教授 大橋 十也教授写真
准教授 小林 博司
助教 嶋田 洋太
樋口 孝
大学院生 堀内 尭
和田 美穂

菅野 宏

斉藤 庸博

三輪 沙織

齋藤 遥子

高田 直樹

羽村 凌雅

訪問研究員 佐藤英明((株)ステムセル研究所)、秋山和政(北里大学)
非常勤講師 佐藤卓(東京医科歯科大学難治疾患研究所)
吉村邦彦(社会福祉法人三井記念病院)
講座(研究室)の概要
 本研究部は1995年の総合医科学研究センターDNA医学研究所の設立と伴に新しく発足しました。初代部長は、衞藤義勝教授で、2008年の衞藤教授の定年退任の年より大橋が部長を引き継ぎました。当部の研究テーマは治療法のない、あるいはあっても予後不良ないわゆる難治性疾患に対する遺伝子治療を含む新規治療法の開発です。対象疾患は遺伝病(主にライソゾーム病)、癌などです。ご興味のある方はご一報下さい。
医学科教育について

 研究室配属や(4年生)を受け入れています。学生は一定期間教員と伴に研究を行っています。基本的に教員の進めている研究プロジェクトに関連する研究が対象です。座講では医学部医学科の3年生、4年生を対象に先天代謝異常症などの講義を行っています。教員2名が小児科学教室との兼務のため小児科の講義も担当しています。

大学院教育・研究について

 大学院教育は共通カリキュラムとして遺伝子操作研究法の講義、実習を担当しています。選択カリキュラムでは現在8名の大学院生が、それぞれのテーマで研究しています。大学院生の内訳は外科5名、小児科3名です。研究テーマ選択の自由度は高いです。

講座(研究室)からのメッセージ

 当面は実験動物を使用しての前臨床試験を中心ですが、最終目標は新規治療法の臨床応用です。現在、小児遺伝性疾患への遺伝子治療の臨床研究の計画が進行しています。研究の対象疾患は問いませんが、まず、臨床応用が十分可能でなおかつ現行の治療法の問題点を克服するような遺伝子治療法を立案することが重要です。研究対象は疾患のメカニズムの解明というより、治療法の開発であり、臨床家にも比較的抵抗なく研究が開始できる点が本研究部の特徴です。

▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

ユニット名:代謝障害学「先天代謝異常症の臨床像」3年
ユニット名:小児医学「先天代謝異常症」4年

実習科目名称と対象学年

研究室配属(医学科3年)

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
成育・運動機能病態・治療学>遺伝子治療学(大橋十也)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
  1. ライソゾーム病の遺伝子・細胞治療法の開発
ライソゾーム病の病因、病態の解析
現行のライソゾーム病の治療法の改善法の開発
  1. 癌の新規治療法の開発
▲ このページのトップへ
主な業績

1)Yokoi T, Yokoi K, Akiyama K, Higuchi T, Shimada Y, Kobayashi H, Sato T, Ohteki T, Otsu M, Nakauchi H, Ida H, Ohashi T. Non-myeloablative preconditioning with ACK2 (anti-c-kit antibody) is efficient in bone marrow transplantation for murine models of mucopolysaccharidosis type II. Mol Genet Metab. 2016;119:232-8.


2)Sato Y, Kobayashi H, Higuchi T, Shimada Y, Ida H, Ohashi T. TFEB overexpression promotes glycogen clearance of Pompe disease iPSC-derived skeletal muscle. Mol Ther Methods Clin Dev. 2016;3:16054.


3)Sato Y, Kobayashi H, Higuchi T, Shimada Y, Ida H, Ohashi T. Metabolomic Profiling of Pompe Disease-Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Cardiomyocytes Reveals That Oxidative Stress Is Associated With Cardiac and Skeletal Muscle Pathology. Stem Cells Transl Med. 2016 ;6:31-9.


4)Limkul J, Iizuka S, Sato Y, Misaki R, Ohashi T, Ohashi T, Fujiyama K. The production of human glucocerebrosidase in glyco-engineered Nicotiana benthamiana plants. Plant Biotechnol J. 2016 ;4:1682-94.


