教授 [生物学研究室]
高田 耕司
[物理学研究室]
植田 毅
[化学研究室]
岡野 孝
准教授 [生物学研究室]
平塚 理恵
[化学研究室]
小宮 成義
講師

[物理学研究室]

加園 克己

客員教授

[物理学研究室]

Jun Kameoka
(Texas A&M University)

非常勤助手

[生物学研究室]
上原 あずさ
川崎 洸司
古磯 成美
野村 一騎

[物理学研究室]

荒居 誠也
堤 純一
保屋野 瑞希
糸賀 響
[化学研究室]
恩田 希志子
中村 和彦
藤谷 万

事務員

[生物学研究室]
平河 多恵
[物理学研究室]

安田 瞳
[化学研究室]

遠田 美智代

 

講座(研究室)の概要
[生物学研究室]
 本研究室の前身である生物学教室は、昭和35年4月、進学課程の開設とともに誕生し、平成10年からの解剖学講座第1生物学研究室を経て、平成14年に今日の自然科学教室・生物学研究室に改編されました。平成29年現在、設立から58年目を迎えています。
[物理学研究室]

 本研究室の前身である物理学教室は、昭和35年4月、進学課程の開設とともに誕生し、生理学講座第1物理学研究室(平成10〜14年)を経て、自然科学教室・物理学研究室になりました。

[化学研究室]

 本研究室は、進学課程が開設された1960年から化学研究室として初年次学生に基礎科学としての化学を有機化学や物理化学を中心に教育してまいりました。1998年からの生化学講座第1・化学研究室の時期を経て2002年から自然科学教室・化学研究室として現在に至っております。

医学科教育について
[生物学研究室]
 本研究室は医学を学ぶための基礎知識と学習法の習得を目的としてコース生命基礎科学の生物学分野を担当しています。講義内容は、細胞の構造・機能・増殖・分化、遺伝子とタンパク質、遺伝現象、情報伝達、生物の進化と多様性、主要な研究史等です。実習では、細胞・組織・器官の形態と機能や基礎的な遺伝子解析等について体験的に学ぶことを重視しています。
[物理学研究室]

 コース「生命基礎科学」の物理学分野を担当しています。物理学は医学への準備教育と教養教育の両方の役割を果たしたいと念じています。受験での物理非受験者を考慮した教育を行っています。講義分野は「力学」「電磁気学」「剛体」「波動」「流体」「現代物理学」です。

[化学研究室]

 本研究室はコース生命基礎科学のうち、化学分野の講義・演習・実習を担当しています。医学を学ぶための準備教育・教養教育としての有機化学を物理化学的な視野にたって、原子・分子の構造から出発して生命現象の中心である生体分子の構造や機能までを教えています。

▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年
[生物学研究室]

コース生命基礎科学・ユニット細胞の生物学(医学科1年)
コース生命基礎科学・ユニット自然科学入門演習(生物系)(医学科1年)
コース総合教育・ユニット「教養ゼミ 海産生物の臨海実習」(医学科1年)

コース総合教育・ユニット「教養ゼミ 生命を観ること探ること」(医学科1年)
コース研究室配属(医学科3年)
自然科学総論(生物学)(看護学科1年)

[物理学研究室]

コース生命基礎科学・ユニット「生命の物理学」(医学科1年)
コース生命基礎科学・ユニット「自然科学入門演習(物理系)」(医学科1年)
コース総合教育・ユニット「教養ゼミ 生命科学シミュレーション入門」(医学科1年)
コース総合教育・ユニット「教養ゼミ 量子力学入門」(医学科1年)
コース臨床疫学・EBMI・ユニット「コンピュータ演習アドバンス」(医学科1年)
コース臨床疫学・EBMI・ユニット「情報リテラシー」(医学科1年)
コース研究室配属(医学科3年)
自然科学総論(物理学)(看護学科1年)

[化学研究室]

コース生命基礎科学・ユニット生体分子の化学(医学科1年)
コース生命基礎科学・ユニット自然科学入門演習(化学系)(医学科1年)
コース総合教育・ユニット「教養ゼミ 有機合成化学入門」(医学科1年)
コース研究室配属(医学科3年)
自然科学総論(化学)(看護学科1年)

実習科目名称と対象学年
[生物学研究室]
コース生命基礎科学・ユニット生命基礎科学実習(生物系)(医学科1年)
生物学実験(看護学科1年)
[物理学研究室]

