教授 吉田 清嗣教授写真
助教 青木 勝彦
與五沢 里美
山田 幸司
大学院生 山本 武徳
岡部 陽菜子
隈本 智卓
間嶋 志保
訪問研究員 江田 誉
大薗 三千代
研究補助員 多胡 直子
小松 亜希子
 
講座(研究室)の概要
歴史や簡単な紹介
 生化学講座の源流は、東京慈恵会医院医学専門学校時代の明治41年9月、東京帝国大学医科大学・医化学助教授・須藤憲三への医化学講義委嘱まで遡ります。正式には、大正2年(1913)9月11日に永山武美が医化学講座担当として初代教授に任命されて、講座が創設されました。その後、牧野堅、松田誠、大川清が教授を歴任し、平成24年度より吉田清嗣が講座を主宰しています。研究は学祖高木兼寛に始まる水溶性ビタミンを本流に神経抑制物質、そして癌研究へと多彩に変遷してきました。
医学科教育について
 生化学教育は、分子生物学講座と連携してユニット「分子から生命へ」を担当しています。生化学はあらゆる臨床医学と密接に関連しており、基礎医学の根幹を成していることから、コアカリキュラムを重視し、授業内容を厳選しています。また進展の著しい分野には、少人数の演習によるチュートリアル教育手法を導入し、自主的な検索・学習を促す方針をとっています。これら机上の学問を実体験できる生化学実習教育も、動物を対象に遺伝子型と表現型解析のup to dateな実習プログラムを、教員スタッフ全員で週を通して終日実習に専念できる日程で行っています。
大学院教育・研究について

 生化学講座では悪性腫瘍の病態解明と診断・治療への応用を見据えた生化学・分子生物学的研究を行っています。また癌のみならず様々な疾患の病因関連分子の探索や機能解析を進めています。さらに細胞増殖や分化調節、細胞分裂のメカニズムなど、より基礎的な細胞制御の仕組みにも積極的に取り組んでいます。大学院教育では、全教員が個々の大学院生のテーマにきめ細かく対応し、学位取得まで一貫した研究指導を行っています。卒業生は臨床医学にとどまらず、基礎研究分野でも活躍する多くの医学博士を輩出しています。

講座(研究室)からのメッセージ
 当講座では病態の分子メカニズム解明と、それにより得られた知見を基盤とした疾患治療への応用展開に繋がる基礎研究を行っています。世界に伍していけるユニークな研究の遂行を目標に、生化学・分子生物学の基礎的知識・手技と最新の知見を修養し、独自の研究を開拓できる自立した研究者の養成に力を入れています。現在、本学の臨床講座、医・理系の他大学や企業研究機関との共同研究も活発に行われており、意欲にあふれる教員、医師、大学院生の参加を心より歓迎します。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年
基礎医科学1ユニット「分子から生命へ」(2年次)
基礎医科学2ユニット「血液造血器系」(2年次)
臨床基礎医学1ユニット「腫瘍学」、「炎症学」(3年次)
実習科目名称と対象学年
基礎医科学1ユニット「分子から生命へ」(2年次)
研究室配属(3年次)
選択実習(6年次)
その他に看護学科、他大学の関連講義が組み込まれている。
▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
病態解析・生体防御学 生化学・病態医化学(吉田 清嗣)
器官病態・治療学 分子腫瘍学(吉田 清嗣(兼任))
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
細胞増殖・分化の制御とその破綻による発癌の分子機構
リン酸化によって調節される細胞分裂の分子メカニズム
細胞内シグナル伝達を基盤とした細胞制御機構
プロテオミクスによる疾患関連分子の探索とその機能解析
▲ このページのトップへ
主な業績
[原著論文]
  1. 1. Kagami Y, Ono M, Yoshida K. Plk1 phosphorylation of CAP-H2 triggers chromosome condensation by condensin II at the early phase of mitosis. Sci. Rep. in press

  2. 2. Ito D, Yogosawa S, Mimoto R, Hirooka S, Horiuchi T, Eto K, Yanaga K, Yoshida K. DYRK2 is a suppressor and potential prognostic marker for liver metastasis of colorectal cancer. Cancer Sci. in press

  3. 3. Honda M, Yogosawa S, Kamada M, Kamata Y, Kimura T, Koike Y, Harada T, Takahashi H, Egawa S, Yoshida K. A novel near-infrared fluorescent protein, iRFP720, facilitates transcriptional profiling of prostate cancer bone metastasis in mice. Anticancer Res. 37:3009 -3013 (2017)

  4. 4. Yamamoto T, Nihira NT, Yogosawa S, Aoki K, Takeda H, Sawasaki T, Yoshida K. Interaction between RNF8 and DYRK2 is required for the recruitment of DNA repair molecules to DNA double-strand breaks. FEBS Lett. 591:842-853 (2017)

