教授 吉村 道博
教授写真
関 晋吾
山根 禎一
本郷 賢一
准教授 芝田 貴裕
川井 真
小武海 公明
小川 崇之
講師 森 力
南井 孝介
名越 智古
松尾 征一郎
小川 和男
香山 洋介
森本 智
助教 35人
大学院生 6人
留学中 4人
講座(研究室)の概要
 昭和51年11月に循環器を主たる診療科とする第四内科が創立された。平成12年4月に附属4病院の循環器グループを統合した形で循環器内科が新たに誕生した。平成19年4月より吉村道博が講座担当教授に就任し、新たな循環器内科として診療・研究に励んでいる。循環器内科では、循環器疾患全般の診療に取り組んでいる。中でも虚血性心疾患、不整脈、心不全の症例が多く、緊急および重症症例に対しても積極的に診療を行っている。循環器疾患を持つ症例は高齢の方が多く、合併疾患も多いことから他科との協力を絶えず行って診療にあたっている。研究に関しては、臨床医学研究に重きを置いている。各種臨床データから病態を読み取り、さらには臨床で見出した疑問に対しては基礎研究を駆使して病態解明を目指している。
医学科教育について
 循環器学の講義では、心臓生理や解剖などの基礎さらに心臓病の総論から各論まで理解する。臨床実習では実際に患者さんに接しながら、内科一般診察の習得から循環器特有の検査・治療にも触れ、理解を深める。
大学院教育・研究について
 循環器学の主要な領域である虚血性心疾患、心不全、不整脈、動脈硬化および本態性高血圧の病態解明と治療法についての臨床研究および臨床にフィードバックする基礎研究を幅広い視野で行っている。
講座(研究室)からのメッセージ
 循環器内科では、当大学の建学の精神である「病気を診ずして病人を診よ」に基づいて、狭心症、心筋梗塞、不整脈、心不全などの循環器疾患に対して日夜診療にあたっております。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

臨床医学 I 循環器(ICM) 4年生

臨床医学 II 循環器(集合) 4年生

実習科目名称と対象学年

臨床実習 循環器内科 4年生

基本的臨床技能実習 4年生

演習

臨床医学演習 4年生

症候から病態へ 4年生

ケースカンファレンス 4年生

臨床実習 5年生・6年生

選択実習 6年生

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
器官病態・治療学 > 循環器内科学(吉村道博・山根禎一・本郷賢一)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
PCI 後の再狭窄予防に関する検討
心筋梗塞後リモデリング予防に関する検討
冠攣縮性狭心症の発症機序と治療に関する研究
虚血性心疾患の1次、2次予防に関する検討
虚血再灌流障害予防に関する検討
冠動脈内圧と血行動態パラメーターに関する研究
マルチスライスCTにおける非侵襲的冠動脈狭窄の同定
心房細動による脳塞栓予防に関する検討
3Dマッピングシステムを用いたカテーテルアブレーション法
心房細動のカテーテル治療法に関する研究
高血圧性心肥大の予防および治療
心筋症の病態と治療に関する検討
心不全の病態と治療に関する検討
神経体液性因子と循環器疾患との関連
環境要因の循環器疾患への影響
数理統計学的手法を用いた研究
ライソゾーム病の心病変に関する研究
▲ このページのトップへ
主な業績

1. Tokutake K, Tokuda M, Matsuo S, Isogai R, Yokoyama K, Kato M, Narui R, Tanigawa S, Yamashita S, Miyanaga S, Yoshimura M, Yamane T. Dissociated pulmonary vein activity after cryoballoon ablation and radiofrequency ablation for atrial fibrillation: a propensity score-matched analysis. Heart Vessels. 2018 May; 33(5):529-36. doi: 10.1007/s00380-017-1083-3.

2. Hongo K, Ito K, Date T, Anan I, Inoue Y, Morimoto S, Ogawa K, Kawai M, Kobayashi H, Kobayashi M, Ida H, Ohashi T, Taniguchi I, Yoshimura M, Eto Y. The beneficial effects of long-term enzyme replacement therapy on cardiac involvement in Japanese Fabry patients. Mol Genet Metab. 2018 Jun;124(2):143-51. doi: 10.1016/j.ymgme.2018.04.008.

