教授 井田 博幸教授写真

大橋十也(兼任)
宮田市郎
勝沼俊雄
和田靖之
准教授

加藤 陽子(兼任)

齋藤 義弘

田知本 寛

小林 博司(兼任)

講師

秋山 政晴

小林 正久

菊池 健二郎

日暮 憲道

平野 大志

助教

安藤 達也

櫻井 謙

飯島 正紀

伊藤 怜司

田邊 行敏

山岡 正慶

森 琢磨

林 至恩

生駒 直寛

熊澤 健介

和氣 英一

玉井 将人

溜 雅人

伊藤 研

苑田 輝一郎

本多 隆也

古河 賢太郎

村木 國夫

大学院生

河内 文江

田原 麻由

井上 隆司

奥山 舞

岩橋 めぐみ

齊藤 遥子

馬場 俊輔

千葉 浩介

尾形 仁

講座(研究室)の概要
 慈恵医大小児科は1922年に創設され、現在、約170名の医局員、約500名の同窓会会員が在籍する歴史ある日本でも有数の小児科学講座です。研究においては慈恵医大DNA医学研究所や海外施設(スタンフォード大学・UCLA・マウントサイナイ大学など)とのネットワークを最大限に活用し、積極的に取り組んでいます。先天代謝異常、アレルギー、感染免疫、内分泌、消化器、精神、神経、循環器、新生児、悪性腫瘍などの領域に対して分子生物学、生化学、病理学、生理学などの種々の手法を用いて臨床医学を基礎においたトランスレーショナルリサーチを展開しています。
医学科教育について
 医学教育については小児科学各専門分野に対し、基礎教育と臨床実習をおこなっています。また、系統講義のみではなく、臨床実習中には小グループによる症例検討、臨床診断プロセスなどの教育を行い、patient-orientedな医学教育を重視しています。さらに臨床的疑問を科学的に解明する方法論などについても討論しscience-basedな卒前教育を行っています。
大学院教育・研究について
 分子生物学、生化学、生理学、病理学などの基本的実験手技を修得し、これらを総合的に駆使して、小児疾患の病因・病態・治療法の開発などをおこなうことができることを一般的目標とし、臨床的視点から仮説をたて、この仮説を基礎的研究を用いて実証できる論理的能力を養うことを行動的目標としています。 代謝・遺伝・消化器、内分泌、アレルギー、感染症、血液、循環器、新生児、神経、精神、腎臓の10個の研究班があり、それぞれの研究班がactiveに研究を行っています。 専門領域を有する関連病院では臨床的研究を、大学では臨床を基礎においた基礎研究を展開しています。さらに関連病院全てを統合したcommon diseaseの疫学的研究も行っています。
講座(研究室)からのメッセージ
  慈恵医大小児科では4病院と関連病院を有機的に統合することにより医局員が臨床・研究・診療能力を養えるシステムを構築しています。このシステムにより質が高く、社会のニーズに応えられる小児科医を数多く育成できると自負しております。
“人が人を診る難しさ・楽しさを実感できる慈恵医大小児科”そして“医局員一人一人が誇りに思える慈恵医大小児科”をキーワードにして医局員が一丸となり臨床・研究に邁進しています。皆様とともに日本、そして世界の小児医療を構築できればと考えています。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

小児科学(医学科4年)

実習科目名称と対象学年

診断系実習(医学科4年)
臨床実習(医学科5年)

選択実習(医学科6年)
▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
小児科学(井田 博幸教授)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究

先天代謝異常症の遺伝子変異解析と臨床解析

先天代謝異常症の新規治療法の開発-遺伝子治療、細胞治療、酵素補充療法

内分泌疾患の遺伝学病態解析

小児がんの分子遺伝学的解析および臨床研究

小児期腎疾患の診断および治療に関連した統計学的解析

アレルギー疾患における診断・治療・予防に疫学・臨床・基礎研究

心臓の分子発生学と循環器生理学

免疫不全症の新たな診断と治療法の開発

小児精神疾患の臨床的研究

てんかん・脳発達における臨床的・生理的研究

未熟児疾患の臨床的研究

▲ このページのトップへ
主な業績

<2016年>

Tachimoto H, Mezawa H, Segawa T, et al. Improved Control of Childhood Asthma with Low-Dose, Short-Term Vitamin D Supplementation: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Trial. Allergy 2016;71(7):1001-9

