教授 水之江 義充教授写真
講師 田嶌 亜紀子
岩瀬 忠行
杉本 真也
奥田 賢一
助教 千葉 明生
大学院生 吉井 悠
米本 圭吾
講座(研究室)の概要
 細菌学教室は1910年に設立され、2010年で100周年を迎えました。教室開設以前には北里柴三郎や秦佐八郎らの著名な研究者が黴菌学の講義を行ったとの記録があります。昭和40年代より黄色ブドウ球菌に関する研究を最重要研究テーマとして掲げ、日本のブドウ球菌研究の一翼を担ってまいりました。
医学科教育について
 細菌・真菌と感染、感染症総論の講義では、病原細菌による感染症成立機序および感染制御の方策について理解をしてもらうことを目指しています。 細菌学実習では、無菌操作やグラム染色法の習得、薬剤感受性検査の原理、鼻腔からの細菌の採取・同定などを行っています。 感染・免疫テュートリアルでは、臨床症例の病態理解・症候へのアプローチを可能とする能力およびグループ学習を通じて討論ならびにコミュニケーション技法を身につけることを目指しています。 研究室配属、選択実習では研究の立案、実験手技の習得、データの解析および発表能力を身につけることを目指しています。
大学院教育・研究について
 大学院教育においては、研究基盤となる様々な実験手法や考え方を教授するとともに、研究テーマに関連した最新の情報や論文を紹介し、論文の作製・解析能力や批判能力を養えるよう努めています。 研究においては、病原因子等の細菌の遺伝子の発現をより環境(宿主内)に近い状態で検討を加えたいと考えています。近年、環境中や感染巣でのバイオフィルム形成が問題となっています。バイオフィルム内の細菌は、浮遊細菌に比べ消毒薬や抗菌剤に抵抗を示し慢性難治性感染症の原因となると考えられます。バイオフィルムの形成を抑制することは、感染症特に院内感染症や日和見感染症の予防・治療に重要であると思われます。バイオフィルム形成のメカニズムを解明し、その根絶法をはかる方策を樹てたいと考えています。
講座(研究室)からのメッセージ
 医学部に属する基礎研究者にとって、研究の結果が疾病の治療や予防に役立つことが望ましいと考えています。その観点に基づき臨床の先生方と常にコミュニケーションを取り、臨床における感染症の問題点を探って行きたいと思っています。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年
臨床基礎医学(医学科3年) ユニット「細菌・真菌と感染」、「感染症総論」
実習科目名称と対象学年

細菌学実習(医学科3年)
研究室配属(医学科3年)
選択実習(医学科6年)
感染・免疫テュートリアル(医学科3年)

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
病態解析・生体防御学> 細菌学
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
黄色ブドウ球菌・大腸菌のバイオフィルム形成機構の解明およびバイオフィルム形成を阻害する医療素材の開発
大気圧走査電子顕微鏡(ASEM)を用いたバイオフィルムの構造解析
バイオフィルム感染症によるアミロイドーシス発症メカニズムの解明
VNC(viable but nonculturable:生きているが培養できない)病原細菌の分子メカニズムに関する研究
腸内細菌が宿主窒素代謝に与える影響
▲ このページのトップへ
主な業績

1.Iwase T, Matsuo T, Nishioka S, Tajima A, Mizunoe Y. Hydrophobicity of Residue 128 of the Stress-Inducible Sigma Factor RpoS Is Critical for Its Activity. Front Microbiol. 8: 656, Apr 2017.

2.Iwase T, Ogura Y, Hayashi T, Mizunoe Y. Complete Genome Sequence of Klebsiella oxytoca Strain JKo3. Genome Announc. 4(6): pii: e01221-16, Nov 2016.

3.Sugimoto S, Okuda K, Miyakawa R, Sato M, Arita-Morioka K, Chiba A, Yamanaka K, Ogura T, Mizunoe Y, Sato C. Imaging of bacterial multicellular behaviour in biofilms in liquid by atmospheric scanning electron microscopy. Sci Rep. 6:25889, May 2016.

4.Iwase T, Ogura Y, Hayashi T, Mizunoe Y. Complete genome sequence of Klebsiella pneumoniae YH43. Genome Announc. 4 (2): pii: e00242-16, Apr 2016.

5.Koyama R, Okuda K, Matsushita K, Beppu M, Mizunoe Y. Antimicrobial and antibiofilm effects of ozonated water for prevention and treatment of bone and joint infections. J. St. Marianna Univ. 6 (1): p1-7, Jun 2015.