5)Shimada Y, Wakabayashi T, Akiyama K, Hoshina H, Higuchi T, Kobayashi H, Eto Y, Ida H, Ohashi T. A method for measuring disease-specific iduronic acid from the non-reducing end of glycosaminoglycan in mucopolysaccharidosis type II mice. Mol Genet Metab.2016;117:140-3.


6)Higuchi T, Kobayashi M, Ogata J, Kaneshiro E, Shimada Y, Kobayashi H, Eto Y, Maeda S, Ohtake A, Ida H, Ohashi T. Identification of Cryptic Novel α-Galactosidase A Gene Mutations: Abnormal mRNA Splicing and Large Deletions. J Inherit Metab Dis. Reports. 2016 ;30:63-72.


7)Wakabayashi T, Shimada Y, Akiyama K, Higuchi T, Fukuda T, Kobayashi H, Eto Y, Ida H, Ohashi T. Hematopoietic Stem Cell Gene Therapy Corrects Neuropathic Phenotype in Murine Model of Mucopolysaccharidosis Type II.  Hum Gene Ther. 2015;26:357-66.


8)Yokoi K, Akiyama K, Kaneshiro E, Higuchi T, Shimada Y, Kobayashi H, Akiyama M, Otsu M, Nakauchi H, Ohashi T, Ida H.  Effect of donor chimerism to reduce the level of glycosaminoglycans following bone marrow transplantation in a murine model of mucopolysaccharidosis type II.  J Inherit Metab Dis. 2015;38:333-40.


9)Sato Y, Kobayashi H, Higuchi T, Shimada Y, Era T, Kimura S, Eto Y, Ida H, Ohashi T. Disease modeling and lentiviral gene transfer in patient-specific induced pluripotent stem cells from late-onset Pompe disease patient. Mol Ther Methods Clin Dev. 2015;2:15023.


10)Shimada Y, Nishimura E, Hoshina H, Kobayashi H, Higuchi T, Eto Y, Ida H, Ohashi T.  Proteasome Inhibitor Bortezomib Enhances the Activity of Multiple Mutant Forms of Lysosomal α-Glucosidase in Pompe Disease. JIMD Rep. 2015;18:33-9.

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
  • ○平成29年度日本医療研究開発機構研究費 難治性疾患実用化研究事業(代表)ムコ多糖II型の造血幹細胞を標的とした遺伝子治療法の実用化研究
  • ○平成29年度日本医療研究開発機構研究費 難治性疾患実用化研究事業(分担)小児神経疾患・先天代謝異常症に対する遺伝子治療法開発
  • ○平成29年度文部科学省 科学研究費助成事業 基盤研究基盤(C)(代表)免疫抑制を併用したライソゾーム蓄積症の効果的酵素補充療法の開発
  • ○平成29年度文部科学省 科学研究費助成事業 基盤研究(C)(代表)iPS細胞及び遺伝子改変システムを用いたムコ多糖症等の治療用デバイス作成
  • ○平成29年度文部科学省 科学研究費助成事業 若手研究(B)(代表)ファブリー、末梢神経症状の発症にTRPチャネルは関与するか?
  • ○平成29年度厚労省科学研究費 難治性疾患等政策研究事業 (分担)ライソゾーム病(ファブリー病含む)に関する調査研究
  • ○平成29年度東京大学医科学研究所共同研究 先端医療研究開発共同研究領域(代表)ムコ多糖症II型の造血幹細胞を標的とした遺伝子治療法の前臨床試験
  • ○平成29年度私立大学戦略的基盤形成支援事業(分担)痛みの苦痛緩和を目指した集学的脳医科学研究拠点の形成
▲ このページのトップへ
その他

社会的活動
日本遺伝子細胞治療学会理事(大橋)

日本遺伝子細胞治療学会評議員(大橋、小林)
日本先天代謝異常学会評議員(大橋、小林)
日本ムコ多糖症研究会幹事(大橋、小林)
日本ライソゾーム病研究会幹事(小林)
日本ライソゾーム病研究会監事(大橋)
小児成長研究会世話人(大橋、小林)

▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
遺伝子治療研究部
http://www.jikei-gene.com/
▲ このページのトップへ