教授

矢永勝彦(分野担当)
教授写真

吉田 和彦
三森 教雄
岡本 友好
柏木 秀幸
池内 健二
大塚 正彦
小村 伸朗

准教授 三澤 健之
石田 祐一
河野 修三
小川 匡市
高橋 直人
西川 勝則
藤岡 秀一
諏訪 勝仁
衛藤 謙
矢野 文章
宇和川 匡(併任)
田辺 義明
松田 実
中林 幸夫
保谷 芳行
河原 秀次郎
脇山 茂樹
講師 二川 康郎
柴 浩明
三浦 英一郎
楠山 明
梶本 徹也
渡部 通章
小林 徹也
野尻 卓也
鈴木 俊雅
坪井 一人
松本 晶
星野 真人
講座(研究室)の概要
歴史や簡単な紹介
 外科学講座は2001年4月に第一外科、第二外科、青戸病院外科の統合により大講座制に移行して臓器別に再構築され、消化器外科分野が誕生した。初代主任教授は旧第二外科主任教授の青木照明が務め、2003年4月に第二代目の分野担当教授として矢永勝彦が就任し現在に至っている。
 2019年7月時点でのスタッフ数は附属病院(矢永勝彦教授)が30人、葛飾医療センター(吉田和彦教授)が10人、第三病院(岡本友好教授)が12人、柏病院(三澤健之准教授)が11人の合計63人で構成される。
 診療は附属病院での診療は上部消化管外科(三森教授)、下部消化管外科(衛藤准教授)、肝胆膵外科(矢永教授)の3診療部で行っている。
 研究・教育は上部消化管外科、下部消化管外科、肝胆膵外科に分けて行ない、矢永分野担当教授が統括している。
医学科教育について
 消化器外科は腫瘍制御、機能回復/温存、外科代謝栄養、外科感染症など幅広い分野を網羅し、外科学の中心的存在です。近年、消化管が先行する形で癌に対する腹腔鏡手術による低侵襲化が進んでおり、その一方で移植外科に代表される機能付加手術も行っています。医学科教育に際しては、消化器外科疾患をその病因・病態を含めて正しく理解し、的確な病歴取得と理学所見の把握、臨床検査結果の分析に基づき正確な診断と治療選択を行うと共に、術後管理に関しては輸液・栄養、疼痛管理ならびに合併症の予防・予知、早期介入による重症化の防止などに関する教育に力を入れます。
大学院教育・研究について
 消化管ならびに肝胆膵の領域で、主に癌を対象として手術標本などの臨床検体を用いて消化器疾患の病態解明や予後予測因子に関する研究を進め、またデータベース化した臨床データと対比させることで、病態と予後に関する研究を行い、治療成績の向上を目指しています。大学院生を積極的に基礎研究室あるいは学外に再派遣し、基礎の方法論で臨床上の問題点を解明する懸け橋的な研究を推進する一方、若手スタッフの臨床研究や国内外への留学を推奨しており、例年多数の学位取得者を輩出してます。また2014年より附属4病院合同の臨床研究に取り組んでおり、成果を上げています。
講座(研究室)からのメッセージ
 消化器外科分野ではAcademic surgeonの育成を第一義に考えており、卒後10年以内の消化器外科専門医資格と学位取得を目標に若手の指導を行っています。また若手の手術や臨床経験が確実に資格取得に結び付くよう、修練施設の拡充・充実や学会発表・症例報告などの指導、そして幅広い資格取得の支援に力を入れています。一方、大学院進学や国内・海外への留学など、学びの機会の創出にも注力しており、社会に貢献でき信頼される消化器外科医の育成を目指しています。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年
・医学科4年 外科学入門

臓器移植と人工臓器:矢永勝彦
外傷と創傷治癒ならびに周術期管理と合併症:三森教雄

・医学科4年 肝・胆・膵(ICM
肝疾患の外科治療:矢永勝彦
膵・胆道悪性疾患と膵疾患の外科治療:三澤健之
胆石症、胆嚢炎、胆管炎の病因・症候・診断と治療:岡本友好

・医学科4年 消化管(ICM
食道癌:西川勝則
食道良性疾患:矢野文章
胃癌・胃切除後症候群:三森教雄
大腸癌:河原秀次郎
・医学科4年 肝・胆・膵(集合)
黄疸の病態生理と治療:石田祐一
急性・慢性膵炎:二川康郎
・医学科4年 消化管(集合)
消化管の外科治療:小川匡市

実習科目名称と対象学年

・医学科4年 基本的臨床技能実習
ガウンテクニック・腹部診察:宇和川 匡、伊藤大介、恒松 雅、安田淳吾、丸口 塁

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
消化器外科(矢永勝彦)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
消化器外科共通
低侵襲な手術手技の開発
外科感染症のサーベイランスと制御
外科代謝・栄養
消化器癌化学療法の奏効率の向上に関する研究
上部消化管 I(食道)
 
