教授 横尾 隆教授写真
准教授 横山 啓太郎
小倉 誠
宮崎 陽一
講師

花岡 一成
池田 雅人
坪井 伸夫
大城戸 一郎

助教

(本院)
丹野 有道、松尾 七重、山本 泉、菅野 直希、小池 健太郎、 清水 昭博、松本 啓、内山 威人、中田 泰之、小林 千紗、岸田 杏子、勝馬 愛、浅利 佳奈、中島 理美、本田 康介
(葛飾)
福井 亮、中尾 正嗣、横手 伸也、西尾 信一郎、古谷 麻衣子
(第三)
加藤 順一郎、前田 靖子、田中 舞、倉重 眞大、高橋 大輔
(柏)
丸山 之雄、伊藤 秀之、白井 泉、森下 将充、中村 真未、木本 江美
(大学院生)
山中 修一郎、中島 章雄、田尻 進、山田 琢、濱田 華、春原 浩太郎、亀島 佐保子、勝俣 陽貴、岡林 佑典

講座(研究室)の概要
 腎臓・高血圧内科は東京慈恵会医科大学において昭和33年(1958年)に上田泰教授が創設された第四内科がその起源となります。上田名誉教授は昭和34年に大島研三先生らと日本腎臓学会を創設されました。その後、第二内科となり宮原正名誉教授、酒井紀名誉教授が継がれ、その間全国に先駆けて経皮的腎生検術、腹膜透析さらにはIgA腎症の疾患概念の国内導入等、常に日本の腎臓病学を牽引する立場にありました。第4代細谷龍男教授となり臓器別内科に改組され現在の腎臓・高血圧内科となり、平成25年より私、横尾隆が第5代主任教授を拝命いたしました。開局依頼50有余年を迎える伝統ある教室であり、国内最大規模であるだけでなく内科学会会頭や腎臓学会会長を4人も排出している名実共に日本を代表する腎臓内科学教室として自負しております。
医学科教育について
当科での医学科教育は以下の2点を目標にしています。
1)将来医師として良好な「患者-医師関係」を築く上で患者との良好なコミュニケーションを通じて、患者の持つ身体的・精神的及び社会的問題を正しく把握することができること
2)患者が抱える諸問題点に対して共感の情を示しつつ、各々を解決することができるようになるための知識・技能・態度を身につけるということ
これらのためには、基盤となる専門的知識を学ぶことも必要であり、腎臓の機能と形態、免疫学の基礎を理解した上で、腎疾患・水電解質異常・高血圧の病態・尿酸代謝異常などについての診断・治療を修得できるように指導しています。
大学院教育・研究について

<一般目標GIO>
医学の基礎となる生命科学全般に関心をもち、疑問点を科学的に解決する能力を身につける。
<行動目標SBO>
1.臨床上の問題点を抽出し、これに対する科学的思考ができる。 
2.抽出した臨床上の問題点から、研究課題(作業仮説、目的、研究計画)を設定できる。 
3.研究結果をまとめて、学会発表、論文作成ができる。
以上を基本目標に設定し、腎炎・腎不全・高血圧・尿酸代謝を研究の柱として、基礎から臨床へとつながる幅広いテーマに基づき教育指導を行っています。

講座(研究室)からのメッセージ
 腎臓・高血圧・痛風核酸代謝に関する臨床に即した重要な研究テーマについて様々な研究活動を行い、これら基礎研究から得られた結果をもとに臨床への応用について常に考えながら診療と研究の両立をはかっております。臨床面では、腎疾患のみならず、高血圧、痛風などを含め広く診療を行っており、腎不全医療に関しては血液透析、腹膜透析や、さらに腎移植を含む全ての腎代替療法を施行しております。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

腎・泌尿器(医学科4年)

実習科目名称と対象学年

臨床医学演習(医学科4年)
基本的臨床技能実習(医学科4年)
臨床実習(医学科5・6年)
臨床実習(医学科5年)
選択実習(医学科6年)

