教授 嘉糠 洋陸教授写真
准教授

石渡 賢治

助教 青沼 宏佳、山地 佳代子、佐久間 知佐子、保科 斉生  
研究員 池田 愛
大学院生 吉田 拓磨
訪問研究員 吉川 宗一郎(東京医科歯科大学)、太田 卓哉(東京医科歯科大学)
非常勤講師 濱田 篤郎(東京医科大学)、 辻 守哉(ロックフェラー大学)
その他

[臨時研究職員]
中本 葉月

[研究補助員]
岩波 幸、原田 友美

講座(研究室)の概要
 熱帯医学講座の前身である寄生虫学講座は昭和41年に半講座として発足し、昭和47年小林昭夫教授の昇任に伴い完全講座へと昇格しました。その後大友弘士教授(平成4年〜)、渡辺直煕教授(平成13年〜)、嘉糠洋陸教授(平成23年〜)と引き継がれています。平成6年に熱帯医学講座と名称を変更しました。この間、寄生虫学の講義及び実習、寄生虫症の診断治療の一部および基礎研究を行ってきました。
医学科教育について
 基礎医学修得後の学生を対象に行っています。寄生虫症の病因となる原虫、蠕虫(線虫、吸虫、条虫)の概略と、ヒトの寄生虫疾患の感染様式、寄生部位、宿主反応、病態生理を踏まえてその診断、治療、予防を理解し、将来医師として応用可能な基礎知識を修得することを目標としています。
大学院教育・研究について
 熱帯医学及び医動物学を対象としています。熱帯医学は熱帯で見られる疾病に関する幅広い学問領域ですが、ここではとくに寄生虫疾患を取り上げています。医動物学は病害動物と感染症に関与する動物についての科学であり、節足動物、軟体類、魚類〜哺乳類などが含まれます。基礎研究は、宿主と寄生体との相互作用の解析を中心に行っています。宿主の応答は免疫学的に、寄生虫の応答を生化学あるいは分子生物学的に解析しています。
講座(研究室)からのメッセージ
 生物学、疫学、環境問題などミクロの世界から地球規模の多様な領域と関連することが少なくない、とても魅力的な学問分野です。とくに、宿主と寄生体のダイナミックな相互作用は、研究者を「実に面白い」と思わせしめています。世界的に依然として重要な領域のひとつである熱帯医学や医動物学は、この日本で活躍する場がなくなりつつあるように感じられますが、果たしてそうでしょうか?今の日本が世界に貢献し得る分野のひとつかも知れません。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

臨床基礎医学I(医学科3年)ユニット「免疫と生体防御」
臨床基礎医学II(医学科3年)ユニット「寄生虫と感染」

実習科目名称と対象学年

臨床基礎医学I(医学科3年)ユニット「免疫学実習」
臨床基礎医学II(医学科3年)ユニット「寄生虫学実習」
感染・免疫チュートリアル(医学科3年)
研究室配属(医学科3年)
選択実習(医学科6年)

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
熱帯医学・医動物学
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
①小形条虫と昆虫中間宿主(甲虫)における相互作用の解明
②ハエ類による病原細菌の摂食媒介の分子基盤
③トキソプラズマ症の新しい検査法の応用と開発
④マラリア媒介蚊の病原体排除・共存バランスとそのメカニズムの解明
⑤腸管寄生虫と宿主間の相互作用の解析
⑥マラリア感染時の宿主血中アミノ酸インフォマティクス
⑦マラリア媒介蚊における腸管内細菌のゆらぎ
⑧寄生性線虫の生活環における環境応答性トランジション
⑨等温遺伝子増幅法によるマラリア媒介蚊の殺虫剤耐性変異の検出
⑩吸血ターゲット認識におけるマラリア媒介蚊の口吻の新しい役割
⑪マダニよる宿主認識と病原体伝播メカニズムの解明
⑫遺伝子改変による高効率化マゴットセラピー法の開発
⑬デング熱媒介蚊における吸血行動の神経行動学的な理解
▲ このページのトップへ
主な業績
1. Bando H, Okado K, Guelbeogo WM, Badolo A, Aonuma H, Nelson B, Fukumoto S, Xuan X, Sagnon N, Kanuka H. “Intra-specific diversity of Serratia marcescens in Anopheles mosquito midgut defines Plasmodium transmission capacity.”Scientific Reports 3: 1641 (2013)

2. Takeishi A, Kuranaga E, Tonoki A, Misaki K, Yonemura S, Kanuka H, Miura M. “Homeostatic epithelial renewal in the gut is required to dampen a fatal systemic wound response in Drosophila.”Cell Reports 3(3): 919-930 (2013)