Intraluminal multichannel impedance-pH monitoringからみたGERD/NERDの病態
High-resolution manometryによる食道運動機能評価
GERDに対するメッシュを用いた腹腔鏡下噴門形成術
Chicago分類v3.0でIneffective esophageal motilityと診断された患者に対するToupet手術の成績
食道アカラシアに対する食道筋層全周切開が胸痛に及ぼす治療効果に関する検討
食道癌手術における再建臓器の血流評価
食道癌術後のHigh-resolution manometryを用いた嚥下機能障害の検討
術中反回神経モニタリングによる術後反回神経麻痺予測の検討
食道癌術後の難治性狭窄の検討
食道癌術後のボタン型経腸栄養チューブ抜去後の難治性皮膚瘻の検討
上部消化管 II(胃)
 
進行胃癌に対する腹腔内化学療法
早期胃癌に対するセンチネルリンパ節検索を応用した縮小手術
腹腔鏡下噴門側胃切除術(上川法)における術後機能機能の解析
胃粘膜下腫瘍に対する内視鏡と腹腔鏡を組み合わせたハイブリッド手術
胃癌における分子生物学的悪性度の評価・解析
高度肥満症(≧BMI 35kg/㎥)に対する肥満外科治療
肥満外科治療による糖尿病・高血圧・脂質異常症などの改善
内視鏡を用いた減量治療の開発
下部消化管
 
下部消化管手術における短期・長期予後に関する検討
大腸癌の発生、進展に関与留守遺伝子変化の検討とその分子標的治療の開発−バイオリソースバンク・データベースの開発−
切除不能再発大腸癌に対する化学療法の効果予測因子の検討
結腸癌・直腸がんにおける一時的回腸人工肛門閉鎖術後の腹壁瘢痕ヘルニア発生と人工肛門造設部位に関する検討
人工肛門閉鎖術術後創に対する局所陰圧閉鎖療法の効果に関する他施設共同ランダム化第Ⅱ相試験
高精細度肛門内圧検査(high-definition anorectal manometry: HD-ARM)を用いた肛門疾患及び直腸手術後の肛門機能の評価
データベース(手術症例、化学療法、肝転移症例等)を用いた臨床研究
ストーマ造設後合併症の多施設共同研究への参加
肝胆膵
 
生体肝移植と免疫抑制療法
肝胆膵外科における術前シミュレーションとナビゲーション手術
低侵襲を目指した肝胆膵外科の腹腔鏡下手術
非ウイルス性肝細胞癌の病態と治療に関する研究
大腸癌多発肝転移に対する肝切除を含めた集学的治療
膵臓に対するNFkB制御を付加した新規化学療法
外科患者に対する栄養療法に関する研究
肝胆膵外科周術期における外科手術部位感染症のコントロール
ITPに対する脾臓摘出術の術前処置としてのエルトロンボパグ療法
胆道癌に対する新規化学療法
膵臓癌化学療法における獲得耐性メカニズムの解明
多施設共同試験
76 歳以上の切除非適応膵癌患者に対する非手術療法の前向き観察研究(JCOG)
FGFR2融合遺伝子陽性胆道癌の臨床病理学的、分子生物学的特徴を明らかにするための前向き観察研究 (JCOG)
▲ このページのトップへ
主な業績 (2014.1.1-)

<上部消化管>

1. Mitsumori N, Nimura H, Takahashi N, Kawamura M, Aoki H, Shida A, Omura N, Yanaga K. Sentinel lymph node navigation surgery for early stage gastric cancer. World J Gastroenterol. 2014;21;20(19):5685-93.

2. Omura N, Yano F, Tsuboi K, Hoshino M, Yamamoto S, Akimoto S, Masuda T, Kashiwagi H, Yanaga K. Surgical results of laparoscopic Toupet fundoplication for gastroesophageal reflux disease with special reference to recurrence. Esophagus. 2018;15:217-23.

3. Hoya Y, Taki T, Watanabe A, Nakayoshi T, Okamoto T, Mitsumori N, Yanaga K. Durable flap-valve mitigation of duodeno-gastric reflux, remnant gastritis and dumping syndrome following Billroth I reconstruction. J Gastrointest Surg. 2016;20:772-5.

4. Nishikawa K, Fujita T, Yuda M, Tanaka Y, Matsumoto A, Tanishima Y, Hanyu N, Yanaga K. Quantitative assessment of blood flow in the gastric conduit with thermal imaging for esophageal reconstruction. Ann Surg 2018 Dec 22. [Epub ahead of print]

5. Takahashi N, Nimura H, Fujita T, Mitsumori N, Shiraishi N, Kitano S, Satodate H, Yanaga K. Laparoscopic sentinel node navigation surgery for early gastric cancer: a prospective multicenter trial. Langenbecks Arch Surg. 2017;402:27-32.

6. Yajima H, Omura N, Takahashi N, Yoshida K, Yanaga K. Additional gastrectomy after endoscopic mucosal resection for early gastric cancer. Int Surg. 2015; 100: 169-72.

