教授 松浦 知和


海渡 健
大西 明弘
須江 洋成
吉田 博
杉本 健一
鈴木 政登(客員)
相崎 英樹(客員)
小嶋 聡一(客員)
准教授 中田 浩二
講師 政木 隆博
小笠原 洋治
目崎 喜弘
河野 緑
秋月 摂子
越智 小枝
大山 典明(非常勤)
正田 暢(非常勤)
中込 まどか(非常勤)
永妻 啓介(非常勤)
岩堀 徹(非常勤)
明石 敏(非常勤)
助教 野尻 明由美
稲村 圭亮
谷井 一夫
黒田 彩子
中村 まり子
大学院生 朴 鍾爀(パク ジョンヒョク)
横山 寛
江崎 裕敬
安藤 隆
訪問研究員 藤見 峰彦
木村 真紀
松井 貞子
その他 Gouraud Sabine(見学生)
青山 慎一郎(見学生)
猿田 克年(見学生)
講座(研究室)の概要
講座の歴史
当講座は、昭和52年11月1日、初代講座担当教授・井川幸雄によって創設され、臨床検査医学講座(Department of Laboratory Medicine)という講座名称を、わが国の医科大学において最初に冠された。すでに、本学附属病院には昭和34年(10月1日付け)に中央検査室が誕生し、医化学、細菌学、病理学および生理学の基礎講座の協力のもと、ルチーン検査は中央検査化されていた。従って、講座創設当初より、基礎講座として位置づけられていたが、平成25年4月より臨床講座に改組された。当講座の構成メンバーは、内科・精神科・外科出身の中央検査部医師とともに、薬学・細菌学・体力医学などの基礎医学の教員である。検査に関する講義・実習等を担当するとともに、研究面では基礎医学と臨床医学の架け橋となるような研究、あるいは、臨床に還元できる研究を推進している。
医学科教育について
当講座では、系統的に検査を行い、総合的に診断し、さらに治療効果を判定する能力を養うための教育も重視している。具体的には、3年生の医学専門英語、研究室配属実習、症候学演習、チュートリアル、4年生の臨床医学I(基本的臨床技能実習)、4〜5年生の臨床医学U臨床実習(RCPC,見学型臨床実習、集合教育)、および6年生を対象とした選択実習を行っている。
講座(研究室)からのメッセージ
研究面では、当講座は、基礎医学と臨床医学の架け橋であるとともに、得られた知見を臨床に還元する役割を担っている。また、現在、遺伝子検査や質量分析法を用いた診断法が開発されており、最新技術の導入とともに、検査結果の説明方法・カウンセリングについても検討が必要になっている。一方で、一般臨床の検査システムは、検査室でまとめて行う中央化から、ベッドサイドで行う簡易検査 (point of care testing) の時代に入っており、高齢者医療・災害医療に貢献できる臨床検査システムの構築をめざす必要がある。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

医学英語専門文献抄読(前期10回):医学科3年生対象
臨床医 II "集合教育"(5コマ) :医学科4年生-5年生対象
1)初期診療の検査オーダー−症例から学ぶ−、2)検査データの読み方、3)コンパニオン診断、4)生理機能検査−心臓超音波検査の実際−、5)偽高値と偽低値 、偽陽性と偽陰性/リキッドバイオプシー

実習科目名称と対象学年
  1. 研究室配属実習:医学科3年生対象
  2. 臨床医学 I "Introduction of Clinical Medicine" (臨床検査総論・生化学・超音波、尿・感染・脳波、心電図・呼吸機能、採血・血液の4項目:40回):医学科4年生
  3. 臨床医学 II "全科臨床実習"(RCPC、中央検査部実習 月曜日と木曜日×20グループ):医学科4−5年生対象
  4. 選択実習:医学科6年生対象
大学院担当
  1. 授業科目:病態解析・生体防御学
  2. 授業細目:臨床検査医学
  3. 担当者:
  4.  教授:松浦知和、海渡健、大西明弘(臨床薬理学兼務)、須江洋成、杉本健一、吉田博(代謝・栄養学内科兼務)、相崎英樹(客員)、小嶋聡一(客員)
  5.  准教授:中田浩二
  6.  講師:政木隆博、小笠原洋治、目崎喜弘、越智小枝、河野緑、秋月摂子、中込まどか(非常勤)、永妻啓介(非常勤)、岩堀 徹(非常勤)、明石 敏(非常勤)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
当教室の教員は殆どの臨床検査領域に関わっており、研究テーマも広く、概ね以下のような研究を行っている。
リポ蛋白関連動脈硬化リスク因子の検査法の開発
病原細菌(真菌)の型別及び分子同定方法の研究
てんかんの合併症に対する治療標準化に関する研究
精神科領域における消化器症状と睡眠,精神症状との関連についての研究
CYP多型と表現型におよぼす影響
13Cグルコース呼気試験を用いた肝臓糖代謝の評価法開発
造血器疾患における臨床検査値の有効活用
致死的肝性脳症発症メカニズムの解明
肝臓線維化活性化マーカーTGF-βLAP-Dの臨床応用研究
B型肝炎制圧のための創薬研究
▲ このページのトップへ
主な業績
1. Altinel K, Hashimoto K, Wei Y, Neuveut C, Gupta I, Suzuki AM, Dos Santos A, Moreau P, Xia T, Kojima S, Kato S, Takikawa Y, Hidaka I, Shimizu M, Matsuura T, Tsubota A, Ikeda H, Nagoshi S, Suzuki H, Michel ML, Samuel D, Buendia MA, Faivre J, Carninci P.Single-nucleotide-resolution mapping of HBV promoters in infected human livers and hepatocellular carcinomaJ Virol. 2016 Sep 28. pii: JVI.01625-16.

