教授

桑野 和善

教授写真
児島 章
准教授 中山 勝敏
荒屋 潤
講師

高木 正道

斎藤 桂介
原  弘道
沼田 尊功
村松 弘康(非常勤)

講座(研究室)の概要
 呼吸器内科は、平成19年4月より講座となった新しい医局です。診療に関しては、エビデンスのある患者さんに優しい医療を目指しています。西新橋の本院と第三病院、葛飾医療センター、柏病院の3つの附属病院合わせて4つに分かれ、それぞれの地域における呼吸器疾患の臨床・研究・教育の拠点となっています。
医学科教育について
 医学科教育は,幅広い教養を持った全人的医療を実践できる医師を育てることです。疾患についての知識の習得、臨床技能実習を経て、5年〜6年の臨床実習および選択実習では、チームの一員となって診療することで、将来に向けての礎を身につけて頂きます。また、当科では扱う疾患・分野が幅広く、それは興味あるものが見つかりやすいことの裏返しでもあります。少しでも多くの学生が呼吸器疾患に興味を持ってもらえるよう、カリキュラム、教員、指導医などの教育環境を整えております。
大学院教育・研究について

大学院においては、学位自体よりも、学位を取得するまでに至る過程が重要です。研究の目的、意義、社会に対する寄与、自分が行おうとする研究に対する世界的な視野、研究方法の立案と遂行、実験結果に対する科学的論理的思考など、良い医療を展開するにあたって欠くことのできないライフサイエンスの思考力を育成します。
研究面では、研究室における基礎研究、臨床研究だけでなく、臨床試験や多施設研究に積極的に参加しています。対象とする疾患は、主に肺癌、間質性肺炎、気管支喘息・COPD、呼吸器感染症です。臨床の中で感じた疑問の解決、あるいは、難治性疾患の治療法の確立に情熱を持って取り組み、臨床にその成果を還元することこそ、臨床教室としての研究と考えます。

講座(研究室)からのメッセージ
 呼吸器疾患の急増にもかかわらず、世界的にも国内でも呼吸器内科医は不足しており、深刻な問題となっています。実力ある呼吸器内科医を育てるために、教室では、カリキュラムの中で内科認定医の取得に始まり、呼吸器専門医から呼吸器指導医資格取得まで責任を持った指導体制と研修システムを確立しています。呼吸器疾患は腫瘍学、感染症学、免疫学、生理学などその内容はバラエティに富み、幅広く内科全体をカバーし、直接生死に関わる領域であり、気管支鏡、胸腔ドレナージ、人工呼吸器など体得すべき専門的技術も多くあります。臨床と研究を通じて、幅広く内科学を習得し、呼吸器内科学を専門とすることで社会に貢献できる呼吸器内科医を育成することを目標としております。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

医学英語専門文献抄読 I(医学科3年)
臨床医学 I(医学科4年)

実習科目名称と対象学年

臨床医学演習(医学科4年)
基本的臨床技能実習:胸部診察(医学科4年)
臨床実習(医学科5年)

選択実習(医学科6年)
▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
器官病態・治療学 > 呼吸器内科学(桑野 和善)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
(基礎研究)
  1. 呼吸器疾患における細胞老化に関する研究
  1. 呼吸器疾患における細胞死(アポトーシス・ネクロトーシス・フェロトーシス)に関する研究
呼吸器疾患とオートファジーに関する研究
  1. 気管支喘息COPD増悪因子のバイオマーカーの研究
呼吸器疾患におけるエクソソームに関する研究

(臨床研究)

 
  1. 呼吸器感染症診断と治療におけるバイオマーカーの有用性の検討
  1. 肺癌化学療法における治療予測因子に関する研究
気管支喘息及びCOPDに対する新規薬物吸入療法の検討
  1. 特発性間質性肺炎のバイオマーカーの検討
間質性肺炎合併肺癌における病態の検討
▲ このページのトップへ
主な業績

1. Takasaka N, Araya J, Hara H, Ito S, Kobayashi K, Kurita Y, Wakui H, Yoshii Y, Yumino Y, Fujii S, Minagawa S, Tsurushige C, Kojima J, Numata T, Shimizu K, Kawaishi M, Kaneko Y, Kamiya N, Hirano J, Odaka M, Morikawa T, Nishimura SL, Nakayama K, Kuwano K.
Autophagy Induction by SIRT6 through Attenuation of Insulin-like Growth Factor Signaling Is Involved in the Regulation of Human Bronchial Epithelial Cell Senescence.
J Immunol. 192: 958-68, 2014.