コース生命基礎科学・ユニット生命基礎科学実習(物理系)(医学科1年)
物理学実験(看護学科1年)

[化学研究室]

コース生命基礎科学・ユニット生命基礎科学実習(化学系)(医学科1年)
化学実験(看護学科1年)

▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
[生物学研究室]
ユビキチン−プロテアソーム系の生物学的研究
重金属系化学物質による細胞毒性の発現機構
真核細胞に蓄積する異常タンパク質に関する研究
種子植物の生殖機構
  1. 花粉形成における不等分裂機構
  1. 花粉管伸長における周辺組織のプログラム細胞死の役割
[物理学研究室]
(植田)
ランダムポーラスフォトニックモデルによる鳥の構造色の解明
アダプティブフォノニックレンズを用いた超音波による非侵襲的ピンポイント脳内刺激の研究
フォトニック結晶における光と格子振動の相互作用による光増幅
ランダムレーザーにおける低閾値発振モードの解析
ポリスチレン包含ベシクルの分裂法則の理論
(加園)
相転移・臨界現象・相互作用している多体系・コンピュータシミュレーション
(Kameoka)
アダプティブフォノニックレンズを用いた超音波による非侵襲的ピンポイント脳内刺激の研究
単一分子検知のがん研究への応用
ソフトアクチュエーターを用いた手術器具の開発
[化学研究室]

機能性有機フッ素化合物の合成
燐光性金属錯体の分子配列と発光制御
遷移金属錯体の動的挙動に関する研究

▲ このページのトップへ
主な業績
[生物学研究室]

〈燗c〉

1. Iwase T, Uehara Y, Shinji H, Tajima A, Seo H, Takada K, Agata T, Mizunoe Y. Staphylococcus epidermidis Esp inhibits Staphylococcus aureus biofilm formation and nasal colonization. Nature 2010;465:346-349.

2. Mechkarska M, Meetani M, Michalak P, Vaksman Z, Takada K and Conlon JM. Hybridization between the African clawed frogs Xenopus laevis and Xenopus muelleri (Pipidae) increases the multiplicity of antimicrobial peptides in skin secretions of female offspring. Comp Biochem Physiol Part D Genomics Proteomics 2012; 7: 285-291.

3. Iwase T, Tajima A, Sugimoto S, Okuda K, Hironaka I, Kamata Y, Takada K, Mizunoe Y. A simple assay for measuring catalase activity: a visual approach. Sci Rep 2013; 3:3081.

4. Sugimoto S, Iwamoto T, Takada K, Okuda K, Tajima A, Iwase T, Mizunoe Y. Staphylococcus epidermidis Esp degrades specific proteins associated with Staphylococcus aureus biofilm formation and host-pathogen interaction. J Bacteriol 2013; 195:1645-1655.

5. Matsumoto A, Ishibashi Y, Urashima M, Omura N, Nakada K, Nishikawa K, Shida A, Takada K, Kashiwagi H, Yanaga K. High UBCH10 protein expression as a marker of poor prognosis in esophageal squamous cell carcinoma. Anticancer Res 2014; 34: 955-961.

6. Matsumoto M, Matsuura T, Aoki K, Maehashi H, Iwamoto T, Ohkawa K, Yoshida K, Yanaga K, Takada K. An efficient system for secretory production of fibrinogen using a hepatocellular carcinoma cell line. Hepatol Res 2015; 45: 315-325.

〈平塚〉

1. Rie Hiratsuka and Osamu Terasaka. Pollen tube reuses intracellular components of nucellar cells undergoing programmed cell death in Pinus densiflora. Protoplasma 248: 339-351 (2011)

2. Osamu Terasaka and Rie Hiratsuka. A new pattern of phragmoplast growth brings about asymmetric cell division in the pollen of Ephedra. Japanese Journal of Palynology 57(1): 5-15(2011)

3. 平塚理恵、寺坂治.スギ花粉におけるペクチン分解酵素(Cry j 2)の花粉管伸長に果たす役割
日本花粉学会会誌 58(2):51-59(2012)

4. 平塚理恵、寺坂治.裸子植物花粉粒における前葉体細胞のプラグラム細胞死U.原形質連絡の不形成と細胞壁肥厚の関与.日本花粉学会会誌 59(1):3-10(2013)

5. 小塩海平・平塚理恵.安全性の高い界面活性剤を用いたスギ花粉形成抑制技術の確立.アレルギーの臨床 36(4):75-77(2016)

