教授

福田 国彦(画像診断)

教授写真

関根 広(第三)(放射線治療)
貞岡 俊一(柏)(IVR)

准教授

内山 眞幸(核医学)
尾尻 博也(画像診断)
青木 学(放射線治療)
中田 典生(超音波診
断)

講師

小林 雅夫(放射線治
療)
砂川 好光(柏)(放射線治療)
有泉 光子(葛飾)(画像診断)
佐久間 亨(画像診断)

助教

川上 剛(画像診断)

西岡 真樹子(画像診
断)

三角 茂樹(画像診断)

成田 賢一(IVR)

北井 里実(画像診断)

高木 佐矢子(放射線
治療)

蘆田 浩一(IVR)

五十嵐 隆朗(画像診
断)

松島 理士(画像診断)

太田 智行(超音波診
断)

白濱 淳(放射線治療)

東條 慎次郎(画像診
断)

大木 一剛(画像診断)

山内 英臣(画像診断)

清水 哲也(画像診断)

渡辺 憲(画像診断)

大内 厚太郎(画像診
断)

渡嘉敷 唯司(画像診断)

福田 健志(画像診断)

本橋 健司(画像診断)

藤井 百合子(画像診
断)

稲葉 夕子(画像診断)

木嶋 良和(放射線治
療)

辻本 博瑛(放射線治
療)

森川 和彦(画像診断)
川上 玲奈(画像診断)

榎 啓太朗(画像診断)

荻原 翔(画像診断)
宝関 明子(画像診断)
伊藤 裕康(画像診断)
野沢 陽介(画像診断)
竹永 晋介(葛飾)
(IVR)

荻野 展広(葛飾)(画像診断)

狩野 麻実(葛飾)(画像診断)

増田 耕一(葛飾)(画像診断)

三枝 裕和(第三)(画像診断)

成尾 孝一郎(第三)(画像診断)

尾上 薫(第三)(画像診断)

宗像 浩司(第三)
(IVR)

清水 勧一朗(柏)
(IVR)

倉田 直樹(柏)(画像診断)

道本 顕吉(柏)(画像診断)
完山 依里子(柏)(画像診断)
五味 拓(柏)(画像診断)

大学院生

貞岡 亜加里

福田 大記

その他

(レジデント)
堤 由希
大木 洋平
栗林 英人
宗友 洋平
和田 紘幸
上野 碧子
下田 学
爲永 由貴
古部 寿世

講座(研究室)の概要
昭和7年12月、樋口助弘が物療学教室の初代教授に委嘱されたことをもって、当講座の開設としております。昭和24年5月、日本医学放射線学会決議に基づき、慈恵医大においても教室名を放射線医学教室に改名しました。昭和35年12月に中原一臣が第2代教授、昭和48年9月に望月幸夫が第3代教授、平成7年4月に川上憲司が第4代教授、平成10年1月に福田国彦が第5代教授に就任し現在に至ります。2012年に放射線医学講座は講座開設80年を迎えました。
医学科教育について
 放射線医学の基礎から臨床応用までを、医学科3年生から6年生を対象に教育を行っています。放射線医学の基礎では、画像診断の原理、放射線生物学、放射線治療学総論の講義を行います。臨床医学腫瘍学では放射線各論、臨床医学画像診断学では画像診断各論(核医学診断と超音波診断を含む)とインターベンショナルラジオロー(IVR)の講義を行います。全科臨床実習と診療参加型臨床実習では、画像診断の各専門領域、IVR、放射線治療について、各領域を専門とする指導医のもとで臨床実習を行います。選択実習では、学生の希望する領域を中心に指導医のもとで実習を行いその成果を学生が発表します。
学術情報センターの図書館内に本学附属病院のPACSと連携させ、個人情報を消去した状態で画像を閲覧し演習できる端末を8台設置し、学生のための画像診断自己学習環境を構築しております。
大学院教育・研究について
 放射線医学は画像診断部門と放射線治療部門とから構成されます。画像診断は先端科学技術が集結した進歩の激しい領域であると同時に、画像診断なくして現代医療は成立しないほどに各科臨床医からの依存度が高いです。放射線治療は癌治療の高精度化が進み、また、患者さんの生活の質を保証する観点から、急速に重要性が増大しています。
画像診断部門では、MRI、2管球マルチスライスCT、超音波検査、IVR、核医学検査、および画像診断におけるIT 環境に関する臨床研究が行われています。放射線治療部門では、頭頸部、乳房、肺、食道、泌尿器、女性生殖器などの悪性腫瘍に対する集学的治療、および甲状腺腫瘍、バセドウ病、転移性骨腫瘍、悪性リンパ腫などに対する内照射療法に関する臨床研究が行われています。
講座(研究室)からのメッセージ

 放射線医学講座はCTやMRIなどの診断を行う画像診断と悪性腫瘍の治療を行う放射線治療に分かれて教育・診療・研究を行っています。画像診断は更に中枢神経、頭頸部、胸部・心血管、消化器、泌尿器・生殖器・乳腺、骨軟部、核医学診断、超音波診断、IVRに分かれ、放射線治療は、リニアック装置による外部照射、高線量率小線源治療(子宮癌、食道癌)、密封小線源治療(口腔・咽頭癌、前立腺癌)、ヨード内服療法(バセドウ病、甲状腺癌)、疼痛緩和治療に分かれます。非常に広い範囲を細分化して、専門性の高い教育・診療・研究を行っています。

▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年

臨床基礎医学 I 放射線基礎医学(3年生)
臨床医学I「画像診断学」(4年)
臨床医学I「腫瘍学II」(4年)

