教授 玉利 真由美教授写真
准教授

鐘ヶ江 裕美

講師

大野 裕治

助教 鎌田 美乃里
大学院 菱木 光太郎
講座(研究室)の概要
 基盤研究施設(分子遺伝学)は1996年に桜井 進教授より山田 尚教授に引き継がれ、2017年4月より玉利 真由美が引き継ぎ今日に至っている。独自の研究テーマに加えて、本学におけるDNAシーケンス解析等のゲノミクスに関連した解析、そしてセルソーターやFACS等、細胞生物学に関連した機器の管理及び実験サポートを行っている。
医学科教育について
 研究室配属・選択実習・医学英語論文抄読など、少人数での医学科教育を各教員が自主的に担当する。また、教員は各々が専門とする分野の教育ユニットにおいて講義・演習・チュートリアルを担当する。
大学院教育・研究について
 ゲノム医学に関する研究では、様々な疾患のゲノムワイド関連解析による遺伝要因の解明、及び関連領域の機能解析を行っている。
 遺伝子治療等の基礎的な研究として、ウイルスベクターの開発にも取り組んでいる。とりわけアデノウイルスベクターの開発改良に取り組んでいる。
講座(研究室)からのメッセージ
 近年のヒトゲノム情報基盤の整備と配列解析技術の向上により、様々な疾患や関連形質においてゲノムワイド関連解析(GWAS)が行われ、関連遺伝子が多数同定されている。国際共同研究を基盤とする大規模GWASメタ解析の結果が報告される一方で、小規模であるが詳細な臨床情報に基づくGWASも近年盛んに行われている。GWASで得られた知見の臨床への応用には、ゲノム多様性の機能に及ぼす影響の解析は必須である。我々はこれらの手法を用いて疾患に関連する遺伝子、パスウエイを同定し、それらの機能解析を通して、疾患発症や重症化のメカニズムの解明を目指している。
 あらゆる疾患が遺伝子の異常に伴い引き起こされていることを考えると、責任遺伝子の機能を詳細に解析することは重要であると考える。当研究室では、高度に目的遺伝子を発現あるいはノックアウトするために有用性が高いウイルスベクターの開発を行っている。私達は、目的遺伝子を特定の時期に特定の場所で発現あるいはノックアウトするために、細胞特異的プロモーターや部位特異的組換え酵素などを駆使して、遺伝子発現の詳細な解析が可能なシステムを複数構築した。これらのシステムは、安全性の高い遺伝子治療も可能にすると考え、研究を進めている。また、近年注目されているゲノム編集を高効率に行うベクターシステムについても開発を進めており、肝臓がんへの移行効率が極めて高いB型肝炎ウイルスの完全排除を目指した遺伝子治療用ベクターの開発も行っている。これらの研究に興味のある研究者・医師が研究室のドアを叩いてくれることを願っています。
▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
分子診断・治療学
大学院共通カリキュラムにおけるバイオインフォマティックスを担当する(玉利、鐘ヶ江)
分子診断・治療学を担当する。多因子疾患の遺伝要因の探索及び遺伝子の機能解析を中心に、疾患発症や重症化の分子機構の解明を行い、疾患の予防やバイオマーカーの同定を目指して研究を行なう。(玉利)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
  1. 多因子疾患(気管支喘息、副鼻腔炎、食物アレルギー、乾癬等)の遺伝要因の解明、及び関連遺伝子の機能解析

細胞及び時期標的化ウイルスベクターの開発

CRISPR/Cas9を用いたゲノム編集技術の開発
  1. ウイルスベクターを用いた遺伝子治療法の開発
▲ このページのトップへ
主な業績

1.Hirota T, Nakayama T, Sato S, Yanagida N, Matsui T, Sugiura S, Takaoka Y, Hizawa N, Fujieda S, Miyatake A, Sasaki T, Amagai M, Doi S, Ito K, Ebisawa M, Tamari M. Association study of childhood food allergy with GWAS-discovered loci of atopic dermatitis and eosinophilic esophagitis. J Allergy Clin Immunol. 2017 in press.


2.EArly Genetics and Lifecourse Epidemiology (EAGLE) Eczema Consortium; EArly Genetics and Lifecourse Epidemiology EAGLE Eczema Consortium. Multi-ancestry genome-wide association study of 21,000 cases and 95,000 controls identifies new risk loci for atopic dermatitis. Nat Genet. 2015;47:1449-56.