7. Yano F, Omura N, Tsuboi K, Hoshino M, Yamamoto SR, Akimoto S, Masuda T, Kashiwagi H, Yanaga K. Learning curve for laparoscopic Heller myotomy and Dor fundoplication for achalasia. PLoS One. 2017 Jul 7;12(7):e0180515. doi:10.1371/journal.

8. Tsuboi K, Omura N, Yano F, Hoshino M, Yamamoto SR, Akimoto S, Masuda T, Kashiwagi H, Yanaga K. Effect of preoperative balloon dilation on treatment outcomes of laparoscopic Heller-Dor surgery for achalasia: a propensity score matched study. Surg Today. 2018;48:1068-75.

9. Shida A, Mitsumori N, Fujioka S, Takano Y, Fujisaki M, Hashizume R, Takahashi N, Ishibashi Y, Yanaga K. Sentinel node navigation surgery for early gastric cancer: analysis of factors which affect direction of lymphatic drainage. World J Surg. 2018;42(3):766-72

10. Aoki H, Aoki M, Katsuta E, Ramanathan R, Idowu MO, Spiegel S, Takabe K. Host sphingosine kinase 1 worsens pancreatic cancer peritoneal carcinomatosis. J Surg Res. 2016;205(2):510-7.

11. Watanabe A, Seki Y, Haruta H, Kikkawa E, Kasama K. Preoperative weight loss and operative outcome after laparoscopic sleeve gastrectomy. Obes Surg 2017;27:2515-21.

12. Matsumoto A, Watanabe M, Mine S, Nishida K, Shigaki H, Kawabata K, Yanaga K, Sano T. Comparison of synchronous versus staged surgeries for patients with synchronous double cancers of the esophagus and head-and-neck. Dis Esophagus. 2017;30(1):1-6.

13.Tanishima Y, Nyumura Y, Nakayoshi T, Hoya Y, Okamoto T, Yanaga K.Successful treatment of advanced gastric cancer with liver metastasis by S-1 + CDDP and S-1 therapy without surgery. Int Cancer Conf J. 2019 Feb 25;8(3):101-104.

14. Hoshino M, Omura N, Yano F, Tsuboi K, Yamamoto SR, Akimoto S, Masuda T, Kashiwagi H, Yanaga K. Effects of the body mass index (BMI) on the surugical outcomes of laparoscopic fundoplication for gastro-esophageal reflux disease: a propensity score-matched analysis. Surg Today. 2018;48:236-41.

15. Taki T, Hoya Y, Nakada K, Kawamura M, Iwasaki T, Murakami K, Okamoto T, Mitsumori N, Yanaga K. Gastric emptying improved significantly after PRG compared to Billroth-I reconstruction: assessment of gastric emptying with a 13C-breath test. Anticancer Res. 2019 Jun;39(6):3227-3230.

16. Konishi H, Nakada K, Kawamura M, Iwasaki T, Murakami K, Mitsumori N, Yanaga K.Impaired gastrointestinal function affects symptoms and alimentary status in patients after gastrectomy. World J Surg. 2016 Nov;40(11):2713-2718.

17. Kawamura M, Nakada K, Konishi H, Iwasaki T, Murakami K, Mitsumori N, Hanyu N, Omura N, Yanaga K. Assessment of motor function of the remnant stomach by 13C breath test with special reference to gastric local resection. World J Surg. 2014;38(11):2898-903.

18. Taki T, Hoya Y, Nakada K, Kawamura M, Iwasaki T, Murakami K, Okamoto T, Mitsumori N, Yanaga K. Gastric emptying improved significantly after PRG compared to Billroth-I reconstruction: Assessment of gastric emptying with a 13C-breath test. Anticancer Res 2019 Jun;39(6):3227-30.

19. Akimoto S, Singhal S, Masuda T, Mittal SK. Classification for esophagogastric junction (EGJ) complex based on physiology. Dis Esophagus 2017;30:1-6.

20. Fujisaki M, Shinohara T, Hanyu N, Kawano S, Tanaka Y, Watanabe A, Yanaga K. Laparoscopic gastrectomy for gastric cancer in the elderly patients. Surg Endosc. 2016;30:1380-7.

21. Yuda M, Yamashita K, Okamura A, Hayami M, Fukudome I, Toihata T, Imamura Y, Mine S, Ishizuka N, Watanabe M. Influence of preoperative oropharyngeal microflora on the occurrence of postoperative pneumonia and survival in patients undergoing esophagectomy for esophageal cancer. Ann Surg 2019 Mar 28. [Epub ahead of print]

22. Masuda T, Yano F, Omura N, Tusboi K, Hoshino M, Yamamoto SR, Akimoto S, Kashiwagi H, Yanaga K. Effect of Low-Dose Aspirin on Chronic Acid Reflux Esophagitis in Rats. Dig Dis Sci. 2018;63:72-80.

23. Uno K, Seki Y, Kasama K, Wakamatsu K, Umezawa A, Yanaga K, Kurokawa Y. A Comparison of the bariatric procedures that are performed in the treatment of super morbid obesity. Obes Surg 2017;27:2537-45.