6. 小塩海平・平塚理恵.トリオレイン酸ソルビタン乳剤(パルカット)を用いたスギ花粉形成抑制技術の確立.アレルギーの臨床 36(13) P67-69(2016)

[物理学研究室]

(著書)

1.加園克己共著. 環境計量士国家試験問題の正解と解説(第39回). 東京. 丸善. (2013)
2.加園克己共著. 環境計量士国家試験問題の正解と解説(第40回). 東京. 丸善. (2014)
3.加園克己共著. 環境計量士国家試験問題の正解と解説(第41回). 東京. 丸善. (2015)
4.加園克己共著. 環境計量士国家試験問題の正解と解説(第42回). 東京. 丸善. (2016)
5.夏目雄平.植田 毅著.基礎物理学シリーズ14.計算物理II.東京.朝倉書店, (2002)

(論文)

〈植田〉
1. Tsuyoshi Ueta and Yuu Miyagawa, Local Gauge Finite Element Method for Electron Waves in Magnetic Fields, Phys. Rev. E, Vol. 86, (2012) 026707, DOI:10.1103/PhysRevE.86.026707.
2. T. Ueta and T. Hioki, Gor'kov Theory with Exact Green Function in Magnetic Fields, Journal of Superconductivity and Novel Magnetism, Vol. 26, Issue 5, (2013) pp.1921-1926, DOI:10.1007/s10948-012-1872-y.
3. Garuda Fujii, Hayato Watanabe, Takayuki Yamada, Tsuyoshi Ueta and Mamoru Mizuno, Level set based topology optimization for optical cloaks, Appl. Phys. Lett. 102 (2013) 251106, doi: 10.1063/1.4812471.
4. Tsuyoshi Ueta, Yoshihiro Otani and Naoshi Nishimura, Photonic-Crystal like approach to Structural Color of the Earthworm Epidermis, Forma, vol. 29, (2014) S23-S28.
5. Tsuyoshi Ueta, The dynamic Casimir effect within a vibrating metal photonic crystal, Applied Physics A, , Applied Physics A, vol.116, Issue 3 (2014), pp.863-871, DOI 10.1007/s00339-014-8469-1.
6. Tsuyoshi Ueta, Garuda Fujii, Gen Morimoto, Kiyoshi Miyamoto, Akinori Kosaku, Takeo Kuriyama and Takahiko Hariyama, Numerical study on the structural color of blue birds by a disordered porous photonic crystal model, Europhysics Lett., vol. 107, no. 3 (2014) 34004.
7. H. Itoga, R. Morikawa, T. Miyakawa, H. Yamada, Y. Natsume, T. Ueta, and M. Takasu, Shape deformation of vesicles containing hard spheres, JPS Conf. Proc. 5 (2015) 011002.
8. Garuda Fujii, Tsuyoshi Ueta, Mamoru Mizuno and Masayuki Nakamura, Topology optimized multiple-disk resonators obtained using level set expression incorporating surface effects, Optics Express, vol. 23, Issue 9, (2015) pp.11312-11326.
9. Tsuyoshi Ueta, Amplification of Light in One-dimensional Vibrating Disordered Metal Photonic Crystal, Proceedings of the 9th International Congress on Advanced Electromagnetic Materials in Microwaves and Optics-Metamaterials 2015, pp.627-629.
10. Garuda Fujii and Tsuyoshi Ueta, Topology-optimized carpet cloaks based on a level-set boundary expression, Phys. Rev. E, vol. 94 (2016) 043301.
11. Tsuyoshi Ueta, Amplification of Light in One-dimensional Vibrating Disordered Metal Photonic Crystal, Proceedings of the 9th International Congress on Advanced Electromagnetic Materials in Microwaves and Optics - Metamaterials 2015, ISBN 978-88-941141-0-2, pp.627-629.
12. 植田 毅, ファイバー束による位相異常を伴う系の局所ゲージ有限要素法, 計算数理工学論文集, vol. 16, (2016), 09-161202, pp.43-48.
13. 中田浩二、植田 毅、羽生信義、柏木秀幸、三森教雄、矢永勝彦, 胃全摘後空腸パウチ再建・噴門側胃切除後再建を取り巻く現状と外科生理学・生体力学からの検証, 手術, vol. 71, no. 8 (2017) pp.1129-1139.