2. 松浦知和、目崎喜弘、政木隆博、松本喜弘、前橋はるか、中村まり子、中田浩二、朴ジョンヒョク、横山寛.バイオ人工肝臓開発から臨床検査医学へ‐空腹時13C-glucose呼気試験の開発−.臨床病理 2016 年5月、64(5):558-563.

3. Arai Y, Matsuura T, Matsuura M, Fujiwara M, Okayasu I, Ito S, Arihiro S. Prostaglandin E-Major urinary metabolite as a Biomarker for Inflammation in Ulcerative Colitis: Prostaglandins Revisited. Digestion 2016, 93:32-39.

4. Hara M, Inoue I, Yamazaki Y, Kirita A, Matsuura T, Friedman SL, Rifkin DB, Kojima S. L59TGF-βLAP-D degradation products serve as a promising blood biomarker for liver fibrogenesis in mice. Fibrosis and Tissue Repair 2015, 8:17 DOI 10.1186/s13069-015-0034-9

5. Masubuchi N, Sugihara M, Sugita T, Amano K, Nakao M, Matsuura T. Oxidative stress markers, secondary bile acids and sulfated bile acids classify the clinical liver injury type: promising diagnostic biomarkers for cholestasis. Chemico-Biological Interactions. 2015 Aug 30. Pil:S0009-2797 (15)300442.

6. Sugita T, Amano K, Nakano M, Masubuchi N, Sugihara M, Matsuura T. Analysis of the serum bile Acid composition for differential diagnosis in patients with liver disease. Gastroenterol Res Pract. 2015;2015:717431.

7. Abe H, Aida Y, Seki, N, Sugita T, Tomita Y, Nagano T, Itagaki M, Sutoh S, Nagatsuma K, Itoh K, Matsuura T, Aizawa Y. Aldehyde dehydrogenase 2 polymorphism influences development to hepatocellular carcinoma in East Asian alcoholic liver cirrhosis. J Gastroenterol Hepatol. 2015.

8. Matsumoto M, Matsuura T, Aoki K, Maehashi H, Iwamoto T, Ohkawa K, Yoshida K, Yanaga K, Takada K. An efficient system for secretory production of fibrinogen using a hepatocellular carcinoma cell line. Hepatol Res. 2015;45(3):315-25.

9. Arai Y, Arihiro S, Matsuura T, Kato T, Matsuoka M, Saruta M, Mitsunaga M, Matsuura M, Fujiwara M, Okayasu I, Ito S, Tajiri H. Prostaglandin E-major urinary metabolite as a reliable surrogate marker for mucosal inflammation in ulcerative colitis. Inflamm Bowel Dis. 2014;20(7):1208-16.

10. Tsubota A, Mogushi K, Aizaki H, Miyaguchi K, Nagatsuma K, Matsudaira H, Kushida T, Furihata T, Tanaka H, Matsuura T. Involvement of MAP3K8 and miR-17-5p in poor virologic response to interferon-based combination therapy for chronic hepatitis C. PLoS One. 2014;9(5):e97078.

11. Hara M, Kirita A, Kondo W, Matsuura T, Nagatsuma K, Dohmae N, Ogawa S, Imajoh-Ohmi S, Friedman SL, Rifkin DB, Kojima S. LAP degradation product reflects plasma kallikrein-dependent TGF-β activation in patients with hepatic fibrosis. Springerplus. 2014 May 1;3:221. doi: 10.1186/2193-1801-3-221. eCollection 2014.PubMed PMID: 24877031; PubMed Central PMCID: PMC4033717.

