教授 頴川 晋教授写真

岸本 幸一
清田 浩
古田 希
講師

波多野 孝史
三木 健太
古田 昭
木村 高弘
山田 裕紀
三木 淳

助教

(本院)
佐々木裕、小池祐介、石井 元、本田真理子、村上雅哉、相川浩一、森 啓一郎、五十嵐太郎、安江圭史、山崎泰佑、黒川 学、岩谷洸介、宮島啓一朗、江井裕紀、福岡屋 航、岩村有美奈、石川美夢
(葛飾医療センター)
坂東重浩、森武 潤、倉内崇至、今井 悠、松浦泰史
(第三)
小出晴久、山本順啓、笠井奏子、青木崇一郎、笹原太志郎、田中政俊
(柏)
柳澤孝文、田中晴郎、大浪 源、伊藤景紀、稲葉雄三、中薗 実

その他 (留学中)
都築俊介、田代康次郎、木村章嗣、占部文彦
講座(研究室)の概要

 東京慈恵会医科大学泌尿器科は、1922年に本邦初の独立した大学泌尿器科講座として開講されて以来、95年にわたる日本で最も歴史のある泌尿器科です。この間、国内の主要な大学や基幹病院の責任者を多数輩出しており、日本の近代泌尿器科を牽引してきました。しかし、私たちはこの歴史におごることなく、患者様との信頼に根ざした最新の医療をめざして日々努力しています。

医学科教育について

 泌尿器科学の講義では,泌尿生殖器に関する解剖,生理などの基礎医学から,腫瘍,神経疾患,感染症,結石などの泌尿生殖器疾患について幅広く学べるように努めている。臨床実習では,ベッドサイドや外来にて泌尿生殖器疾患の診察を学ぶと共に,手術やカンファレンスへの参加により,疾患の理解を深められるようなプログラムを行っている。

大学院教育・研究について
 前立腺癌を中心とした泌尿器悪性腫瘍に対する分子生物学的研究を幅広く行っている。特にプロテオミクス解析による新規診断マーカーの探索や新規前立腺癌モデルを用いた治療法の開発に力を入れている。また,動物モデルを用いた神経泌尿器疾患に関する研究も行っている。
講座(研究室)からのメッセージ
 慈恵医大泌尿器科は本邦で最も古い泌尿器科独立講座として,現在は最先端の研究と診療を行うことで,世界レベルの教室を目指して日夜努力をしております。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年
ユニット講義 臨床医学 Ⅰ「腎・泌尿器」    医学科4年生
実習科目名称と対象学年

臨床医学演習   医学科2年生
研究科配属    医学科3年生
基本的臨床技能実習 医学科4年生
臨床医学 Ⅱ 臨床実習 医学科4年生、5年生
臨床医学 Ⅲ 臨床(選択)実習  医学科6年生

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
器官病態・治療学 泌尿・生殖器科学
▲ このページのトップへ
主な業績

1. Kimura T, Kido M, Miki K, Yamamoto T, Sasaki H, Kuruma H, Hayashi N, Takahashi H, Aoki M and Egawa S. Mid-term outcome of permanent prostate iodine-125 brachytherapy in Japanese patients. International Journal of Urology 2014;21:473-8

2. Sasaki H, Kido M, Miki K, Kuruma H, Takahashi H,Aoki M and Egawa S. Salvage partial brachytherapy for prostate cancer recurrence after primary brachytherapy. International Journal of Urology 2014;21:572-7.

3. Zlotta AR, Egawa S, Pushkar D, Govorov A, Kimura T, Kido M, Takahashi H,Kuk C, Kovylina M,Aldaoud N, Fleshner N, Finelli A, Klotz L, Lockwood G,Sykes J, Kwast Tv. Prevalence of inflammation and benign prostatic hyperplesia on autopsy in Asian and Caucasian men.
Eur Urol 2014 Oct;66(4):619-22

4. Furuta A, Suzuki Y, Naruoka T, Asano K, Egawa S, Yoshimura N. Cross-sensitization mechanisums between colon and bladder via transient receptor potential A1 stimulation in rats.
In Urogynecol J 2014;25:1575-81.

