教授 井口 保之

岡 尚省
准教授 鈴木 正彦
講師

松井 和隆
長谷川 節

谷口 洋
豊田 千純子
河野 優
三村 秀毅

大本 周作

寺澤 由佳

助教

森田 昌代
平井 利明
余郷 麻希子

下山 隆
梅原 淳

坂井 健一郎
宮川 晋治
松野 博優

中原 淳夫

池田 雅子

大学院生

坊野 恵子

須田 真千子(留学中)

その他

仙石 錬平(派遣中)
作田 健一(派遣中)

小松 鉄平(派遣中)

山崎 幹大(留学中)
恩田 亜沙子(留学中)

RIMAS
講座(研究室)の概要
 内科学講座(神経内科)は、本学から学外に様々な情報を発信する研究マインド旺盛な学術集団を目指します。多彩な神経疾患(認知症、脳血管障害、神経変性疾患、末梢神経疾患、脱髄性疾患、筋疾患、てんかんや片頭痛など機能性疾患)を対象とした臨床、研究、教育を実践しています。私たちの基本的姿勢は、「病気を診ずして病人を診よ」という本学建学の精神、附属病院の理念に基づいた全人格的な医療を提供することです。本学の発展と医学の進歩に寄与すべく、積極的な社会貢献を心がけています。
医学科教育について

 医学部学生に対する卒前教育、初期臨床研修医およびレジデントに対する卒後教育に積極的に取り組んでいます。講義では、一方向性の「受け身授業」を避けるべく、実臨床での体験を実感してもらえるようなinteractive lectureを実践します。ITを積極的に活用し、office hour以外でも教員と学生間の情報共有を進めています。アドバンスコースでは共同研究、関連学会での発表・論文作成を指導します。臨床実習(5年生、希望者6年生)では、症例検討会(毎週月曜日)、総回診(毎週木曜日)を通して、症例提示能力・問題解決型思考プロセスの育成に努めています。関連学会、学外セミナーへの参加を通じて他大学医学部学生との交流が可能です。

大学院教育・研究について
 変性疾患グループ、脳血管障害グループ、神経筋疾患グループが主体となり、主に臨床研究を進めています。若手医師が院内(ME研究室、神経生理学研究室、再生医学研究部等)・院外施設への派遣、さらに海外施設に留学することを推奨し、彼らが生化学・免疫学的実験手法を習得し基礎研究の成果を臨床応用できる基盤を整備しています。本年度進学した大学院生は神経再生、創薬など新しい学術領域にも積極的に挑戦しています。
講座(研究室)からのメッセージ
 臨床に誠意を、研究に創意を、教育に熱意をモットーとし、和を尊ぶ心を大切にしています。当教室の理念を共有・共感できる新進気鋭の諸君の参加を待っています。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年
臨床医科学(医学科4年)ユニット「神経」神経内科学
実習科目名称と対象学年

研究室配属(医学科3年)

臨床医学演習・基本的臨床技能と実習(医学科4年)

臨床実習(医学科5年)

臨床選択実習(医学科6年)

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
神経・感覚機能病態・治療学 > 神経内科学
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
1.
  1. 脳卒中既往患者を対象とした厳格降圧療法の二次予防効果を検討する大規模臨床研究
2. 非心原性脳梗塞急性期における抗血小板薬多剤併用療法(アスピリン+シロスタゾール)の有効性と安全性に関する多施設共同ランダム化比較研究(ADS試験)
3. 非弁膜症性心房細動患者の脳卒中および全身性塞栓症に対するリバーロキサバンの有効性と安全性に関する登録観察研究(EXPAND試験)
4. 塞栓症の原因となる微小栓子の検出力を向上した頸部超音波栓子検出装置の臨床適応性検討試
5. 非弁膜症性心房細動患者の急性脳梗塞/TIAにおけるリバーロキサバンの投与開始時期に関する観察研究(RELAXED試験)
6. 脳梗塞再発高リスク患者を対象とした抗血小板薬併用療法の有効性及び安全性の検討(CSPS.com)
7.

