教授

斎藤 三郎

教授写真
教授 黒坂 大太郎(兼任)
講師 秋山 暢丈
大野 裕治(兼任)
講座(研究室)の概要
 当研究部は平成7年度に医科学研究所がDNA医学研究所に改組になった時に新設された研究部である。当初の研究室は大学2号館の地下1階にであったが、平成14年の大学1号館の竣工に伴い12階に移転した。免疫学の基礎研究としては免疫応答の調節機構の解明を、応用研究としてはアレルギー疾患や自己免疫疾患の病態ならびに治療法の開発を進めている。
医学科教育について
 講義は、3年生の基礎臨床医学I「免疫と生体防御ユニット」を担当している。2年生では「血液造血系ユニット」の中で白血球の機能を講義している。実習は免疫学実習を担当している。研究室配属、選択実習および症侯学演習にも参加している。
大学院教育・研究について
 大学院の共通カリキュラムは免疫学的研究法について、選択カリキュラムは免疫システムの理解と研究の進め方について授業を進めている。
講座(研究室)からのメッセージ
 研究は楽しく、そのためには失敗を恐れず積極的に挑戦してほしい。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

血液・造血系ユニット 2年生
免疫と生体防御ユニット 3年生

実習科目名称と対象学年

免疫学実習 3年生
研究室配属 3年生
選択実習   6年生

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
分子免疫学
共通カリキュラム「免疫学的研究法」
選択カリキュラム「免疫学総論・特論・演習・実習」
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
免疫応答の調節機構の解明
アレルギー疾患、自己免疫疾患の病態ならびに治療法の解明
▲ このページのトップへ
主な業績

「原著論文」

1. Saito S, Aoki A, Arai I, Takaishi S, Ito H, Akiyama N and Kiyonari H. Regulation of Th2 responses by different cell types expressing the interleukin-31 receptor. Allergy, Asthma & Clinical Immunology 2017; 13:23. DOI: 10.1186/s13223-017-0194-9.

 

2. Ito H,Noda K,Yoshida K,Otani K,Yoshiga M,Oto Y,(Saito S),et al.Prokineticin 2 antagonist, PKRA7 suppresses arthritis in mice with collagen-induced arthritis. BMC Musculoskeletal Disorders 2016;17(1):387.

 

3. Iwao Arai, Minoru Tsuji1, Kazuya Miyagawa1, Hiroshi Takeda1, Nobutake Akiyama, Saburo Saito. Prostaglandin D2 improves IL-31-induced alloknesis: itch-stimulation becomes pain-stimulation in mouse skin. Itch & Pain. Published online: January 12, 2016.

 

4. Kazuki Miyaji, Noriaki Okamoto, Akemi Saito, Hiroshi Yasueda, Yukari Takase, Hidekatsu Shimakura, Saburo Saito, Masahiro Sakaguchi. Cross-reactivity between major IgE core epitopes on Cry j 2 allergen of Japanese cedar pollen and relevant sequences on Cha o 2 allergen of Japanese cypress pollen. Allergology International 65 (2016) 286-292.

 

5. Iwao Arai, Minoru Tsuji 1, Kazuya Miyagawa, Hiroshi Takeda, Nobutake Akiyama, Saburo Saito. Increased itching sensation depends on an increase in the dorsal root ganglia IL-31 receptor A (IL-31RA) expression in mice with atopic-like dermatitis. Itch & Pain Published online: January 28, 2015.

 

6. Arai I, Tsuji M, Miyagawa K, Takeda H, Akiyama N, Saito S. Repeated administration of IL-31 upregulates IL-31 receptor A (IL-31RA) in dorsal root ganglia and causes severe itch-associated scratching behaviour in mice. Exp Dermatol. 2015 Jan;24(1):75-8.

 

7. Hideo Kohno, Hideto Koso, Kiichiro Okano, Thomas R. Sundermeier, Saburo Saito, Sumiko Watanabe, Hiroshi Tsuneoka and Tsutomu Sakai. Expression pattern of Ccr2 and Cx3cr1 in inherited retinal degeneration. Journal of Neuroinflammation (2015) 12:188. DOI 10.1186/s12974-015-0408-3.

 

「総説・著書」

1. 斎藤三郎 食べる免疫療法〜スギ花粉症遺伝子組換え米〜 新薬と臨床. 2016:65(2);216-21.  

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
〇科学研究補助金 挑戦的萌芽研究
エピトープの決定を必要としないT細胞ワクチン療法

 

▲ このページのトップへ