教授 浦島 充佳
教授写真
大学院生

濱田 華
五十嵐 元
石川 陽平
斎藤 雄弥
代永 秀幸
阿久津 泰伴
西川 彩花

その他

(研究補助員)
和田 悠
(訪問研究員)
野村 香織
松田 真一
松永 行子

講座(研究室)の概要
 2002年より学内の臨床研究を推進する目的で臨床研究開発室が発足しました。これが、2009年4月より分子疫学研究室と臨床疫学研究室に発展的に分化し現在に至っています。1990年台より始まったDNA塩基配列を調査するゲノム研究では複雑な疾患の病因・病態を十分理解するには至りませんでした。最近、DNA塩基配列以外のゲノム研究をエピゲノム研究と称し、ゲノムと環境因子の相互作用をみる上で注目されています。そのような変化に合わせて我が研究室も進化しています。
医学科教育について
 日本の医学教育においてはpublic health は基礎医学の1つに過ぎません。アメリカでは大学院大学として医学とpublic health が車の両輪として併設されています。Public health とは、医学と他の学問を橋渡しする幅広で深い学問として確立しています。医学科教育におきましては、医学英語、症候学演習、研究室配属を介してグローバルに活躍する医師の育成を目指しています。
大学院教育・研究について
 分子疫学はあくまで手法です。大学院生には個別にテーマを与え、分子疫学的手法を駆使して世界に発信できるエビデンスを構築してもらいます。その過程で、仮説設定、研究デザイン、研究計画書、データモニター、統計ソフト(STATA)を用いての解析、英語論文作成を体験する。並行して、週に1回のラボミーティングにより疫学、生物統計学の基礎、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力、英語能力を養わせています。
本学医学生、大学院生は夜間疫学コースに無料で参加できます。
講座(研究室)からのメッセージ
  私たちは学祖高木兼寛が行った疫学研究のように大勢の尊い命を救える国際的疫学研究を目指しています。
▲ このページのトップへ
教育担当
実習科目名称と対象学年

研究室配属(医学科3年)

教養ゼミ(医学科1年)

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
分子疫学研究部
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
  1. ビタミンDサプリメントを用いた二重盲検ランダム化プラセボ比較試験

ビタミンD受容体、結合蛋白の遺伝子多型と疾患

マイクロアレイを用いたエピゲノム臨床研究
食物アレルギー予防のためのランダム化臨床試験
▲ このページのトップへ
主な業績
  1. 1.Mitsuishi T, Hamatani S, Hirooka S, Fukasawa N, Aizawa D, Hara Y, Dobashi A, Goda K, Fukuda T, Saruta M, Urashima M, Ikegami M.Clinicopathological characteristics of duodenal epithelial neoplasms: Focus on tumors with a gastric mucin phenotype (pyloric gland-type tumors).PLoS One. 2017 Apr 4;12(4):e0174985.
  2.  
  3. 2.Martineau AR, Jolliffe DA, Hooper RL, Greenberg L, Aloia JF, Bergman P, Dubnov-Raz G, Esposito S, Ganmaa D, Ginde AA, Goodall EC, Grant CC, Griffiths CJ, Janssens W, Laaksi I, Manaseki-Holland S, Mauger D, Murdoch DR, Neale R, Rees JR, Simpson S Jr, Stelmach I, Kumar GT, Urashima M, Camargo CA Jr. Vitamin D supplementation to prevent acute respiratory tract infections: systematic review and meta-analysis of individual participant data. BMJ. 2017 Feb 15;356:i6583.
  4.  
  5. 3.Ishimaru S, Yuza Y, Kaneko T, Urashima M. Effect of UGT2B17 deletion polymorphism on prognosis in pediatric cancer. Pediatr Int. 2017 Apr;59(4):427-431.
  6.  
  7. 4.Martineau AR, Cates CJ, Urashima M, Jensen M, Griffiths AP, Nurmatov U, Sheikh A, Griffiths CJ. Vitamin D for the management of asthma. Cochrane Database Syst Rev. 2016 Sep 5;9:CD011511.
  8.  
  9. 5.Nakashima A, Yokoyama K, Yokoo T, Urashima M. Role of vitamin D in diabetes mellitus and chronic kidney disease. World J Diabetes. 2016 Mar 10;7(5):89-100.
  10.  
  11. 6.Tachimoto H, Mezawa H, Segawa T, Akiyama N, Ida H, Urashima M. Improved control of childhood asthma with low-dose, short-term vitamin D supplementation: a randomized, double-blind, placebo-controlled trial. Allergy. 2016 Jul;71(7):1001-9.
  12.  
  13. 7.Ishikawa Y, Tanaka H, Akutsu T, Koide K, Sakuma M, Okazaki M, Ida H, Urashima M. Prenatal vitamin A supplementation associated with adverse child behavior at 3 years in a prospective birth cohort in Japan. Pediatr Int. 2016 Sep;58(9):855-61.
  14.  
  15. 8.Murayama Y, Takao H, Ishibashi T, Saguchi T, Ebara M, Yuki I, Arakawa H, Irie K, Urashima M, Molyneux AJ. Risk Analysis of Unruptured Intracranial Aneurysms: Prospective 10-Year Cohort Study. Stroke. 2016 Feb;47(2):365-71.
  16.  
  17. 9.Mafune A, Iwamoto T, Tsutsumi Y, Nakashima A, Yamamoto I, Yokoyama K, Yokoo T, Urashima M. Associations among serum trimethylamine-N-oxide (TMAO) levels, kidney function and infarcted coronary artery number in patients undergoing cardiovascular surgery: a cross-sectional study. Clin Exp Nephrol. 2016 Oct;20(5):731-739.
  18.  
  19. 10.Niwa S, Mezawa H, Kobayashi N, Ida H, Urashima M. Inverse association between maternal 25OHD level and cord GLP-1/GIP concentrations. Pediatr Res. 2016 Apr;79(4):536-42.
▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
○日本医療研究開発機構研究費(AMED)
「小児期食物アレルギーの新規管理法の確立に関する研究」
○科学研究助成事業
「血清トランス脂肪酸レベルと食物アレルギーの関係」
▲ このページのトップへ
その他

1) WHO(マニラ): Global Environmental Change and Human Health (Jan 2003)
  Millennium Ecosystem Assessment
2) 国連Biological Weapon Convention (Geneva) 2005-
3) 内閣官房危機管理監アドバイザー 2006 〜
4) G8会議Forensic Epidemiology (London) 2007〜
5) G8会議Advanced management of biological threats (Berlin) 2008-        
6) G8会議Advanced management of biological threats (Tokyo) 2009-
7) Oanization for the prohibition of chemical weapons (OPCW) (Nov 2009)
8) 国連Biological Weapon Convention (Geneva) 2010〜
9) International Visitor Leadership Program (USA) 2010 April 5 – April 23
10)Biological Weapon Convention (Geneva)2010

11)ASEAN Regional Forum (ARF)2011
  Workshop on Disease Detection and Surveillance:
  Enhancing Public and Veterinary Health Networks
  To Combat Infectious Disease and Bioterrorism
  13-15 September 2011, Manila, Philippines

12)Disaster Roundtable Workshop on March 21-22, 2012
  Human Recovery in Disasters:  Integrating Health, Housing, Economy, Education and Environment,
  National Academy of Science, nstitute of Medicine, Washington DC

講座(研究室)独自のホームページURL
分子疫学研究室

http://docrd.jp


浦島充佳公式サイト

http://dr-urashima.jp

▲ このページのトップへ