教授 福田 国彦教授写真
准教授 朝倉 正
助教 箕輪 はるか
訪問研究員

堀内 公子
吉川 英樹

講座(研究室)の概要
 本施設の前身である共同利用研究部アイソトープ研究室は、大学創立100年を記念して大学2号館2・3階に設置され、昭和56年11月5日より利用が開始された。平成14年には旧施設を廃止し、5月5日に大学1号館2階へ移転した。新施設は床面積が約500平米あり、病原体や遺伝子組換え生物を扱うためのP1、P2、P3実験室や動物実験室・飼育室、暗室等が備えられ、機器として液体シンチレーションカウンタ、RIAカウンタ、バイオイメージ・アナライザ、分光・蛍光光度計、ナノドロップ等の測定器の他にPCR関係機器一式、ゲル撮影装置、自動現像機、超遠心機、COインキュベーター等が用意されている。これらの設備・機器は、放射線管理区域への立ち入り条件を満たしていれば、放射性同位元素を用いない実験での使用も可能であり、氏名章を用いた入退室管理システムにより夜間・休日も利用できるようになっている。
医学科教育について
 「分子から生命へ」すなわち生化学において、生命現象の根幹をなす生体における物質の代謝、遺伝、シグナル伝達について講義している。それに基づいて、「代謝障害学」では代謝の異常と障害、「血液・造血器系」では赤血球の生理・生化学的特徴を説明し、さらには「ヒトの時間生物学」においては細胞死の特徴であるアポトーシスの分子メカニズムを解説する。
 研究室配属や選択実習では、極限状況に耐性のある生物クマムシを用いて、放射線耐性機構の解析や18S-rDNA塩基配列および形態による同定を行い、小動物の採取と観察から分子生物学的解析まで体験してもらっている。また、がんの薬剤耐性獲得機序の解析と耐性克服薬の開発およびドラッグデリバリーシステムの開発、耐性獲得に伴う上皮間葉転換機序の解析を行い、臨床応用に結びつく内容を実施している。
大学院教育・研究について
 アイソトープに関する共通カリキュラムにおいて1日間の講義と3日間の実習を行い、放射性同位元素の利用、特に安全取扱いと測定法等の基礎技術を習得し、さらに放射性同位元素を用いた応用実験として細胞増殖能の測定やRIAを用いたホルモンの定量を行う。
講座(研究室)からのメッセージ
  当施設は、本学における放射性同位元素を用いた基礎医学・生化学研究の実施と支援を行っている。3Hや14C化合物をはじめ、125I、35S、99mTc等によるタンパク質や化合物の標識と検出からがんの研究や再生医療、さらには日用品に含まれる放射能の解析等、幅広い知識と技術の蓄積があり、これらを必要とする教員・研究者・学生に門戸を開いている。組換えDNA実験室を備えていることから、病原体や組換えDNA生物を用いた実験も受け入れているので、ぜひ多くの人に利用していただきたい。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

分子から生命へ 講義・演習 2年
血液・造血器系 2年
代謝障害学 3年
ヒトの時間生物学 3年
症候学演習 3年
感染・免疫演習 3年

医学英語専門文献抄読  3年

実習科目名称と対象学年

分子から生命へ 実習2年
研究室配属 3年
選択実習 6年

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
アイソトープ実験研究施設 共通カリキュラム(朝倉、箕輪)

医の倫理「ケミカルハザード」(朝倉)

▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究

I.環境放射能
  環境中のラドンの研究
  福島第一原子力発電所事故由来の放射性物質の調査・研究
II.放射線生物学
  クマムシの放射線耐性機構の解析
III.がんの生化学的研究
  抗がん剤耐性獲得機序の解析と耐性克服薬の開発
  ミセルを用いたドラッグデリバリーシステムの開発
  プロテアソーム阻害剤耐性獲得に伴う上皮間葉転換機序の解析
  呼気腫瘍マーカーの解析とがんの早期発見法の開発

