教授 繁田 雅弘教授写真

中村 敬
宮田 久嗣
須江 洋成
忽滑谷 和孝
准教授

布村 明彦
山寺 亘
小曽根 基裕
古賀 聖名子
舘野 歩
鬼頭 伸輔

講師

伊藤 達彦
川上 正憲
品川 俊一郎
小高 文聰

助教

矢野 勝治
黒田 彩子
谷井 一夫
稲村 圭亮
岩下 正幸
岡部 究
鈴木 優一
松田 勇紀
奥野 翔
片倉 勲人
坂本 聡

その他

川上 智以子(臨床心理士)

斉藤 亜紀(臨床心理士)

森 美加(臨床心理士)

安武 明日美

武矢 由美子(精神保健福祉士)

講座(研究室)の概要
 精神医学講座が正式に開設されたのは明治36年(1903年)とされています。森田正馬初代教授はわが国の神経衰弱の領域で、その定義・治療において大きな役割を果しました。その後、1937年に第二代教授の高良武久先生が就任され、1966年に第三代教授の新福尚武先生が就任し、第三病院に森田療法専門病棟を開設。1979年に第四代教授の森温理先生が就任し、柏病院に精神神経科を開設。1991年に第五代教授の牛島定信先生が就任し、葛飾医療センターに精神神経科を開設。すべての附属病院に精神神経科が揃いました。2004年から第六代教授の中山和彦先生が就任し、2017年より第七代教授として繁田雅弘先生が就任しています。従来の多彩な研究に加え、さらに最近は、老年期精神医学(認知症疾患)や気分障害に対する反復的経頭蓋磁気刺激治療の研究と実践に新たな展開を目指しています。
医学科教育について
 精神医学教育については、講義では、精神医学総論である、症候学、診断学、治療学を基盤とし、精神科疾患各論に対し、各専門分野での医師が系統講義を行っています。また臨床実習では、小グループによる症例検討や臨床診断、治療プロセスなどの方法論などについて討議し、精神医学を深く理解できるような卒前教育を行っています。
大学院教育・研究について
 わが教室では、現在、精神病理学・精神療法学、老年精神医学、精神生理学(睡眠学)、臨床脳波・てんかん学、薬理生化学、総合病院精神医学、児童思春期精神医学に加えて、第三病院で新たにオープンした森田療法センターを中心に展開している森田療法といった部門があります。現在、100 名余りの医局員が臨床および研究に従事しており、常時数名の医局員が大学院に進み研究活動を行っています。
講座(研究室)からのメッセージ
   精神医学は、ヒトの精神現象を対象にした学問であります。ヒトの精神現象は、生物・心理・社会的次元が絡んで生じるゆえに、研究方法は非常に多様であります。方法論的には、薬理学、生化学(分子生物学)、生理学、放射線医学(脳画像診断)、心理学、社会医学などが該当します。その対象となると、児童思春期から成人はもとより老人にまで幅広く、全ての世代に特有な問題が存在してきます。そういった現実を踏まえ、医局員は積極的にあらゆる世代の精神科外来・入院患者さんを受け入れ、全員一丸となって臨床・研究に邁進しています。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

行動科学(医学科3年)
精神医学(医学科4年)

実習科目名称と対象学年

臨床実習(医学科5年)
選択実習(医学科6年)

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
精神医学

繁田 雅弘(老年精神医学)

中村 敬(精神病理学・精神療法学)

宮田 久嗣(行動薬理学)

忽滑谷 和孝(総合病院精神医学)

布村明彦(老年学,老年精神医学)

小曾根 基裕(精神生理学)

山寺 亘(精神生理学)

古賀 聖名子(精神薬理学)

館野 歩(精神病理学・精神療法学)

塩路 理恵子(精神病理学・精神療法学(森田療法))

鬼頭 伸輔(精神生理学)

▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
統合失調症および気分障害の合理的薬物療法(evidenced-based medicine)に関する研究
精神疾患の病因研究:脳内透析法を用いた脳内神経伝達物質変動に関する研究