<下部消化管>

1. Kawahara H, Mouri T, Ishida K, Matsumoto N, Akiba T, Yanaga K. Usefulness of fecoflowgram for assessment of defecation after intersphincteric resection. Digestion 2018;98:81-6.

2. Ogawa M, Watanabe M, Hasegawa T, Ichihara K, Yoshida K, Yanaga K.Expression of CXCR-4 and IDO in human colorectal cancer: An immunohistochemical approach.Mol Clin Oncol. 2017 May;6(5):701-704.

3. Suwa K, Nakajima S, Uno Y, Suzuki T, Sasaki S, Ushigome T, Eto K, Okamoto T, Yanaga K.Laparoscopic modified Sugarbaker parastomal hernia repair with 2-point anchoring and zigzag tacking of Parietex™ Parastomal Mesh technique. Surg Endosc. 2016 Dec;30(12):5628-5634

4. Eto K, Urashima M, Kosuge M, Ohkuma M, Noaki R, Neki K, Ito D, Takeda Y, Sugano H, Yanaga K. Standardization of surgical procedures to reduce risk of anastomotic leakage, reoperation, and surgical site infection in colorectal cancer surgery: a retrospective cohort study of 1189 patients. Int J Colorectal Dis 2018; 33(6): 755-62.

5. Kosuge M, Eto K, Hashizume R, Takeda M, Tomori K, Neki K, Mitsumori N, Yanaga K: Which is the safe anastomotic method for colon surgery? Ten-year results. In Vivo. 2017 July;31(4):683-687.

6. Tomoda M, Kawahara H, Watanabe K, Enomoto H, Akiba T, Yanaga K.Usefulness of monthly chemotherapy for patients with unresectable metastatic colorectal cancer. Anticancer Res. 2014 Jan;34(1):191-4.

7. Hiramoto Y, Kawahara H, Matsumoto T, Takeda M, Misawa T, Yanaga K.Preoperative neutrophil-lymphocyte ratio is a predictor of high-output ileostomy after colorectal surgery. Anticancer Res. 2019 Jun;39(6):3265-3268.

8. Neki K, Eto K, Kosuge M, Ohkuma M, Noaki R, Hashizume R, Sasaki S, Shirai Y, Yanaga K: Comparison of postoperative outcomes between laparoscopic and open surgery for colorectal cancer. Anticancer Res. 2017 Sept;37:5173-7.

9. Hojo S, Kawahara H, Ogawa M, Suwa K, Eto K, Yanaga K. Laparoscopic surgical challenge for T4a colon cancer. Ann Gastroenterol Surgery. 2017 Apr 25;1(1):69-74.

10. Narihiro S, Suwa K, Ushigome T, Ohtsu M, Ryu S, Shimoyama Y, Okamoto T, Yanaga K. Safety and efficacy of trifluridine-tipiracil hydrochloride oral combination (TAS-102) in patients with unresectable colorectal cancer. In Vivo. 2018;32(6):1643-46.

11. Takeda M, Kawahara H, Ogawa M, Suwa K, Eto K, Yanaga K. Reevaluation of preoperative chemoradiotherapy for clinical T3 lower rectal cancer: a multicenter collaborative retrospective clinical study. Anticancer Res. 2019 Jun;39(6):3047-3052.

12. Takeda Y, Akiyoshi T, Matsueda K, Fukuoka H, Ogura A, Miki H, Hiyoshi Y, Nagasaki T, Konishi T, Fujimoto Y, Fukunaga Y, Ueno M. Skeletal muscle loss is an independent negative prognostic factor in patients with advanced lower rectal cancer treated with neoadjuvant chemoradiotherapy. PLoS One. 2018;13(4):e0195406.

13. Ito D, Yogosawa S, Mimoto R, Hirooka S, Horiuchi T, Eto K, Yanaga K, Yoshida K.Dual-specificity tyrosine-regulated kinase 2 is a suppressor and potential prognostic marker for liver metastasis of colorectal cancer. Cancer Sci. 2017 Aug;108(8):1565-1573

14. Sugano H, Shirai Y, Horiuchi T, Saito N, Shimada Y, Eto K, Uwagawa T, Ohashi T, Yanaga K. Nafamostat mesilate enhances the radiosensitivity and reduces the radiation-induced invasive ability of colorectal cancer cells. Cancers. 2018;10(10):pii: E386.


<肝胆膵>

1. Okamoto T, Onda S, Yasuda J, Yanaga K, Suzuki N, Hattori A. Navigation surgery using an augmented reality for pancreatectomy. Digestive Surg. 2015;32(2):117-23.

2. Toyama Y, Yoshida S, Saito R, Iwase R, Haruki K, Okui N, Shimada J, Kitamura H, Matsumoto M, Yanaga K. Efficacy of a half-grip technique using a fine tip LigaSure™, Dolphin Tip Sealer/Divider, on liver dissection in swine model. BMC Res Notes. 2015 Aug 20;8:362.

