講座担当教授 柳澤 裕之教授写真
教授 須賀 万智
講師 与五沢 真吾
吉岡 亘
助教 木戸 尊將
山内 貴史
講座(研究室)の概要
本講座は、平成4年4月1日に衛生学教室と公衆衛生学教室が統合して発足したものであり、当時公衆衛生学教室主任教授であった清水英佑が初代教授を委嘱された。清水教授は平成19年3月退任後、名誉教授となり、後任として埼玉医科大学衛生学教室主任教授であった柳澤裕之が本講座に迎えられ、現在に至っている。
講座の歴史は非常に古い。衛生学は、明治20年、海軍医学校教官木村荘介らにより成医会講習所内に講述され、成医学校および東京慈恵医院医学校時代は東京帝国大学医科大学より坪井次郎が、次いで明治28年東京慈恵医院医学校時代より大正12年東京慈恵会医院医学専門学校終期は、東京帝国大学衛生学教室より横手千代之助が来講していた。 大正14年、細菌衛生学教室助教授であった矢崎芳夫が衛生学教室主任教授を担当し、昭和35年、小机弘之助教授が主任教授を担当した。昭和59年、東京大学医学部公衆衛生学教室助教授であった松本信雄が主任に就任し、平成2年に急逝されるまで、その任を努めた。 公衆衛生学教室は、文部省の答申に基づき、昭和21年、厚生技官の山岸精実を初代教授に迎え、本邦最初の公衆衛生学教室として開講された。昭和38年、竹村望助教授が主任教授を担当した。竹村教授は昭和61年退任後、名誉教授となり、後任として清水英佑助教授が教授に就任した。 環境保健医学講座は、衛生学教室の松本教授逝去後、主任教授が空席のままであったことや、全国的な講座の統廃合の流れの中で、平成4年4月1日に両教室を統合して現在の名称となった。
医学科教育について
社会・環境と健康、疫学と予防医学、生活習慣と疾病、感染症対策、地域保健、産業保健、保険・医療・福祉と介護の制度、国際保健、臨床研究と医の倫理 など
大学院教育・研究について
大学院>医学研究科・研究対応部門>社会健康医学>環境保健医学
大学院教育・研究について
・疫学・臨床研究に携わる研究者を支援するため、疫学・臨床研究に関するコンサルテーションの依頼を受け付けている。
・社会医学的諸問題を解決するための実験研究に携わる研究者を支援するため、コンサルテーションの依頼を受けている。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

コース社会医学II「ユニット:衛生学公衆衛生学」(医学科4年生)、コース臨床医学II「ユニット:食品衛生」、「ユニット:産業保健」(医学科4年生)、コース臨床基礎医学I「ユニット:腫瘍学」、「ユニット:中毒学」(3年生)、コース臨床基礎医学II「ユニット:感染症総論」(医学科3年生)、コース医療情報・EBMI〜Ⅳ(医学科1年生〜4年生)
看護学科「疫学:公衆衛生」(2年生)、慈恵看護専門学校「環境保健論」(2年生)

実習科目名称と対象学年

コース臨床医学II実習「ユニット:予防医学」(医学科5年生)

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
環境保健医学
大学院医学研究科・博士課程 (柳澤裕之教授)
大学院医学研究科・看護学専攻修士課程(柳澤裕之教授)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
生活習慣病や各種疾患(特にcommon disease)の発癌リスクアセスメントに関する研究
必須微量元素の役割、特に亜鉛欠乏あるいは亜鉛過剰の生体に及ぼす影響
化学物質の発がん性、変異原性に関する研究
中毒性腎症の発症及び進展の機構とその進展阻止に関する研究
食品成分によるがん予防研究
過労や疾病が疲労を誘導する機序に関する研究
疫学・臨床研究
健診データの分析と評価
健康増進のためのポピュレーション戦略に関する研究
ヘルスリテラシーとヘルスコミュニケーションに関する研究
治療と就労の両立支援に関する研究
自殺予防対策に関する研究
更年期障害に関する研究
減圧症に関する研究
企業健診を対象とした客観的疲労度とメンタルヘルスに関する研究
オーダーメイド予防医学を構築するための基礎的研究
▲ このページのトップへ
主な業績

1. H. Yanagisawa, T. Kawashima, M. Miyazawa, T. Ohshiro: Validity of the copper/zinc ratio as a diagnostic marker for tastedisorders associated with zinc deficiency. J. Trace Elem. Med. Biol., 36: 80-83, 2016.

2. M. Suka, A. Taniuchi, S. Igarashi, H. Yanagisawa, B. Ishizuka: Menopause-specific health literacy in Japanese women. Maturitas, 91:51-59, 2016.

3. W. Yoshioka, T. Kawaguchi, N. Nishimura, T. Akagi, N. Fujisawa, H. Yanagisawa, F. Matsumura, C. Tohyama: Polyuria-associated non-obstructive hydronephrosis induced by xenobiotic chemical exposure in mice. Am. J. Physiol. - Renal Physiol., 311:F752-F762, 2016.

4. T. Takao, M. Suka, H. Yanagisawa, Y. Matsuyama, Y. Iwamoto: Predictive ability of visit-to-visit variability in HbA1c and systolic blood pressure for the development of microalbuminemia and retinopathy in people with type 2 diabetes. Diabetes Reseach and Clinical Practice, 128:15-23, 2017.

