教授 柳澤 裕之教授写真
准教授 須賀 万智
講師 与五沢 真吾
吉岡 亘
助教 木戸 尊將
講座(研究室)の概要
本講座は、平成4年4月1日に衛生学教室と公衆衛生学教室が統合して発足したものであり、当時公衆衛生学教室主任教授であった清水英佑が初代教授を委嘱された。清水教授は平成19年3月退任後、名誉教授となり、後任として埼玉医科大学衛生学教室主任教授であった柳澤裕之が本講座に迎えられ、現在に至っている。
講座の歴史は非常に古い。衛生学は、明治20年、海軍医学校教官木村荘介らにより成医会講習所内に講述され、成医学校および東京慈恵医院医学校時代は東京帝国大学医科大学より坪井次郎が、次いで明治28年東京慈恵医院医学校時代より大正12年東京慈恵会医院医学専門学校終期は、東京帝国大学衛生学教室より横手千代之助が来講していた。 大正14年、細菌衛生学教室助教授であった矢崎芳夫が衛生学教室主任教授を担当し、昭和35年、小机弘之助教授が主任教授を担当した。昭和59年、東京大学医学部公衆衛生学教室助教授であった松本信雄が主任に就任し、平成2年に急逝されるまで、その任を努めた。 公衆衛生学教室は、文部省の答申に基づき、昭和21年、厚生技官の山岸精実を初代教授に迎え、本邦最初の公衆衛生学教室として開講された。昭和38年、竹村望助教授が主任教授を担当した。竹村教授は昭和61年退任後、名誉教授となり、後任として清水英佑助教授が教授に就任した。 環境保健医学講座は、衛生学教室の松本教授逝去後、主任教授が空席のままであったことや、全国的な講座の統廃合の流れの中で、平成4年4月1日に両教室を統合して現在の名称となった。
医学科教育について
社会・環境と健康、疫学と予防医学、生活習慣と疾病、感染症対策、地域保健、産業保健、保険・医療・福祉と介護の制度、国際保健、臨床研究と医の倫理 など
大学院教育・研究について
大学院>医学研究科・研究対応部門>社会健康医学>環境保健医学
大学院教育・研究について
疫学・臨床研究に携わる研究者を支援するため、疫学・臨床研究に関するコンサルテーションの依頼を受け付けている。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

コース社会医学II(医学科4年生)、コース臨床医学II「ユニット:食品衛生」、「ユニット:産業保健」(医学科4年生)、「ユニット:予防医学」(医学科5年生)、コース臨床基礎医学I「ユニット:腫瘍学」、「ユニット:中毒学」(3年生)、コース臨床基礎医学II「ユニット:感染症総論」(医学科3年生)、コース医療情報・EBMI〜Ⅳ(医学科1年生〜4年生)
看護学科「疫学:公衆衛生」(2年生)、慈恵看護専門学校「環境保健論」(2年生)

実習科目名称と対象学年

コース臨床医学II実習「ユニット:予防医学」(医学科5年生)

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
環境保健医学
大学院医学研究科・博士課程 (柳澤裕之教授)
大学院医学研究科・看護学専攻修士課程(柳澤裕之教授)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
生活習慣病や各種疾患(特にcommon disease)の発癌リスクアセスメントに関する研究
必須微量元素の役割、特に亜鉛欠乏あるいは亜鉛過剰の生体に及ぼす影響
化学物質の発がん性、変異原性に関する研究
中毒性腎症の発症及び進展の機構とその進展阻止に関する研究
食品成分によるがん予防研究
過労や疾病が疲労を誘導する機序に関する研究
疫学・臨床研究
健診データの分析と評価
健康増進のためのポピュレーション戦略に関する研究
ヘルスリテラシーとヘルスコミュニケーションに関する研究
医薬品・医療技術の医療経済評価に関する研究
自殺予防対策に関する研究
更年期障害に関する研究
減圧症に関する研究
ビタミンCの疲労回復効果に関する研究
企業健診を対象とした客観的疲労度とメンタルヘルスに関する研究
オーダーメイド予防医学を構築するための基礎的研究
▲ このページのトップへ
主な業績

1.S. Han, M. Mizoi, E. Nakatani, S. Adachi, Y. Miyakoshi, H. Yanagisawa: Improvement of serum zinc levels in young Japanese women by provision of food information. Biol. Trace Elem. Res. 164: 169-177, 2015. DOI 10.1007/s12011-014-0211-5.