3.Wakiyama S, Matsumoto M, Haruki K, Gocho T, Sakamoto T, Shiba H, Futagawa Y, Ishida Y, Yanaga K. Clinical features and outcome of surgical patients with non-B non-C hepatocellular carcinoma. Anticancer Res. 2017 June;37(6):3207-3213.

4. Uwagawa T, Sakamoto T, Abe K, Okui N, Hata D, Shiba H, Futagawa Y, Aiba K, Yanaga K. Phase I trial of S-1 every other day in combination with gemcitabine/cisplatin for inoperable biliary tract cancer. Cancer Chemother Pharmacol 2015 Jan;75(1):191-6.

5. Fujioka S, Misawa T, Kitamura H, Kumagai Y, Akiba T, Yanaga K. Tying modified clinch knots during single-incision laparoscopic surgery. Asian J Endosc Surg. 2018;11(1):79-82.

6. Futagawa Y, Yanaga K, Kosuge T, Suka M, Isaji S, Hirano S, Murakami Y, Yamamoto M, Yamaue H. Outcomes of pancreaticoduodenectomy in patients with chronic hepatic dysfunction including liver cirrhosis: results of a retrospective multicenter study by the Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery. J Hepatobiliary Pancreat Sci 2019 Jul;26(7):310-324

7. Usuba T, Misawa T, Ito R, Yoshida K, Hanyu N, Yanaga K.Safety of no-stented pancreaticojejunostomy in pancreaticoduodenectomy for patients with soft pancreas.Anticancer Res. 2016 Dec;36(12);6619-23.

8. Shiba H, Horiuchi T, Sakamoto T, Furukawa K, Shirai Y, Iida T, Fujiwara Y, Haruki K, Yanaga K. Glasgow prognostic score predicts therapeutic outcome after hepatic resection for hepatocellular carcinoma. Oncol Lett. 2017 Jul;14(1):293-298.

9. Ju HQ, Gocho T, Aguilar M, Wu M, Zhuang ZN, Fu J, Yanaga K, Huang P, Chiao PJ.Mechanisms of overcoming intrinsic resistance to gemcitabine in pancreatic ductal adenocarcinoma through the Redox modulation. Mol Cancer Ther. 2015 Mar;14(3):788-98

10. Ito R, Ishii Y, Wakiyama S, Shiba H, Fujioka S, Misawa T, Ishida Y, Hano H, Yanaga K. Prognostic significance of receptor for advanced glycation end products expression in hepatocellular carcinoma after hepatectomy. J Surg Res. 2014 Dec;192(2):503-8

11. Sakamoto T, Ishii Y, Shiba H, Furukawa K, Fujiwara Y, Haruki K, Iwase R, Shirai Y, Yanaga K. Inhibitory effect of anti-rheumatic drug iguratimod for hepatocellular carcinogenesis by inhibition of serum interleukin-8 production. Anticancer Res. 2016 Jul;36(7):3301-6.

12. Funamizu N, Lacy CR, Kamada M, Yanaga K, Manome Y. MicroRNA-200b and -301 are associated with gemcitabine response as biomarkers in pancreatic carcinoma cells.Int J Oncol. 2019 Mar;54(3):991-1000.

13. Matsumoto M, Wakiyama S, Shiba H, Haruki K, Futagawa Y, Ishida Y, Misawa T, Yanaga K. Usefulness of aspartate aminotransferase to platelet ratio index as a prognostic factor following hepatic resection for hepatocellular carcinoma. Mol Clin Oncol. 2018;9:369-76.

14. Suzuki F, Fujiwara Y, Hamura R, Haruki K, Sakamoto T, Shiba H, Yanaga K. Combination of distance from superior mesenteric Artery and Serum CA19-9 as a novel prediction of local recurrence in patients with pancreatic cancer following resection. Anticancer Res. 2019 Mar;39(3):1469-1478.

15. Tsutsui N, Yoshida M, Nakagawa H, Ito E, Iwase R, Suzuki N, Imakita T, Ohdaira H, Kitajima M, Yanaga K, Suzuki Y. Optimal timing of preoperative indocyanine green administration for fluorescent cholangiography during laparoscopic cholecystectomy using the PINPOINT® Endoscopic Fluorescence Imaging System. Asian J Endosc Surg. 2018 Aug;11(3):199-205.

16. Onda S, Okamoto T, Kanehira M, Suzuki F, Ito R, Fujioka S, Suzuki N, Hattori A, Yanaga K. Identification of inferior pancreaticoduodenal artery during pancreaticoduodenectomy using augmented reality-based navigation system. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2014 Apr;21(4):281-7.

17. Furukawa K, Shiba H, Horiuchi T, Shirai Y, Haruki K, Fujiwara Y, Sakamoto T, Gocho T, Yanaga K. Survival benefit of hepatic resection for hepatocellular carcinoma beyond the Barcelona Clinic Liver Cancer classification. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2017 Apr;24(4):199-205.

18. Fujiwara Y, Sun Y, Torphy RJ, He J, Yanaga K, Edil BH, Schulick RD, Zhu Y. Pomalidomide inhibits PD-L1 to promote anti-tumor immunity. Cancer Res 2018;78(23):6655-65.

