教授

黒坂 大太郎

教授写真
講師

金月 勇(非常勤)
吉田 健

助教

浮地 太郎
野田 健太郎
古谷 和裕
伊藤 晴康
大谷 一博
吉賀 真之
大藤 洋介

その他

安田 千穂(非常勤医師)
平井 健一郎(非常勤医師)

講座(研究室)の概要
 リウマチ・膠原病内科は2000年より内科学講座の1部門として正式に発足しました。膠原病は全身性の疾患であり、幅広く全身の臓器にかかわるため関連他科と密に協力して診療に当たっています。膠原病および膠原病類縁疾患の診療に当たり、この10年間の入院患者は1,700名以上になります。関節リウマチに関してはメトトレキサートを中心に生物学的製剤も積極的に使用し、全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎などに対しても副腎皮質ステロイド薬と免疫抑制薬を適正に使用し、良い治療成績をあげています。また不明熱や原因不明の関節痛患者など診断困難な症例に対しても適切な診断・治療を行っています。
医学科教育について
 講義では免疫学の基礎の上に、自己免疫疾患およびリウマチ性疾患の病態について学びます。臨床実習では実際に患者に接しながら内科の基本的な診察手技を身に付け、リウマチ・膠原病特有の検査・治療にも触れ理解を深めます。
大学院教育・研究について
 膠原病の病因・病態の解明、診断・治療の開発を研究しています。膠原病の臨床現場には病態解明に役に立つような貴重な症例が数多く存在しています。それらの症例を臨床的に充分に検討し、得られたアイデアをもとに研究計画を立案しています。我々のグループは2つのアプローチにより研究を行っています。症例を対象とする研究と病態モデル動物を用いる研究です。関節炎モデルマウスの研究および膠原病における病理組織学的研究などで良い成果をあげています。
講座(研究室)からのメッセージ
 膠原病は全身疾患であるため、日常診療を通じて総合的な診断能力を養うことができます。また、当講座は自立して基礎研究・臨床研究ができる環境が整っています。ジェネラリストかつスペシャリストを目指したい方は、是非当科での研修にいらしてください。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

臨床医学 I(医学科4年)ユニット「リウマチ・膠原病」

実習科目名称と対象学年

基本的臨床技能実習(医学科4年)

臨床医学 II(医学科5年)

選択実習(医学科6年)

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
膠原病内科学
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
関節リウマチに対する新しい治療法の開発
関節リウマチにおける痛みの研究
関節リウマチにおける免疫異常の研究
関節炎モデルマウスにおけるBv8/Prok2の研究
関節リウマチにおけるPAD4の研究
自己免疫性筋炎における病理組織学的研究
▲ このページのトップへ
主な業績

1. Ukichi T, Yoshida K, Matsushima S, Kawakami G, Noda K, Furuya K, Kurosaka D. MRI of skeletal muscles in patients with idiopathic inflammatory myopathies: characteristic findings and diagnostic performance in dermatomyositis RMD Open 2019;5:e000850.

2. Yoshida K, Ito H, Ukichi T, Matsushita T, Furuya K, Noda K, Muro Y, Kurosaka D. Fasciitis as a disease manifestation in immune-mediated necrotizing myopathy with anti-signal recognition particle antibodies: a case report of two cases, Rheumatol Adv Pract. 2018;2:rky015.

3. Yoshida K, Ito H, Furuya K, Ukichi T, Noda K, Kurosaka D. Angiogenesis and VEGF-expressing cells are identified predominantly in the fascia rather than in the muscle during the early phase of dermatomyositis. Arthritis Res Ther. 2017;19:272.

4. Noda K, Yoshida K, Ukichi T, Furuya K, Hirai K, Kingetsu I, Kurosaka D. Myalgia in patients with dermatomyositis and polymyositis is attributable to fasciitis rather than myositis: a retrospective study of 32 patients who underwent histopathological examinations. J Rheumatol. 2017;44:482-7.

5. Yoshida K, Nishioka M, Matsushima S, Joh K, Oto Y, Yoshiga M, Otani K, Ito H, Hirai K, Furuya K, Ukichi T, Noda K, Kingetsu I, Kurosaka D. Brief Report: Power Doppler ultrasonography for detection of increased vascularity in the fascia: A potential early diagnostic tool in fasciitis of dermatomyositis. Arthritis Rheumatol. 2016;68:2986-91.

6. Ito H, Noda K, Yoshida K, Otani K, Yoshiga M, Oto Y, Saito S, Kurosaka D. Prokineticin 2 antagonist, PKRA7 suppresses arthritis in mice with collagen-induced arthritis. BMC Musculoskelet Disord. 2016;17:387.

7. Furuya K, Kaku Y, Yoshida K, Joh K, Kurosaka D. Therapeutic effects of sunitinib, one of the anti-angiogenetic drugs, in a murine arthritis. Mod Rheumatol. 2014;24:487-91.

8. Yoshida K, Korchynskyi O, Tak PP, Isozaki T, Ruth JH, Campbell PL, et al. Citrullination of epithelial neutrophil-activating peptide 78/CXCL5 results in conversion from a non-monocyte-recruiting chemokine to a monocyte-recruiting chemokine. Arthritis Rheum. 2014;66:2716-27.

9. Yoshida K, Kurosaka D, Joh K, Matsushima S, Takahashi E, Hirai K, Noda K, Ukichi T, Furuya K, Yanagimachi M, Kingetsu I, Fukuda K, Yamada A. Fasciitis as a common lesion of dermatomyositis, demonstrated early after disease onset by en bloc biopsy combined with magnetic resonance imaging. Arthritis Rheum. 2010;62:3751-9.

10. Kurosaka D, Hirai K, Nishioka M, Miyamoto Y, Yoshida K, Noda K, Ukichi T, Yanagimachi M, Furuya K, Takahashi E, Kingetsu I, Fukuda K, Yamada A. Clinical significance of serum levels of vascular endothelial growth factor, angiopoietin-1, and angiopoietin-2 in patients with rheumatoid arthritis. J Rheumatol. 2010;37:1121-8.

11. Kurosaka D, Noda K, Yoshida K, Furuya K, Ukichi T, Takahashi E, Yanagimachi M, Kingetsu I, Saito S, Yamada A. Elevation of Bombina variegata peptide 8 in mice with collagen-induced arthritis. BMC Musculoskelet Disord. 2009;10:45

12. Kurosaka D, Yoshida K, Yasuda J, Yokoyama T, Kingetsu I, Yamaguchi N, Joh K, Matsushima M, Saito S, Yamada A. Inhibition of arthritis by systemic administration of endostatin in passive murine collagen induced arthritis. Ann Rheum Dis. 2003;62:677-9.

▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 内科学講座(リウマチ・膠原病内科)
https://www.jikeir.website/
▲ このページのトップへ