教授 松島 雅人教授写真
助教

青木 拓也

大学院生

吉田 絵理子

岩田 啓芳

里井 義尚

日向 佑樹

田中 顕道

富田 詩織

村上 穣

研究生

市川 欧子

村山 慎一

岩渕 敬介

佐竹 澄子

堀口 涼子

務台 理恵子

吉年 俊文

事務員

森 央子

講座(研究室)の概要
日常臨床で生ずるさまざまな疑問を疫学的手法にて解決する臨床疫学を軸として、研究、教育を行うために、臨床疫学研究室として2009年に開設されました。
臨床疫学研究室は、2014年4月から臨床疫学研究部と名称が変更されました。
医学科教育について
医学部生を対象にEvidence based clinical practice (EBCP)教育を行っています。これは松島が参加した、EBM発祥の地ともいえる、カナダのMcMaster大学で行われているワークショップの方式を参考にしています
大学院教育・研究について

研究分野は,従来の疾病中心型の臨床研究のトピックにとらわれず,医療コミュニケーション,医療の質評価,行動科学,質的研究等が含まれています。さらに医療の最前線であるにもかかわらずエビデンスが不足しているプライマリケア,家庭医療学分野でのエビデンス生成を目指しています。プライマリケアリサーチネットワークの構築は学外医療人との共同研究や研究支援によって達成されつつあります。

大学院など卒後教育として臨床研究の方法論および生物統計学手法の実践を中心とした教育活動を行っています。また採択された文部科学省・平成19年度地域医療等社会的ニーズに対応した質の高い医療人養成推進プログラム「プライマリケア現場の臨床研究者の育成」プログラムをシステムとして継続し,名称を変更した「プライマリケアのための臨床研究者育成プログラム」の運営を行っています。さらに平成25年度に採択された文部科学省「未来医療研究人材養成拠点形成事業」の創案に携わり、その事業で開設された大学院授業細目:地域医療プライマリケア医学にて、地域医療を担っている医療人を主な対象として社会人大学院生を積極的に受け入れています。そこでは主に、プライマリケアを担う若手医師をclinician-researcherとして育成するとともに、地域での医療問題をテーマにした研究活動を行っています。

講座(研究室)からのメッセージ

我が国では、(研究室内)基礎研究と臨床研究のバランスが極端に前者に偏っていると思います。(もちろん基礎研究はとても重要です。)また、臨床研究も、大学病院などの高次機能病院で行われていることが主で、プライマリ・ケア現場での臨床研究はかなり限られていると言わざるを得ません。特にプライマリ・ケアでは、biomedicalな問題だけでなく、psychosocialな問題に頻繁に直面します。つまり病気を、疾患(disease)としてだけでなく、病い(illness)として捉え、さらに家族、地域社会といった周りをとりまく環境に積極的に関与する必要があります。

本研究部は大学といったアカデミアの中では扱われにくい、プライマリ・ケア、地域医療、総合診療、家庭医療で生じた問題について、そこで何が起こり、何が問題で、どのように解決して行くのが良いかに少しでも示唆を与えられるような研究結果を発信していくことを目指しています。

▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

医学科3年生 Evidence-based clinical practiceⅠ

医学科4年生 Evidence-based clinical practiceⅡ

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
臨床疫学研究部

大学院共通カリキュラム:「医療統計学」

大学院共通カリキュラム:「疫学・臨床研究」

選択カリキュラム:授業細目:地域医療プライマリケア医学での各科目

▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
臨床研究
多施設共同・在宅高齢者コホート構築と在宅死に関する研究:EMPOWER-JAPAN study
患者複雑性に関する研究
僻地における問題飲酒に関する研究
プライマリ・ケアの質評価に関する研究 
多疾患併存状態 (Multimorbidity)に関する研究 
LGBTに関する研究
▲ このページのトップへ
主な業績

