教授

福田 国彦(画像診断)

教授写真

関根 広(第三)(放射線治療)
貞岡 俊一(柏)(IVR)

准教授

内山 眞幸(核医学)
尾尻 博也(画像診断)
青木 学(放射線治療)
中田 典生(超音波診
断)

講師

小林 雅夫(放射線治
療)
砂川 好光(柏)(放射線治療)
有泉 光子(葛飾)(画像診断)
佐久間 亨(画像診断)

助教

川上 剛(画像診断)

西岡 真樹子(画像診
断)

三角 茂樹(画像診断)

成田 賢一(IVR)

北井 里実(画像診断)

高木 佐矢子(放射線
治療)

蘆田 浩一(IVR)

五十嵐 隆朗(画像診
断)

松島 理士(画像診断)

太田 智行(超音波診
断)

米永 健(画像診断)

白濱 淳(放射線治療)

東條 慎次郎(画像診
断)

大木 一剛(画像診断)

山内 英臣(画像診断)

清水 哲也(画像診断)

渡辺 憲(画像診断)

大内 厚太郎(画像診
断)

福田 健志(画像診断)

本橋 健司(画像診断)

藤井 百合子(画像診
断)

稲葉 夕子(画像診断)

木嶋 良和(放射線治
療)

辻本 博瑛(放射線治
療)

三間 康之(画像診断)

森川 和彦(画像診断)
川上 玲奈(画像診断)

荻原 翔(画像診断)
宝関 明子(画像診断)
竹永 晋介(葛飾)
(IVR)

荻野 展広(葛飾)(画像診断)

狩野 麻実(葛飾)(画像診断)

榎 啓太朗(葛飾)(画像診断)

三枝 裕和(第三)(画像診断)

成尾 孝一郎(第三)(画像診断)

尾上 薫(第三)(画像診断)

宗像 浩司(第三)
(IVR)
岩下 紗子(第三)(画像診断)

清水 勧一朗(柏)
(IVR)

倉田 直樹(柏)(画像診断)

渡嘉敷 唯司(柏)(画像診断)

道本 顕吉(柏)(画像診断)
完山 依里子(柏)(画像診断)

大学院生

貞岡 亜加里

その他

(レジデント)
伊藤 裕康
五味 拓
野沢 陽介
増田 耕一
勝俣 智美
堤 由希
大木 洋平
栗林 英人
宗友 洋平
芳沢 昌栄
和田 紘幸

講座(研究室)の概要
放射線医学講座は、昭和7年12月、樋口助弘が物療学教室の初代教授に委嘱されたことに始ります。昭和24年5月、日本医学放射線学会決議に基づき、慈恵医大においても教室名を放射線医学教室に改名しました。昭和35年12月に中原一臣が第2代教授、昭和48年9月に望月幸夫が第3代教授、平成7年4月に川上憲司が第4代教授、平成10年1月に福田国彦が第5代教授に就任し現在に至ります。平成24年に放射線医学講座は講座開設80年を迎えました。
医学科教育について
 放射線医学の基礎から臨床応用までを、医学科3年生から6年生を対象に教育を行っています。放射線医学の基礎では、画像診断の原理、放射線生物学、放射線治療学総論の講義を行います。臨床医学腫瘍学では放射線各論、臨床医学画像診断学では画像診断各論とインターベンショナルラジオロー(IVR)の講義を行います。参加型臨床実習では、画像診断の各専門領域、IVR、放射線治療について、各領域を専門とする指導医のもとで臨床実習を行います。
大学院教育・研究について
 放射線医学は画像診断部門と放射線治療部門とから構成されます。画像診断は先端科学技術が集結した進歩の激しい領域であると同時に、画像診断なくして現代医療は成立しないほどに各科臨床医からの依存度が高いです。放射線治療は癌治療の高精度化が進み、また、患者さんの生活の質を保証する観点から、急速に重要性が増大しています。
画像診断部門では、MRI、2管球マルチスライスCT、超音波検査、IVR、核医学検査、および画像診断におけるIT 環境に関する臨床研究が行われています。放射線治療部門では、頭頸部、乳房、肺、食道、泌尿器、女性生殖器などの悪性腫瘍に対する集学的治療、および甲状腺腫瘍、バセドウ病、転移性骨腫瘍、悪性リンパ腫などに対する内照射療法に関する臨床研究が行われています。
講座(研究室)からのメッセージ

 放射線医学講座はCTやMRIなどの診断を行う画像診断と悪性腫瘍の治療を行う放射線治療に分かれて教育・診療・研究を行っています。画像診断は更に中枢神経、頭頸部、胸部・心血管、消化器、泌尿器・生殖器・乳腺、骨軟部、核医学診断、超音波診断、IVRに分かれ、放射線治療は、リニアック装置による外部照射、高線量率小線源治療(子宮癌、食道癌)、密封小線源治療(口腔・咽頭癌、前立腺癌)、ヨード内服療法(バセドウ病、甲状腺癌)、疼痛緩和治療に分かれます。非常に広い範囲を細分化して、専門性の高い教育・診療・研究を行っています。

▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

臨床基礎医学 I 放射線基礎医学(3年生)
臨床医学I「画像診断学」(4年)
臨床医学I「腫瘍学II」(4年)

実習科目名称と対象学年

基本的臨床技能実習 放射線診療の基礎(4年生)
臨床実習 放射線医学 (5年生)
選択実習 放射線医学 (6年生)

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称

器官病態・治療学 放射線医学
放射線医学総論(福田国彦、貞岡俊一)

放射線医学演習(福田国彦、関根 広、貞岡俊一)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
1. 2管球CTの心臓疾患への臨床応用に関する研究
2. 二重エネルギーCTの臨床利用に関する研究
3. CTによる肺野GGOのコンピュータ解析に関する研究
4.

乾癬性関節炎におけるMR画像の有用性に関する研究

5. 造影MRI所見と股関節内視鏡所見との比較における股関節痛の原因についての検討
6. オープン型MRIを用いた穿刺・生検・低侵襲性治療への応用に関する研究
7. 単純X線写真、CT、MRIとの比較におけるトモシンセシスによる骨盤領域の脆弱性骨折の診断能の検討
8. 原発性卵管癌のMRI及びCT所見に関する検討
9. 頭頚部扁平上皮癌に対する頚部郭清術の術式標準化における画像診断の役割に関する研究
10. 超音波検査におけるpulsatile flow detectionの臨床的有用性に関する研究
11. 3次元および4次元超音波診断装置の臨床応用に関する研究
12. 呼吸器に対するエロソールシンチグラフィの臨床的有用性に関する研究
13. パーキンソニズムをきたす疾患へのドパミントランスポータイメージングの有用性
14. SPECT/CTでの画像吸収散乱補正の研究
15. I-123 IMZを用いた中枢ベンゾジアゼピンレセプターイメージングの生理的発達
16. IMPを用いた脳血流分布の小児領域における生理的発達
17. 甲状腺癌に対するI-131ablation治療の成否における条件の研究
18. 甲状腺癌における経口抗悪性腫瘍剤/キナーゼ阻害剤適正導入に関する研究
19. 高リスク前立腺癌に対するTri-modalityの最適化に関する研究
20. 前立腺癌術後照射におけるIMRTの応用に関する研究
21.

立腺癌に対する定位照射の研究

22.

頭頸部癌に対する高精度三次元放射線治療に関する研究

23.

放射線治療の時間・線量・効果関係のシミュレーションモデルによる解析

24. 低濃度過酸化水素水による放射線治療における局所増感療法(KORTUC)の研究
25.

放射線治療に伴う皮膚症状の定量的評価に関する研究

26. 椎球状塞栓物質を使用したTACEの初期使用における有効性を確認する研究
27.

骨悪性腫瘍・類骨骨腫に対するRFA治療の有効性を確認する研究

28. 椎体骨転移や圧迫骨折に対する椎体形成術の治療効果を確認する研究
29. デジタル画像を用いた教育用ファイリングシステム構築の研究
30. Web2.0を利用した画像表示・医学教育・医療情報処理についての研究
31.

オープンソース高次元医用画像ビューワの開発

 
▲ このページのトップへ
主な業績

1.Miyamoto Y, Ito T, Takada E, Omoto K, Hirai T, Moriyasu F. Efficacy of sonazoid (perflubutane) for contrast-enhanced ultrasound in the differentiation of focal breast lesions: phase 3 multicenter clinical trial. AJR Am J Roentgenol. 2014 Apr;202(4):W400-7.

2.Aoki M, Miki K, Kido M, Sasaki H, Nakamura W, Kijima Y, Kobayashi M, Egawa S, Kanehira C. Analysis of prognostic factors in localized high-risk prostate cancer patients treated with HDR brachytherapy, hypofractionated 3D-CRT and neoadjuvant/adjuvant androgen deprivation therapy (trimodality therapy). J Radiat Res. 2014 May;55(3):527-32.

3. Ohta T, Nishioka M, Nakata N, Fukuda K, Kato K. Five cases of axillary lymph node metastatic breast cancer on contrast-enhanced sonography. J Ultrasound Med. 2015 Jun;34(6):1131-7

4. Yonenaga T, Saeki H, Nakagawa H, Fukuchi O, Umezawa Y, Hayashi M, Ito T, Yanaba K, Tojyo S, Fukuda K. Four cases of Japanese patients with psoriatic arthritis in whom effective treatments by anti-tumor necrosis factor-α drugs were evaluated by magnetic resonance imaging together with improvement of skin lesions. J Dermatol. 2015 Jan;42(1):49-55.

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

○科学研究費補助金(C)関根 広
「癌放射線治療の線量時間効果関係を表す時間組込一般直線2次モデルの確立と応用」

▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 放射線医学講座
http://www.jikeirad.jp/index.html
▲ このページのトップへ