薬物依存の形成・維持・再発にかかわる脳内神経学的機序に関する研究

学習・記憶の脳内神経回路に関する研究

positron emission computed tomography(PET)による精神疾患の脳画像研究
閉塞型睡眠時無呼吸症候群に関する精神生理学的研究
原発性不眠症に対する精神療法的アプローチに関する研究
Cyclic Alternating Pattern を指標としたビタミンB12静脈内投与による夜間睡眠内容に与える影響に関する研究
精神疾患患者の脳波にみられるバーストに関する研究
抗てんかん薬(TDM)脳波を用いた臨床てんかん学的研究
認知行動療法を用いたうつ病再発予防に関する研究
がん患者、その家族および遺族の心理的課題に関する研究
統合失調症におけるDUP(末治療期間)とその予後に関する研究
摂食障害に対する生物・精神病理・社会精神医学的研究
社会不安障害の森田療法の有効性に関する研究
女性特有の心理・社会・生物学的研究
境界性人格障害の新しい治療システムの開発に関する研究
認知症の早期発見・早期介入に関する研究
老年期精神障害の統計疫学的研究
ヘルペスウィルスと精神疾患の発症に関する研究
休職に至る就労者を取り巻く環境と就労者の特性に関する研究
▲ このページのトップへ
主な業績

1. 繁田 雅弘.【超高齢化社会の精神科療法]アルツハイマー型認知症の精神療法 もの盗られ妄想を題材として.臨床精神医学2017;46(11):1415-9.

2. 舘野 歩.森田療法とAcceptance and Commitment Therapy (ACT)の完成に与えた文化的影響.こころと文化.2018;17(1) :47-55.

3. Kito S, Hasegawa T, Takamiya A, Noda T, Nakagome K, Higuchi T, Koga Y.Transcranial magnetic stimulation modulates resting EEG functional connectivity between the left dorsolateral prefrontal cortex and limbic regions in medicated patients with treatment-resistant depression. J Neuropsychiatry Clin Neurosci 2017;29:155 9.

4. Tagai K, Shinagawa S, Kada H, Inamura K, Nagata T, Nakayama K. Anosognosia in mild Alzheimer's disease is correlated with not only neural dysfunction but also compensation. Psychogeriatrics 2018; 18 (2) :81 -8. doi: 10. 1111/psyg. 12287. Epub 2018 Feb 6.

5. 中村 敬、谷井 一夫.慢性化したうつ病への森田療法.臨床精神医学2017; 46(5) :567-72.

6) Kito S, Matsuda Y, Sewaki Y, Sekiya J, Fujii T, Noda T, Ikezawa S, Takano H, Nakazawa K, Nomura M, Setoyama S, Nakagome K. A 6-month follow-up case study of low-frequency right prefrontal repetitive transcranial magnetic stimulation in treatment-resistant bipolar depression. J ECT 2017;33:e43-4.

7. 忽滑谷 和孝、伊藤 達彦、眞鍋 貴子.高齢者における双極性障害の診断と治療 Current therapy 2017;35(5) :47-52.

8. 互 健二、品川 俊一郎、西根 久(平川病院)、平川 淳一、樋口 英二郎、繁田 雅弘.老年期精神疾患とレビー小体型認知症との鑑別におけるスクリーニングツールとしてのパレイドリアテストの有用性.臨床精神医学2017;46(11):1385-93.

9. 須江 洋成.自律神経発作.日本てんかん学会編.てんかん学用語事典 2017.東京:診断と治療社, 2017;15-6.

10.山寺 亘.不眠症の性格・精神病理.三島和夫編.不眠症治療のパラダイムシフト〜ライフスタイル改善と効果的な薬物療法〜.大阪:医薬ジャーナル杜, 2017;44-8.