3.Hirota T, Takahashi A, Kubo M, Tsunoda T, Tomita K, Sakashita M, Yamada T, Fujieda S, Tanaka S, Doi S, Miyatake A, Enomoto T, Nishiyama C, Nakano N, Maeda K, Okumura K, Ogawa H, Ikeda S, Noguchi E, Sakamoto T, Hizawa N, Ebe K, Saeki H, Sasaki T, Ebihara T, Amagai M, Takeuchi S, Furue M, Nakamura Y, Tamari M. Genome-wide association study identifies eight new susceptibility loci for atopic dermatitis in the Japanese population. Nat Genet. 2012;44:1222-6.

4.Hirota T, Takahashi A, Kubo M, Tsunoda T, Tomita K, Doi S, Fujita K, Miyatake A, Enomoto T, Miyagawa T, Adachi M, Tanaka H, Niimi A, Matsumoto H, Ito I, Masuko H, Sakamoto T, Hizawa N, Taniguchi M, Lima JJ, C. G. Irvin, S. P. Peters, B. E. Himes, Litonjua AA, Tantisira KG, Weiss ST, Kamatani N, Nakamura Y, Tamari M. Genome-wide association study identifies five susceptibility loci for adult asthma in the Japanese population. Nat Genet. 2011;43:893-6.

5.Harada M, Hirota T, Jodo AI, Hitomi Y, Sakashita M, Tsunoda T, Miyagawa T, Doi S, Kameda M, Fujita K, Miyatake A, Enomoto T, Noguchi E, Masuko H, Sakamoto T, Hizawa N, Suzuki Y, Yoshihara S, Adachi M, Ebisawa M, Saito H, Matsumoto K, Nakajima T, Mathias RA, Rafaels N, Barnes KC, Himes BE, Duan QL, Tantisira KG, Weiss ST, Nakamura Y, Ziegler SF, Tamari M. TSLP promoter polymorphisms are associated with susceptibility to bronchial asthma. Am J Respir Cell Mol Biol. 2011;44:787-93.

6.Suzuki M, Kondo S, Yamasaki M, Matsuda N, Nomoto A, Suzuki T, Saito I, Kanegae Y. Efficient genome replication of hepatitis B virus using adenovirus vector: a compact pregenomic RNA-expression unit. Sci Rep. 3, 41851, 2017.

7.Suzuki M, Kondo S, Pei Z, Maekawa A, Saito I, Kanegae Y. Preferable sites and orientations of transgene inserted in the adenovirus vector genome: The E3 site may be unfavorable for transgene position. Gene Ther., 5, 421-429, 2015

8.Pei Z, Shi G, Kondo S, Ito M, Maekawa A, Suzuki M, Saito I, Suzuki T, Kanegae Y., Adenovirus vectors lacking virus-associated RNA expression enhance shRNA activity to suppress hepatitis C virus replication., Sci Rep., 3, 3575, 2013

9.Maekawa A, Pei Z, Suzuki M, Fukuda H, Ono Y, Kondo S, Saito I, Kanegae Y., Efficient production of adenovirus vector lacking genes of virus-associated RNAs that disturb cellular RNAi machinery., Sci Rep., 3, 1136, 2013

10.Pei Z, Kondo S, Kanegae Y, Saito I., Copy number of adenoviral vector genome transduced into target cells can be measured using quantitative PCR: application to vector titration. Biochem Biophys Res Commun., 417, 945-950, 2012

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

○国立研究開発法人日本医療研究開発機構委託研究費開発費
(感染症実用化研究事業 肝炎等克服実用化研究事業)
○厚生労働科学研究費 厚生労働行政推進調査事業費 補助金
厚生労働特別研究事業 アレルギー疾患対策に関する研究基盤の構築

▲ このページのトップへ
その他
日本人類遺伝学会 評議員 (玉利)
Journal of Human Genetics, Associate editor (玉利)
日本アレルギー学会 代議員 (玉利)
アレルギー 編集委員 (玉利)
Member of the Collegium Internationale Allergologicum (玉利)
日本学術会議 連携会員 (玉利)
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)プログラム・オフィサー (玉利)
日本遺伝子治療学会 理事(鐘ヶ江)
▲ このページのトップへ