〈加園〉
1. Y.Ozeki, K.Kasono. Nonequilibrium relaxation analysis for first-order phase transitions. Physica A.2003;321:271-279

2. Ono, K.Kasono. Investigation on Liquid Crystal Phases of Polarized Rod-like Molecules by NumericalSimulations. Ferroelectrics. 2005;315:197-203

〈Kameoka〉
1. Po-Jung Huang, Chao-Kai Chou, Chun-Te Chen, Hirohito Yamaguchi, Jian Qu, Anastasia Muliana, Mien-Chie Hung and Jun Kameoka, Pneumatically Actuated Soft Micromold Device for Fabricating Collagen and Matrigel Microparticles, SOFT ROBOTICS (2017) DOI: 10.1089/soro.2016.0073.

[化学研究室]
(岡野 孝)
1. Okano, T.; Fumoto, M.; Kusukawa, T., and Fujita M. Synthesis of Optically Active Trifluoromethylated Indolizidine Derivatives via Stereoselective Radical Cyclization. Org. Lett., 2002, 4, 1571 – 1573.

2. Okano, T. ; Matsubara, H.; Kusukawa, T., and Fujita M. The Polar Effect on the Regiochemistry of Nucleophilic Substitution of Trifluoromethylated p-Allylpalladium Complex. J. Organometallic Chem. 2003, 676, 43 – 48.

3. Okano, T.; Chokai, M., Hiraishi, M., Yoshizawa, M., and Kusukawa, T. and Fujita M. Phenyl Trifluorovinyl Sulfide: A Radical Acceptor for Preparation of gem-Difluoromethylene Compounds. Tetrahedron 2004, 60, 4031 – 4035.

4. Okano, T.; Inari, H.; Ishizaki, T.; Saito, N.; Sakamoto, W., and O. Takai. Fabrication of Ferroelectric Self-Assembled Fluorinated Polyether Monolayer on Hydrogen-Terminated Si(111) Surface. Chem. Lett., 2005, 34, 600 – 601.

5. Okano, T.; Hiraishi, M., and Mizutani T. Molecular Design and Synthesis of Fluorinated Polyethers toward Organic Materials with High Dielectric Constants and Ferroelectricity. Bull. Chem. Soc. Jpn., 2007, 80 , 752 – 757.

(小宮成義)
1. Komiya, N.; Okada, M.; Fukumoto, K.; Jomori, D.; Naota, T. Highly Phosphorescent Crystals of Vaulted trans-Bis(salicylaldiminato)platinum(II) Complexes, J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 6493-6496.

2. Komiya, N.; Muraoka, T.; Iida, M.; Miyanaga, M.; Takahashi, K.; Naota, T. Ultrasound-Induced Emission Enhancement Based on Structure-Dependent Homo- and Heterochiral Aggregations of Chiral Binuclear Platinum Complexes, J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 16054-16061.

3. Komiya, N.; Okada, M.; Fukumoto, K.; Kaneta, K.; Yoshida, A.; Naota, T. Vaulted trans-Bis(salicylaldiminato)platinum(II) Crystals: Heat-Resistant, Chromatically Sensitive Platforms for Solid-State Phosphorescence at Ambient Temperature, Chem. Eur. J. 2013, 19, 4798-4811.

4. Komiya, N.; Itami, N.; Naota, T. Solid-State Phosphorescence of trans-Bis(salicylaldiminato)Pt(II) Complexes Bearing Long Alkyl Chains: Morphology Control towards Intense Emission, Chem. Eur. J. 2013, 19, 9497-9505.

5. Naito, M.; Souda, H.; Koori, H.; Komiya, N.; Naota, T. Binuclear trans-Bis(β-iminoaryloxy)palladium(II) Complexes Doubly Linked with Pentamethylene Spacers: Structure-dependent Flapping Motion and Heterochiral Association Behavior of the Clothespin-shaped Molecules, Chem. Eur. J. 2014, 20, 6991-7000.

6. Komiya, N.; Okada, M.; Le, N. H.-T.; Kawamorita, S.; Naota, T. Linker-Dependent Chromogenic Control of the Emission of Polymethylene-Vaulted trans-Bis(salicylaldiminato)platinum(II) Complexes, J. Lumin. 2015, 161, 363-367.

7. Komiya, N.; Okada, M.; Inoue, R.; Kawamorita, S.; Naota, T. Variations in the Emission of Polymethylene-Vaulted trans-Bis(salicylaldiminato)platinum(II) Complexes Incorporating Methoxy Functionalities with Linkage Length and Substitution Position, Polyhedron 2015, 98, 75-83.

