教授 大橋 十也
(所長・兼任)
教授写真
渡部 文子
(副所長・専任)
講師

河野 緑
(臨床検査医学講座より出向)

森島(髙田) 美絵子(特任)

助教 永瀬 将志
ポスドク

三上 香織

永嶋 宇

遠山 卓

一般研究員

吉田 博

郡司 久人

小井戸 薫雄

藤本 啓

鈴木 一史

戸根 一哉

伊藤 善翔

塩谷 信卓

伊藤 栄作

平石 千佳

佐藤 亮

鈴木 亮平

多田 紀夫
 (客員教授)

大草 敏史
 (客員教授)

佐々木 敬
 (客員教授)

訪問研究員 松井 貞子
上野 耕平
安松 啓子
石田 綾
石川 理子
研究実習生 井口 理沙
遠井 優華
研究技術員

青木 正隆

湯本 陽子

事務員 吉澤 麻貴
 (研究推進課より出向)
その他 [特別研究員]

有馬(吉田) 史子

[研究補助員]

柴原 和子

湯淺 愛美

小松 真理子

森久 加奈

 
講座(研究室)の概要
 柏キャンパスにある臨床医学研究所は、国領キャンパスの高次元医用画像工学研究所と並び慈恵医大が持つ二つの研究所のうち一つであり、2000年4月に設立されて以来、臨床医学の基礎となる学際的研究を展開する教育研究機関として重要な機能を担う。特に、本学が目指す理想の医療である「優れた研究に裏付けられた患者中心の最高最善の医療」を柏附属病院で実践するために必要な臨床医学研究を推進することを主たるミッションとする。さらに基礎研究の成果を臨床に実用化させる橋渡し研究を念頭におき、難治性疾患の病因解明や診断・治療に結びつく先端的な医学研究に貢献することを使命としている。
 現在、臨床医学研究所において行われているテーマとしては、高次脳機能の制御メカニズムとその破綻としての精神疾患に関する基礎研究、代謝疾患や循環器疾患、生活習慣病などのいわゆるNon-communicable diseases (NCDs)の病態解明や診断・治療法に関する研究、消化器疾患に関連する腸内細菌研究などがある。例えば、ストレスに伴う気分・不安障害や快情動の欠落(アンヘドニア)は患者のQOLを顕著に低下させ、その改善は現代のストレス社会においても最重要課題といえる。本研究所ではこのような「脳とこころの問題」に対し、遺伝子改変動物や各種改変ウイルスベクターといった最先端技術を駆使することで、認知・記憶から情動、意思決定まで広く適応的行動を支える高次脳機能に迫ることを目指している。また、糖尿病研究としてはモデルマウスを使って治療薬メトホルミンによる生体機能制御と腸内細菌叢変化の研究、糖尿病合併症におけるバイオマーカー探索と発症機構に関する研究、酸化ストレスと代謝障害に関する細胞内・細胞間分子ネットワーク機構の研究などを展開している。
 当研究所では臨床医学との間を橋渡しする研究・教育のため、医学以外の多くの分野、例えば工学、薬学、臨床検査医学、看護学といった職種間での連携も展開しており、大学院レベルの研究教育活動の場も提供している。
 当研究所はP2レベルのバイオハザード対策に対応した研究設備を持ち、また7階には約3,000匹の動物の収容が可能な実験動物飼育施設が併設されている。これは平成13年3月竣工されたもので、総合医科学研究センター臨床医学研究所に所属する。現在はSPF動物を始め、P2Aにも対応する高度な研究施設となっている。
医学科教育について
 医学科3年生の研究室配属、6年生の選択実習、ユニット医学研究の場として随時医学生を受け入れている。
大学院教育・研究について
 分子行動科学をはじめ医学研究科のどの細目にも対応する。また東京大学、東京理科大、慶応大学、東京都医学総合研究所、東京歯科大などから大学院生や研究員を受け入れている。
講座(研究室)からのメッセージ
 この研究所に集う誰もが科学的誠実さを持ち、研究から得られた成果を真摯に考察して臨床に応用すると共に、臨床現場で感じた疑問点を実験の中から解決の糸口を探求できるような場を提供したい。さらに、研究所に集う仲間と「研究のおもしろさ、醍醐味」を共有し、問題解決能力を醸成する教育研究機関として、広く研究者を受け入れている。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

渡部 文子:

行動科学(医学科3年生)
基礎医科学Ⅱ(医学科2年生)