 

Ono E, Ariga M, Oshima S, et al. Three novel mutations of the MCT8 (SLC16A2) gene, individual and temporal variations of endocrinological and radiological features. Clin Pediatr Endocrinol 2016;25(2):23-35

 

Fujimoto Y, Urashima T, Shimura D, et al. Low cardiac output leads hepatic fibrosis in right heart failure model rats.PLoS One 2016;11(2):e0148666

 

Yamaoka M, Akiyama M, Yokoi K et al. Cytokine and pathological analysis of hepatitic variant graft-versus-host disease after allogenic peripheral blood stem cell transplantation in a child. Journal of Hematopoietic Cell Transplantaion 2016;5(1):22-26

 

Hirano D, Ishikura K, Uemura O, Ito S, Wada N, Hattori M, Ohashi Y, Hamasaki Y, Tanaka R, Nakanishi K, Kaneko T, Honda M. Association between low birth weight and childhood-onset chronic kidney disease in Japan: a combined analysis of nationwide survey for paediatric CKD and National Report of Vital Statistics, Nephrol Dial Transplant, 2016 in press.

 

Akashi K, Mezawa H, Tabata Y, Atsuta J, Fujisawa T, Katsunuma T et al. Optimal step-down approach for pediatric asthma controlled by salmeterol/fluticasone: A randomized, controlled trial (OSCAR study). Allergol Int 2016;65:306-11.

 

Inoue T, Akashi K, Watanabe M, Ono J, Izuhara K, Katsunuma T et al. Periostin as a biomarker for the diagnosis of pediatric asthma. Pediatr Allergy Immunol 2016:27:521-526.

 

Ida H, Tanaka A, Matsubayashi T, Murayama K, Hongo T, Lee HM, et al. A multicenter, open-label extension study of velaglucerase alfa in Japanese patients with Gaucher disease: Results after a cumulative treatment period of 24months. Blood Cells Mol Dis 2016 Jul;59:140-147.

 

Sato Y, Kobayashi H, Higuchi T, Shimada Y, Ida H, Ohashi T. TFEB overexpression promotes glycogen clearance of Pompe disease iPSC-derived skeletal muscle. Mol Ther Methods Clin Dev 2016 Aug 10;3:16054.

 

Tajima A, Liu W, Pradhan I, Bertera S, Lakomy RA, Rudert WA, et al. Promoting 3-D Aggregation of FACS Purified Thymic Epithelial Cells with EAK 16-II/EAKIIH6 Self-assembling Hydrogel. J Vis Exp 2016 Jun 27;(112)

 

Tajima A, Pradhan I, Trucco M, Fan Y. Restoration of Thymus Function with Bioengineered Thymus Organoids. Curr Stem Cell Rep 2016 Jun;2(2):128-139.

 

Yokoi T, Yokoi K, Akiyama K, Higuchi T, Shimada Y, Kobayashi H, et al. Non-myeloablative preconditioning with ACK2 (anti-c-kit antibody) is efficient in bone marrow transplantation for murine models of mucopolysaccharidosis type II. Mol Genet Metab 2016 Nov;119(3):232-238.

 

Tsunogai T, Miyata I, Miwa S, Matsuura R, Takagi K, Nanba H, Takahata N, Tajima T, and Wada Y : A novel NR3C2 mutation in a Japanese patient with the renal form of pseudohypoaldosteronism type 1. Clin Pediatr Endocrinol 2016;25(3):111-114.

 

Yokoi K, Yamaoka M, Miyata I, Nonaka Y, Yuza Y, Kawata S, Akiyama M, Yanagisawa T, Ida H. Atypical clinical features of children with central nervous system tumor: Delayed diagnosis and switch in handedness. Pediatr Int. 2016 Sep;58(9):923-6.

 

<2017年>

Kiyohara M, Son YL, Tsutsui K : Involvement of gonadotropin-inhibitory hormone in pubertal disorders induced by thyroid status. Sci Rep. 2017;7(1):1042.