8. Naito, M.; Inoue, R.; Iida, M.; Kuwajima, Y.; Kawamorita, S.; Komiya, N.; Naota, T. Control of Metal Array Based on Heterometallic Masquerade in Heterochiral Aggregation of Chiral Clothespin-shaped Complexes, Chem. Eur. J. 2015, 21, 12927-12939.

9. Komiya, N.; Nakajima, T.; Hotta, M.; Maeda, T.; Matsuoka, T.; Kawamorita, S.; Naota, T. Kinetic Studies of the Chirality Inversion of Salicylaldiminato Ruthenium Using Racemic η6-p-Cymene Complexes as a Mechanistic Probe, Eur. J. Inorg. Chem. 2016, 3148-3156..

10. Anzai, K.; Kawamorita, S.; Komiya, N.; Naota, T. Convenient Spectroscopic Method for Quantitative Analysis of Trace Hydrochloric Acid in Chlorinated Organic Solvents Using 2-(1-Adamantylimino)methyl-1H-pyrrole as a Robust Indicator, Chem. Lett. 2017, 46, 672-675.

11. Komiya, N.; Yoshida, A.; Zhang, D.; Inoue, R.; Kawamorita, S.; Naota, T. Fluorescent Crystals of Zwitterionic Imidazolium Pyridinolates: A Rational Molecular Design for Intense Solid-State Emission Based on the Twisting Control of Proemissive N-Aryl Imidazolium Platforms, Eur. J. Org. Chem. 2017, 5044-5054.
▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
[生物学研究室]

科学研究費補助金

1. 平成16〜18年度 基盤研究(B)「原始的維管束植物の配偶体の進化と多様性」(研究分担者・平塚)
2. 平成19〜21年度 挑戦的萌芽研究「裸子植物花粉管の多様性と細胞間コミュニケーション」(研究代表者・平塚)
3. 平成22〜24年度 基盤研究(C)「真核生物が有する異常タンパク質識別機構に基づく有害物質評価系の確立」(研究代表者・高田)
4. 平成22〜24年度 基盤研究(A)「マウスをモデルとした精神疾患へのアプローチ」(研究分担者・高田)
5. 平成25〜27年度 基盤研究(B)「養育行動の分子基盤〜Usp46変異マウスを活用して〜」(研究分担者・高田)
6. 平成25〜28年度 基盤研究(C)「有害重金属の毒性発現に関与する細胞内タンパク凝集体の研究」(研究代表者・高田)
7. 平成25〜27年度 基盤研究(C)「安全性の高い界面活性剤を用いたスギ花粉形成抑制技術の確立」(研究分担者・平塚)
8. 平成28〜30年度 基盤研究(C)「食道癌におけるSUMO特異的プロテアーゼの意義と発現抑制による抗癌作用の解析」(研究分担者・高田)

[物理学研究室]
1. 平成23〜25年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(一般))「有限要素法によるポーラス・コロイドフォトニック構造の特性解析」
[化学研究室]

1. 平成14〜平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))「金属・半導体表面への機能性有機構造の新規構築法の開発」
2. 平成17〜平成18年度平成科学研究費補助金(萌芽研究)「金属表面での自己組織化膜の形成とその分子認識に基づく生体適合材料の開発」
3. 平成19年度トヨタ先端技術共同研究「自己組織化阻害分子構造設計による有機非晶質蓄熱材料の創製」
4. 平成20〜21年度厚生労働科学研究費補助金(分担)「がんを安全・高感度で鮮明に画像化できるナノサイズシュガーボールデンドリマー型新規MRI造影剤の開発研究」
5. 平成24〜26年度 科学研究費補助金(基盤研究(C))「固体状態で強い燐光性発光を示す3次元渡環型白金錯体の創成」
6. 平成27〜29年度 科学研究費補助金(基盤研究(C))「燐光性白金錯体における配位平面のd−π共役変化に基づく発光制御」

▲ このページのトップへ
その他
社会的な活動・その他
東邦大学大学院理学研究科客員教授(高田)
東京医科歯科大学教養部 倫理審査委員(高田)
新エネルギー産業技術総合開発機構事前書面審査委員(高田)
日本計算数理工学会理事(植田)
形の科学会運営委員(植田)
電子情報通信学会査読委員(植田)
千葉大学フロンティア医工学センター特別研究教授(植田)
 
▲ このページのトップへ