教授 玉利 真由美教授写真
講師 廣田 朝光
研究実習生 井上なつき(博士課程)
講座(研究室)の概要
 2019年4月より総合医科学研究センター基盤研究施設(分子遺伝学)から研究部門として独立し、分子遺伝学研究部が組織された。ヒトゲノム研究は、がんやありふれた疾患の病態の理解を深めるとともに、新たな予防法、診断法、治療法の開発には欠かせないものとなっている。我々の研究室では、免疫アレルギー疾患のゲノム情報や質量解析情報等を用いて、疾患に関連する遺伝子群、パスウエイを同定し、それらの機能解析を通して、疾患メカニズムの解明を行っており、現在、複数の臨床の診療科と共同研究を行なっている。教育・研究を通じて、慈恵大学におけるゲノム医学、免疫アレルギー研究の発展に貢献していきたいと考えている。
医学科教育について
 臨床基礎医学のゲノム医学の講義を担当している。研究室配属・医学英語論文抄読など、少人数での医学科教育を各教員が自主的に担当する。
大学院教育・研究について
 ゲノム医学に関する研究では、様々な疾患のゲノムワイド関連解析による遺伝要因の解明、及び関連領域の機能解析を行っている。また、大学院共通カリキュラムにおけるバイオインフォマティックスの講義と実習を担当している。大学院生をはじめ、学内の研究者からゲノム研究・解析についての様々な相談も受けている。
講座(研究室)からのメッセージ
 近年のヒトゲノム情報基盤の整備と配列解析技術の向上により、様々な疾患や関連形質においてゲノムワイド関連解析(GWAS)が行われ、関連遺伝子が多数同定されている。国際共同研究を基盤とする大規模GWASメタ解析の結果が報告される一方で、小規模であるが詳細な臨床情報に基づくGWASも近年盛んに行われている。GWASで得られた知見の臨床への応用には、ゲノム多様性の機能に及ぼす影響の解析は必須である。我々はこれらの手法を用いて疾患に関連する遺伝子、パスウエイを同定し、それらの機能解析を通して、疾患発症や重症化のメカニズムの解明を目指している。また、玉利は厚生労働省「免疫アレルギー疾患対策に関する研究基盤の構築」研究班の研究代表者として、免疫アレルギー疾患研究10か年戦略の推進に向けた取組みも行なっている。
▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
分子診断・治療学
大学院共通カリキュラムにおけるバイオインフォマティックスを担当する(玉利、廣田)
分子診断・治療学を担当する。多因子疾患の遺伝要因の探索及び遺伝子の機能解析を中心に、疾患発症や重症化の分子機構の解明を行い、疾患の予防やバイオマーカーの同定を目指して研究を行なう。(玉利)

大学院がんプロフェッショナルコースe-learning「ゲノム解析手法とPrecision Medicine」の講義を担当する(玉利)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
多因子疾患(気管支喘息、副鼻腔炎、食物アレルギー、乾癬等)の遺伝要因の解明、及び関連遺伝子の機能解析
▲ このページのトップへ
主な業績

1. Noguchi E, Akiyama M, Yagami A, Hirota T, Okada Y, Kato Z, Kishikawa R, Fukutomi Y, Hide M, Morita E, Aihara M, Hiragun M, Chinuki Y, Okabe T, Ito A, Adachi A, Fukunaga A, Kubota Y, Aoki T, Aoki Y, Nishioka K, Adachi T, Kanazawa N, Miyazawa H, Sakai H, Kozuka T, Kitamura H, Hashizume H, Kanegane C, Masuda K, Sugiyama K, Tokuda R, Furuta J, Higashimoto I, Kato A, Seishima M, Tajiri A, Tomura A, Taniguchi H, Kojima H, Tanaka H, Sakai A, Morii W, Nakamura M, Kamatani Y, Takahashi A, Kubo M, Tamari M, Saito H, Matsunaga K. HLA-DQ and RBFOX1 as susceptibility genes for an outbreak of hydrolyzed wheat allergy. J Allergy Clin Immunol, In Press


2. Nakayama T, Hirota T, Asaka D, Sakashita M, Ninomiya T, Morikawa T, Okano M, Haruna S, Yoshida N, Takeno S, Tanaka Y, Yoshikawa M, Ishitoya J, Hizawa N, Isogai S, Mitsui C, Taniguchi M, Kojima H, Fujieda S, Tamari M. A genetic variant near TSLP is associated with chronic rhinosinusitis with nasal polyps and aspirin-exacerbated respiratory disease in Japanese populations. Allergol Int, In Press


3. Hirata J, Hirota T, Ozeki T, Kanai M, Sudo T, Tanaka T, Hizawa N, Nakagawa H, Sato S, Mushiroda T, Saeki H, Tamari M, Okada Y. Variants at HLA-A, HLA-C, and HLA-DQB1 Confer Risk of Psoriasis Vulgaris in Japanese. J Invest Dermatol. 2018;138:542-8.


4. Hirota T, Nakayama T, Sato S, Yanagida N, Matsui T, Sugiura S, Takaoka Y, Hizawa N, Fujieda S, Miyatake A, Sasaki T, Amagai M, Doi S, Ito K, Ebisawa M, Tamari M. Association study of childhood food allergy with GWAS-discovered loci of atopic dermatitis and eosinophilic esophagitis. J Allergy Clin Immunol. 2017;140:1713-16.