実習科目名称と対象学年
研究室配属(医学科3年生)
▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
渡部 文子:

神経・感覚機能病態・治療学 分子行動科学 教授

 
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
渡部 文子:

1) 正負の情動を生み出す扁桃体神経回路の可視化と操作

2) 環境やストレス、経験に依存した情動価値の変容とその神経回路メカニズムの解明

3) 遺伝子改変動物や改変ウイルスベクターを用いた分子・細胞種特異的な神経回路操作

4) シナプス可塑性を人工的に操作誘導するための革新的技術開発

5) 味覚情動と摂食行動の相互作用とその神経回路基盤

   
一般研究員の研究テーマからの抜粋:
  糖尿病合併症における代謝・栄養学的要因に関する研究
糖尿病モデル動物におけるメトホルミンの生体機能制御と腸内細菌叢変化の研究
NCDを対象とした代謝における微量栄養素の役割とゲノム疫学研究
進行性膵癌における樹状細胞ワクチンの臨床試験と免疫モニタリング解析
食事摂取基準の策定に資する代謝性疾患の栄養評価に関する研究
大腸癌、潰瘍性大腸炎、膵臓癌、胆道癌などに関連するメタゲノム・メタボローム解析
▲ このページのトップへ
主な業績

渡部 文子:【原著】

  1. Matsumura, K., Seiriki, K., Okada, S., Nagase, M., Ayabe, S., Yamada, I., Furuse, T., Shibuya, H., Yasuda, Y., Yamamori, H., Fujimoto, M., Nagayasu, K., Yamamoto K., Kitagawa, K., Miura, H., Gotoda-Nishimura, N., Igarashi, H., Hayashida, M., Baba, M., Kondo, M., Hasebe, S., Ueshima, K., Kasai, A., Ago, Y., Hayata-Takano, A., Shintani, N., Iguchi, T., Sato, M., Yamaguchi, S., Tamura, M., Wakana, S., Yoshiki, A., Watabe, A.M., Okano, H., Takuma,K., Hashimoto, R., Hashimoto, H. & Nakazawa, T. Pathogenic POGZ mutation causes impaired cortical development and reversible autism-like phenotypes. Nature Communications 11: 859, 2020.
  2. Nagase, M., Mikami, K., and Watabe, A.M.* Parabrachial-to-amygdala control of aversive learning. Current Opinion in Behavioral Sciences 26: 18-24, 2019. (*責任著者)
  3. Shinohara K., Watabe, A.M.*, Nagase, M., Okutsu Y., Takahashi Y., Kurihara H., Kato F. Essential Role of Endogenous Calcitonin Gene-Related Peptide in Pain-associated Plasticity in the Central Amygdala. (*責任著者) European Journal of Neuroscience 46: 2149-2160, 2017.
  4. Yokose, J., Okubo-Suzuki, R., Nomoto, M., Ohkawa, N., Nishizono, H., Suzuki, A., Matsuo, M., Tsujimura, S., Takahashi, Y., Nagase, M., Watabe, A.M., Sasahara, M., Kato, F., Inokuchi, K. Overlapping memory trace indispensable for linking, but not recalling, individual memories. Science 355:398-403, 2017.
  5. Nomoto, M., Ohkawa, N., Nishizono, H., Yokose, J., Suzuki, A., Matuo, M., Tsujimura, S., Takahashi, Y., Nagase, M., Watabe, A.M., Kato, F., Inokuchi, K. Cellular tagging as a neural network mechanism for behavioral tagging. Nature Communications 7:12319, 1-11, 2016.
  6. Tsuji, M., Takahashi, Y., Watabe, A.M., Kato, F., Enhanced long-term potentiation in mature rats with a history of cryptogenic infantile spasms. Epilepsia 57: 495-505, 2016.
  7. Watabe, A.M., Nagase, M., Hagiwara, A., Hida, Y., Tsuji, M., Ochiai, T., Kato, F., Ohtsuka, T. SAD-B Kinase regulates presynaptic vesicular dynamics at hippocampal Schaffer collateral synapses and affects contextual fear memory. Journal of Neurochemistry 136: 36-47, 2016.
  8. Sato, M., Ito, M., Nagase, M., Sugimura, Y.K., Takahashi, Y., Watabe, A.M.*, Kato, F. The lateral parabrachial nucleus is actively involved in the acquisition of fear memory in mice. Molecular Brain 8: 22, 1-15, 2015. (*責任著者) 
  9. Ohkawa, N., Saitoh, Y., Suzuki, A., Tsujimura, S., Murayama, E., Kosugi, S., Nishizono, H., Matsuo, M., Takahashi, Y., Nagase, M., Sugimura, Y.K., Watabe, A.M., Kato, F., Inokuchi, K. Artificial Association of Pre-stored Information to Generate a Qualitatively New Memory. Cell Reports 11: 261-269, 2015.
  10. Nagase, M., Takahashi, Y., Watabe, A.M., Kubo, Y., Kato, F. On-Site Energy Supply at Synapses through Monocarboxylate Transporters Maintains Excitatory Synaptic Transmission. Journal of Neuroscience 34: 2605-2617, 2014.