睡眠中発症および発症時刻不明の脳梗塞患者に対する静注血栓溶解療法の有効性と安全性に関する臨床試験(THAWS試験)

8. 小径線維ニューロパチーにおける皮膚生検の有用性に関する研究
9. 当院における重症筋無力症の外来加療に関する研究
10. 脳梗塞における椎骨脳底動脈拡張の臨床的特徴に関する研究
11. iPS細胞を利用した難治性神経変性疾患に関する基礎的研究
12. 携帯加速度計による錐体外路疾患の動作解析
13. 神経変性疾患遺伝子多型解析.
14. 神経変性疾患のDAT SPECT/MRI DARTEL解析.
15. 各種神経疾患における嚥下障害の研究.
16. 卵巣腫瘍におけるTrousseau症候群の検討.
17. 家族性低カリウム血性周期性四肢麻痺のchronic myopathyの臨床研究
18. パーキンソン病の非運動障害に関する研究
19. パーキンソン病の消化管運動障害に関する研究
▲ このページのトップへ
主な業績

1)Kono Y, Sengoku R, Mitsumura H, Bono K, Sakuta K, Yamasaki M, Mochio S, Iguchi Y. Clinical characteristics associated with corticospinal tracthyperintensity on magnetic resonance imaging in patients with amyotrophic lateral sclerosis. Clin Neurol Neurosurg. 127: 1-4, 2014

2)Kono Y, Sasaki M, Sakamoto Y, Sakuta K, Mitsumura H, Iguchi Y. Dynamic change of corticospinal tract in a case of adult-onset X-linked adrenoleukodystrophy. Neurology and Clinical Neuroscience.3:46-47, 2015

 

3)Mitsumura H, Sakuta K, Bono K, Yamazaki M, Sengoku R, Kono Y, Kamiyama T, Suzuki M, Furuhata H, Iguchi Y. Stiffness parameter β of cardioembolism measured by carotid ultrasound was lower than other stroke subtypes. J Stroke Cerebrovasc Dis 2014; 23: 1391-1395.

 

4)Mitsumura H, Miyagawa S, Komatsu T, Sakamoto Y, Kono Y, Furuhata H, et al. Transcranial color flow imaging can evaluated the severity of periventricular hyperintensity. J Stroke Cerebrovascular Dis 2015; 24: 112-116.

 

5)Yogo M, Sasaki M, Ayaori M, Teruyoshi K, Sato H, Takiguchi S, Uto-Kondo H, Yakushiji E, Nakaya K, Komatsu T, Momiyama Y, Nagata M, Mochio S, Iguchi Y, Ikewaki K.           Intensive Lipid Lowering Therapy with Titrated Rosuvastatin Yields Greater Atherosclerotic Aortic Plaque Regression: Serial Magnetic Resonance Imaging Observations from RAPID Study. Atherosclerosis 2014; 232: 31-9.

 

6)Shimoyama T, Kimura K, Uemura J, Saji N, Shibazaki K. Elevated glucose level adversely affects infarct volume growth and neurological deterioration in non-diabetic stroke patients, but not diabetic stroke patients. Eur J Neurol 2014;21:402-410.

 

7)Shimoyama T, Kimura K, Uemura J, Yamashita S, Saji N, Shibazaki K, Iguchi Y. The DASH score: A simple score to assess risk for development of malignant middle cerebral artery infarction. J Neurol Sci 2014;338;102-106.

 

8)Shimoyama T, Saji N, Uemura J, Saji N, Shibazaki K, Nishimura H, Kimura K. Pathological features of intracardiac bacterial vegetation and intracranial arterial thrombus due to infective endocarditis in a stroke patient. J Neurol Sci 2014;347;401-403.

 

9)Sakamoto Y, Yokota C, Miyashita F, Amano T, Shigehatake Y, Oyama S, et al. Effects of stroke education using an animated cartoon and a manga on elementary school children. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2014;23:1877-1881

 

10)Sakamoto Y, Sato S, Kuronuma Y, Nagatsuka K, Minematsu K, Toyoda K. Factors associated with proximal carotid axis occlusion in patients with acute stroke and atrial fibrillation. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2014;23:799-804

 

11)Sakamoto Y, Kokubo Y, Toyoda K, Watanabe M, Tanigawa T, Miyamoto Y. Sleep-disordered breathing is associated with elevated human atrial natriuretic peptide levels in a Japanese urban population: The Suita study. Int J Cardiol. 2014;173:334-335

 

12)Sakamoto Y, Koga M, Kimura K, Nagatsuka K, Okuda S, Kario K, et al. Intravenous thrombolysis for patients with reverse magnetic resonance angiography and diffusion-weighted imaging mismatch: SAMURAI and NCVC rt-PA registries. Eur J Neurol. 2014;21:419-426

 

13)Sakamoto Y, Suzuki R, Ohara T, Miyagi T, Osaki M, Nishimura K, et al. Complex visual hallucinations as the sole manifestation of symptomatic temporo-occipital lobe epilepsy due to old intracerebral hemorrhage. Seizure. 2014;23:244-246

 

14)Sakuta T, Mitsumura H, Kono Y, Kan I, Kaku S, Iguchi Y. Malignant middle cerebral artery infarction resulting from dissection of middle cerebral artery. Journal of Stroke and Cerebrovacular Disease. in press.