19. Takano Y, Masuda T, Iinuma H, Yamaguchi R, Sato K, Tobo T, Hirata H, Kuroda Y, Hayashi N, Iguchi T, Ito S, Eguchi H, Ochiya T, Yanaga K, Miyano S, Mimori K. Circulating exosomal MicroRNA-203 is associated with metastasis possibly via inducing tumor-associated macrophages in colorectal cancer. Oncotarget. 2017 Aug;8(45):78598-78613.

20. Okui N, Kamata Y, Sagawa Y, Kuhara A, Hayashi K, Uwagawa T, Homma S, Yanaga K.Claudin 7 as a possible novel molecular target for the treatment of pancreatic cancer.Pancreatology. 2019 Jan;19(1):88-96.

21. Kumagai Y, Fujioka S, Hata T, Misawa T, Kitamura H, Furukawa K, Ishida Y, Yanaga K. Impact of Bile Exposure Time on Organ/space Surgical Site Infections After Pancreaticoduodenectomy. In Vivo. 2019 Sep-Oct;33(5):1553-1557.

22. Abe K, Uwagawa T, Haruki K, Takano Y, Onda S, Sakamoto T, Gocho T, Yanaga K. Effects of ω-3 fatty acid supplementation in patients with bile duct or pancreatic cancer undergoing chemotherapy. Anticancer Res. 2018;38(4):2369-75.

23. Yasuda J, Okamoto T, Onda S, Futagawa Y, Yanaga K, Suzuki N, Hattori A. Novel navigation system by augmented reality technology using a tablet PC for hepatobiliary and pancreatic surgery. Int J Med Robot. 2018;14(5):e1921.

24. Haruki K, Shiba H, Saito N, Horiuchi T, Shirai Y, Fujiwara Y, Furukawa K, Sakamoto T, Yanaga K. Risk stratification using a novel liver functional reserve score of combination PT-INR and albumin in patients with hepatocellular carcinoma. Surgery. 2018;164(3):404-10.

25. Iwase R, Suzuki Y, Yamanouchi E, Suzuki N, Imakita T, Tsutsui N, Odaira H, Yanaga K. Double percutaneous transesophageal gastro-tubing (dPTEG) for gastric cancer: a pilot study. J Surg Res. 2018;232:470-4.

26. Nakaseko Y, Haruki K, Shiba H, Horiuchi T, Saito N, Sakamoto T, Gocho T, Yanaga K.Impact of fresh frozen plasma transfusion on postoperative inflammation and prognosis of colorectal liver metastases. J Surg Res. 2018 Jun;226:157-165.

27. Shirai Y, Saito N, Uwagawa T, Shiba H, Horiuchi T, Iwase R, Haruki K, Ohashi T, Yanaga K. Pomalidomide promotes chemosensitization of pancreatic cancer by inhibition of NF-κB. Oncotarget. 2018;9(20):15292-301.

28. Horiuchi T, Uwagawa T, Shirai Y, Saito N, Iwase R, Haruki K, Shiba H, Ohashi T, Yanaga K. New treatment strategy with nuclear factor-κB inhibitor for pancreatic cancer.J Surg Res. 2016 Nov;206(1):1-8

29. Marukuchi R, Furukawa K, Iwase R, Yasuda J, Shiozaki H, Onda S, Gocho T, Shiba S, Yanaga K. Risk factors for deterioration of remnant liver function after hepatic resection for hepatocellular carcinoma. Anticancer Res. (in press)

30. Saito N, Uwagawa T, Hamura R, Takada N, Sugano H, Shirai Y, Shiba H, Ohashi T, Yanaga K. Prevention of early liver metastasis after pancreatectomy by perioperative administration of a nuclear factor-κB inhibitor in mice. Surgery. 2019 Jul 25. pii:S0039-6060(19)30329-0.

31. Uwagawa T, Yanaga K. Effect of NF-κB inhibition on chemoresistance in biliary-pancreatic cancer. Surg Today. 2015 Dec;45(12):1481-8. Review