3. Suzuki K, Komukai K, Nakata K, Kan R, Oi Y, Muto E, Kashiwagi Y, Tominaga M, Miyanaga S, Ishikawa T, Okuno K, Uzura M, Yoshimura M. The usefulness and limitations of point-of-care cardiac troponin measurement in the emergency department. Intern Med. 2018 Jun; 57(12): 1673-80. doi: 10.2169/internalmedicine.0098-17.

4. Yokoyama K, Tokuda M, Matsuo S, Isogai R, Tokutake K, Kato M, Narui R, Tanigawa S, Yamashita S, Inada K, Yoshimura M, Yamane T. Pulmonary vein re-mapping after cryoballoon ablation for atrial fibrillation. Europace. 2018 Jun;20(6):943-8. doi: 10.1093/europace/eux129.

5. Narui R, Yamane T, Tokuda M, Ikewaki H, Okajima E, Sato H, Oseto H, Isogai R, Tokutake K, Yokoyama K, Kato M, Ito K, Tanigawa SI, Yamashita S, Inada K, Matsuo S, Miyanaga S, Sugimoto K, Yoshimura M. Atrial fibrillation diagnosed by a medical checkup is associated with a poor outcome of catheter ablation. Heart Vessels. 2018 Jul;33(7):770-6. doi: 10.1007/s00380-017-1115-z.

6. Tokuda M, Yamashita S, Matsuo S, Kato M, Sato H, Oseto H, Okajima E, Ikewaki H, Isogai R, Tokutake K, Yokoyama K, Narui R, Tanigawa SI, Inada K, Yoshimura M, Yamane T. Radiofrequency needle for transseptal puncture is associated with lower incidence of thromboembolism during catheter ablation of atrial fibrillation: propensity score-matched analysis. Heart Vessels. 2018 Oct;33(10):1238-44. doi: 10.1007/s00380-018-1159-8.

7. Kashiwagi Y, Komukai K, Suzuki K, Oi Y, Tominaga M, Nakata K, Miyanaga S, Ishikawa T, Minai K, Nagoshi T, Yoshimura M. Predictors of oxygenation impairment in medical treatment for type B acute aortic dissection. Heart Vessels. 2018 Dec;33(12):1463-70. doi: 10.1007/s00380-018-1199-0.

8. Oki Y, Kawai M, Minai K, Ogawa K, Inoue Y, Morimoto S, Tanaka T, Nagoshi T, Ogawa T, Yoshimura M. High serum uric acid is highly associated with a reduced left ventricular ejection fraction rather than increased plasma B-type natriuretic peptide in patients with cardiovascular diseases. Sci Rep. 2019 Jan;9(1):682. doi: 10.1038/s41598-018-37053-0.

9. Tominaga M, Kawai M, Minai K, Ogawa K, Inoue Y, Morimoto S, Tanaka T, Nagoshi T, Ogawa T, Yoshimura M. Association between plasma B-type natriuretic peptide and anaemia in heart failure with or without ischaemic heart disease: a retrospective study. BMJ Open. 2019 Mar 4;9(3):e024194. doi: 10.1136/bmjopen-2018-024194.

10. Uno G, Nagoshi T, Yoshii A, Inoue Y, Tanaka Y, Kimura H, Ito S, Ogawa K, Tanaka TD, Minai K, Ogawa T, Kawai M, Yoshimura M. Collaborative Activities of Noradrenaline and Natriuretic Peptide for Glucose Utilization in Patients with Acute Coronary Syndrome. Sci Rep. 2019 May 24;9(1):7822. doi: 10.1038/s41598-019-44216-0.

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
○文部科学省科学研究費・基盤研究(C)「数理統計学を用いた新しい臨床医学研究の提案とナトリウム利尿ペプチド研究の展開」
○文部科学省科学研究費・基盤研究(C)「急性冠症候群における心臓エネルギー代謝に関する研究」
○厚生労働科学研究費 難治性疾患等政策研究事業 「特発性心筋症に関する調査研究」
○日本医療研究開発機構研究費 難治性疾患実用化研究事業 「拡張相肥大型心筋症を対象とした多施設登録観察研究」
▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 循環器内科
https://jikei-cardiology.jp/
▲ このページのトップへ