教授 國原 孝教授写真

森田 紀代造
坂東 興
准教授 長堀 隆一
儀武 路雄
講師 宇野 吉雅
松村 洋高
助教 山城 理仁
篠原 玄
中尾 充貴
木南 寛造
川村 廉
大学院生 西岡 成知
講座(研究室)の概要
 心臓外科学教室は樋口一成学長の意向により当時女子医大教授新井達太先生(慈大卒)が昭和47年に第一外科定員外教授として着任、昭和48年に第一外科より診療科(心臓外科)として独立、昭和50年に心臓外科学講座となった。新井教授は日本初の手術を幾つか成功させ、国産人工弁開発に代表される人工臓器研究にも功績があったことから、昭和61年に日本人工臓器学会、昭和63年に日本胸部外科学会を主宰した。平成3年、二代目として黒澤博身教授が就任、先天性心疾患、刺激伝導系の解明、弁膜症治療の発展に寄与され、多くの学会の要職を務められた。平成14年より三代目教授橋本和弘先生が講座を運営し、成人心疾患を担当する一方、心臓血管外科専門医認定機構代表幹事として学会でも活躍されてきた。平成17年より先天性心疾患を担当してきた森田起代造先生が教授となり、平成25年より坂東 興教授が特任教授となり橋本教授を支えてこられ、平成28年には心臓手術7000例を達成している。平成30年には四代目教授として國原 孝先生が赴任し、今後の講座運営を担うこととなった。
医学科教育について
 心臓外科における診断・手術に参加し、心臓外科学を理解することを一般目標としている。特に医学科5・6年時に選択実習を履修する場合は、ほとんどの手術への参加や、関連病院における手術参加も積極的に行ってもらっている。6年生の海外選択実習も積極的に斡旋している。2013年より一泊合宿の心臓外科トレーニングコースを開催している。
大学院教育・研究について
 大学院教育においては心臓外科(循環器外科)学に関わる基礎医学的領域、つまり病理・形態学、循環生理学、分子生物学部門で研究に従事する従来型の大学院制度(基礎的研究コース)と心臓血管外科の臨床に従事しながら、術前心機能・術後血行動態・QOL を踏まえた術後遠隔成績を解析し、臨床成績の向上に目的を絞った臨床研究、および臨床に即した設定での心臓外科学領域にターゲットをおいた動物実験を行う臨床大学院コースの二つのコースを2005年より導入している。どちらかのコースの選択も可能である。後者臨床大学院コースは実際の手術医療に従事しながら臨床に即したテーマで研究・実験を行うもので、専門医での手術実績の早期達成が可能で専門医資格収得と学位収得を一挙に目指せるという利点があるといえる。
講座(研究室)からのメッセージ
東京慈恵会医科大学 心臓外科学教室
http://shinzougeka.com/
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年
國原孝、森田紀代造、坂東 興の3教授以下スタッフ全員が担当
特に医学部5年時の臨床実習に関しての総括は、宇野吉雅講師及び松村洋高講師が担当
実習科目名称と対象学年
國原孝、森田紀代造、坂東 興の3教授以下スタッフ全員が担当
医学部5年時の臨床実習に関しての総括は、宇野吉雅講師及び松村洋高講師が担当
▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
器官病態治療学 > 循環器外科学(國原孝、森田紀代造、坂東 興)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
先天性手術や弁膜症手術、冠疾患・大動脈疾患に対する手術などにおける臨床研究
心筋保護法、肺同時保護法、人工心肺に関する実験的研究
心筋再潅流障害に関する研究
心臓に対する細胞治療・遺伝子治療に関する研究
骨格筋ポンプによる心収縮補助法に関する研究
詳細に関しては、こちらをご覧下さい
自動循環シミュレーターを用いた大動脈弁機能評価
ラットを用いた心筋内ミトコンドリア障害の研究
▲ このページのトップへ
主な業績
【論文】

  1. 1. Kunihara T, Neumann N, Kriechbaum SD, Aicher D, Schafers HJ. Aortic root remodeling leads to good valve stability in acute aortic dissection and preexistent root dilatation. J Thorac Cardiovasc Surg. 2016;152:430-436.

  2. 2. Kunihara T, Neumann N, Kriechbaum SD, Nomura R, Schafers HJ. Long-term outcome of aortic root remodeling for patients with and without acute aortic dissection. Circ J. 2017;81:1824-31.

