教授 玉利 真由美教授写真
講師 廣田 朝光
研究実習生 井上 なつき
(博士課程)
大学院生 中島 大輝
(耳鼻咽喉科学講座)
講座(研究室)の概要
 2019年4月より総合医科学研究センター基盤研究施設(分子遺伝学)から研究部門として独立し、分子遺伝学研究部が組織された。ヒトゲノム研究は、がんやありふれた疾患の病態の理解を深めるとともに、新たな予防法、診断法、治療法の開発には欠かせないものとなっている。我々の研究室では、免疫アレルギー疾患のゲノム情報や質量解析情報等を用いて、疾患に関連する遺伝子群、パスウエイを同定し、それらの機能解析を通して、疾患メカニズムの解明を行っており、現在、複数の臨床の診療科と共同研究を行なっている。教育・研究を通じて、慈恵大学におけるゲノム医学、免疫アレルギー研究の発展に貢献していきたいと考えている。
医学科教育について
 臨床基礎医学のゲノム医学の講義を担当している。研究室配属・医学英語論文抄読など、少人数での医学科教育を各教員が自主的に担当する。
大学院教育・研究について
 ゲノム医学に関する研究では、様々な疾患のゲノムワイド関連解析による遺伝要因の解明、及び関連領域の機能解析を行っている。また、大学院共通カリキュラムにおけるバイオインフォマティクスの講義と実習を担当している。大学院生をはじめ、学内の研究者からゲノム研究・解析についての様々な相談も受けている。
講座(研究室)からのメッセージ
 近年のヒトゲノム情報基盤の整備と配列解析技術の向上により、様々な疾患や関連形質においてゲノムワイド関連解析(GWAS)が行われ、関連遺伝子が多数同定されている。国際共同研究を基盤とする大規模GWASメタ解析の結果が報告される一方で、小規模であるが詳細な臨床情報に基づくGWASも近年盛んに行われている。GWASで得られた知見の臨床への応用には、ゲノム多様性の機能に及ぼす影響の解析は必須である。我々はこれらの手法を用いて疾患に関連する遺伝子、パスウエイを同定し、それらの機能解析を通して、疾患発症や重症化のメカニズムの解明を目指している。また、玉利は厚生労働省「免疫アレルギー疾患対策に関する研究基盤の構築」研究班の研究分担者として、免疫アレルギー疾患研究10か年戦略の推進を行なっている。また、免疫アレルギー研究分野の論文成果について多角的に国際比較を行い、10か年戦略の評価、見直しに役立てる取り組みも行なっている。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年
多因子遺伝性疾患 医学科3年(玉利)
チュートリアル 医学科3年(玉利)
医学英語専門文献抄読I 医学科3年(玉利、廣田)
実習科目名称と対象学年
研究室配属 医学科3年(玉利、廣田)
▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
分子診断・治療学:多因子疾患の遺伝要因の探索及び遺伝子の機能解析を中心に、疾患発症や重症化の分子機構の解明を行い、疾患の予防やバイオマーカーの同定を目指して研究を行なう(玉利、廣田)
大学院共通カリキュラム バイオインフォマティクス研究法(玉利、廣田)
大学院がんプロフェッショナルコースe-learning「ゲノム解析手法とPrecision Medicine」(玉利)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
多因子疾患(気管支喘息、慢性副鼻腔炎、食物アレルギー、乾癬等)の遺伝要因の解明、及び関連遺伝子の機能解析
▲ このページのトップへ
主な業績
  1. Asano K, Tamari M, Zuberbier T, Yasudo H, Morita H, Fujieda S, Nakamura Y, Traidl S, Hamelmann E, Raap U, Babina M, Nagase H, Okano M, Katoh N, Ebisawa M, Renz H, Izuhara K, Worm M. Diversities of allergic pathologies and their modifiers: Report from the second DGAKI-JSA meeting. Allergol Int. 2022 (In Press)
  2. Sato S, Kainuma K, Noda T, Ebisawa M, Futamura M, Imamura T, Miyagawa A, Nakajima S, Ogawa Y, Inomata T, Kan-O K, Kurashima Y, Masaki K, Myojin T, Nishioka Y, Sakashita M, Tamari M, Morita H, Adachi T. Evaluation of adrenaline auto-injector prescription profiles: A population-based, retrospective cohort study within the National Insurance Claims Database of Japan. Allergol Int. 2022 (In Press)
  3. Adachi T, Ogawa Y, Fukushi T, Ito K, Koizumi A, Shirabe M, Toriya M, Hirako J, Inomata T, Masaki K, Sasano R, Sato S, Kainuma K, Futamura M, Kan-O K, Kurashima Y, Nakajima S, Sakashita M, Morita H, Iwamoto A, Nishima S, Tamari M, Iizuka H. Research impact analysis of international funding agencies in the realm of allergy and immunology. Allergy. 2022;77:1602-1606.
