教授 吉村 道博
教授写真
関 晋吾
山根 禎一
本郷 賢一
准教授 芝田 貴裕
川井 真
小武海 公明
小川 崇之
講師 森 力
南井 孝介
名越 智古
松尾 征一郎
小川 和男
香山 洋介
助教 34人
大学院生 8人
留学中 4人
講座(研究室)の概要
 昭和51年11月に循環器を主たる診療科とする第四内科が創立された。平成12年4月に附属4病院の循環器グループを統合した形で循環器内科が新たに誕生した。平成19年4月より吉村道博が講座担当教授に就任し、新たな循環器内科として診療・研究に励んでいる。循環器内科では、循環器疾患全般の診療に取り組んでいる。中でも虚血性心疾患、不整脈、心不全の症例が多く、緊急および重症症例に対しても積極的に診療を行っている。循環器疾患を持つ症例は高齢の方が多く、合併疾患も多いことから他科との協力を絶えず行って診療にあたっている。研究に関しては、臨床医学研究に重きを置いている。各種臨床データから病態を読み取り、さらには臨床で見出した疑問に対しては基礎研究を駆使して病態解明を目指している。
医学科教育について
 循環器学の講義では、心臓生理や解剖などの基礎さらに心臓病の総論から各論まで理解する。臨床実習では実際に患者さんに接しながら、内科一般診察の習得から循環器特有の検査・治療にも触れ、理解を深める。
大学院教育・研究について
 循環器学の主要な領域である虚血性心疾患、心不全、不整脈、動脈硬化および本態性高血圧の病態解明と治療法についての臨床研究および臨床にフィードバックする基礎研究を幅広い視野で行っている。
講座(研究室)からのメッセージ
 循環器内科では、当大学の建学の精神である「病気を診ずして病人を診よ」に基づいて、狭心症、心筋梗塞、不整脈、心不全などの循環器疾患に対して日夜診療にあたっております。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

臨床医学 I 循環器(ICM) 4年生

臨床医学 II 循環器(集合) 4年生

実習科目名称と対象学年

臨床実習 循環器内科 4年生

基本的臨床技能実習 4年生

演習

臨床医学演習 4年生

症候から病態へ 4年生

ケースカンファレンス 4年生

臨床実習 5年生・6年生

選択実習 6年生

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
器官病態・治療学 > 循環器内科学(吉村道博・山根禎一・本郷賢一)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
心不全の病態と治療に関する研究
冠攣縮性狭心症の病態と治療に関する研究
心房細動の発症機序とカテーテルアブレーション治療に関する研究
心筋のエネルギー代謝に関する研究
虚血再灌流障害に関する研究
冠血流量の制御因子に関する研究
心エコー、MDCT、MRI、心筋シンチグラフィーなどの画像診断に関する研究
経皮的冠動脈インターベンションの手法と予後に関する研究
特発性および二次性心筋症に関する研究
心不全の発症機序と凝固線溶系の関連についての研究
心臓弁膜症の成因、特徴、治療に関する研究
内分泌代謝疾患と循環器病の関連に関する研究
数理統計学を用いた新しい臨床医学研究
ライソゾーム病(特にファブリー病)の心病変に関する研究
▲ このページのトップへ
主な業績

1. Ito S, Nagoshi T, Minai K, Kashiwagi Y, Sekiyama H, Yoshii A, Kimura H, Inoue Y, Ogawa K, Tanaka TD, Ogawa T, Kawai M, Yoshimura M. Possible increase in insulin resistance and concealed glucose-coupled potassium-lowering mechanisms during acute coronary syndrome documented by covariance structure analysis. PLOS ONE. 2017 Apr; 12(4): e0176435. doi: 10.1371/journal.pone.0176435.

2. Yokoyama K, Yamashita S, Tokutake K, Narui R, Kato M, Tanigawa S, Tokuda M, Inada K, Matsuo S, Shibayama K, Miyanaga S, Yoshimura M, Yamane T. Total absence of pulmonary vein potentials in a patient with paroxysmal atrial fibrillation: was it really isolated? Heart Vessels. 2017 Apr;32(4):501-5. doi: 10.1007/s00380-016-0928-5.

3. Tsutsumi J, Minai K, Kawai M, Ogawa K, Inoue Y, Morimoto S, Tanaka T, Nagoshi T, Ogawa T, Yoshimura M. Manifold implications of obesity in ischemic heart disease among Japanese patients according to covariance structure analysis: Low reactivity of B-type natriuretic peptide as an intervening risk factor. PLOS ONE. 2017 May; 12(5): e0177327. doi: 10.1371/journal.pone.0177327.

4. Yoshida J, Kawai M, Minai K, Ogawa K, Ogawa T, Yoshimura M. Associations between left ventricular cavity size and cardiac function and overload determined by natriuretic peptide levels and a covariance structure analysis. Sci Rep. 2017 May 17;7(1):2037. doi: 10.1038/s41598-017-02247-5.

5. Suzuki K, Ishikawa T, Mutoh M, Sakamoto H, Mori C, Ogawa T, Hashimoto K, Kubota T, Komukai K, Yoshimura M; A Multicenter Registry in The Jikei University. Propensity-score matched comparison of midterm angiographic outcomes of sirolimus- versus everolimus- and biolimus-eluting stents for de novo coronary stenosis. Int Heart J. 2017 May;58(3):320-7. doi: 10.1536/ihj.16-360.

