教授 本間 定
教授写真
講師 伊藤 正紀
山田 順子(非常勤)
菊池 哲郎(非常勤)
助教 鎌田 裕子
大学院生 林 和美
大熊 裕介
訪問研究員 吉田 耕作
遊佐 精一
プリヤンテイ ランジャーニ マンガリーカ
その他 (兼任研究員)
小井戸 薫雄
赤崎 安晴
永崎 栄次郎
講座(研究室)の概要
 悪性腫瘍治療研究部は2014年の大学研究機構の改組により総合医科学研究センターの研究部門として設置されました。難治性の悪性腫瘍を対象として新規治療法の開発に結びつく基礎研究を行い、新たな治療法の臨床への導入を目指しています。また、臨床講座と協力して、悪性脳腫瘍などの難治性がんに対し樹状細胞療法を中心とした医師主導型臨床試験を推進し効果を上げています。
医学科教育について

 実習や研究室配属などで研究の実際を教えています。

大学院教育・研究について
 大学院共通カリキュラムでそれぞれの専門分野を担当し、腫瘍免疫や腫瘍生物学のみならず自己免疫研究の実習指導を行っています。医学の進歩に貢献できる医学博士を輩出し、院卒業後も研究が続けられるような環境整備を施しています。
講座(研究室)からのメッセージ
 当研究室では生体の免疫の力を利用して悪性腫瘍の予防や治療を行うための研究を行ってきました。近年、がんの免疫療法は大きな進歩があり、世界中で注目されています。腫瘍免疫を活性化する抗体製剤の治療により悪性黒色腫や肺がんなどで確実な治療効果が得られるようになり、今後も多くの悪性腫瘍でその有効性が期待できることから、急速に治療法としての地位を確立しつつあります。しかし、有効率の向上、副作用対策、奏効バイオマーカーの設定、効果的な併用治療法の選択など多くの問題点が残されています。当研究部では腫瘍免疫学の基礎研究を基盤にして、臨床各科との共同研究により、真に治療効果の得られるがん免疫療法の確立を目指した基礎研究を行っていきます。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

医学英語専門文献抄読(医学科3年)
症候学演習(医学科3年)
感染・免疫チュートリアル(医学科3年)

実習科目名称と対象学年

免疫学実習(医学科3年)
研究室配属(医学科3年)

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称

がん治療医療人養成コース
大学院共通講座「免疫学的研究法」

▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
  1. 抗癌剤や放射線による標的分子発現増強を基盤としたがんに対する免疫療法や分子標的療法開発の研究
次世代シークエンサーを用いた腫瘍免疫の標的分子となるゲノム変異由来の腫瘍抗原の解析
薬剤による免疫チェックポイント阻害療法の研究
  1. がん患者血中の免疫阻害物質の同定と定量、活性測定法の開発
  1. CD38抗体製剤を利用した骨髄腫に対する新たな樹状細胞ワクチンの開発
臨床研究
  1. 悪性脳腫瘍に対する樹状細胞とテモゾラマイド併用療法の有効性とそのメカニズムに関する研究
非小細胞肺がんに対する抗PD-1抗体療法における血中可溶性PD-L1のバイオマーカーとしての意義
各種消化器癌における血中可溶性PD-L1の臨床的意義の研究
▲ このページのトップへ
主な業績

1. Hayashi K, Nagasaki E, Kan S, Ito M, Kamata Y, Homma S, Aiba K. Gemcitabine enhances rituximab-mediated complement-dependent cytotoxicity to B cell lymphoma by CD20 upregulation. Cancer Sci. 2016 ;107(5):682-9.

2. Kan S, Koido S, Okamoto M, Hayashi K, Ito M, Kamata Y, Komita H, Nagasaki E, Homma S. Up-regulation of HER2 by gemcitabine enhances the antitumor effect of combined gemcitabine and trastuzumab emtansine treatment on pancreatic ductal adenocarcinoma cells. BMC Cancer. 2015;15:726.

3. Komita H, Koido S, Hayashi K, Kan S, Ito M, Kamata Y, Suzuki M, Homma S. Expression of immune checkpoint molecules of T cell immunoglobulin and mucin protein 3/galectin-9 for NK cell suppression in human gastrointestinal stromal tumors. Oncol Rep. 2015 ;34(4):2099-105.

4. Kan S, Koido S, Okamoto M, Hayashi K, Ito M, Kamata Y, Komita H, Ishidao T, Nagasaki E, Homma S. Gemcitabine treatment enhances HER2 expression in low HER2-expressing breast cancer cells and enhances the antitumor effects of trastuzumab emtansine. Oncol Rep. 2015;34(1):504-10.

5. Ito M, Hayashi K, Adachi E, Minamisawa T, Homma S, Koido S, Shiba K. Combinatorial contextualization of peptidic epitopes for enhanced cellular immunity. PLoS One. 2014;9(10):e110425.

6. Koido S, Homma S, Okamoto M, Takakura K, Mori M, Yoshizaki S, Tsukinaga S, Odahara S, Koyama S, Imazu H, Uchiyama K, Kajihara M, arakawa H, Misawa T, Toyama Y, Yanagisawa S, Ikegami M, Kan S, Hayashi K, Komita H, Kamata Y, Ito M, Ishidao T, Yusa S, Shimodaira S, Gong J, Sugiyama H, Ohkusa T, Tajiri H. Treatment with chemotherapy and dendritic cells pulsed with multiple Wilms’ tumor gene 1 (WT1)-specific MHC class I/II-restricted epitopes for pancreatic cancer. Clin Cancer Res. 2014;20(16):4228-39.