12. Shindo D, Matsuura T, Suzuki M. Effects of prepubertal-onset exercise on body weight changes up to middle age in rats. J Appl Physiol (1985). 2014 Mar 15;116(6):674-82. doi: 10.1152/japplphysiol.00405.2013. Epub 2014 Jan 23. PubMed PMID: 24458753.

13. Tsubota A, Shimada N, Atsukawa M, Abe H, Kato K, Ika M, Matsudaira H, Nagatsuma K, Matsuura T, Aizawa Y. Impact of IL28B polymorphisms on 24-week telaprevir-based combination therapy for Asian chronic hepatitis C patients with hepatitis C virus genotype 1b. J Gastroenterol Hepatol. 2014 Jan;29(1):144-50. doi: 10.1111/jgh.12402. PubMed PMID: 24117654.

14. Nagatsuma K, Hano H, Murakami K, Shindo D, Matsumoto Y, Mitobe J, Tanaka K, Saito M, Maehashi H, Owada M, Ikegami M, Tsubota A, Ohkusa T, Aizawa Y, Takagi I, Tajiri H, Matsuura T. Hepatic stellate cells that coexpress LRAT and CRBP-1 partially contribute to portal fibrogenesis in patients with human viral hepatitis. Liver Int. 2014 Feb;34(2):243-52. doi: 10.1111/liv.12255. Epub 2013 Jul 24. PubMed PMID: 23890161.

15. Matsumoto Y, Matsuura T, Aoyagi H, Matsuda M, Hmwe SS, Date T, Watanabe N, Watashi K, Suzuki R, Ichinose S, Wake K, Suzuki T, Miyamura T, Wakita T, Aizaki H. Antiviral activity of glycyrrhizin against hepatitis C virus in vitro. PLoS One. 2013 Jul 18;8(7):e68992. doi: 10.1371/journal.pone.0068992. Print 2013. PubMed PMID: 23874843; PubMed Central PMCID: PMC3715454.

16. Tanaka K, Matsuura T, Shindo D, Aida Y, Matsumoto Y, Nagatsuma K, Saito M, Ishii H, Abe H, Tanaka F, Shimada T, Nakada K, Ikewaki K, Aizawa Y, Tajiri H, Suzuki M. Noninvasive assessment of insulin resistance in the liver using the fasting (13)C-glucose breath test. Transl Res. 2013 Sep;162(3):191-200. doi: 10.1016/j.trsl.2013.06.003. Epub 2013 Jun 26. PubMed PMID: 23810582.

17. Laurent T, Murase D, Tsukioka S, Matsuura T, Nagamori S, Oda H. A novel human hepatoma cell line, FLC-4, exhibits highly enhanced liver differentiation functions through the three-dimensional cell shape. J Cell Physiol. 2012 Jul;227(7):2898-906. doi: 10.1002/jcp.23033. PubMed PMID: 21960466.

18. Kuo TF, Tatsukawa H, Matsuura T, Nagatsuma K, Hirose S, Kojima S. Free fatty acids induce transglutaminase 2-dependent apoptosis in hepatocytes via ER stress-stimulated PERK pathways. J Cell Physiol. 2012 Mar;227(3):1130-7. doi: 10.1002/jcp.22833. PubMed PMID: 21567402.

19. Kobayashi K, Yoshida A, Ejiri Y, Takagi S, Mimura H, Hosoda M, Matsuura T, Chiba K. Increased expression of drug-metabolizing enzymes in human hepatocarcinoma FLC-4 cells cultured on micro-space cell culture plates. Drug Metab Pharmacokinet. 2012;27(5):478-85. Epub 2012 Mar 6. PubMed PMID: 22447115.

20. Saito R, Ishii Y, Ito R, Nagatsuma K, Tanaka K, Saito M, Maehashi H, Nomoto H, Ohkawa K, Mano H, Aizawa M, Hano H, Yanaga K, Matsuura T. Transplantation of liver organoids in the omentum and kidney. Artif Organs. 2011 Jan;35(1):80-3. doi: 10.1111/j.1525-1594.2010.01049.x. Epub 2010 Oct 14. PubMed PMID: 20946288.
▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
 
1) 松浦知和(平成29年−)
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)感染症実用化研究事業 肝炎等克服実用化研究事業(分担): B型肝炎創薬実用化等研究事業
▲ このページのトップへ
その他
吉田博.平成21年度 日本臨床検査医学会 学会賞‐生命科学賞 受賞
           平成24年6月 第20回日本臨床化学会関東支部総会(総会長)
▲ このページのトップへ