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
器官病態・治療学 > 腎臓内科学(横尾 隆)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
腎再生医療に関する研究
腎不全患者における脂肪組織由来間葉系幹細胞の分化能保持機構の基盤研究
IgA腎症に対するステロイド療法・扁桃摘出術の効果・適応に関する研究
IgA腎症における腎予後および薬物反応性に関する腎組織学的検討
抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎・急速進行性糸球体腎炎の寛解導入治療の現状とその有効性と安全性に関する観察研究
腹腔鏡を用いたCAPD合併症の被嚢性腹膜硬化症に関する臨床像と治療方針に関する検討
腎性貧血に対するエリスロポエチン治療の適正目標ヘモグロビン値の検討
高血圧症における薬物療法に関する研究
血液透析(HD)/腹膜透析(PD)併用療法に関する検討
慢性腎臓病患者におけるミネラル代謝の基礎的研究
多発性嚢胞腎の臨床的特徴と遺伝子変異の相関についての研究
リツキシマブを用いたABO不適合腎移植の施行
難治性ネフローゼ症候群に対する免疫抑制療法の研究
腹膜透析における教育・支援・管理システムの構築
保存期慢性腎臓病患者を対象とした腎性貧血の臨床研究
出生時体重と関連する腎組織病変の解析
▲ このページのトップへ
主な業績

1. The value of ferric citrate, an iron containing phosphate binder, might be different between Japan and United States.
Yokoyama K,Maruyama Y,Ohkido I,Yokoo T.
Kidney Internatinal.2015 May;87(5);1074-5

 

2. Combined therapy using peritoneal dialysis and hemodialysis may increase the indications for peritoneal dialysis in the United State.
Matsuo N,Yokoyama K,Yamamoto I,Tanno Y,Yokoo T.
Kidney Internatinal.2015 Jun;87;1259-60

 

3. Successful treatment of ocular toxoplasmosis that developed four years after kidney transplantation.
Nakao M, Yamamoto I, Yamamoto H.
Transpl Int.2015 Mar;28(3);363-5

 

4. A Comprehensive Search for Mutations in the PKD1 and PKD2 in Japanese Subjects with Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease.
Kurashige M, Hanaoka K, Imamura M, Udagawa T, Kawaguchi Y, Hasegawa T, Hosoya T, Yokoo T, Maeda S.
Clin Genet.2015 Mar;87(3);266-72

 

5. Kidney regeneration using developing xenoembryo.
Fukui A, Yokoo T.
Curr Opin Organ Transplant. 2015 Apr;20(2);160-164

 

6. Homozygous deletions of UGT2B17 modifies effects of smoking on TP53-mutations and relapse of head and neck carcinoma
Mafune A, Hama T, Suda T, Suzuki Y, Ikegami M, Sakanashi C, Imai S, Nakashima A, Yokoo T, Wada K, Kojima H, Urashima M.
BMC Cancer.2015 Mar;15;205; DOI 10.1186/s12885-015-1220-2

 

7. A Case of Concurrent MPO-/PR3-Negative ANCA-Associated Glomerulonephritis and Membranous Glomerulopathy.
Nakada Y, Tsuboi N, Takahashi Y, Yoshida H, Hara Y, Okonogi H, Kawamura T, Arimura Y, Yokoo T.
Case Rep Nephrol. 2015;316863;Epub 2015 Jan 8

 

8. Glomerular Density in Biopsy-Proven Hypertensive Nephrosclerosis.
Haruhara K, Tsuboi N, Kanzaki G, Koike K, Suyama M, Shimizu A, Miyazaki Y, Kawamura T, Ogura M, Yokoo T.
Am J Hypertens. 2015 Jun pir;hpu267;Epub ahead of print

 

9. Renal histopathological findings in relation to ambulatory blood pressure in chronic kidney disease patients.
Haruhara K, Tsuboi N, Koike K, Fukui A, Miyazaki Y, Kawamura T, Ogura M, Yokoo T.
Hypertens Res.2015 Feb;38(2);116-122

 

10. Successful treatment of ocular toxoplasmosis that developed four years after kidney transplantation.
Nakao M, Yamamoto I , Yamamoto H
Transplant international.2015 Mar;28(3);363-5

 

11.Overestimation of the risk of progression to end-stage renal disease in the poor prognosis' group according to the 2002 Japanese histological classification for immunoglobulin A nephropathy.
Miyazaki Y, Kawamura T, Joh K, Okonogi H, Koike K, Utsunomiya Y, Ogura M, Matsushima M, Yoshimura M, Horikoshi S, Suzuki Y, Furusu A, Yasuda T, Shirai S, Shibata T, Endoh M, Hattori M, Akioka Y, Katafuti R, Hashiguchi A, Kimura K, Matsuo S, Tomino Y
Clin Exp Nephrol.2014 Jun;18(3);475-480

 

12. Adipose Tissue-Derived Mesenchymal Stem Cells in Long-Term Dialysis Patients Display Downregulation of PCAF Expression and Poor Angiogenesis Activation.
Yamanaka S, Yokote S, Yamada A, Katsuoka Y, Izuhara L, Shimada Y, Omura N, Okano HJ, Ohki T, Yokoo T.
PLoS One.2014 Jun ;9(7);e102311