Hirano D, Chiba K, Yamada S, Ida H. Oral alendronate in pediatric chronic recurrent multifocal osteomyelitis. Pediatr Int. 2017;59(4):506-508.

Hirano D, Ito A, Yamada A, Kakegawa D, Miwa S, Umeda C, Chiba K, Takemasa Y, Tokunaga A, Ida H. Independent Risk Factors and 2-Year Outcomes of Acute Kidney Injury after Surgery for Congenital Heart Disease. Am J Nephrol 2017;46:204-9

Sato Y, Kobayashi H, Higuchi T, Shimada Y, Ida H, Ohashi T. Metabolomic Profiling of Pompe Disease-Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Cardiomyocytes Reveals That Oxidative Stress Is Associated with Cardiac and Skeletal Muscle Pathology. Stem Cells Transl Med 2017 Jan;6(1):31-39.

Sato Y, Ida H, Ohashi T. Anti-BlyS antibody reduces the immune reaction against enzyme and enhances the efficacy of enzyme replacement therapy in Fabry disease model mice. Clin Immunol 2017 Feb 2.

Kikuchi K, Hamano S, Matsuura S, Tanaka M, Minamitani M. Effects of various antiepileptic drugs in benign infantile seizures with mild gastroenteritis. Epilepsy & Seizure 2017;9:25-31

Matsuura R, Hamano SI, Ikemoto S, Hirata Y, Suzuki K, Kikuchi K, Takahashi Y. Epilepsy with myoclonic atonic seizures and chronic cerebellar symptoms associated with antibodies against glutamate receptors N2B and D2 in serum and cerebrospinal fluid. Epileptic Disord. 2017;19:94-99

Kozuka J, Uno A, Matsuda H, Toyoshima Y, Hamano S. Relationship between the change of language symptoms and the change of regional cerebral blood flow in the recovery process of two children with acquired aphasia. Brain Dev 2017;39:493-505.

Nagakura K, Sato S, Yanagida N, Ebisawa M. Novel immunotherapy and treatment modality for severe food allergies. Current Opinion in Allergy and Clinical Immunology. 2017;17(3):212-219.

Ebisawa M, Ito K, Fujisawa T:Japanese guidelines for food allergy 2017,Allergol Int. 2017;66(2):248-264

Fujimoto Y, Urashima T, Kawachi F, Akaike T, Kusakari Y, Ida H, Minamisawa S. Pulmonary hypertension due to left heart disease causes intrapulmonary venous arterialization in rats. J Thorac Cardiovasc Surg. 2017;154(5):1742-1753

Ogawa K, Kawachi F, Mori T, Hishitani T, Hoshino K. Electrolyte imbalance caused by diuretic therapy in infants with congenital heart disease. Pediatr Ther. 2017:7:1

Tamai M, Kobayashi N, Shimada K, Oka N, Takahashi M, Tanuma A, Tanemoto T, Namba H, Saito Y, Wada Y, Okamoto A, Ida H, Kondo K.: Increased interleukin-1β and basic fibroblast growth factor levels in the cerebrospinal fluid during human herpesvirus-6B (HHV-6B) encephalitis. Biochem Biophys Res Commun. 2017;486(3):706-711.

Nakazawa Y, Kawai T, Arai K, Tamura E, Uchiyama T, Onodera M.: Fecal calprotectin rise in chronic granulomatous disease-associated colitis. J. Clin. Immunol. 2017;37(8):741-743

<2018年>

Yamaoka M, Akiyama M, Ohyama W, Tachimoto H, Matsumoto K. Acute lymphoblastic leukemia with hypereosinophilia in a 3-year-old boy. Pediatr Int. 2018;60:88-90.

Hoshina H, Shimada Y, Higuchi T, Kobayashi H, Ida H, Ohashi T. Chaperone effect of sulfated disaccharide from heparin on mutant iduronate-2-sulfatase in mucopolysaccharidosis type II. Mol Genet Metab. 2018;123(2):118-122.