7. Nishida S, Koido S, Takeda Y, Homma S, Komita H, Takahara A, Morita S, Ito T, Morimoto S, Hara K, Tsuboi A, Oka Y, Yanagisawa S, Toyama Y, Ikegami M, Kitagawa T, Eguchi H, Wada H, Nagano H, Nakata J, Nakae Y, Hosen N, Oji Y, Tanaka T, Kawase I, Kumanogoh A, Sakamoto J, Doki Y, Mori M, Ohkusa T, Tajiri H, Sugiyama H. Wilms tumor gene (WT1) peptide-based cancer vaccine combined with gemcitabine for patients with advanced pancreatic cancer. J Immunother. 2014;37(2):105-14.

8. Koido S, Ito M, Sagawa Y, Okamoto M, Hayashi K, Nagasaki E, Kan S, Komita H, Kamata Y, Homma S. Vaccination with vascular progenitor cells derived from induced pluripotent stem cells elicits antitumor immunity targeting vascular and tumor cells. Cancer Immunol Immunother. 2014 ;63(5):459-68.

9. Kamata Y, Kuhara A, Iwamoto T, Hayashi K, Koido S, Kimura T, Egawa S, Homma S. Identification of HLA class I-binding peptides derived from unique cancer-associated proteins by mass spectrometric analysis. Anticancer Res. 2013;33(5):1853-9

10. Koido S, Homma S, Okamoto M, Namiki Y, Takakura K, Takahara A, Odahara S, Tsukinaga S, Yukawa T, Mitobe J, Matsudaira H, Nagatsuma K, Uchiyama K, Kajihara M, Arihiro S, Imazu H, Arakawa H, Kan S, Komita H, Ito M, Ohkusa T, Gong J, Tajiri H. Combined TLR2/4-activated dendritic/tumor cell fusions induce augmented cytotoxic T lymphocytes. PLoS One. 2013;8(3):e59280.

11. Takahara A, Koido S, Ito M, Nagasaki E, Sagawa Y, Iwamoto T, Komita H, Ochi T, Fujiwara H, Yasukawa M, Mineno J, Shiku H, Nishida S, Sugiyama H, Tajiri H, Homma S. Gemcitabine enhances Wilms' tumor gene WT1 expression and sensitizes human pancreatic cancer cells with WT1-specific T-cell-mediated antitumor immune response. Cancer Immunol Immunother. 2011;60(9):1289-97.

12. Ito M, Suzuki H, Sagawa Y, Homma S. The identification of a novel Paneth cell-associated antigen in a familial adenomatous polyposis mouse model. Biochem Biophys Res Commun. 2010;400(4):548-53.

13. Nagasaki E, Takahara A, Koido S, Sagawa Y, Aiba K, Tajiri H, Yagita H, Homma S. Combined treatment with dendritic cells and 5-fluorouracil elicits augmented NK cell-mediated antitumor activity through the tumor necrosis factor-alpha pathway. J Immunother. 2010 ; 33(5):467-74.

14. Homma S, Koido S, Sagawa Y, Suzuki H, Komita H, Nagasaki E, Takahara A, Horiguchi-Yamada J, Tajiri H, Zeldin DC, Obata T. Antigenic stimulation with cytochrome P450 2J expressed in mouse hepatocellular carcinoma cells regulates host anti-tumour immunity. Clin Exp Immunol. 2009; 156(2):344-52.

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
(本間 定)
○ヤンセン ファーマ株式会社研究助成「ボルテゾミブによるCD20発現増強を介したB細胞リンパ腫に対する強化抗体療法の開発」
○東京慈恵会医科大学・研究推進費「治療ワクチン開発を目指した次世代シークエンサーによるヒト膠芽腫の免疫原性遺伝子変異の探索」
○財団法人三井生命厚生事業団・医学研究助成 「腫瘤形成型肝内胆管癌に対する新しい概念による分子標的療法のアプローチ」
○科学研究費補助金・基礎研究(C) 「腫瘍組織標本からの腫瘍抗原ペプチドの定量的解析とがん免疫療法バイオマーカーへの応用」
○科学研究費補助金・挑戦的萌芽研究 「iPS細胞ワクチンを用いた腫瘍血管標的免疫療法」
○厚生労働科研費・肝炎克服緊急対策研究事業 「癌胎児抗原を利用した肝がんの超早期診断法と発症予防ワクチンの開発」
○科学研究費補助金・基盤研究(B) 「プロテオーム解析による膵癌幹細胞に対するペプチドワクチンの開発」
○独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 「ヘルパーT細胞を中心とした革新的免疫治療法の開発」
○科学研究費補助金・萌芽研究 「プロテオーム解析を用いた中皮腫発生予防のためのペプチドワクチンの開発」
○厚生労働省・基礎研究成果の臨床応用推進研究事業 「WT1癌抗原ペプチドを用いた癌の免疫療法の開発」
(伊藤 正紀)
○科学研究費補助金・挑戦的萌芽研究 「機能的ペプチド配列から構成される蛋白質を用いた腫瘍免疫法の開発」
○科学技術振興機構研究成果最適展開支援事業・研究成果最適展開支援事業 「がんペプチド免疫療法のための合理的アジュバンド作成法の開発」
(鎌田裕子)
○科学研究費補助金・若手研究(B) 「前立腺癌高発現タンパク質に対する新規分子標的治療 の開発」
その他

(本間 定)

日本消化器病学会評議員、日本肝臓学会東部会評議員、
日本がん免疫学会理事、日本分子医学会評議員

▲ このページのトップへ