  4. Sakaue S, Yamaguchi E, Inoue Y, Takahashi M, Hirata J, Suzuki K, Ito S, Arai T, Hirose M, Tanino Y, Nikaido T, Ichiwata T, Ohkouchi S, Hirano T, Takada T, Miyawaki S, Dofuku S, Maeda Y, Nii T, Kishikawa T, Ogawa K, Masuda T, Yamamoto K, Sonehara K, Tazawa R, Morimoto K, Takaki M, Konno S, Suzuki M, Tomii K, Nakagawa A, Handa T, Tanizawa K, Ishii H, Ishida M, Kato T, Takeda N, Yokomura K, Matsui T, Watanabe M, Inoue H, Imaizumi K, Goto Y, Kida H, Fujisawa T, Suda T, Yamada T, Satake Y, Ibata H, Hizawa N, Mochizuki H, Kumanogoh A, Matsuda F, Nakata K, Hirota T, Tamari M, Okada Y. Genetic determinants of risk in autoimmune pulmonary alveolar proteinosis. Nat Commun. 2021;12:1032.
  5. Watanabe K, Katagiri S, Takahashi H, Sasaki N, Maekawa S, Komazaki R, Hatasa M, Kitajima Y, Maruyama Y, Shiba T, Komatsu K, Ohsugi Y, Tanaka K, Matsuzawa A, Hirota T, Tohara H, Eguchi Y, Anzai K, Hattori A, Iwata T. Porphyromonas gingivalis impairs glucose uptake in skeletal muscle associated with altering gut microbiota. FASEB J. 2021;35:e21171.
  6. Asano K, Ueki S, Tamari M, Imoto Y, Fujieda S, Taniguchi M. Adult-onset eosinophilic airway diseases. Allergy. 2020;75:3087-3099.
  7. Momose M, Hirota T, Kikuchi S, Inoue N, Umezawa Y, Nakagawa H, Saeki H, Tamari M, Asahina A. Associations of TNFAIP3 variants with susceptibility to psoriasis vulgaris and psoriasis arthritis in a Japanese population. J Dermatol Sci. 2020;100:220-222.
  8. Ohsugi Y, Katagiri S, Hirota T, Niimi H, Hatasa M, Watanabe K, Shimohira T, Mizutani K, Kitazawa M, Matsuzawa A, Kadokura H, Yokose S, Iwata T, Aoki A. Laser irradiation decreases sclerostin expression in bone and osteogenic cells. FASEB J. 2020;34:12877-12893.
  9. Ishigaki K, Akiyama M, Kanai M, Takahashi A, Kawakami E, Sugishita H, Sakaue S, Matoba N, Low SK, Okada Y, Terao C, Amariuta T, Gazal S, Kochi Y, Horikoshi M, Suzuki K, Ito K, Koyama S, Ozaki K, Niida S, Sakata Y, Sakata Y, Kohno T, Shiraishi K, Momozawa Y, Hirata M, Matsuda K, Ikeda M, Iwata N, Ikegawa S, Kou I, Tanaka T, Nakagawa H, Suzuki A, Hirota T, Tamari M, Chayama K, Miki D, Mori M, Nagayama S, Daigo Y, Miki Y, Katagiri T, Ogawa O, Obara W, Ito H, Yoshida T, Imoto I, Takahashi T, Tanikawa C, Suzuki T, Sinozaki N, Minami S, Yamaguchi H, Asai S, Takahashi Y, Yamaji K, Takahashi K, Fujioka T, Takata R, Yanai H, Masumoto A, Koretsune Y, Kutsumi H, Higashiyama M, Murayama S, Minegishi N, Suzuki K, Tanno K, Shimizu A, Yamaji T, Iwasaki M, Sawada N, Uemura H, Tanaka K, Naito M, Sasaki M, Wakai K, Tsugane S, Yamamoto M, Yamamoto K, Murakami Y, Nakamura Y, Raychaudhuri S, Inazawa J, Yamauchi T, Kadowaki T, Kubo M, Kamatani Y. Large-scale genome-wide association study in a Japanese population identifies novel susceptibility loci across different diseases. Nat Genet. 2020;52:669-679.