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

○平成30年度文部科学省科学研究費若手研究:武田泰裕
「高精細度肛門内圧検査器を用いた直腸癌および肛門疾患手術後の直腸肛門機能の評価」

○平成30年度沖中記念成人病研究所研究助成費:矢野文章
「食道アカラシア患者の胸痛をゼロにする術式の開発」

○平成30年度藤田記念医学研究振興基金研究助成費:春木孝一郎
「腹側膵および背側膵由来膵臓癌の腫瘍学的特徴・予後に関する検討」

○平成30年度 上原記念生命科学財団 研究奨励金;白井祥睦
「癌特異的RNA干渉によるLysosome酵素制御法の開発」

○平成30年度 東京慈恵会科医大学萌芽的共同研究費;白井祥睦
「細胞特異的RNA干渉による抗腫瘍効果誘導法の開発」

○平成30年度文部科学省科学研究費若手研究:斉藤庸博
「膵臓癌術後早期肝転移の予防に向けた基礎的解析と遺伝子治療」

○平成30年度文部科学省科学研究費若手研究:堀内 尭
「膵臓癌におけるDYRK2の癌抑制機構解明および新規遺伝子治療開発」

○平成29年度文部科学省科学研究費若手(B):白井祥睦
「抗癌剤耐性におけるライソゾーム酵素の材能解明と新規治療法開発」

○平成28年度文部科学省科学研究費基盤C:石橋由朗
「食道癌におけるSUMO特異的プロテアーゼの意義と発現抑制による抗癌作用の解析」

○平成28年度上原記念医学研究振興基金研究助成費:春木孝一郎
「膵臓癌におけるDYRK2の癌抑制機構解明および治療法開発」

○平成29年度東京慈恵会医科大学研究奨励費:衛藤 謙
「患者由来大腸癌オルガノイドを活用した治療予測方法の探索」

○平成27年度文部科学省科学研究費基盤C:矢永勝彦
「肝虚血再灌流におけるマイトファジー機構の解明および新規予防法の開発」

○平成27年度文部科学省科学研究費若手研究B:春木孝一郎
「膵臓癌に対するIMiDsの癌抑制機構の解明および新規治療法の開発」

○日本平滑筋学会第1回白鳥常男賞(2015):川村雅彦
「Assessment of motor function of the remnant stomach by 13C breath test with special reference to gastric local resection. World J Surg. 2014 Nov;38(11):2898-903.」

○平成26年度東京慈恵会医科大学研究奨励費:古川賢英
「トロンボモジュリンによる難治性消化器癌の抗癌剤耐性克服に関する研究」

○平成26年度上原記念生命科学財団研究奨励賞:古川賢英
「難治性消化器癌に対する新規抗癌剤耐性克服に関する研究」

○平成25年度手術手技研究会症例研究賞:保谷芳行
「幽門再建術(PRG)の胃切除後残胃炎およびダンピング症状の改善効果に関する研究」

○平成25年度かながわ県立病院がん基金研究助成金:飯田智憲
「大腸がん患者の栄養状態と予後との相関性の検討」

○平成24-25年度文部科学省科学研究費若手研究B:古川賢英
「臨床応用を目指した膵臓癌に対する遺伝子治療に関する検討」

○平成24年度NPO法人消化器疾患治療研究推進機構臨床研究助成金:矢野文章
「PPI治療抵抗性逆流性食道炎患者における治療薬変更後の症状改善効果についての研究」

○平成23-24年度慈恵大学医学研究科研究推進費:矢永勝彦
「胆道がんに対するNF-kB阻害剤の抗腫瘍効果に関する検討」

○平成22-24年度日本学術振興会科学研究費基盤C:石橋由朗
「食道癌におけるユビキチン類似蛋白質の意義」

○平成22年度NOTES研究会研究助成金:三森教雄
「SEMF法を用いた共焦点内視鏡による消化管筋層の生体内観察法」

○平成22年度膵臓病研究財団研究奨励賞:古川賢英
「膵臓癌に対するアデノウイルスベクターを用いたTNF-α腫瘍内導入およびメシル酸
  ナファモスタット併用化学療法の検討」

○2011 World Endoscopy Organization (WEO) Research Award: Teruyuki Usuba
 ‘Analysis of buried bumper syndrome after percutaneous endoscopic gastrostomy
 due to use of a button-type kit. Digestive Endoscopy 2007’

○平成21年度加藤記念バイオサイエンス研究振興財団研究助成金:宇和川匡
「膵臓癌化学療法耐性克服に向けた基礎的研究」

○平成20-21年度文部科学省科学研究費若手研究B:坂本太郎
「ジエチルニトロソアミン誘発ラット肝発癌モデルにおけるT-614の効果」

○平成18-20年度文部科学省科学研究費基盤研究B:矢永勝彦
「慢性肝不全治療のための埋め込み型人工肝臓の開発および腎臓の肝臓化」

○平成18-19年度文部科学省科学研究費基盤研究C:石井雄二
「肝疾患における脂質メディエータ,サイトカインおよびHGBM-1の意義」

○平成17-20年度文部科学省科学研究費基盤研究C:石田祐一
「ヒト分離培養胆道上皮細胞を用いた人工胆道モデルの作成と胆管損傷修復機序の解明」

○平成17-19年度厚生労働科学研究費補助金萌芽的先端医療技術推進研究事業:
石橋由朗
「ラベル化造影剤を用いた超音波によるがんの超早期診断システムの研究開発」

▲ このページのトップへ
その他

・American College of Surgeons 日本支部
   Governor-at-Large:矢永勝彦, Region 16(Asia-Australia) Chair: 矢永勝彦