2.T. Takao, Y. Matsuyama, M. Suka, H. Yanagisawa, Y. Iwamoto: The combined effect of visit-to-visit variability in HbA1c and systolic blood pressure on the incidence of cardiovascular events in patients with type 2 diabetes. BMJ Open Diabetes Research & Care 3: e000129, 2015. DOI: 10.1136/bmjdrc-2015-000129


3.K. Sakae, H. Yanagisawa: Continuous follow-up with polaprezinc (zinc-L-carnosine complex) after oral treatment with L-carnosine for pressure ulcers. Biomed. Res. Trace Elements 26 (4): 174-180, 2015.


4.H. Yanagisawa: Role of Zn in blood pressure and renal function. Journal of Zinc Nutritional Therapy 6 (1): 12-17, 2015.


5.M. Yamamoto, K. Kubota, M. Okazaki, A. Dobashi, M. Hashiguchi, H. Doi, M. Suka, M. Mochizuki. Patients views and experiences in online reporting adverse drug reactions: findings of a national pilot study in Japan. Patient Prefer Adherence 2015;9:173-184.


6.M. Suka, T. Odajima, M. Okamoto, M. Sumitani, A. Igarashi, H. Ishikawa, M. Kusama, M. Yamamoto, T. Nakayama, H. Sugimori. Relationship between health literacy, health information access, health behavior, and health status in Japanese people. Patient Educ Couns 2015;98:660-668.


7.M. Suka, T. Yamauchi, H. Sugimori. Help-seeking intentions for early signs of mental illness and their associated factors: comparison across four kinds of health problems. BMC Public Health 2016;16:301.


8.H. Yanagisawa, T. Kido, S. Yogosawa, O. Satoh, K. Sakae, M. Suka: Inadequateintake of zinc exacerbates blood pressure and renal function via superoxide radical-induced oxidative stress. Biomed. Res. Trace Elements 26 (3): 117-123, 2015.


9.H. Yanagisawa, T. Kawashima, M. Miyazawa, T. Ohshiro: Validity of the copper/zinc ratio as a diagnostic marker for tastedisorders associated with zinc deficiency. J Trace Elem Med Biol. 36: 80-83, 2016.


10.E. Kimura, T. Endo, W. Yoshioka, Y. Ding, W. Ujita, M. Kakeyama, C. Tohyama: In utero and lactational dioxin exposure induces Sema3b and Sema3g gene expression in the developing mouse brain. Biochem Biophys Res Commun. doi: 10.1016/j.bbrc.2016.05.048. 2016.


11.M. Suka, A. Taniuchi, S. Igarashi, H. Yanagisawa, B. Ishizuka. Menopause-specific health literacy in Japanese women. Maturitas 2016; 91:51-59.

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

○上原記念生命科学財団研究助成「自殺予防のヘルスコミュニケーションのエビデンス構築」(2016)(研究代表者:須賀 万智)
○文部科研費・基盤研究C「自殺予防の援助要請促進に関するヘルスコミュニケーションプログラムの実証的研究」 (2016-2018)(研究代表者:須賀 万智)
○文部科研費・若手研究(A) 新生子腎が化学物質に脆弱である原因の解明 H28〜31年度(研究代表者:吉岡 亘)
○私立大学戦略的研究基盤形成支援事業:疲労の分子機構の解明による健康の維持と増進を目的とする医学研究拠点の形成(研究代表者:柳澤裕之)

▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 環境保健医学講座
http://square.umin.ac.jp/jikphem/
▲ このページのトップへ