  10. Ito M, Hirota T, Momose M, Ito T, Umezawa Y, Fukuchi O, Asahina A, Nakagawa H, Tamari M, Saeki H. Lack of association of TNFA, TNFRSF1B and TNFAIP3 gene polymorphisms with response to anti-tumor necrosis factor therapy in Japanese patients with psoriasis. J Dermatol. 2020;47:e110-e111.
  11. Nakayama T, Hirota T, Asaka D, Sakashita M, Ninomiya T, Morikawa T, Okano M, Haruna S, Yoshida N, Takeno S, Tanaka Y, Yoshikawa M, Ishitoya J, Hizawa N, Isogai S, Mitsui C, Taniguchi M, Kojima H, Fujieda S, Tamari M. A genetic variant near TSLP is associated with chronic rhinosinusitis with nasal polyps and aspirin-exacerbated respiratory disease in Japanese populations. Allergol Int. 2020;69:138-140.
  12. Noguchi E, Akiyama M, Yagami A, Hirota T, Okada Y, Kato Z, Kishikawa R, Fukutomi Y, Hide M, Morita E, Aihara M, Hiragun M, Chinuki Y, Okabe T, Ito A, Adachi A, Fukunaga A, Kubota Y, Aoki T, Aoki Y, Nishioka K, Adachi T, Kanazawa N, Miyazawa H, Sakai H, Kozuka T, Kitamura H, Hashizume H, Kanegane C, Masuda K, Sugiyama K, Tokuda R, Furuta J, Higashimoto I, Kato A, Seishima M, Tajiri A, Tomura A, Taniguchi H, Kojima H, Tanaka H, Sakai A, Morii W, Nakamura M, Kamatani Y, Takahashi A, Kubo M, Tamari M, Saito H, Matsunaga K. HLA-DQ and RBFOX1 as susceptibility genes for an outbreak of hydrolyzed wheat allergy. J Allergy Clin Immunol. 2019;144:1354-1363.
  13. Hirata J, Hirota T, Ozeki T, Kanai M, Sudo T, Tanaka T, Hizawa N, Nakagawa H, Sato S, Mushiroda T, Saeki H, Tamari M, Okada Y. Variants at HLA-A, HLA-C, and HLA-DQB1 Confer Risk of Psoriasis Vulgaris in Japanese. J Invest Dermatol. 2018;138(3):542-548.
  14. Hirota T, Nakayama T, Sato S, Yanagida N, Matsui T, Sugiura S, Takaoka Y, Hizawa N, Fujieda S, Miyatake A, Sasaki T, Amagai M, Doi S, Ito K, Ebisawa M, Tamari M. Association study of childhood food allergy with genome-wide association studies-discovered loci of atopic dermatitis and eosinophilic esophagitis. J Allergy Clin Immunol. 2017;140:1713-1716.
▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
  • 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C)研究代表者(玉利)
  • 日本医療研究開発機構 ゲノム医療実現推進プラットフォーム事業 研究分担者(玉利)
  • 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C)研究代表者(廣田)
  • 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(B)研究分担者(廣田)
  • 日本医療研究開発機構 免疫アレルギー疾患等実用化研究事業 研究開発分担者(廣田)
▲ このページのトップへ
その他
  • Journal of Human Genetics, Associate editor(玉利)
  • 日本アレルギー学会 代議員(玉利)
  • Member of the Collegium Internationale Allergologicum(玉利)
  • 日本学術会議 連携会員 臨床ゲノム医学分科会 委員(玉利)
  • 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)免疫アレルギー疾患等実用化研究事業 プログラム・オフィサー(玉利)、課題評価委員(玉利)
  • 厚生労働省 アレルギー疾患対策推進協議会 委員(玉利)
  • 医薬品医療機器総合機構(PMDA)科学委員会 委員(玉利)
  • 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 非常勤講師(廣田)
▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL

分子遺伝研究部

http://square.umin.ac.jp/jikeimolgen/
 
▲ このページのトップへ