6. Tanaka Y, Nagoshi T, Kawai M, Uno G, Ito S, Yoshii A, Kimura H, Inoue Y, Ogawa K, Tanaka TD, Minai K, Ogawa T, Yoshimura M. Close linkage between serum uric acid and cardiac dysfunction in patients with ischemic heart disease according to covariance structure analysis. Sci Rep. 2017 May;7(1):2519. doi: 10.1038/s41598-017-02707-y.

7. Narui R, Matsuo S, Isogai R, Tokutake K, Yokoyama K, Kato M, Ito K, Tanigawa SI, Yamashita S, Tokuda M, Inada K, Shibayama K, Miyanaga S, Sugimoto K, Yoshimura M, Yamane T. Impact of deep sedation on the electrophysiological behavior of pulmonary vein and non-PV firing during catheter ablation for atrial fibrillation. J Interv Card Electrophysiol. 2017 Jun;49(1):51-7. doi: 10.1007/s10840-017-0238-6.

8. Narui R, Tokuda M, Matsushima M, Isogai R, Tokutake K, Yokoyama K, Hioki M, Ito K, Tanigawa SI, Yamashita S, Inada K, Shibayama K, Matsuo S, Miyanaga S, Sugimoto K, Yoshimura M, Yamane T. Incidence and factors associated with the occurrence of pulmonary vein narrowing after cryoballoon ablation. Circ Arrhythm Electrophysiol. 2017 Jun;10(6). pii: e004588. doi: 10.1161/CIRCEP.116.004588.

9. Fukumoto R, Kawai M, Minai K, Ogawa K, Yoshida J, Inoue Y, Morimoto S, Tanaka T, Nagoshi T, Ogawa T, Yoshimura M. Conflicting relationship between age-dependent disorders, valvular heart disease and coronary artery disease by covariance structure analysis: Possible contribution of natriuretic peptide. PLOS ONE. 2017 Jul; 12(7): e0181206. doi: 10.1371/journal.pone.0181206.

10.Tokuda M, Matsuo S, Kato M, Sato H, Oseto H, Okajima E, Ikewaki H, Isogai R, Tokutake K, Yokoyama K, Narui R, Tanigawa SI, Yamashita S, Inada K, Yoshimura M, Yamane T. Effect of air removal with extracorporeal balloon inflation on incidence of asymptomatic cerebral embolism during cryoballoon ablation of atrial fibrillation. Heart Rhythm. 2017 Sep;14(9):1291-6. doi: 10.1016/j.hrthm.2017.05.035.

11.Kimura H, Nagoshi T, Yoshii A, Kashiwagi Y, Tanaka Y, Ito K, Yoshino T, Tanaka TD, Yoshimura M. The thermogenic actions of natriuretic peptide in brown adipocytes: The direct measurement of the intracellular temperature using a fluorescent thermoprobe. Sci Rep. 2017 Oct;7(1):12978. doi: 10.1038/s41598-017-13563-1.

12.Tokutake K, Yamashita S, Yoshimura M, Yamane T. Focal atrial tachycardia from extremely high level of superior vena cava. J Cardiovasc Electrophysiol. 2017 Nov; 28(11):1355-6. doi: 10.1111/jce.13292.

13.Mizuno Y, Harada E, Nakagawa H, Morikawa Y, Shono M, Kugimiya F, Yoshimura M, Yasue H. The diabetic heart utilizes ketone bodies as an energy source. Metabolism. 2017 Dec;77:65-72. doi: 10.1016/j.metabol.2017.08.005.

14.Yamashita S, Tokuda M, Isogai R, Tokutake K, Yokoyama K, Narui R, Kato M, Tanigawa S, Inada K, Matsuo S, Miyanaga S, Sugimoto K, Yoshimura M, Yamane T. Spiral activation of the superior vena cava: The utility of ultra-high-resolution mapping for caval isolation. Heart Rhythm. 2018 Feb; 15(2):193-200. doi:10.1016/j.hrthm.2017.09.035.

15.Yamashita S, Yokoyama K, Yoshimura M, Yamane T. Localized re-entrant atrial tachycardia with a very small circuit in very low-voltage areas. Heart Rhythm. 2018 Mar; 15(3):471-2. doi: 10.1016/j.hrthm.2017.10.032.

16. Sugawa S, Masuda I, Kato K, Yoshimura M. Increased levels of cardiac troponin I in subjects with extremely low B-type natriuretic peptide levels. Sci Rep. 2018 Mar;8(1):5120. doi: 10.1038/s41598-018-23441-z.

17.Tokutake K, Tokuda M, Matsuo S, Isogai R, Yokoyama K, Kato M, Narui R, Tanigawa S, Yamashita S, Miyanaga S, Yoshimura M, Yamane T. Dissociated pulmonary vein activity after cryoballoon ablation and radiofrequency ablation for atrial fibrillation: a propensity score-matched analysis. Heart Vessels. 2018 May; 33(5):529-36. doi:10.1007/s00380-017-1083-3.

18.Nagoshi T, Yoshimura M. Nutritional status assessment as a potential prognostic indicator in patients before the development of symptomatic heart failure. Circ J. 2018 May; 82(6): 1501-2. doi: 10.1253/circj.CJ-18-0454.

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
○文部科学省 科学研究費補助金・基盤研究(C)「急性冠症候群における心臓エネルギー代謝に関する研究」
○厚生労働科学研究費 難治性疾患等政策研究事業 「特発性心筋症に関する調査研究」
○日本医療研究開発機構研究費 難治性疾患実用化研究事業 「拡張相肥大型心筋症を対象とした多施設登録観察研究」
▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 循環器内科
https://jikei-cardiology.jp/
▲ このページのトップへ