教授 松島 雅人教授写真
大学院生

市川 欧子

林 哲朗

村山 慎一

吉田 秀平

岩渕 敬介

吉年 俊文

務台 理惠子

堀口 涼子

杉山 佳史

吉田 絵理子

事務員

森 央子

講座(研究室)の概要
 臨床疫学研究室は、2014年4月から臨床疫学研究部と名称が変更されました。日常臨床で生ずるさまざまな疑問を疫学的手法にて解決する臨床疫学を軸として、研究、教育を行うために、2009年に開設されました。
医学科教育について
 医学部生を対象にEBM教育を行っています。これは松島が参加したEBM発祥の地、カナダのMcMaster大学で行われているHow to teach EBCP workshopの方式を参考に組み上げたカリキュラムとなっています。
大学院教育・研究について
 研究分野は、臨床疫学がカバーする疾病の診断・治療を中心としますが、従来型の臨床研究のトピックにとらわれず、医療コミュニケーション、医療の質評価、行動科学、質的研究等も含めます。さらに医療の最前線であるにもかかわらずエビデンスが不足しているプライマリケア、家庭医療学分野でのエビデンス生成を目指すことは本研究部のメインテーマの一つの大きな柱となっています。これは各学内組織や学外医療人との共同研究や研究支援によって行われています。大学院教育としては、「医療統計学に関する共通カリキュラム」を担当し、現在約10名の社会人大学院生を受け入れており、臨床研究の方法論および生物統計学手法の実践を中心とした教育活動を行っています。特に地域医療を担っている医療人を対象に社会人大学院生を積極的に受け入れ、また文部科学省にて採択された医療人GP「プライマリケア現場での臨床研究者の育成」プログラムをシステムとして継続し、プライマリケアを担う若手医師をclinician-researcherとして育成し、将来的には地域医療リサーチネットワークの中心となることを目標としています。
講座(研究室)からのメッセージ
  臨床研究の知識・技術を修得することは、臨床医がたとえ研究機関である大学を離れていたとしても、日々の疑問を研究に発展させることを可能にします。1人でも多くの臨床医がclinician-researcherとなることが、わが国の臨床研究の礎になると信じています。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

医学科4年生 ユニット「Evidence-based clinical practice」

医学科3年生 ユニット「医学統計学II演習」

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
臨床疫学研究部
医療統計学に関する共通カリキュラム
疫学・臨床研究に関する共通カリキュラム
選択カリキュラム:地域医療プライマリケア医学
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
臨床研究
  1. Practice-based research networkでの多施設共同・在宅高齢者コホート研究

喫煙関連慢性疾患を有する患者とその主治医間の認識のギャップに関する断面調査

日本語版Patient Enablement Instrumentによる禁煙外来の効果評価

日本語版Patient Centred Assessment Methodの開発

離島における受診行動に関する研究

▲ このページのトップへ
主な業績
【原著論文】
1.松島雅人,田嶼尚子,横山淳一,池田義雄,磯貝行秀,縣  俊彦,松本信雄.IDDMの膵B細胞機能残存性に関与する環境および遺伝因子の影響について.糖尿病 1990; 33: 53-8.

2.松島雅人,田嶼尚子,横山淳一,池田義雄,磯貝行秀,縣  俊彦,吉葉繁雄.IDDMの血清immunoreactive trypsin値に関与する環境及び遺伝因子の影響について.糖尿病 1991; 34: 335-41.

3.Matsushima M, Tajima N, LaPorte RE, Orchard T, Tull E, Gower I, et al. Markedly increased renal disease mortality and incidence of renal replacement therapy among IDDM patients in Japan in contrast to Allegheny County, Pennsylvania, USA. Diabetologia 1995; 38: 236-43.

4.Matsushima M, Shimizu K, Maruyama M, Nishimura R, LaPorte RE, Tajima N, et al. Socioeconomic and behavioural risk factors for mortality of individuals with IDDM in Japan: population-based case-control study. Diabetologia 1996; 39: 710-6.

5.Matsushima M, LaPorte RE, Maruyama M, Shimizu K, Nishimura R, Tajima N, et al. Geographic variation in mortality among individuals with youth-onset diabetes mellitus across the world. Diabetologia 1997; 40: 212-6.

6.Diabetes Epidemiology Research International Mortality Study Group. International evaluation of cause-specific mortality and IDDM. Diabetes Care 1991; 14: 55-60.

7.Diabetes Epidemiology Research International Mortality Study Group. Major cross-difference in risk of dying for people with IDDM. Diabetes Care 1991;14: 49-54.

8.DiaMond Project Group on Social Issues. Global regulations on diabetics treated with insulin and their operation of commercial motor vehicles. Br Med J 1993; 307: 250-3.

9.The Global Lower Extremity Amputation Study Group. Epidemiology of lower extremity amputation in certres in Europe, North America and East Asia. Br J Surg 2000; 87: 328-37.