Fellow :
矢永勝彦、吉田和彦、岡本友好、三澤健之、西川勝則、脇山茂樹、宇和川 匡、衛藤 謙、矢野文章、
二川康郎、柴 浩明、後町武志、船水尚武、星野真人
   

・International Liver Cancer Association

Chair, Special Interest Group on Liver Surgery and Transplantation:矢永勝彦

・日本学術会議

連携会員:矢永勝彦

・厚生労働省

保険医療専門審査員(診断群分類の検討に関するワーキンググループ肝胆膵外科座長):矢永勝彦

・日本医師会

疑義解釈委員:矢永勝彦

・外科系社会保険委員会連合

手術委員会副委員長:矢永勝彦

・日本外科系連合学会

理事長:矢永勝彦

フェロー:櫻井健司、矢永勝彦、柏木秀幸、羽生信義、吉田和彦、三澤健之、河原秀次郎、矢島 浩

評議員:矢永勝彦、柏木秀幸、吉田和彦、三澤健之、河原秀次郎、保谷芳行、矢島 浩、矢野文章

・日本外科学会

評議員:矢永勝彦、吉田和彦、三森教雄、岡本友好、衛藤 謙

・日本消化器外科学会

評議員:矢永勝彦、三澤健之、小村伸朗、河原秀次郎、矢野文章、柴 浩明、坪井一人

・日本消化器病学会

財団評議員:矢永勝彦、柏木秀幸

学会評議員:小村伸朗、河原秀次郎、矢野文章、柴 浩明

・日本内視鏡外科学会

評議員:矢永勝彦、柏木秀幸、吉田和彦、三森教雄、柳澤 暁、三澤健之、河原秀次郎、小村伸朗、矢島 浩、衛藤 謙、高橋直人、諏訪勝仁、矢野文章、坪井一人

・日本臨床外科学会

常任幹事:矢永勝彦

評議員:矢永勝彦、吉田和彦、柳澤 暁、岡本友好、石田祐一、三澤健之、石橋由朗、河原秀次郎、小村伸朗、保谷芳行、田辺義明、小川匡市、渡部通章、田中知行、諏訪勝仁、矢島 浩、二川康郎、薄葉輝之、矢野文章

・日本癌治療学会

代議員:矢永勝彦、宇和川 匡

・日本移植学会

評議員:矢永勝彦、柴 浩明

・日本肝胆膵外科学会

監事:矢永勝彦

評議員:矢永勝彦、吉田和彦、柳澤 暁、石田祐一、岡本友好、三澤健之、中林幸夫、松田 実、田辺義明、田中知行、脇山茂樹、藤岡秀一、矢島 浩、二川康郎、薄葉輝之、吉田清哉、後町武志、柴 浩明、斉藤良太、伊藤隆介、坂本太郎、船水尚武、飯田智憲、松本倫典、鈴木文武、兼平 卓、恩田真二

・日本胆道学会

評議員:矢永勝彦、岡本友好

・日本食道学会

評議員:矢永勝彦、柏木秀幸、三森教雄、小村伸朗、西川勝則、矢野文章、坪井一人、谷島雄一郎

・日本胃癌学会

評議員:矢永勝彦、柏木秀幸、三森教雄、保谷芳行、高橋直人

・日本大腸肛門病学会

評議員:大塚正彦、河原秀次郎、渡部通章、小林徹也、衛藤 謙、小菅 誠

・日本消化管学会

代議員:矢永勝彦、三森教雄、柏木秀幸、小村伸朗、河原秀次郎、矢島 浩、矢野文章、船水尚武

・日本外科代謝栄養学会

評議員:矢永勝彦、河原秀次郎

・日本消化器内視鏡学会

評議員:河原秀次郎

・日本静脈経腸栄養学会

代議員:矢永勝彦 

学術評議員:矢永勝彦、田辺義明

・日本外科感染症学会

評議員:矢永勝彦、石田祐一、河原秀次郎、脇山茂樹、藤岡秀一、矢島 浩、 柴 浩明、船水尚武

・日本ヘルニア学会

理事:三澤健之

評議員:矢永勝彦、吉田和彦、三澤健之、中林幸夫、諏訪勝仁

・日本コンピュータ外科学会

評議員:矢永勝彦、岡本友好

・日本臓器保存生物医学会

評議員:矢永勝彦

・日本成人病(生活習慣病)学会

評議員:矢永勝彦

・日本ヒト細胞学会

理事:矢永勝彦

評議員:矢永勝彦、田部井功

・日本平滑筋学会

理事長:羽生信義

理事:中田浩二

評議員:羽生信義、中田浩二

・日本潰瘍学会

評議員:柏木秀幸、小村伸朗

・日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会

理事:池内健二

評議員:池内健二,三浦英一朗、渡部通章

・日本褥瘡学会 

評議員:三浦英一朗

・日本がんサポーティブケア学会

理事:宇和川 匡

評議員:宇和川 匡

・日本腫瘍循環器学会

評議員:宇和川 匡

・日本消化器病学会関東支部

評議員:矢永勝彦、柏木秀幸、柳澤 暁、岡本友好、小村伸朗、河原秀次郎、宇和川 匡、矢島 浩、矢野文章、柴 浩明

・日本消化器内視鏡学会関東地方会

評議員:柏木秀幸、三森教雄、石田祐一、楠山 明、河原秀次郎

     
▲ このページのトップへ