 

15)Komatsu T, Kimura T, Yagishita A, Takahashi K, Koide R. A case of reversible cerebral vasoconstriction syndrome presenting with recurrent neurological deficits: Evaluation using noninvasive arterial spin labeling MRI. Clin Neurol Neurosurg. 2014 Nov;126:96-8. doi: 10.1016/j.

 

16)Sengoku R, Matsushima S, Murakami Y, Fukuda T, Tokumaru AM, Hashimoto M, Suzuki M, Ishiwata K, Ishii K, Mochio S. ¹¹C-PiB PET imaging of encephalopathy associated with cerebral amyloid angiopathy. Intern Med. 2014;53:1997-2000.

 

17)Uemura J, Kimura K, Inoue T, Shibazaki K, Sakamoto Y, Aoki J. The role of small vessel disease in re-exacerbation of stroke symptoms within 24 hours after tissue plasminogen activator infusion. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2014;23:75-79

 

18)Shibazaki K, Kimura K, Sakai K, Aoki J, Sakamoto Y. Plasma brain natriuretic peptide is elevated in the acute phase of intracerebral hemorrhage. J Clin Neurosci. 2014;21:221-224

 

19)Miyashita F, Yokota C, Nishimura K, Amano T, Inoue Y, Shigehatake Y, Sakamoto Y, et al. The effectiveness of a stroke educational activity performed by a schoolteacher for junior high school students. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2014;23:1385-1390

 

20)Aoki J, Shibazaki K, Saji N, Uemura J, Sakamoto Y, Kimura K. Risk of intracerebral hemorrhage after thrombolysis in patients with asymptomatic hemorrhage on T2*. Cerebrovasc Dis. 2014;38:107-116

 

21)Aoki J, Kimura K, Shibazaki K, Saji N, Uemura J, Sakamoto Y, et al. The susceptibility vessel sign at the proximal M1: A strong predictor for poor outcome after intravenous thrombolysis. J Neurol Sci. 2014

 

22)mano T, Yokota C, Sakamoto Y, Shigehatake Y, Inoue Y, Ishigami A, et al. Stroke education program of ACT FAST for junior high school students and their parents. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2014;23:1040-1045

 

23)Shimizu J, Mitsumura H, Arai A, Kubota J, Azuma T, Ogawa T, et al. Transcranial targeting low frequency ultrasound thrombolysis system: evaluation of the probe fixation devices for blood flow monitoring. IJCNMH 2014; 1(Suppl. 1): S22.

 

24)谷口洋,村上泰生.両側舌下神経麻痺を呈した多発性骨髄腫の1例:頭部MRI T1強調画像の有用性について.嚥下医学 2014;3: 75-78.

 

25)大本周作, 吉岡雅之, 崎元芳大, 吉川晃司, 橋本昌也, 鈴木正彦.慢性結核性髄膜炎による再発性脳幹梗塞を発症した44歳女性例.臨床神経 2014;54:212−217.

 

26)平井利明,宮川晋治,松井和隆,栗田正.難治性顔面痛の病態として,small fiber neuropathyの関与が強く疑われた完全型Heerfordt症候群の1例.臨床神経.2014;54:585-588.

 

27)作田健一, 仙石錬平, 森田昌代, 松島理士, 持尾聰一郎, 井口保之.痛みをともなわず1日で横断性脊髄症を生じ広範な脊髄病変を呈した神経Behçet病の1例.臨床神経 2014;54: 16-21.

 

28)清水健一郎, 斉藤那由多, 大本周作, 原田徹, 河石真, 桑野和善. 多発性筋炎による呼吸障害を認めた浸潤型胸腺腫の4例. 日本呼吸器学会誌. 2014;3:427-31.

 

29)高橋澄加,栗田正,梁取慧,平井利明.千葉県東葛北部地域における筋萎縮性側索硬化症患者の臨床経過に関する調査.神経治療学2015:32:53-58.

 

 

 

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
  • ○平成27年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究(C)(一般))研究課題名「頸部貼付型プローブを用いた新しい微小栓子診断法の研究」平成27〜29年度(研究代表者:三村秀毅)
    ○平成24年度科文部科学研究費補助金 若手研究(B) 研究課題名「パーキンソン病の早期診断に向けて-嗅球体積評価-」平成24〜27年度(研究代表者:仙石錬平)
▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学  神経内科
http://jikei-neurology.jp/
▲ このページのトップへ