【総説】

  1. 渡部文子 味覚による快・不快情動の制御機構 (Neuronal circuits in the mammalian gustatory system) 日本味と匂い学会誌 特集号 2017年24, 2, p.81-86
  2. (訳書)渡部文子 スタンフォード神経生物学 Principles of Neurobiology、Liqun Luo著、第8章 運動系と制御系、柚崎通介 岡部繁男 監訳、メディカルサイエンスインターナショナル、2017年
  3. 渡部文子 特集:痛みと情動―基礎研究の最前線研究と臨床への応用 痛み情動と可塑性~情動を生み出す神経回路の最新知見~ ペインクリニック 第37巻 真興交易(株)医書出版部 2016年6月号 p. 705 -712.
  4. 渡部文子 特集:記憶ふたたび 痛みから捉える情動記憶の神経回路基盤 生体の科学 第67巻1号 医学書院 2016年2月号 p. 51 - 55.
  5. 渡部文子、真鍋俊也 扁桃体-情動脳と社会脳-扁桃体シナプス長期増強と情動記憶の分子制御 Clinical Neuroscience 26:402-405, 2008, 中外医学社
▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

渡部 文子:

  • JSTさきがけ研究 「脳情報の解読と制御」 (代表)
  • 文部科学省新学術領域研究「記憶ダイナミズム」(代表)
  • 文部科学省新学術領域研究「マイクロ精神病態」(代表)
  • 日本学術振興会基盤研究(C) 「扁桃体神経回路制御の可視化とその生理的意義」 (代表)
  • 文部科学省新学術領域研究「個性創発脳」(代表)
  • 科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業CREST「シナプス光遺伝学を用いた脳領域間シグナル伝播機構の解明」(分担)
  • AMED革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト 「細胞内シグナル伝達系の光操作による革新的シナプス可塑性介入技術の研究開発」(代表)
  • 文部科学省新学術領域研究 「スクラップ&ビルドによる脳機能の動的制御」(代表)
  • 日本学術振興会基盤研究(B) 「代謝制御を介した食行動と味覚情動の相互作用」(代表)
▲ このページのトップへ
その他

渡部 文子:

  • 日本神経科学会 学会機関誌 Neuroscience Research セクションエディター
  • 日本神経科学会 ダイバーシティ対応委員会 委員長
  • 日本神経科学会 拡大執行委員会委員
  • 日本神経科学会 将来計画委員会委員
  • 日本神経科学会 奨励賞選考委員
  • 日本神経科学会 時実賞選考委員、大会プログラム委員、コア委員など
  • 日本生理学会 評議員
  • 日本生理学会 監事
  • 日本生理学会 国際交流委員
  • 日本神経精神薬理学会 評議員、企画委員
  • AMED戦略推進部脳と心の研究課国際脳評価委員会副委員長
  • AMED戦略推進部脳と心の研究課脳科学研究戦略推進プログラム(意思決定)課題評価委員
  • AMED戦略推進部脳と心の研究課脳科学研究戦略推進プログラム(融合脳)課題評価委員
  • 次世代脳プロジェクト実行委員
  • 脳の世紀推進会議評議員
  • 文部科学省最先端研究基盤事業事後評価委員会委員
  • 文部科学省研究振興局ライフサイエンス課脳科学委員会科学技術・学術審議会専門委員会委員
  • 加藤バイオサイエンス記念振興財団選考委員
  • 山田科学振興財団選考委員
  • 日米科学技術協力事業「脳研究」分野 研究計画委員会委員
  • Editorial Board, Frontiers in Behavioral Neuroscience 
  • Editorial Board, eNeuro
▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
渡部研究室
http://watabe-lab.jp/
▲ このページのトップへ