5. Yatagai Y, Hirota T, Sakamoto T, Yamada H, Masuko H, Kaneko Y, Iijima H, Naito T, Noguchi E, Tamari M, Kubo M, Takahashi A, Konno S, Makita H, Nishimura M, Hijikata M, Keicho N, Homma S, Taguchi Y, Azuma A, Kudoh S, Hizawa N. Variants near the HLA complex group 22 gene (HCG22) confer increased susceptibility to late-onset asthma in Japanese populations. J Allergy Clin Immunol. 2016;138:281-283.


6. EArly Genetics and Lifecourse Epidemiology (EAGLE) Eczema Consortium; EArly Genetics and Lifecourse Epidemiology EAGLE Eczema Consortium. Multi-ancestry genome-wide association study of 21,000 cases and 95,000 controls identifies new risk loci for atopic dermatitis. Nat Genet. 2015;47:1449-56.


7. Kim KW, Myers RA, Lee JH, Igartua C, Lee KE, Kim YH, Kim EJ, Yoon D, Lee JS, Hirota T, Tamari M, Takahashi A, Kubo M, Choi JM, Kim KE, Nicolae DL, Ober C, Sohn MH. Genome-wide association study of recalcitrant atopic dermatitis in Korean children. J Allergy Clin Immunol. 2015;136:678-684


8. Ellinghaus D, Baurecht H, Esparza-Gordillo J, Rodriguez E, Matanovic A, Marenholz I, Hubner N, Schaarschmidt H, Novak N, Michel S, Maintz L, Werfel T, Meyer-Hoffert U, Hotze M, Prokisch H, Heim K, Herder C, Hirota T, Tamari M, Kubo M, Takahashi A, Nakamura Y, Tsoi LC, Stuart P, Elder JT, Sun L, Zuo X, Yang S, Zhang X, Hoffmann P, Nothen MM, Folster-Holst R, Winkelmann J, Illig T, Boehm BO, Duerr RH, Buning C, Brand S, Glas J, McAleer MA, Fahy CM, Kabesch M, Brown S, McLean WH, Irvine AD, Schreiber S, Lee YA, Franke A, Weidinger S. High-density genotyping study identifies four new susceptibility loci for atopic dermatitis. Nat Genet. 2013;45:808-12.


9. Hirota T, Takahashi A, Kubo M, Tsunoda T, Tomita K, Sakashita M, Yamada T, Fujieda S, Tanaka S, Doi S, Miyatake A, Enomoto T, Nishiyama C, Nakano N, Maeda K, Okumura K, Ogawa H, Ikeda S, Noguchi E, Sakamoto T, Hizawa N, Ebe K, Saeki H, Sasaki T, Ebihara T, Amagai M, Takeuchi S, Furue M, Nakamura Y, Tamari M. Genome-wide association study identifies eight new susceptibility loci for atopic dermatitis in the Japanese population. Nat Genet. 2012;44:1222-6.


10. Tantisira KG, Lasky-Su J, Harada M, Murphy A, Litonjua AA, Himes BE, Lange C, Lazarus R, Sylvia J, Klanderman B, Duan QL, Qiu W, Hirota T, Martinez FD, Mauger D, Sorkness C, Szefler S, Lazarus SC, Lemanske RF Jr, Peters SP, Lima JJ, Nakamura Y, Tamari M, Weiss ST. Genomewide association between GLCCI1 and response to glucocorticoid therapy in asthma. N Engl J Med. 2011;365:1173-83.


11.Hirota T, Takahashi A, Kubo M, Tsunoda T, Tomita K, Doi S, Fujita K, Miyatake A, Enomoto T, Miyagawa T, Adachi M, Tanaka H, Niimi A, Matsumoto H, Ito I, Masuko H, Sakamoto T, Hizawa N, Taniguchi M, Lima JJ, C. G. Irvin, S. P. Peters, B. E. Himes, Litonjua AA, Tantisira KG, Weiss ST, Kamatani N, Nakamura Y, Tamari M. Genome-wide association study identifies five susceptibility loci for adult asthma in the Japanese population. Nat Genet. 2011;43:893-6.


12.Harada M, Hirota T, Jodo AI, Hitomi Y, Sakashita M, Tsunoda T, Miyagawa T, Doi S, Kameda M, Fujita K, Miyatake A, Enomoto T, Noguchi E, Masuko H, Sakamoto T, Hizawa N, Suzuki Y, Yoshihara S, Adachi M, Ebisawa M, Saito H, Matsumoto K, Nakajima T, Mathias RA, Rafaels N, Barnes KC, Himes BE, Duan QL, Tantisira KG, Weiss ST, Nakamura Y, Ziegler SF, Tamari M. Thymic stromal lymphopoietin gene promoter polymorphisms are associated with susceptibility to bronchial asthma. Am J Respir Cell Mol Biol. 2011;44:787-93.


▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
厚生労働行政推進調査事業費補助金(難治性疾患等政策研究事業(免疫アレルギー疾患等政策研究事業(免疫アレルギー疾患政策研究分野)))
日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
国立研究開発法人日本医療研究開発機構委託研究費開発費(免疫アレルギー疾患等実用化研究事業 免疫アレルギー疾患実用化研究分野)
▲ このページのトップへ
その他
日本人類遺伝学会 評議員 (玉利)
Journal of Human Genetics, Associate editor (玉利)
日本アレルギー学会 代議員 (玉利)
日本アレルギー学会 国際交流委員会 委員、長期計画委員会 委員、学術大会委員会 オブザーバー (玉利)
Member of the Collegium Internationale Allergologicum (玉利)
日本学術会議 連携会員、臨床ゲノム医学分科会 委員 (玉利)
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)プログラム・オフィサー (玉利)
▲ このページのトップへ