教授 大橋 十也(所長・兼任)
教授写真
佐々木 敬(副所長)

渡部 文子
その他

[一般研究員]
多田 紀夫
大草 敏史
東條 克能
吉田 博
郡司 久人
小井戸 薫雄
髙野 浩邦
藤本 啓
鈴木 一史
平石 千佳
池田 惠一
佐藤 亮


[訪問研究員]
黒沢 秀夫
沖田 直之


[研究技術員]
吉澤 幸夫
湯本 陽子
青木 正隆(実験動物研究施設)

 

[事務員]
吉澤 麻貴(研究支援課)

 
講座(研究室)の概要
柏キャンパスにある臨床医学研究所は、国領キャンパスの高次元医用画像工学研究所と並び慈恵医大が持つ二つの研究所のうち一つであり、教育研究機関として重要な機能を担っている。本研究所の前身は、平成5年の柏病院開設以来、臨床研究を目指す医師たちがそれぞれの実験器具を持ち寄って医学研究棟にスタートした共同利用研究所にある。その設立理念は、基礎医学と実践臨床との隅をうめてゆく立場を堅持し、「患者さん中心の最高の、そして最善の医療を実践する」という慈恵大学の目標を裏打ちできる研究成果を積み重ねていくことであったがこの理念は今も受け継がれている。
柏キャンパスの近隣は東京大学柏キャンパスや東京理科大学野田キャンパスが存在する学園都市になっており、近年、本学と教育・研究面での提携がなされた東京理科大学との共同研究や共通の教育についても計画されているところである。
現在の臨床医学研究所でも、臨床医学との間を橋渡しする研究、教育での展開を目指しており、そのために医学以外の多くの分野、例えば工学、薬学、臨床検査医学、看護学等の研究・教育の場となっており、職種間での医療協力も視野に入れることが可能である。大学院レベルの研究、教育に関しては、応用分子医学、および代謝・栄養内科学をはじめとした医学研究科の活動場所となっている。
当研究所はP2レベルのバイオハザード対策に対応した研究設備を持ち、4階、6階の広大な実験室がこれに相当する。また7階には約3,000匹の動物の収容が可能な実験動物飼育施設が併設されている。これは平成13年3月竣工されたもので、総合医科学研究センター実験動物研究施設に所属する。現在はSPF動物を始め、P2Aにも対応する高度な研究施設となっている。
医学科教育について
医学科3年生の研究室配属、6年生の選択実習の場として医学生を受け入れている。
大学院教育・研究について
応用分子医学をはじめ医学研究科のどの細目にも対応する。将来的には教育、研究面で連携のある他学の大学院生も受け入れる準備がある。
講座(研究室)からのメッセージ
 この研究所に集う誰もが、科学的誠実さを持ち、得られた成績を常に臨床に応用して行く心構えを醸生してゆける場として、またあらゆる臨床医が職域の中で感じた疑問点を実験の中から解決の糸口を探求できる場として、慈恵人に開かれた存在でありつづけることを願う。そして、ここに生まれた新たな活力、未来の芽、若い力を育んで、とりわけ問題解決能力を醸成する教育、研究機関として有り続けたい。
 医学科の学生は、Early Research Exposure、あるいは研究室配属として受け入れている。「研究のおもしろさ」を共有したいと考えている。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

佐々木 敬:

代謝・栄養・内分泌ユニット(医学科4年生)
臨床基礎医学 栄養科学(医学科3年生)
基礎医科学II(医学科2年生)
疾病・治療学I,II(看護学科2年生)

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
佐々木 敬

器官病態・治療学 応用分子医学 教授

 
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
佐々木 敬:

1) 糖尿病における膵内分泌の再生医学
2) ガスクロマトグラフィー(GCMS)を用いた極微量生体ガスに関する研究
3) 糖尿病における新規治療法の創成;新たな治療デバイスの開発と創薬

4) 津南町コホートを用いた人の長寿に関するゲノム疫学研究

5) 糖尿病治療による体組成の変化に関する研究

6) グライセミック・インデックスに関する研究:食物線維とインクレチン

   
一般研究員の研究テーマからの抜粋:
 

新規抗菌薬療法による潰瘍性大腸炎の粘膜フローラの変化と治療効果:DNA多型解析
呼吸器感染症の起因病原体遺伝子の検出
卵巣明細胞癌の糖代謝機構と抗癌剤感受性との関連性についての研究
Hibernating myocardiumにおける収縮力低下機序のα,β交感神経受容体機能面からの検討
炎症性腸疾患患者の糞便中の硫酸濃度の検討
フローサイトメトリーを応用したアポトーシス細胞検出法の研究
WT1を標的とした癌免疫療法と化学療法との相乗効果の機序解明
心血管病変のバイオマーカーとしてのMMP2の意義
心血管病バイオマーカーとしてのLp(a)およびIDLの意義
日本人の食事摂取基準の策定に資する代謝性疾患の栄養評価に関する研究
HDL機能障害と酸化ストレスに関する研究
悪性脳腫瘍に対する樹状細胞免疫治療と抗血管新生療法の効果

膵β細胞に及ぼすウロコルチンの作用の検討

▲ このページのトップへ
主な業績

1) Sasaki T, Seino Y, Fukatsu A, Ubukata M, Sakai S, Samukawa Y. Absence of Drug-Drug Interactions Between Luseogliflozin, a Sodium-Glucose Co-transporter-2 Inhibitor, and Various Oral Antidiabetic Drugs in Healthy Japanese Males. Adv Ther. 2015; 32:404-17.