3. Nelson B, Freisinger T, Ishii K, Okado K, Shinzawa N, Fukumoto S, Kanuka H. “Activation of Imd pathway in hemocyte confers infection resistance through humoral response in Drosophila.” Biochem Biophys Res Commun 430(3): 1120-1125 (2013)

4. Saiki E, Nagao K, Aonuma H, Fukumoto S, Xuan X, Bannai M, Kanuka H. "Multivariable analysis of host amino acids in plasma and liver during infection of malaria parasite Plasmodium yoelii." Malaria J 12: 19 (2013)

5. Badolo A, Okado K, Guelbeogo WM, Aonuma H, Bando H, Fukumoto S, Sagnon N, Kanuka H. "Development of an allele-specific, loop-mediated, isothermal amplification method (AS-LAMP) to detect the L1014F kdr-w mutation in Anopheles gambiae s. l." Malaria J 11: 227 (2012)

6. Doi Y, Shinzawa N, Fukumoto S, Okano H, Kanuka H. “Calcium signal regulates temperature-dependent transformation of sporozoites in malaria parasite development.” Exp Parasitol128(2): 176-180 (2011)

7. Maekawa E, Aonuma H, Nelson B, Yoshimura A, Tokunaga F, Fukumoto S, Kanuka H. “The role of proboscis of the malaria vector mosquito Anopheles stephensi in host-seeking behavior.” Parasit Vectors4(1): 10 (2011)

8. Kubori T, Shinzawa N, Kanuka H, and Nagai H. “Legionella metaeffector exploits host proteasome to temporally regulate cognate effector.” PLoS Pathogens6(12): e1001216 (2010)

9.Ishiwata K, Watanabe N, Guo M, Tomihara K, Brumlik MJ, Yagita H, Pardoll D, Chen L, Shin T. “Costimulator B7-DC attenuates strong Th2 responses induced by Nippostrongylus brasiliensis.” J Immunol184(4): 2086-2094 (2010)

10.Kumagai M, Inaba T, Makioka A, Ishiwata K, Onishi K, Watanabe N. “An improved glycerin-jelly mounting procedure for permanent preparations of helminth eggs.” J Parasitol96(2): 440-441 (2010)

11. Doi Y., Shinzawa N., Fukumoto S., Okano H., andKanuka H. “ADF2 regulates transformation of the ookinete and sporozoite in malaria parasite development.”Biochem Biophys Res Commun397(4): 668-672 (2010)

12. Aonuma H., Yoshimura A., Kobayashi T., Okado K., Badolo A., Nelson B., Kanuka H., and Fukumoto S. “A single fluorescence-based LAMP reaction for identifying multiple parasites in mosquitoes.”Exp Parasitol125(2): 179-183 (2010)

13. Shinzawa N., Nelson B., Aonuma H., Okado K., Fukumoto S., Miura M., Kanuka H. “p38 MAPK-Dependent Phagocytic Encapsulation Confers Infection Tolerance in Drosophila.” Cell Host Microbe 6(3): 244-252 (2009)

14. Aonuma H., Yoshimura A., Perera N., Shinzawa N., Bando H., Oshiro S., Nelson B., Fukumoto S., Kanuka H. “Loop-mediated isothermal amplification applied to filarial parasites detection in the mosquito vectors: Dirofilaria immitis as a study model.” Parasit Vectors 2(1): 15 (2009)

15. Okado K., Shinzawa N., Aonuma H., Nelson B., Fukumoto S., Fujisaki K., Kawazu S., Kanuka H. “Rapid recruitment of innate immunity regulates variation of intracellular pathogen resistance in Drosophila.” Biochem Biophys Res Commun 379(1): 6-10 (2009)

16. Kuranaga E., Kanuka H., Tonoki A., Takemoto K., Tomioka T., Kobayashi M., Hayashi S., Miura M. "Drosophila IKK-related kinase controls caspase activity through IAP degradation."Cell 126: 583-596 (2006)
▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
○日本学術振興会・研究拠点形成事業(アジア・アフリカ学術基盤形成型) 「西アフリカにおける感染症ベクター先端研究教育拠点」平成26年度〜平成28年度(嘉糠)
○文科省科研費・基盤研究(B)一般 「病原体媒介節足動物コンピテンシーを制御するレジスタンス・トレランス機構」平成26年度〜平成28年度(嘉糠)
○文科省科研費・基盤研究(B)海外学術 「西アフリカにおける重症マラリア発生機序のアミノ酸インフォマティクス解析」平成26年度〜平成28年度(嘉糠)
○文科省科研費・挑戦的萌芽研究 「遺伝子改変による高効率化マゴットセラピー法の開発」平成26年度〜平成27年度(嘉糠)

講座(研究室)独自のホームページURL
熱帯医学講座のホームページ
http://jikei-tropmed.jp/
▲ このページのトップへ