2. Kaneko Y, Nakayama K, Kinoshita A, Kurita Y, Odashima K, Saito Z, Yoshii Y, Horikiri T, Seki A, Seki Y, Takeda H, Kuwano K.
Relation between recurrence of tuberculosis and transitional changes in IFN-γ release assays.
Am J Respir Crit Care Med. 191(4):480-3, 2015.


3. Ito S, Araya J, Kurita Y, Kobayashi K, Takasaka N, Yoshida M, Hara H, Minagawa S, Wakui H, Fujii S, Kojima J, Shimizu K, Numata T, Kawaishi M, Odaka M, Morikawa T, Harada T, Nishimura SL, Kaneko Y, Nakayama K, Kuwano K.
PARK2-mediated mitophagy is involved in regulation of HBEC senescence in COPD pathogenesis.
Autophagy. 11(3):547-59, 2015.


4. Numata T, Araya J, Yoshii Y, Shimizu K, Hara H, Nakayama K, Kuwano K.
Clinical efficacy of anti-glycopeptidolipid-core IgA test for diagnosing Mycobacterium avium complex infection in lung.
Respirology. 20(8):1277-81, 2015.


5. Shimizu K, Yoshii Y, Morozumi M, Chiba N, Ubukata K, Uruga H, Hanada S, Saito N, Kadota T, Ito S, Wakui H, Takasaka N, Minagawa S, Kojima J, Hara H, Numata T, Kawaishi M, Saito K, Araya J, Kaneko Y, Nakayama K, Kishi K, Kuwano K.
Pathogens in COPD exacerbations identified by comprehensive real-time PCR plus older methods.
Int J Chron Obstruct Pulmon Dis. 23(10);2009-16, 2015.


6. Fujita Y, Araya J, Ito S, Kobayashi K, Kosaka N, Yoshioka Y, Kadota T, Hara H, Kuwano K, Ochiya T.
Suppression of autophagy by extracellular vesicles promotes myofibroblast differentiation in COPD pathogenesis.
J Extracell Vesicles. 11(4)28388, 2015.


7. Seki Y, Fujiwara Y, Kohno T, Takai E, Sunami K, Goto Y, Horinouchi H, Kanda S, Nokihara H, Watanabe S, Ichikawa H, Yamamoto N, Kuwano K, Ohe Y.
Picoliter-Droplet Digital Polymerase Chain Reaction-Based Analysis of Cell-Free Plasma DNA to Assess EGFR Mutations in Lung Adenocarcinoma That Confer Resistance to Tyrosine-Kinase Inhibitors.
Oncologist. 2016 Feb;21(2):156-64.


8. Kobayashi K, Araya J, Minagawa S, Hara H, Saito N, Kadota T, Sato N, Yoshida M, Tsubouchi K, Kurita Y, Ito S, Fujita Y, Takasaka N, Utsumi H, Yanagisawa H, Hashimoto M, Wakui H, Kojima J, Shimizu K, Numata T, Kawaishi M, Kaneko Y, Asano H, Yamashita M, Odaka M, Morikawa T, Nakayama K, Kuwano K.
Involvement of PARK2-Mediated Mitophagy in Idiopathic Pulmonary Fibrosis Pathogenesis.
J Immunol. 2016. 197(2):504-16.


9. Sato N, Takasaka N, Yoshida M, Tsubouchi K, Minagawa S, Araya J, Saito N, Fujita Y, Kurita Y, Kobayashi K, Ito S, Hara H, Kadota T, Yanagisawa H, Hashimoto M, Utsumi H, Wakui H, Kojima J, Numata T, Kaneko Y, Odaka M, Morikawa T, Nakayama K, Kohrogi H, Kuwano K.
Metformin attenuates lung fibrosis development via NOX4 suppression.
Respir Res. 2016 ;17(1):107.