Nagakura K, Sato S, Yanagida N, Nishino M, Asaumi T, Ogura K, Ebisawa M. Oral immunotherapy in Japanese children with anaphylactic peanut allergy. Int Arch Allergy Immunol. 2018;175(3):181-188

Inoue T, Ogura K, Takahashi K, Nishino M, Asaumi T, Yanagida N, Sato S, Ebisawa M: Risk Factors and Clinical Features in Cashew Nut Oral Food Challenges, Int Arch Allergy Immunol. 2018 (in press).

Nagakura K, Sato S, Yanagida N, Nishino M, Asaumi T, Ogura K, Ebisawa M. Low-dose oral immunotherapy for children with anaphylactic peanut allergy in Japan. Pediatr Allergy Immunol. Accepted

Nishi K, Kawai T, Kubota M, Ishiguro A, Onodera M.: X-linked agammaglobulinemia complicated with pulmonary aspergillosis. Pediatr Int. 2018;60(1):90-92

Yamada A, Fujinaga S, Sakuraya K, Satoshi A, Hirano D. Initial treatment with pulse methylprednisolone followed by short-term prednisolone and tonsillectomy for childhood IgA nephropathy. Clin Exp Nephrol 2018 [Epub ahead of print]

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

○文部科学省科学研究費

【基盤研究B】

GM1ガングリオシドーシスの造血幹細胞を標的とした遺伝子治療法の開発(大橋十也)

【基盤研究C】

iPS細胞及び遺伝子改変システムを用いたムコ多糖症等の治療用デバイス作成(小林博司)

成長期心不全におけるリバースリモデリングのメカニズムの解明(浦島崇)

1型糖尿病の誘発におけるICA69抗原の役割に関する研究(田嶼朝子)

人工知能・次世代シークエンサーを用いたファブリー病の統合データベース構築(小林博司)

ドラベ症候群ラットのてんかん責任脳領域の探索と細胞移植治療の実現化を目指す研究(日暮憲道)

食細胞機能異常症における細胞動態に関する研究(河合 利尚)

【若手研究B】

イヌリンを用いた重症心身障害児(者)の糸球体濾過量測定の標準化(平野大志)

体肺側副血行路再現による発生機序の解明と予防的治療選択法の確立(伊藤 怜司)

小児脳腫瘍に対する新規樹状細胞治療における抗原呈示機序の分子免疫学的解析(山岡正慶)

○日本医療研究開発機構研究費(AMED)

【難治性疾患克服研究事業】
ムコ多糖II型の造血幹細胞を標的とした遺伝子治療法の実用化研究(代表:大橋 十也)

【難治性疾患実用化研究事業】
小児神経疾患・先天代謝異常症に対する遺伝子治療法開発(分担:大橋十也)

【創薬基盤推進研究事業】
慢性肉芽腫症腸炎に対する小児用サリドマイド製剤の実用化に向けた研究(代表: 河合利尚)

○その他

【武田科学振興財団(医学系研究奨励)】
小児再発脳腫瘍に対する腫瘍細胞と樹状細胞の融合細胞を用いた免疫療法の開発 (代表:山岡正慶)

【川野小児医学奨励財団(若手枠研究助成金)】
イヌリンを用いた重症心身障害児の糸球体濾過量測定の標準化(代表:平野大志)

【イーライリリー社(教育・研究助成)】
成長ホルモンおよび甲状腺ホルモンによるGnIH分泌調節機構の解明(代表:宮田 市郎)

【ファイザー社(Academic Contributions)】
小児中等度肥満者に対する汎用可能な運動療法の開発および支援法の確立とその治療効果に関する多角的検討(代表:本木隆規)

▲ このページのトップへ
その他
井田博幸
[役 職]

日本小児科学会 理事(2012年〜2016年)
日本先天代謝異常学会 理事長(2013年〜現在)
日本遺伝子診療学会 評議員(1999年〜現在)
日本小児神経学会 評議員(2005年〜現在)
社団法人慈恵医師会 理事(2011年〜現在)
学校法人慈恵大学 理事(2013年〜現在)
東京慈恵会医科大学附属病院 副院長(2013年〜現在)

▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 小児科学講座
http://www.jikei-pediatrics.jp/
▲ このページのトップへ