2) Sasaki T. Epigenetics: Reprogrammable interface of the genome and environments. J Diabetes Investig. 2014; 5: 119-20.

3) Okita N, Ishikawa N, Mizunoe Y, Oku M, Nagai W, Suzuki Y, Matsushima S, Mikami K, Okado H, Sasaki T, Higami Y. Inhibitory effect of p53 on mitochondrial content and function during adipogenesis. Biochem Biophys Res Commun. 2014; 446: 91-7.

4) Shimada K, Tachibana T, Fujimoto K, Sasaki T, Okabe M. Temporal and Spatial Cellular Distribution of Neural Crest Derivatives and Alpha Cells during Islet Development. Acta Histochem Cytochem. 2012; 45: 65-75.

5) Nemoto M, Hiki Y, Shimada K, Nakai N, Fujimoto K, Inoue S, Sakurada N, Kaneko H, Sugita M, Okabe M, Sasaki T (corresponding author). Novel hormonal delivery method using the ink-jet technology: application to pulmonary insulin therapies. Diabetes Technol Ther. 2011; 13: 509-17.

6) Vallejo-Vaz AJ, Kondapally Seshasai SR, Kurogi K, Michishita I, Nozue T, Sugiyama S, Tsimikas S, Yoshida H, Ray KK. Effect of pitavastatin on glucose, HbA1c and incident diabetes: A meta-analysis of randomized controlled clinical trials in individuals without diabetes. Atherosclerosis.  2015; 241: 409-418

7) Hirowatari Y, Yoshida H, Kurosawa H, Manita D, Tada N. Automated measurement method for the determination of vitamin E in plasma lipoprotein classes. Sci Rep. 2014; 4: 4086.

8) Ito K, Yoshida H, Yanai H, Kurosawa H, Sato R, Manita D, Hirowatari Y, Tada N. Relevance of intermediate-density lipoprotein cholesterol to Framingham risk score of coronary heart disease in middle-aged men with increased non-HDL cholesterol. Int J Cardiol. 2013; 168: 3853-8

9) Takase S, Osuga J, Fujita H, Hara K, Sekiya M, Igarashi M, Takanashi M, Takeuchi Y, Izumida Y, Ohta K, Kumagai M, Nishi M, Kubota M, Masuda Y, Taira Y, Okazaki S, Iizuka Y, Yahagi N, Ohashi K, Yoshida H, Yanai H, Tada N, Gotoda T, Ishibashi S, Kadowaki T, Okazaki H. Apolipoprotein C-II deficiency with no rare variant in the APOC2 gene. J Atheroscler Thromb.  2013; 20: 481-93

10) Koido S, Homma S, Okamoto M, Namiki Y, Takakura K, Takahara A, Odahara S, Tsukinaga S, Yukawa T, Mitobe J, Matsudaira H, Nagatsuma K, Uchiyama K, Kajihara M, Arihiro S, Imazu H, Arakawa H, Kan S, Komita H, Ito M, Ohkusa T, et al. Combined TLR2/4-Activated Dendritic/Tumor Cell Fusions Induce Augmented Cytotoxic T Lymphocytes. PLoS One. 2013; 8: e59280.

11) Yoshida H, Shoda T, Yanai H, Ikewaki K, Kurata H, Ito K, Furutani F, Tada N, Witztum JL, Tsimikas S. Effect of pitavastatin and atorvastatin on lipoprotein oxidation biomarkers in patients with dyslipidemia.  Atherosclerosis 2013; 226: 161-4.

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

○佐々木 敬: H26〜28年度 科研費基盤C 膵島の自己組織化ならびに保護機構における神経堤由来シュワン細胞の役割 研究代表者 
○吉田 博: H26〜28年度 科研費基盤C 安定同位体を用いたHDL機能評価とハプトグロビン型別による動脈硬化リスクの探索 研究代表者 
○小井戸 薫雄: H27〜29年度 科研費基盤C 進行膵癌に対する免疫化学療法の選択基準 研究代表者
○藤本 啓: H25〜27年度 科研費基盤C  GlucolipotoxicityにおけるPKCδ依存性β細胞死 研究代表者

▲ このページのトップへ
その他

【佐々木 敬】

  • ・学会学術評議員: 日本糖尿病学会、日本内分泌学会、日本病態栄養学会、日本臨床分子医学会、日本臨床栄養学会 
  • ・Journal Editor: Journal of Diabetes Investigation (Assistant Editor)
  • ・学会委員会: 世界糖尿病デー実施委員長、専門医認定委員、ほか
  • ・外部研究機関役員等: 公益財団法人佐々木研究所 理事、東京理科大学 客員教授
▲ このページのトップへ