 

13. Clinicopathological assessment of the nephron number.
Tsuboi N, Kanzaki G, Koike K, Kawamura T, Ogura M, Yokoo T.
Clin Kidney J.2014 Apr;7(2);107-14

 

14. Successful treatment of BK virus nephropathy using therapeutic drug monitoring of mycophenolic acid.
Kobayashi A, Yamamoto I, Nakada Y, Kidoguchi S, Matsuo N, Tanno Y, Ohkido I, Tsuboi N, Yamamoto H, Yokoyama K, Yokoo T.
Nephrology(Calton).2014 Jun;19Suppl3;37-41

 

15. Plasma cell-rich rejection accompanied by acute antibody-mediated rejection in a patient with ABO-incompatible kidney transplantation.
Furuya M, Yamamoto I, Kobayashi A, Nakada Y, Sugano N, Tanno Y, Ohkido I, Tsuboi N, Yamamoto H, Yokoyama K, Yokoo T.
Nephrology(Calton).2014 Jun;19Suppl3;31-34

 

16. Acute vascular rejection during antituberculosis therapy in a kidney transplant patient.
Nakada Y, Yamamoto I, Kobayashi A, Mafune A, Yamakawa T, Matsuo N, Tanno Y, Ohkido I, Yamamoto H, Yokoyama K, Yokoo T.
Nephrology(Calton).2014 Jun;19Suppl3;27-30

 

17. A multicenter randomized controlled trial of tonsillectomy combined with steroid pulse therapy in patients with immunoglobulin A nephropathy.

Kawamura T, Yoshimura M, Miyazaki Y, Okamoto H, Kimura K, Hirano K, Matsushima M, Utsunomiya Y, Ogura M, Yokoo T, Okonogi H, Ishii T, Hamaguchi A, Ueda H, Furusu A, Horikoshi S, Suzuki Y, Shibata T, Yasuda T, Shirai S, Imasawa T, Kanozawa K, Wada A, Yamaji I, Miura N, Imai H, Kasai K, Soma J, Fujimoto S, Matsuo S, Tomino Y; Special IgA Nephropathy Study Group.
Nephrol Dial Transplant..2014 Aug;29(8);1546-53

 

18. Monitoring of body water composition by the simultaneous use of bioelectrical impedance analysis and Crit-Line® during hemodialysis.
Sugano N, Yokoyama K, Kato N, Hara Y, Endo S, Mitome J, Kin T, Tokudome G, Kuriyama S, Hosoya T, Yokoo T.
Clin Exp Nephrol.2014 Dec;18(6);944-51

 

19. The role of a low glomerular density and being overweight in the etiology of proteinuria in CKD patients without known glomerular diseases.
Okamoto H, Kawamura T, Okonogi H, Tsuboi N, Miyazaki Y, Yokoo T.
Clin Exp Nephrol.2014 Dec;18(6);911-17

 

20. Effect of aliskiren in chronic kidney disease patients with refractory hypertension undergoing hemodialysis: a randomized controlled multicenter study.
Kuriyama S, Yokoyama K, Hara Y, Sugano N, Yokoo T, Hosoya T.
Clin Exp Nephrol.2014 Oct;18(5);821-30

 

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

○文部科学省科学研究費
【基盤研究C】
胎生組織ニッチ法による生体幹細胞誘導型臓器再生手技の開発(横尾 隆)
糖尿病腎症進展におけるリン代謝の役割 (横山 啓太郎)
ボーマン嚢上皮細胞のpodocyte化への試み(宮崎 陽一)

日本人におけるネフロン数の推計(坪井 伸夫)
ニワトリ胚を用いたネフロン細胞新規再生法の開発(福井 亮)
自殺誘導マウスを用いたエリスロポエチン産生組織誘導法の開発(松本 啓)


○公益財団法人日本腎臓財団
【腎不全病態研究助成】
CKD-MBDにおけるGcm2の機能解析(内山 威人)
腎不全患者における脂肪組織由来間葉系幹細胞の基盤研究〜透析患者における
エピジェネティクス異常とEPO応答性〜(山中 修一郎)


〇上原記念生命科学財団
【研究助成金】
医工農連携による抜本的腎不全治療法の開発(横尾 隆)

 

〇第19回東京糖尿病性腎症セミナー研究助成
糖尿病性腎症に対する再生医学を用いた抜本的治療法の基盤研究(山中 修一郎)

 

▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学  腎臓・高血圧内科
http://www.jikei-kidneyht.jp/
▲ このページのトップへ