教授 松浦 知和


松浦知和
海渡健
須江洋成
吉田博
杉本健一
中田浩二
大西明弘(客員)
鈴木政登(客員)
相崎英樹(客員)
准教授 小笠原洋治
政木隆博
越智小枝
永森収志 
講師

目崎喜弘
野尻明由美
川上正憲
河野緑
秋月摂子
大山典明(非常勤)
正田 暢(非常勤)
中込まどか(非常勤)
永妻啓介(非常勤)
岩堀 本一(非常勤)
明石 敏(非常勤)

助教 宮坂政紀
大学院生 松田麻未
訪問研究員 古谷 裕
秦咸陽
柳沢明子
森藤雅彦
川上大輔
川口克彦
藤見峰彦
木村真紀
松井貞子
その他 川口憲治(専攻生)
Gouraud Sabine (見学生)
猿田克年(見学生)
講座(研究室)の概要
講座の歴史
 当講座は、昭和52年11月1日、初代講座担当教授・井川幸雄によって創設され、臨床検査医学講座(Department of Laboratory Medicine)という講座名称を、わが国の医科大学において最初に冠された。すでに、本学附属病院には昭和34年(10月1日付け)に中央検査室が誕生し、医化学、細菌学、病理学および生理学の基礎講座の協力のもと、ルチーン検査は中央検査化されていた。従って、講座創設当初より、基礎講座として位置づけられていたが、平成25年4月より臨床講座に改組された。当講座の構成メンバーは、内科・精神科、外科出身の中央検査部医師とともに、薬学・細菌学・体力医学などの基礎医学の教員である。検査に関する講義・実習等を担当するとともに、研究面では基礎医学と臨床医学の架け橋となるような研究、あるいは、臨床に還元できる研究を推進している。
医学科教育について
 当講座では、系統的に検査を行い、総合的に診断し、さらに治療効果を判定する能力を養うための教育も重視している。具体的には、3年生の医学専門英語、研究室配属実習、症候学演習、チュートリアル、4年生の臨床医学I(基本的臨床技能実習)、4〜5年生の臨床医学U臨床実習(RCPC,見学型臨床実習、集合教育)、および6年生を対象とした選択実習を行っている。
講座(研究室)からのメッセージ
 研究面では、当講座は、基礎医学と臨床医学の架け橋であるとともに、得られた知見を臨床に還元する役割を担っている。講座員が総力をあげて取り組むテーマとして、5項目を挙げている。
 
  1. 質量分析技術の臨床検査への実装
  2. がんゲノム医療の実用化
  3. 感染症検査 〜分子レベルからパンデミック対策まで〜
  4. AIの医療応用
  5. 医療情報の応用 〜データシェアリングと個人情報保護〜
 また、臨床検査専門医養成機関として、従来のプログラム制・カリキュラム制に加えて臨床研究医コースを設け、臨床研鑽を行いながら臨床検査専攻医として臨床検査専門医コース(カリキュラム制)で学ぶことができる(2022年度開設予定)。卒後2年間の臨床研修を修了後、臨床力をさらに磨きながら、優秀な指導医の下で臨床・基礎研究を行い、臨床検査専門医資格の取得・医学博士の取得を目指す若手の人材を求めている。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

医学英語専門文献抄読(前期10回):医学科3年生対象
臨床医II“集合教育”(5コマ) :医学科4年生-5年生対象
医学英語専門文献抄読(前期10回):医学科3年生対象
臨床医II“集合教育”(5コマ) :医学科4年生-5年生対象
1)初期診療の検査オーダー−症例から学ぶ−、2)検査データの読み方、3)コンパニオン診断、4)生理機能検査−心臓超音波検査の実際−、5)偽高値と偽低値 、偽陽性と偽陰性/リキッドバイオプシー

実習科目名称と対象学年
研究室配属実習:医学科3年生対象
臨床医学I“Introduction of Clinical Medicine” (臨床検査総論・生化学・超音波、尿・感染・脳波、心電図・呼吸機能、採血・血液の4項目:40回):医学科4年生
臨床医学II“全科臨床実習”(RCPC、中央検査部実習 月曜日と木曜日×20グループ):医学科4−5年生対象
選択実習:医学科6年生対象
大学院担当
授業科目:病態解析・生体防御学
授業細目:臨床検査医学
担当者:
教授:松浦知和、海渡健、須江洋成、杉本健一、中田浩二、吉田博(代謝・栄養学内科兼務)、相崎英樹(客員)
准教授:小笠原洋治、政木隆博、越智小枝、永森収志
講師:目崎喜弘、野尻明由美、川上正憲、河野緑、秋月摂子、中込まどか(非常勤)、永妻啓介(非常勤)、岩堀本一(非常勤)、明石 敏(非常勤)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
当教室の教員は殆どの臨床検査領域に関わっており、研究テーマも広く、概ね以下のような研究を行っている。
 