▲ このページのトップへ
主な業績

1. Asakura T, Yamaguchi N, Ohkawa K, Yoshida K. Proteasome inhibitor-resistant cells caused EMT-induction via suppression of E-cadherin by miR-200 and ZEB1. Int J Oncol 2015; 2251-60.
2. Minowa H. Image analysis of radiocesium distribution in coniferous trees two years after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident. J Radioanal Nucl Chem 2015; 303: 1601-5
3. Iida Y, Aoki K, Asakura T, Ueda K, Yanaihara N, Takakura S, Yamada K, Okamoto A, Tanaka T, Ohkawa K. Hypoxia promotes glycogen synthesis and accumulation in human ovarian clear cell carcinoma. Int J Oncol 2012; 40: 2122-30.
4. Marushima H, Shibata S, Asakura T, Matsuura T, Maehashi H, Ishii Y, Eda H, Aoki K, Iida Y, Morikawa T, Ohkawa K. Three dimensional culture promotes reconstitution of the tumor specific hypoxic microenvironment under TGFbeta stimulation. Int J Oncol 2011; 39: 1327-36.
5. Matsudaira H, Asakura T, Aoki K, Searashi Y, Matsuura T, Nakajima H, Tajiri H, Ohkawa K. Target chemotherapy using GSH-DXR conjugate encapsulated with anti-CD147 antibody-labeled liposome for carcinoma cells with high-level expression of CD147. Int J Oncol 2010; 36: 77-83.
6. Yoshizawa Y, Minowa H, Takiue M. Determination of radon using silicone scintillator. In: Philipe Cassette editor. LSC2010 Proceeding of the 2010 International Liquid Scintillation Conference. Tucson: University of Arizona; p273-7.
7. Shibata S, Marushima H, Asakura T, Matsuura T, Eda H, Aoki K, Matsudaira H, Ueda K, Ohkawa K. Three-dimentional culture using a radial flow bioreactor induces matrix metalloprotease 7-mediated EMT-like process in tumor cells via TGFb1/Smad pathway. Int J Oncol 2009; 34: 1433-48.
8. Minowa H, Yoshizawa Y, Takiue M. Cherenkov counting of carbon-14 using a translucent ceramic with high refractive index. In: Eikenberg J, Jaggi M, Beer H, Baehrle H. editors. LSC2008 Proceedings of International Conference on Advances in Liquid Scintillation Spectrometry. Tucson: University of Arizona; Radiocarbon 2009. p.119-23.
9. Asakura T, Maeda K, Omi H, Matsudaira H, Ohkawa K.  The association of deamidation of Bcl-xL and translocation of Bax to the mitochondria through activation of JNK in the induction of apoptosis by treatment with GSH-conjugated DXR. Int J Oncol 2008; 33: 389-95.
10. Asakura T, Sasagawa A, Takeuchi H, Shibata S, Marushima H, Mamori S, Ohkawa K.  Conformational change in the active center region of GST P1-1, due to binding of a synthetic conjugate of DXR with GSH, enhanced JNK-mediated apoptosis. Apoptosis 2007; 12: 1269-80.
11. Minowa H, Takeda M 1, Ebihara M. Sequential determination of ultra-trace highly siderophile elements and rare earth elements by radiochemical neutron activation analysis: Application to pallasite meteorites. J Radioanal Nuclear Chem 2007; 272:321-5.
12. Mamori S, Asakura T, Ohkawa K, Tajiri H. Survivin expression in early hepatocellular carcinoma and post-treatment with anti-cancer drug under hypoxic culture condition. World J Gastroenterol 2007; 13: 5306-11.

主な競争的研究費
  • 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「安定同位体医学応用研究基盤拠点(SI医学応用研究基盤拠点)の形成」(分担、呼気腫瘍マーカーの解析とがんの早期発見法の開発)
▲ このページのトップへ