59, 2018

  7. 7.谷端 淳,武田伸一 (NCNP):骨格筋の質的可塑性を調節する分子メカニズム(組織・臓器,個体における動的恒常性とその破綻).実験医学 増刊 2019; 96-102

  8. 8.谷端 淳, 野口 悟 (NCNP):骨格筋の機能解析(筋肥大・萎縮誘導モデル,運動・筋機能評価,筋張力測定). 実験医学 増刊 2018; 211-214,

  9. 9.谷端 淳, 武田伸一(国立精神・神経医療研究センター:NCNP):骨格筋内の遺伝子調節を介した全身のエネルギー代謝制御機構. Clin Calcium 2018; 28 (1): 23-29 (総説)

  10. 10.Wada E (Tokyo medical Univ.), Tanihata J, Iwamura A (Osaka Univ.), Takeda S (National Center of Neurology and Psychiatry: NCNP), Hayasji KY (Tokyo medical Univ.), Matsuda R(Tokyo Univ.). Treatment with the anti-IL-6 receptor antibody attenuates muscular dystrophy via promoting skeletal muscle regeneration in dystrophin-/utrophin-deficient mice. Skeletal Muscle. 7: 23, 2017

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
  1. ○文部科学省科学研究費助成事業・基盤研究(A) 分担研究者 「イモリ型の臓器再生を可能にする体細胞リプログラミング因子の解明と医学への展開」 2018~2023年 (谷端)
  2. ○文部科学省科学研究費助成事業・若手研究(B) 代表研究者 「内分泌細胞における細胞内分解系制御マシナリー解明への形態学的アプローチ」 2016~2018年 (暮地本)
  3. ○文部科学省科学研究費助成事業・基盤研究(C) 代表研究者 「筋ジストロフィー病態における細胞内Ca2+動態の解明と新たな治療法の開発」2016〜2018年(谷端)

▲ このページのトップへ
その他
【社会的活動】
日本宇宙航空環境医学会 理事(南沢享)
日本体力医学会(評議委員)(谷端)
日本筋学会(運営委員会 事務局長)(谷端)
日本生理学会 評議員(谷端)
旭川医科大学客員准教授(暮地本)
帯広畜産大学原虫病研究センター共同研究員(暮地本)

【医学部以外の講義】

東京慈恵会医科大学医学部看護学科
慈恵看護専門学校

▲ このページのトップへ