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

○平成29年度 科学研究費助成事業(基盤研究B) 繁田 雅弘
課題:ランダム化比較試験による認知症等を有する高齢者に対するロボットパロの効果(分担)

○平成29年度 科学研究費助成事業(基盤研究C) 繁田 雅弘
課題:認知症早期発見時代のネオ・ジェントロジー:当事者の視点を活かす臨床構築に向けて(分担)

○平成29年度 文部科学研究費補助金 富田 久嗣
課題:多様な嗜癖行動(薬物と薬物によらない依存)の脳内機序と新規治療薬開発に関する研究

○平成29年度 医療研究開発推進事業補助金(Amed) 宮田 久嗣
課題:医薬品開発時の薬物依存性の評価のための薬理学的アプローチに関する研究

○平成29年度 長寿・障害総合研究事業 障害者対策総合研究開発事業(Amed) 宮田 久嗣
課題:ギャンブル障害の疫学調査、生物学的評価、医療・福祉・社会的支援のありかたについての研究

○平成29年度 メンタルヘルス岡本記念財団 舘野 歩
課題:入院森田療法を実施した強迫性障害患者に対する自閉症スペクトラム傾向が治療効果に与える要因

○平成28年度 文部科学研究費助成事業(基盤研究C) 古賀 聖名子
課題:質的研究手法を用いた統合失調症初発症例における治療へのアドヒアランスに関する研究

○三井生命厚生財団第49回医学研究助成 品川 俊一郎
課題: DNAメチル化量を用いたアノレツハイマー病患者の行動・心理症状(BPSD)の出現および治療反応性の予測

○平成29年度 科学研究費補助金 品川 俊一郎
課題: DNAメチル化を用いたアノレツハイマー病患者の行動・心理症状の病態解明(代表)

○平成29年度 日本医療研究開発機構(Amed) 品川俊一郎
課題:認知症者等へのニーズに調査に基づいた「予防からはじまる原因疾患別のBPSD包括的・実践的治療指針」の作成と検証研究(分担)

○平成29年度 科学研究費補助金 品川 俊一郎
課題:食行動関連障害のあるレビー小体型認知症高齢者の在宅ケアモデルの検討(分担)

○平成29年度 科学研究費補助金 品川 俊一郎
課題:急性期病院に入院する認知症高齢者ケースに対応した退院支援モデルの開発と妥当性検証(分担)

○平成28年度 文部科学研究費補助金 小高 文聰
課題:抗精神病薬による脳内ドーパミンD2/3受容体を介した顕現性回路の制御機構の解明研究

▲ このページのトップへ
その他
【評議員など】
繁田雅弘

東京慈恵会医科大学成医会 評議員
日本老年精神医学会 理事
日本認知症ケア学会 理事
日本保健科学学会 理事
日本薬物脳波学会 理事
日本臨床倫理学会 理事
東京都医学研究機構 理事
日本保健医療福祉連携教育学会 監事
日本認知症学会 評議員
日本脳電図トポグラフィー学会 評議員
東京都人材支援事業団 評議員
東京都福祉保健財団 評議員
老年精神医学雑誌編集委員
Phychogeriatrics Field Editor
Neuropsychobiology Editorial Board
Gerontology and Geriatrics International Field Editor
中村 敬
日本精神神経学会 代議員
日本森田療法学会 理事長、編集委員、研修委員、認定医
日本多文化間精神医学会 理事、執行委員、学会賞選考委員
日本サイコセラピー学会 理事
日本精神病理・精神療法学会 評議員
日本心身医学会 評議員
日本うつ病学会 評議員
日本不安障害学会 評議員
内観医学会 評議員、編集委員
日本集団精神療法学会 認定グループサイコセラピスト
東アジア文化精神医学アカデミー 正会員
宮田久嗣
日本神経精神薬理学会 評議員
ニコチン・薬物依存研究フォーラム 理事
日本アルコール・薬物医学会 評議員
Psychiatry and Clinical Neurosciences 編集顧問
忽滑谷和孝
日本総合病院精神医学会 評議員
日本老年精神医学会 評議員
日本心身医学会 評議員
日本うつ病学会 評議員
山寺 亘
日本睡眠学会 評議員
日本心身医学会 代議員
日本総合病院精神医学会 評議員
外来精神医療学会 常任理事
小曽根基裕
日本睡眠学会 評議員
日本時間生物学会 評議員
小野和哉
社団法人 全国幼児教育研究協会 理事
日本心身医学会 評議員
大渕敬太
日本時間生物学会 評議員
舘野 歩
内観医学会 評議員
森 美加
日本女性心身医学会 評議員

▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 精神医学講座
http://www.jikeips.umin.jp/
▲ このページのトップへ