  3. 3. Kunihara T. Anatomy of the aortic root: implications for aortic root reconstruction. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2017;65:488-99

  4. 4. Kunihara T. Valve-Sparing Aortic Root Surgery CON: Remodeling. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2018;66:179-81

  5. 5. Kunihara T, Arimura S, Sata F, Giebels C, Schneider U, Schafers HJ. Aortic annulus does not dilate over time after aortic root remodeling with or without annuloplasty. J Thorac Cardiovasc Surg. 2018;155:885-94.

  6. 6. Uno Y, Masuoka A, Hotoda K, Katogi T, Suzuki T.: Evaluation of 60 cases of systemic-pulmonary shunt with cardiopulmonary bypass. Gen Thorac Cardiovasc surg 2016;64:592-6.

  7. 7. Shinohara G, Morita K, Hoshino M, Ko Y, Tsukube T, Kaneko Y, Morishita H, Oshima Y, Matsuhisa H, Iwaki R, Takahashi M, Matsuyama T, Hashinoto K, Yagi N. Three Dimensional Visualization of Human Cardiac Conduction Tissue in Whole Heart Specimens by High-Resolution Phase-Contrast CT Imaging Using Synchrotron Radiation. World J Pediatr Conqenit Heart Surg. 2016; 7(6):700-5.

  8. 8. Nishioka N, Yamada K, Ujihira A, Iba Y, Maruyama R, Hatta E, Kurimoto Y, Nakanishi K. Outcomes of surgical aortic valve replacement using Carpentier-Edwards PERIMOUNT bioprosthesis series in elderly patients with severe aortic valve stenosis: a retrospective cohort study. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2016;64(12):728-34.

  9. 9. Nishioka N, Kurimoto Y, Maruyama R, Ujihira K, Iba Y, Hatta E, Yamada A and Nakanishi K. Bladder and rectal incontinence without paraplegia or paraparesis after endova scular aneurysm repair. Surg Case Rep 2016;2(1):11.

  10. 10. Nakao M, Kawai Y, Niitsu H, Toyoda Y, Tsuda Y, Shiratori K, Takemura T, Bando K, Hashimoto K. Aortic root replacement for annuloaortic ectasia with a single coronary artery. Gen Thorac Cardiovasc Surg 2016; 64: 742-4.

  11. 11. Yutaka Okita, Kenji Minakata, Shinji Yasuno, Ryuji Uozumi, Tosiya Sato, Kenji Ueshima Hiroaki Konishi, Naomi Morita, Masafumi Harada, Junjiro Kobayashi, Shigefumi Suehiro, Koji Kawahito, Hitoshi Okabayashi, Shuichiro Takanashi, Yuichi Ueda, Akihiko Usui, Kiyotaka Imoto, Hiroyuki Tanaka, Yoshitaka Okamura, Ryuzo Sakata, Hitoshi Yaku, Kazuo Tanemoto, Yutaka Imoto, Kazuhiro Hashimoto and Ko Bando. Optimal timing of surgery for active infective endocarditis with cerebral complications: a Japanese multicentre study. Eur J Cardiothorac Surg 2016; 50: 374-82.
主な競争的研究費
  • 1)平成28年度医療研究開発推進事業費補助金 (橋渡し研究加速ネットワークプログラム)
    「持続可能なネットワーク型中部先端医療開発拠点の形成」

  • 2)平成28年度日本医療研究開発機構研究費
    「自己心膜製ステントレス僧帽弁置換術の安全性と効果に関する研究」

  • 3)平成28年度科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    位相差のX線CTを用いた先天性心疾患の刺激伝導系の非破壊三次元的解析法の開発」

  • 4)平成27年度科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    大動脈弁温存基部置換術の各種術式によるvalsalva洞と弁機能評価

  • 5)平成29年度 東京慈恵会医科大学萌芽的共同研究推進費
    心筋障害を検出する新たな尿中バイオマーカーの探索

▲ このページのトップへ
その他
【社会的な活動】
日本胸部外科学会 評議員(國原)
日本不整脈心電学会 評議員(國原)
日本心血管脳卒中学会 運営委員(國原)
不整脈外科研究会 世話人(國原)
The Society of International Joint meeting secretary General(國原)
日本胸部外科学会評議員(森田)
日本胸部外科学会誌 section editor in chief(森田)
小児循環器学会評議員(森田)
▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 心臓外科学教室
http://shinzougeka.com/
▲ このページのトップへ