実習科目名称と対象学年

基本的臨床技能実習 放射線診療の基礎(4年生)
臨床実習 放射線医学 (5年生)
選択実習 放射線医学 (6年生)

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称

器官病態・治療学 放射線医学
放射線医学総論(福田国彦、貞岡俊一)

放射線医学演習(福田国彦、関根 広、貞岡俊一)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
1. 【中枢神経】
・磁化率強調画像による生理的静脈描出の研究
2. 【頭頸部】
・頭頸部扁平上皮癌に対する頚部郭清術の術式標準化における画像診断の役割に関する研究
・頭頸部癌に対するCT perfusionによる循環動態に関する評価および治療選択に関する研究
・好酸球性副鼻腔炎の診断における画像所見の有用性に関する検討
3. 【心大血管】
・2管球CT の心臓疾患への臨床応用に関する研究
4. 【呼吸器】
・CADM (clinically myopathic dermatomyositis )に合併した急速進行性間質性肺炎のCT所見の解析
5. 【腹部・消化器】
・MRCPとEUSによる膵IPMNの悪性度診断に関する研究
・胃アニサキス症のCT診断に関する研究
・MRIによる膵癌と膵内分泌腫瘍の鑑別に関する研究
6. 【泌尿器生殖器・乳房】
・癒着胎盤の評価におけるMRI-超音波 fusionの有用性の検討
・乳腺MRIにおける背景乳腺の増強効果に関する研究
7. 【骨軟部】
・異なるエネルギーを用いた2管球CTの炎症性関節炎への応用
・乾癬性関節炎におけるMR 画像の有用性に関する研究
8. 【超音波診断】
・超音波検査におけるsuperb microvascular imaging及び高精細b−flow imagingの臨床的有用性に関する研究
・造影超音波検査の臨床応用に関する研究
9. 【核医学】
・呼吸器に対するエロソールシンチグラフィの臨床的有用性に関する研究
・パーキンソニズムをきたす疾患へのドパミントランスポータイメージングの有用性
・SPECT/CTでの画像吸収散乱補正の研究
・I-123 IMZを用いた中枢ベンゾジアゼピンレセプターイメージングの生理的発達
・I-123 IMPを用いた脳血流分布の小児領域における生理的発達
・甲状腺癌に対するI-131ablation治療の成否における条件の研究
・甲状腺癌における経口抗悪性腫瘍剤/ キナーゼ阻害剤適正導入に関する研究
10. 【インターベンショナルラジオロジー】
・オープン型MRI を用いた穿刺・生検・低侵襲性治療への応用に関する研究
・球状塞栓物質を使用したTACEの初期使用における有効性を確認する研究
・骨悪性腫瘍・類骨骨腫に対するRFA治療の有効性を確認する研究
・椎体骨転移や圧迫骨折に対する椎体形成術の治療効果を確認する研究
・胃静脈瘤に対するバルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術(B-RTO)におけるcoaxial double balloon catheter systemの有用性に関する検討
11. 【医療情報】
・デジタル画像を用いた教育用ファイリングシステム構築の研究
・e-Learningを利用した画像診断の教育・医療情報処理についての研究
・機械学習を利用したコンピュータ支援診断装置の開発
・Web2.0を利用した画像表示・医学教育・医療情報処理についての研究
・オープンソース高次元医用画像ビューワの開発
12. 【放射線治療】
・高リスク前立腺癌に対するTri-modalityの最適化に関する研究
・前立腺癌術後照射におけるIMRTの応用に関する研究
・前立腺癌に対する定位照射の研究
・頭頸部癌に対する高精度三次元放射線治療に関する研究
・放射線治療の時間・線量・効果関係のシミュレーションモデルによる解析
・低濃度過酸化水素水による放射線治療における局所増感療法(KORTUC)の研究
・放射線治療に伴う皮膚症状の定量的評価に関する研究
 
▲ このページのトップへ
主な業績

1.Ohta Tomoyuki, Nishioka Makiko, Nakata Norio, Miyamoto Yukio, Fukuda Kunihiko. The role of ultrasonography in cases of acute abdominal pain in MDCT era based on a survey of current trends in imaging examinations for patients in an academic hospital. Japanese Journal of Diagnostic Imaging. 2015:33(2);133-40

2.Watanabe Ken, Sadaoka Shunichi, Munakata Koji, Sadaoka Akari, Shiba Hiroaki, Yanaga Katsuhiko, Fukuda Kunihiko. Efficacy and safety of a new technique for ipsilateral percutaneous transhepatic portal vein embolization with gelatin sponge injection via a sheath under balloon occlusion. Japanese Journal of Diagnostic Imaging.2015:33(2);125-32.

3.Ohta Tomoyuki, Nakata Norio, Nishioka Makiko, Igarashi Takao, Fukuda Kunihiko. Quantitative differentiation of benign and malignant mammographic circumscribed masses using intensity histograms. Japanese Journal of Radiology.2015:33(9);559-65.

4.Michimoto Kenkichi, Shimizu Kanichiro, Kameoka Yoshihiko, Kurata Naoki, Tokashiki Tadashi, Sadaoka Shunichi, Fukuda Kunihiko. A successful case of liver biopsy via the right femoral vein using the Quick-Core biopsy needle. Japanese Journal of Radiology 2015:33(5);295-7.

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

○科学研究費補助金(C)関根 広
「一般直線2次モデルを用いて不均一な感受性をもつ癌の最適な分割照射を解明する」

▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 放射線医学講座
http://www.jikeirad.jp/index.html
▲ このページのトップへ