  1. リポ蛋白関連動脈硬化リスク因子の検査法の開発
  2. 病原細菌(真菌)の型別及び分子同定方法の研究
  3. てんかんの合併症に対する治療標準化に関する研究
  4. 精神科領域における消化器症状と睡眠,精神症状との関連についての研究
  5. 13Cグルコース呼気試験を用いた肝臓糖代謝の評価法開発
  6. 造血器疾患における臨床検査値の有効活用  
  7. 致死的肝性脳症発症メカニズムの解明と早期診断法・治療法の開発
  8. 肝臓線維化活性化マーカーTGF-βLAP-Dの臨床応用研究
  9. B型肝炎制圧のための創薬研究
  10. 臨床検査用質量分析装置によるビタミンD測定法の確立と基準範囲設定
  11. 脳波のAI診断法の開発
  12. 階層的アプローチによる膜輸送体の隠されている生理的基質の解明
  13. 新しい化学伝達機構の分子基盤を担う小胞型オーファントランスポーターの解析
  14. 福島原発作業員の放射線不安軽減を目指した教育プログラムの構築
  15. 血液の包括情報を基に臓器代謝異常を早期診断するマルチオミクス臨床検査分野の開 拓
▲ このページのトップへ
主な業績
  1. 越智小枝、政木隆博、野尻明由美、川口憲治、吉田博、杉本健一、松浦知和.災害時におけるpoint-of care testing (POCT) の役割と課題:系統的文献レビュー. 臨床病理2020, 68: 593-603.
  2. Kawaguchi K, Park J, Masaki T, Mezaki Y, Ochi S, Matsuura T. Comprehensive gene expression profiling of human astrocytes treated with a hepatic encepharopathy-inducible factor, alpha 1 antichymotripsin. Bioche Biophys. Rep. 2020, 24: 100855
  3. Ando T, Masaki T, Kono M, Nagano Y, Sakamoto K, Tamura T, Abe M, Matsushima M, Nakada K, Matsuura T. The prevalence and antimicrobial susceptibility of Streptococcus pneumoniae isolated from patients at Jikei University Hospitals after the implementation of the pneumococcal vaccination program in Japan. J Infect Chem. 2020, 26(7):769-774. doi: 10.1016/j.jiac.2020.04.018. Epub 2020 May 14.
  4. 遠藤彰一郎, 安藤隆, 阿部正樹, 中田浩二, 河野緑, 政木隆博, 松浦知和. 本邦ではまれなESBL産生Salmonella属菌が分離された一例. 医学検査 2019; 68(3): 584-588.
  5. Yokoyama H, Masaki T, Inoue I, Nakamura M, Mezaki Y, Saeki C, Oikawa T, Saruta M, Takahashi H, Ikegami M, Hano H, Ikejima K, Kojima S, Matsuura T. Histological and biochemical evaluation of transforming growth factor- activation and its clinical significance in patients with chronic liver disease. Heliyon 2019; 5(2): e01231.
  6. Arihiro S, Nakashima A, Matsuoka M, Suto S, Uchiyama K, Kato T, Mitobe J, Komoike N, Itagaki M, Miyakawa Y, Koido S, Hokari A, Saruta M, Tajiri H, Matsuura T, Urashima M. Randomized Trial of Vitamin D Supplementation to Prevent Seasonal Influenza and Upper Respiratory Infection in Patients With Inflammatory Bowel Disease. Inflamm Bowel Dis. 2019 May 4;25(6):1088-1095. doi: 10.1093/ibd/izy346.PMID: 30601999
  7. Kawamoto H, Hara H, Araya J, Ichikawa A, Fujita Y, Utsumi H, Hashimoto M, Wakui H, Minagawa S, Numata T, Arihiro S, Matsuura T, Fujiwara M, Ito S, Kuwano K. Prostaglandin E-Major Urinary Metabolite (PGE-MUM) as a Tumor Marker for Lung Adenocarcinoma. Cancers (Basel). 2019 Jun 3;11(6):768. doi: 10.3390/cancers11060768. PMID: 31163629
  8. Shimizu T, Miyazaki O, Iwamoto T, Usui T, Sato R, Hiraishi C, Yoshida H. A new method for measuring cholesterol efflux capacity uses stable isotope-labeled, not radioactive-labeled, cholesterol. J Lipid Res 2019; 60:1959-67.
  9. 海渡 健.人の思考特性と安全を確保するノンテクニカルスキル.臨床病理2019; 67:117-125.
  10. Mezaki Y, Kato S, Nishikawa O, Takashima I, Tsubokura M, Minowa H, Asakura T, Matsuura T, Senoo H. Measurements of radiocesium in animals, plants and fungi in Svalbard after the Fukushima Daiichi nuclear power plant disaster. Heliyon 2019; 5(12): e03051.
▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
 
  1. 松浦知和(平成29−令和3年度) 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)感染症実用化研究事業 肝炎等克服実用化研究事業・B型肝炎創薬実用化等研究事業(代表)「次世代抗B型肝炎ウイルス薬導出に向けた創薬研究」
  2. 永森収志(令和3年−)文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究B(代表)「階層的アプローチによる膜輸送体の隠されている生理的基質の解明」
  3. 政木隆博(令和2年―)文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究C(代表)「肝炎ウイルスによる癌抑制性マイクロRNAの機能障害とその分子メカニズム」
  4. 目崎喜弘(令和3年−)文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究C(代表)「肝星細胞におけるレチノイン酸受容体の役割の解明と肝線維化治療への応用」
  5. 越智小枝(令和3年−)文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究B(分担)「福島原発作業員の放射線不安軽減を目指した教育プログラムの構築」
▲ このページのトップへ
その他
2017年11月 第29回世界病理臨床検査医学会(WASPaLM)
Best Presentation Award 政木隆博、朴ジョンヒョク
▲ このページのトップへ