【原著論文】

  1. Kawasaki A, Matsushima M, Miura Y, Watanabe T, Tominaga T, Nagata T, Hirayama Y, Moriya A, Nomura K. Recognition of and intent to use gastrostomy or ventilator treatments in older patients with advanced dementia: Differences between laypeople and healthcare professionals in Japan. Geriatr Gerontol Int. 2014 Mar 20. doi: 10.1111/ggi.12276.
  2. Yokobayashi K, Matsushima M, Watanabe T, Fujinuma Y, Tazuma S. Prospective cohort study of fever incidence and risk in elderly persons living at home. BMJ Open 2014 Jul 9; 4(7):e004998. doi: 10.1136/bmjopen-2014-004998.
  3. Tominaga T, Matsushima M, Nagata T, Moriya A, Watanabe T, Nakano Y, Hirayama Y, Fujinuma Y. Psychological impact of lifestyle-related disease disclosure at general checkup: a prospective cohort study. BMC Fam Pract 2015 May 14; 16:60. doi: 10.1186/s12875-015-0272-3.
  4. Wakabayashi H, Matsushima M, Uwano R, Watanabe N, Oritsu H, Shimizu Y. Skeletal muscle mass is associated with severe dysphagia in cancer patients. J Cachexia Sarcopenia Muscle 2015 Dec; 6(4): 351-7. doi: 10.1002/jcsm.12052.
  5. Watanabe T, Matsushima M, Nagata T, Tominaga T, Yokoyama H, Fujinuma Y. Evaluation of the Diabetes Chronic-care System in Japanese Clinics. Jikeikai Medical Journal. 2016; 63(3): 63-70.
  6. Kaneko M, Matsushima M, Irving G. The ecology of medical care on an isolated island in Okinawa, Japan: a retrospective open cohort study. BMC Health Serv Res 2017 Jan 14; 17(1): 37. doi: 10.1186/s12913-017-1979-8.
  7. Yoshida S, Matsushima M, Wakabayashi H, Mutai R, Murayama S, Hayashi T, Ichikawa H, Nakano Y, Watanabe T, Fujinuma Y. Validity and reliability of the Patient Centred Assessment Method for patient complexity and relationship with hospital length of stay: a prospective cohort study. BMJ Open. 2017 May 9; 7(5): e016175. doi: 10.1136/bmjopen-2017-016175.
  8. Kaneko M, Ohta R, Nago N, Fukushi M, Matsushima M. Correlation between patients' reasons for encounters/health problems and population density in Japan: a systematic review of observational studies coded by the International Classification of Health Problems in Primary Care (ICHPPC) and the International Classification of Primary care (ICPC). BMC Fam Pract 2017 Sep 13; 18(1): 87. doi: 10.1186/s12875-017-0658-5. Review.
  9. Hirayama Y, Otani T, Matsushima M . Japanese citizens' attitude toward end-of-life care and advance directives: A qualitative study for members of medical cooperatives. J Gen Fam Med 2017 Jul 26; 18(6): 378-385. doi: 10.1002/jgf2.100. eCollection 2017 Dec.
  10. Kaneko M, Motomura K, Mori H, Ohta R, Matsuzawa H, Shimabukuro A, Matsushima M. Gatekeeping function of primary care physicians under Japan's free-access system: a prospective open cohort study involving 14 isolated islands. Fam Pract 2019 Jul 31; 36(4): 452-459. doi: 10.1093/fampra/cmy084.
  11. Hayashi T, Matsushima M, Bito S, Kanazawa N, Inoue N, Luthe SK, Wee CC. Predictors Associated with Survival Among Elderly In-Patients Who Receive Cardiopulmonary Resuscitation in Japan: An Observational Cohort Study. J Gen Intern Med 2019 Feb; 34(2): 206-210. doi: 10.1007/s11606-018-4747-5. Epub 2018 Nov 27.
  12. Nakano Y, Matsushima M, Nakamori A, Hiroma J, Matsuo E, Wakabayashi H, Yoshida S, Ichikawa H, Kaneko M, Mutai R, Sugiyama Y, Yoshida E, Kobayashi T. Depression and anxiety in pet owners after a diagnosis of cancer in their pets: a cross-sectional study in Japan. BMJ Open 2019 Feb 19; 9(2): e024512. doi: 10.1136/bmjopen-2018-024512.
  13. Yoshida S, Matsushima M, Wakabayashi H, Mutai R, Sugiyama Y, Yodoshi T, Horiguchi R, Watanabe T, Fujinuma Y. Correlation of patient complexity with the burden for health-related professions, and differences in the burden between the professions at a Japanese regional hospital: a prospective cohort study. BMJ Open 2019 Feb 21; 9(2): e025176. doi: 10.1136/bmjopen-2018-025176.
  14. Yodoshi T, Matsushima M, Taniguchi T, Kinjo S. Utility of point-of-care Gram stain by physicians for urinary tract infection in children ≤36 months. Medicine (Baltimore) 2019 Apr; 98(14): e15101. doi: 10.1097/MD.0000000000015101.
  15. Kaneko M, Van Boven K, Takayanagi H, Kusaba T, Yamada T, Matsushima M. Multicentre descriptive cross-sectional study of Japanese home visit patients: reasons for encounter, health problems and multimorbidity. Fam Pract. 2020;37(2):227-233. doi:10.1093/fampra/cmz056.
▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
  • 日本学術振興会・科学研究費助成事業・基盤研究(C)
    [課題]在宅死・医療サービス受療率についての他施設共同・在宅高齢者コホート研究
  • 日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金(若手研究)
    [課題]プライマリ・ケア機能が外来臨床指標に及ぼす影響
▲ このページのトップへ
その他
  • 文部科学省・「地域医療等社会的ニーズに対応した質の高い医療人養成推進プログラム」
    [テーマ]「臨床研究・研究支援人材の養成」
    [課題]プライマリケア現場の臨床研究者の育成
講座(研究室)独自のホームページURL
臨床疫学研究部
https://www.jikei-clinicalepi.com
▲ このページのトップへ