10. Yoshii Y, Shimizu K, Morozumi M, Chiba N, Ubukata K, Uruga H, Hanada S, Wakui H, Ito S, Takasaka N, Minagawa S, Kojima J, Numata T, Hara H, Kawaishi M, Saito K, Araya J, Kaneko Y, Nakayama K, Kishi K, Kuwano K.
Identification of pathogens by comprehensive real-time PCR versus conventional methods in community-acquired pneumonia in Japanese adults.
Infect Dis (Lond). 2016;48(11-12):782-8.


11. Saito Z, Kaneko Y, Kinoshita A, Kurita Y, Odashima K, Horikiri T, Yoshii Y, Seki A, Seki Y, Takeda H, Kuwano K.
Effectiveness of hepatoprotective drugs for anti-tuberculosis drug-induced hepatotoxicity: a retrospective analysis.
BMC Infect Dis. 2016;16(1):668.


12. Horikiri T, Hara H, Saito N, Araya J, Takasaka N, Utsumi H, Yanagisawa H, Hashimoto M, Yoshii Y, Wakui H, Minagawa S, Ishikawa T, Shimizu K, Numata T, Arihiro S, Kaneko Y, Nakayama K, Matsuura T, Matsuura M, Fujiwara M, Okayasu I, Ito S, Kuwano K.
Increased levels of prostaglandin E-major urinary metabolite (PGE-MUM) in chronic fibrosing interstitial pneumonia.
Respir Med. 2017;122:43-50.


13. Watanabe S, Kaneko Y, Kawamoto H, Maehara T, Baba Y, Fujisaki I, Saito N, Ryu K, Seki A, Horikiri T, Kinoshita A, Takeda H, Saito K, Kuwano K.
Paradoxical response with increased tumor necrosis factor-α levels to anti-tuberculosis treatment in a patient with disseminated tuberculosis.
Respir Med Case Rep. 2017;20:201-204.


14. Yamakawa H, Hagiwara E, Kitamura H, Yamanaka Y, Ikeda S, Sekine A, Baba T, Okudela K, Iwasawa T, Takemura T, Kuwano K, Ogura T.
Serum KL-6 and surfactant protein-D as monitoring and predictive markers of interstitial lung disease in patients with systemic sclerosis and mixed connective tissue disease.
J Thorac Dis. 2017;9(2):362-371. doi: 10.21037/jtd.2017.02.48


15. Kurita Y, Araya J, Minagawa S, Hara H, Ichikawa A, Saito N, Kadota T, Tsubouchi K, Sato N, Yoshida M, Kobayashi K, Ito S, Fujita Y, Utsumi H, Yanagisawa H, Hashimoto M, Wakui H, Yoshii Y, Ishikawa T, Numata T, Kaneko Y, Asano H, Yamashita M, Odaka M, Morikawa T, Nakayama K, Kuwano K.
Pirfenidone inhibits myofibroblast differentiation and lung fibrosis development during insufficient mitophagy.
Respir Res. 2017 Jun 2;18(1):114. doi: 10.1186/s12931-017-0600-3.

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

以下すべて基盤C:

老化関連肺疾患におけるエクソゾーム中microRNAによる細胞間情報伝達
桑野 和善

炎症性閉塞性呼吸器疾患における難治化メカニズムに関する研究
中山 勝敏

LaminB1が制御する細胞老化と慢性閉塞性疾患
荒屋 潤

肺微小環境PGE2産生を反映する尿中PGE-MUMのIPFにおける有用性の検討
原 弘道

突発性肺繊維症病態における老化細胞除去機構の役割
栁沢 治彦

尿中PGE-MUMの肺癌バイオマーカーとしての有用性の検討
内海 裕文

鉄代謝依存性新規プログラム細胞死(フェロトーシス)のCOPD病態での役割
皆川 俊介

シャペロン介在性オートファジーによるCOPD病態の制御
沼田 尊功

樹状細胞内オートファジーが規定する慢性閉塞性肺疾患病態
橋本 典生


▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学  呼吸器内科
http://www.jikeinaika.jp/resd/
▲ このページのトップへ