5. T. Kido, C. Sugaya, H. Yanagisawa, Y. Sugita-Konishi, K. Itai, M. Tsunoda: The effects on renal function, in Institute of Cancer Reseach-derived glomerulonephritis (ICGN) mice, of the subacute administration of the fluoride ion in drinking water. Fluoride, 50 (1 Pt 2): 161-174, 2017.

6. K. Sakae, M. Suka, H. Yanagisawa: Zinc-L-carnosine complex (polaprezinc) for the treatment of binge eating: Three case reports. J. Clin. Psychopharmacol, 37 (6): 1-2, 2017.

7. M. Suka, T. Yamauchi, H. Yanagisawa: Perceived effectiveness rating scales applied to insomnia help-seeking messagesfor middle-aged Japanese people: a validityand reliability study. Environ Health Prev Med., 2017, (October 1, 2017) DOI: 10.1186/s12199-017-0676-x.

8. T. Yamauchi, T. Yoshikawa, T. Sasaki, S. Matsumoto, M. Takahashi, M. Suka, H. Yanagisawa. Cerebrovascular/cardiovascular diseases and mental disorders due to overwork and work-related stress among local public employees in Japan. Ind Health. 2018;56:85-91.

9. M. Suka, T. Yamauchi , H. Yanagisawa. Perceived effectiveness rating scales applied to insomnia help-seeking messages for middle-aged Japanese people: a validity and reliability study. Environ Health Prev Med. 2017;22:69.

10. T. Kido., M. Tsunoda, C. Sugaya, H. Hano, H. Yanagisawa. Fluoride potentiates tubulointerstitial nephropathy caused by unilateral ureteral obstruction. Toxicology. 392, 106-118, 2017.

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

○東京慈恵会医科大学大学院 研究推進費「必須微量元素 亜鉛の不適正な摂取-亜鉛欠乏あるいは亜鉛過剰に起因する間質性腎症進展の機序」(2018-2019、研究代表者:柳澤裕之)
○文部科研費・基盤研究(C)「自殺予防の援助要請促進に関するヘルスコミュニケーションプログラムの実証的研究」(2016-2018、研究代表者:須賀万智)
○厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)「神経皮膚症候群に関する診療科横断的な診療体制の確立」(2017-2019、研究分担者:須賀万智)
○労災疾病臨床研究事業費補助金「医療機関における両立支援の取り組みに関する研究」 (2017-2019、研究分担者:須賀万智)
○日本医療研究開発研究機構(AMED) 医薬品等規制調和・評価研究事業「患者及び医療関係者に向けた医薬品等のリスク最小化情報の伝達方法に関する研究」 (2015-2017、研究分担者:須賀万智)
○文部科研費・基盤研究(C)「金属酸化物ナノ粒子曝露により放出されるエクソソームとその発がんリスク影響の解析」(2017-2019、研究代表者:与五沢真吾)
○文部科研費・若手研究(A) 新生子腎が化学物質に脆弱である原因の解明(2016-2019、研究代表者:吉岡亘)
○文部科研費・基盤研究(C)「若年雇用者における健康状態・自殺の背景要因に関する研究」(2017-2019、研究代表者:山内貴史)
○労災疾病臨床研究事業費補助金「過労死等の実態解明と防止対策に関する総合的な労働安全衛生研究」(2015-2017、研究分担者:山内貴史)
○文部科研費・若手研究「亜鉛欠乏症のTh2リンパ球−M2マクロファ−ジ経路を介した炎症反応増強の機序解明」(2018-2020、研究代表者:木戸尊將)
○災疾病臨床研究事業費補助金「過重労働を背景とする事故関連事例の分析」(2018-2020、研究代表者:山内貴史)

▲ このページのトップへ
その他
【受賞等】
柳澤裕之 1996年
1997年
2001年
2013年
2014年
2016年
社会厚生事業助成金賞
日本衛生学会 奨励賞
日本微量元素学会 野見山賞
中央労働災害防止協会 緑十字賞
日本微量元素学会 学会賞
日本衛生学会 学会賞
須賀万智 2003年
2003年
2004年
2006年
2010年
2011年
2012年
2012年
2014年
2016年
2017年
日本衛生学会 学会長特別奨励賞
日本総合健診医学会 優秀論文賞
日本衛生学会 最優秀論文賞
日本衛生学会 奨励賞
日本更年期医学会 学術奨励賞
国際健診学会ホノルル大会 日本総合健診医学会奨励賞
国際健診学会東京大会 日本総合健診医学会奨励賞
日本衛生学会 最優秀演題賞
国際健診学会台北大会 日本総合健診医学会奨励賞
上原記念生命科学財団研究助成金賞
藤田利治賞(精神保健分野)
吉岡亘 2012年
2014年
Young Investigators' Award, The 6th International Congress of Asian Society of Toxicology(ASIATOX-VI)
日本毒性学会奨励賞
木戸尊將 2013年
2015年
日本免疫毒性学会 学生・若手優秀発表賞
上原記念生命科学財団研究奨励金「亜鉛欠乏の免疫機能低下に関する分子生物的機序の解明」受賞
山内貴史 2014年 藤田利治賞(精神保健統計分野)
▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 環境保健医学講座
http://square.umin.ac.jp/jikphem/
▲ このページのトップへ