6.Sugimoto S, Arita-Morioka KI, Mizunoe Y, Yamanaka K, Ogura T. Thioflavin T as a fluorescence probe for monitoring RNA metabolism at molecular and cellular levels. Nucleic Acids Res.43(14): e92, Aug 2015.

7.Chiba A, Sugimoto S, Sato F, Hori S, Mizunoe Y. A refined technique for extraction of extracellular matrixes from bacterial biofilms and applicability. Microb Biotechnol. 8(3): 392-403, May 2015.

8.Arita-Morioka K, Yamanaka K, Mizunoe Y, Ogura T, Sugimoto S. A novel strategy for biofilm inhibition by using small molecules targeting molecular chaperone DnaK. Antimicrob Agents Chemother. 59(1): 633-41, Jan 2015.

9.Kinoshita T, Mori Y, Hirano K, Sugimoto S, Okuda K, Matsumoto S, Namiki T, Ebihara T, Kawata M, Nishiyama H, Sato M, Suga M, Higashiyama K, Sonomoto K, Mizunoe Y, Nishihara S, Sato C. Immuno-electron microscopy of primary cell cultures from genetically modified animals in liquid by atmospheric scanning electron microscopy. Microsc Microanal. 20(2): 469-83. Apr 2014.

10.Okuda K, Zendo T, Sugimoto S, Iwase T, Tajima A, Yamada S, Sonomoto K, Mizunoe Y. Effects of bacteriocins on methicillin-resistant Staphylococcus aureus biofilm. Antimicrob Agents Chemother. 57(11): 5572-9. Nov 2013.

11.Iwase T, Tajima A, Sugimoto S, Okuda K, Hironaka I, Kamata Y, Takada K, Mizunoe Y. A simple assay for measuring catalase activity: a visual approach. Sci Rep. 3: 3081. Oct 2013.

12.Hironaka I, Iwase T, Sugimoto S, Okuda K, Tajima A, Yanaga K, Mizunoe Y. Glucose triggers ATP secretion from bacteria in a growth-phase-dependent manner. Appl Environ Microbiol. 79(7): 2328-35. Apr 2013.

13.Sugimoto S, Iwamoto T, Takada K, Okuda K, Tajima A, Iwase T, Mizunoe Y. Staphylococcus epidermidis Esp degrades specific proteins associated with Staphylococcus aureus biofilm formation and host-pathogen interaction. J Bacteriol. 195(8): 1645-55. Apr 2013.

14.Sugimoto S, Iwase T, Sato F, Tajima A, Shinji H, Mizunoe Y. Cloning, expression and purification of extracellular serine protease Esp, a biofilm-degrading enzyme, from Staphylococcus epidermidis. J Appl Microbiol. 111(6): 1406-15. Dec 2011.

15.Shinji H, Yosizawa Y, Tajima A, Iwase T, Sugimoto S, Seki K, Mizunoe Y. Role of fibronectin-binding proteins A and B in in vitro cellular infections and in vivo septic infections by Staphylococcus aureus. Infect Immun. 79(6): 2215-23. Jun 2011.

16.Iwase T, Uehara Y, Shinji H, Tajima A, Seo H, Takada K, Agata T, Mizunoe Y. Staphylococcus epidermidis Esp inhibits Staphylococcus aureus biofilm formation and nasal colonization. Nature. 465(7296): 346-9. May 2010.

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

○文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(B) 「バイオフィルム形成機構に立脚した阻害法の開発」

○文部科学省科学研究費補助金・挑戦的萌芽研究「採食行動の進化における腸内細菌の役割」

○文部科学省科学研究費補助金・若手研究(A)「バイオフィルムマトリクス成分の新機能の開拓」

○国立研究開発法人 科学技術振興機構・ERATO「大気圧走査電子顕微鏡(ASEM)を用いた複合微生物集団の構造と機能の統合的理解」

○上原記念生命科学財団研究奨励金「VIII型分泌装置の作動原理の解明」

○熊本大学発生医学研究所共同研究旅費支援「分子シャペロンによる菌体外アミロイド線維形成タンパク質の品質管理機構」

○文部科学省科学研究費補助金・若手研究(B)「創薬を指向した新規バイオフィルム形成阻害物質の作用機序研究」

○学術研究振興資金(若手研究者奨励金)「RNAの新機能の解明」

○文部科学省科学研究費補助金・特別研究員奨励費「黄色ブドウ球菌のバイオフィルム形成を阻害する低分子化合物の作用機序解析」

▲ このページのトップへ
その他
【社会的な活動・その他】
日本バイオフィルム学会理事
日本ブドウ球菌研究会運営委員
 
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 細菌学講座
http://square.umin.ac.jp/saikin/
▲ このページのトップへ