  5. 5. Mimoto R, Nihira NT, Hirooka S, Takeyama H, Yoshida K. Diminished DYRK2 sensitizes hormone receptor-positive breast cancer to everolimus by the escape from degrading mTOR. Cancer Lett. 384:27-38 (2017)

  6. 6. Mimoto R, Imawari Y, Hirooka S, Takeyama H, Yoshida K. Impairment of DYRK2 augments stem-like traits by promoting KLF4 expression in breast cancer. Oncogene 36:1862-1872 (2017)

  7. 7. Dashzeveg N, Yogosawa S, Yoshida K. Transcriptional induction of protein kinase C delta by p53 tumor suppressor in the apoptotic response to DNA damage. Cancer Lett. 374:167 -174 (2016)

  8. 8. Asakura T, Yamaguchi N, Ohkawa K, Yoshida K. Proteasome inhibitor-resistant cells cause EMT-induction via suppression of E-cadherin by miR-200 and ZEB1. Int. J. Oncol. 46:2251-2260 (2015)

  9. 9. Yamaguchi N, Mimoto R, Yanaihara N, Imawari Y, Hirooka S, Okamoto A, Yoshida K. DYRK2 regulates epithelial-mesenchymal-transition and chemosensitivity through Snail degradation in ovarian serous adenocarcinoma. Tumor Biol. 36:5913-5923 (2015)

  10. 10. Matsumoto M, Matsuura T, Aoki K, Maehashi H, Iwamoto T, Ohkawa K, Yoshida K, Yanaga K, Takada K. An efficient system for secretory production of fibrinogen using a hepatocellular carcinoma cell line. Hepatol. Res. 45:315-325 (2015)

  11. 11. Kagami Y, Nihira K, Wada S, Ono M, Honda M, Yoshida K. Mps1 phosphorylation of condensin II controls chromosome condensation at the onset of mitosis. J. Cell Biol. 205:781-790 (2014)

  12. 12. Taira N, Yamaguchi T, Kimura J, Lu Z-G, Fukuda S, Higashiyama S, Ono M, Yoshida K. Induction of amphiregulin by p53 promotes apoptosis via control of microRNA biogenesis in response to DNA damage. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 111:717-722 (2014)

  13. 13. Dashzeveg N, Taira N, Lu Z-G, Kimura J, Yoshida K. Palmdelphin, a novel target of p53 with Ser46 phosphorylation, controls cell death in response to DNA damage. Cell Death & Disease 5:e1222 (2014)

  14. 14. Nakazawa K, Dashzeveg N, Yoshida K. Tumor suppressor p53 induces miR-1915 processing to inhibit Bcl-2 in the apoptotic response to DNA damage. FEBS J. 281:2937-2944 (2014)

  15. [総説]
  1. 1. Kagami Y, Yoshida K. The functional role for condensin in the regulation of chromosomal organization during the cell cycle. Cell. Mol. Life Sci. 73:4591-4598 (2016)

  2. 2. Dashzeveg N, Yoshida K. Crosstalk between tumor suppressors p53 and PKCδ: Execution of the intrinsic apoptotic pathways. Cancer Lett. 377:158-163 (2016)

  3. 3. Dashzeveg N, Yoshida K. Cell death decision by p53 via control of the mitochondrial membrane. Cancer Lett. 367:108-112 (2015)
     
  4. 4. Nihira NT, Yoshida K. Engagement of DYRK2 in proper control for cell division. Cell Cycle 14:802 -807 (2015)

  5. [著書]
  1. 1. 吉田清嗣 『PKCシグナル』 「キーワードで理解するシグナル伝達イラストマップ」改訂版 羊土社 pp.74-76 (2012)

    2. 山田幸司  『核輸送因子インポーティンα1の新たな機能』 「次世代がん治療 −発症・転移メカニズムからがん免疫療法・ウイルス、診断法まで−」 NTS pp.285-294 (2017)

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
  1. ○文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(B) 「癌幹細胞の可塑性が誘起する腫瘍転移の分子機構解明」 (代表:吉田清嗣)
  2. ○文部科学省科学研究費補助金・挑戦的萌芽研究 「がん細胞の生存に必須な遺伝子を探索する」 (代表:青木勝彦)
  3. ○文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(C) 「糖・脂質代謝制御を介したがんの進展・転移機構の解明」 (代表:與五沢里美)
  4. ○文部科学省科学研究費補助金・若手研究(B) 「細胞外放出されるimportin α1が肝がん微小環境で果たす役割」 (代表:山田幸司)
▲ このページのトップへ
その他

日本癌学会 評議員 (吉田清嗣)
日本生化学会 評議員、代議員 (吉田清嗣)
東京医科歯科大学 非常勤講師 (吉田清嗣)

▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 生化学講座
http://jikei-biochem.wixsite.com/yoshidalab
▲ このページのトップへ