教授 本間 定 教授写真
客員講師

大前 トモ子(客員)

研究室の概要
本施設は遺伝子治療用ベクターや細胞治療用の細胞を医薬品と同等の安全基準で生産することを目的として2002年に開設された。これまで本学におけるがん治療のための樹状細胞作製に使用されてきたが、新たに耳鼻科領域の再生医療の実施のためにも使用されるようになった。また、他大学における再生医療研究のため、当施設利用の機会を与えている。今後、細胞治療やそれを用いた再生医療は未来の医療を形成する重要な手段となることが予想され、本施設のより一層の活用が期待される。
▲ このページのトップへ
主な業績

1. Akasaki Y, Kikuchi T, Homma S, Koido S, Ohkusa T, Tasaki T, Hayashi K, Komita H, Watanabe N, Suzuki Y, Yamamoto Y, Mori R, Arai T, Tanaka T, Joki T, Yanagisawa T, Murayama Y. Phase I/II trial of combination of temozolomide chemotherapy and immunotherapy with fusions of dendritic and glioma cells in patients with glioblastoma. Cancer Immunol Immunother. 2016 ;65(12):1499-1509.

2. Koido S, Homma S, Okamoto M, Takakura K, Mori M, Yoshizaki S, Tsukinaga S, Odahara S, Koyama S, Imazu H, Uchiyama K, Kajihara M, arakawa H, Misawa T, Toyama Y, Yanagisawa S, Ikegami M, Kan S, Hayashi K, Komita H, Kamata Y, Ito M, Ishidao T, Yusa S, Shimodaira S, Gong J, Sugiyama H, Ohkusa T, Tajiri H. Treatment with chemotherapy and dendritic cells pulsed with multiple Wilms’ tumor gene 1 (WT1)-specific MHC class I/II-restricted epitopes for pancreatic cancer. Clin Cancer Res. 2014; 20(16):4228-39

3. Homma S, Kikuchi T, Ishiji N, Ochiai K, Takeyama H, Saotome H, Sagawa Y, Hara E, Kufe D, Ryan JL, Ohno T, Toda G. Cancer immunotherapy by fusions of dendritic and tumour cells and rh-IL-12. Eur J Clin Invest. 2005; 35(4):279-86.

4. Kikuchi T, Akasaki Y, Abe T, Fukuda T, Saotome H, Ryan JL, Kufe DW, Ohno T. Vaccination of glioma patients with fusions of dendritic and glioma cells and recombinant human interleukin 12. J Immunother. 2004; 27(6):452-9.

▲ このページのトップへ