10.Yokoyama H, Matsushima M, Kawai K, Hirao K, Oishi M, Sugimoto H, Takeda H, Minami M, Kobayashi M, Sone H; Japan Diabetes Clinical Data Management Study Group.Low incidence of cardiovascular events in Japanese patients with Type 2 diabetes in primary care settings: a prospective cohort study (JDDM 20).Diabet Med. 2011 Oct;28(10):1221-8.

11.横林賢一,松島雅人,藤沼康樹,平原佐斗司,阿部佳子,安来志保,盒況,斉木啓子,渡邉隆将,井上真智子,田妻進.在宅高齢者における発熱リスク実態調査〜5施設合同前向きコホート研究.日本プライマリ・ケア連合学会誌.2011;34(2):160

12.坂戸慶一郎,松島雅人,川彩子,横田祐介,岩上真吾,佐藤裕美,田中忍,平塚祐介,竹内一仁.地域病院における経皮内視鏡胃瘻増設術(PEG)の長期生命予後―後ろ向きコホート研究.日本プライマリ・ケア連合学会誌.2012;35(2):104-108

13.Kurosawa S, Matsushima M, Fujinuma Y, Hayashi D, Noro I, Kanaya T, Watanabe T, Tominaga T, Nagata T, Kawasaki A, Hosoya T, Yanagisawa H. Two principal components, coping and independence, comprise patient enablement in Japan: cross sectional study in tohoku area. Tohoku J Exp Med. 2012.Jun;227(2):97-104.

14.Kawasaki A, Matsushima M, Miura Y, Watanabe T, Tominaga T, Nagata T, Hirayama Y, Moriya A, Nomura K.Recognition of and intent to use gastrostomy or ventilator treatments in older patients with advanced dementia: differences between laypeople and healthcare professionals in Japan.Geriatr Gerontol Int. 2015 Mar;15(3):318-25. doi: 10.1111/ggi.12276.

15.Tominaga T, Matsushima M, Nagata T, Moriya A, Watanabe T, Nakano Y, Hirayama Y, Fujinuma Y.Psychological impact of lifestyle-related disease disclosure at general checkup: a prospective cohort study. BMC Fam Pract. 2015 May 14;16:60. doi: 10.1186/s12875-015-0272-3.

16.Wakabayashi H, Matsushima M, Uwano R, Watanabe N, Oritsu H, Shimizu Y.Skeletal muscle mass is associated with severe dysphagia in cancer patients. J Cachexia Sarcopenia Muscle. 2015 Dec;6(4):351-7. doi: 10.1002/jcsm.12052.

17.Wakabayashi H, Matsushima M. Neck circumference is not associated with dysphagia but with undernutrition in elderly individuals requiring long-term care. J Nutr Health Aging. 2016 Mar;20(3):355-60. doi: 10.1007/s12603-015-0587-8.PMID:26892586.

18.Wakabayashi H, Matsushima M. Dysphagia assessed by the 10-item Eating Assessment Tool is associated with nutritional status and activities of daily living in elderly individuals requiring long-term care. J Nutr Health Aging. 2016 Jan;20(1):22-7. doi: 10.1007/s12603-015-0481-4.PMID:26728929

19.Watanabe T, Matsushima M,Nagata T,Tominaga T,Yokoyama H(Jiyugaoka Medical Clinic), Fujinuma Y. Evaluation of the Diabetes Chronic-care System in Japanese Clinics. Jikeikai Med J 2016;63:63-70.

20.Kaneko M, Matsushima M, Irving G(University of Cambridge).The ecology of medical care on an isolated island in Okinawa, Japan: a retrospective open cohort study. BMC Health Serv Res. 2017 Jan 14;17(1):37.

21.Wakabayashi H,Matsushima M,Ichikawa H,Murayama S,Yoshida S,Kaneko M,Mutai R.Occlusal support, dysphagia, malnutrition, and activities of daily living in aged individuals needing long-term care: A path analysis.J Nutr Health Aging 2017 Mar 1. [Epub ahead of print]

22.Yoshida S, Matsushima M, Wakabayashi H, et al. Validity and reliability of the Patient Centred Assessment Method for patient complexity and relationship with hospital length of stay: a prospective cohort study. BMJ Open 2017;7:e016175. doi: 10.1136/bmjopen-2017-016175
▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
○文部科学省・「地域医療等社会的ニーズに対応した質の高い医療人養成推進プログラム」
 [テーマ]「臨床研究・研究支援人材の養成」
 [課題]プライマリケア現場の臨床研究者の育成

○文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(C)

 [課題]在宅死・医療サービス受療率についての他施設共同・在宅高齢者コホート研究

▲ このページのトップへ
その他
日本内科学会認定内科医、日本内科学会認定総合内科専門医
日本糖尿病学会糖尿病専門医
日本糖尿病学会学術評議員
日本プライマリ・ケア連合学会代議員
講座(研究室)独自のホームページURL
臨床疫学研究部
http://www.jikei.ac.jp/ekigaku/index.html
▲ このページのトップへ