5. Hayashi N, Matsushima M, Kido M, Naruoka T, Furuta A, Furuta N, Takahashi H, Egawa S. BMI is associated with larger index tumors and worse outcome after radical prostatectomy.
Prostate Cancer Prostatic Dis. 2014(sep);17(3):233-7

6. Kido M, Kuruma H, Sasaki H, Miki K, Aoki M, Kimura T, Takahashi H, Kanehira C, Egawa S. Pulmonary metastases after low-dose-rate brachytherapy for localized prostate cancer.
Korean J Urol. 2014 May;55(5):309-14

7. Furuta Akira, Suzuki Yasuyuki, Kimura Shoji, Asano Koji, Egawa Shin, Yoshimura Naoki.Noradrenergic Mechanisms Contorolling Urethra Smooth And Striated Muscle Function in Urethral Continence Reflex in Rats. Lower Urinary Tract Symptoms 2015;7:155-61.

8. Kimura T, Sasaki H, Akazawa K, Egawa S. Gonadotropin-releasing hormone Antagonist:A real advantage? Urol Oncol 2015 jul;33(7)322-8

9. Sasaki Hiroshi, Klotz LH, Sugar LM, Venkateswaran V. A combination of Desmopressin and docetaxel inhibit cell proliferation and invasion mediated by urokinase-type plasminogen activator (uPA) in human prostate cancer cells. Biochem Biophys Res Commun. 2015 Aug 28;464 (3):848-54.

10. Sasaki H, Kido M, Miki K, Aoki M, Takahashi H, Dokiya T, Yamanaka H, Fukushima M, Egawa S. Results of central pathology review of prostatic Biopsies in a contemporary series from a phase Ⅲ、Multicenter, randomized Controlled trial (SHIP0804). Pathol Int. 2015 Apr;65(4)177-8.

11. Ishii G, Naruoka T, Kasai K, Hata K, Omono H, Suzuki M, Kimura T and Egawa S.High pressure balloon dilation for vesicourethral anastomotic strictures after radical prostatectomy.BMC urology 2015;15; 62-6

12. Hatano T, Chikaraishi K, Inaba H, Katsuhisa Endo K and Egawa S. Outcomes of everolimus treatment for renal angiomyolipoma associated with tuberous sclerosis complex: a single institution experience in Japan International Journal of Urology 2016;23(10) 833-8

13. Miki K, Sasaki H, Kido M, Takahashi H, Aoki M, Egawa S. A comparative study on the efficacies of gonadotropin-releasing hormone (GnRH) agonist and GnRH antagonist in neoadjuvant androgen deprivation therapy combined with transperineal prostate brachytherapy for localized prostate cancer. BMC cancer 2016;1;16:708-14

14. Furuta A, Suzuki Y, Kimura S, Koike Y, Egawa S, Yoshimura N. Combination therapy with β3-adrenoceptor agonists and muscarinic acetylcholine receptor antagonists : Efficacy in rats with bladder overactivity. Int J Urol 2016;23: 425-30

15. Kimura T, Takahashi H, Okayasu M, Kido M, Inaba H, Kuruma H, Yamamoto T, Furusato B, Furusato M, Wada T, Egawa S. Time Trends in Histological Features of Latent Prostate Cancer in Japan. Journal of Urology 2016;195(5):1415-20

16. Hata K, Kimura T, Tsuzuki S, Ishii G, Kido M, Yamamoto T, Sasaki H, Miki J, Yamada H, Furuta A, Miki K, Egawa S. Safety of fondaparinux for prevention of postoperative venous thromboembolism in urological malignancy: A prospective randomized clinical trial. Int J Urol 2016; 23(11):923-8

17. Hata K, Kimura T, Ishii G, Suzuki M, Egawa S. Non-immune mediated thrombocytopenia caused by thromboprophylaxis for the perioperative care of urological surgery: A case report and review of the literature.International Journal of Surgery 2016;27:21-3

18. Tabata R, Kimura T, Kuruma H, Sasaki H, Kido M, Miki K, Takahashi H, Aoki M, Egawa S. Do androgen deprivation and the biologically equivalent dose matter in low-dose-rate brachytherapy for intermediate-risk prostate cancer? Cancer Med 2016;5(9):2314-22

19. Ishii G, Hata K, Aoki S, Suzuki M, Kimura T, Egawa S. Meningitis-retention Syndrome; A Case Report Urology 2016; 6; 42-44

20. Tsuzuki S, Sun Hee Park, Matthew R Eber, Christopher M Peters, Shiozawa Y. Skeletal complications in cancer patients with bone metastases. IJU 2016;23(10):825-32

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

・木村高弘.平成25年度文部科学省研究補助金(基盤研究C)
「プロテオミクス解析およびパスウェイ解析による新規前立腺癌バイオマーカーの検討」

・頴川 晋.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(がん対策推進総合研究 研究事業 革新的がん実用化研究事業)
「去勢抵抗性前立腺がんに対する新規がんペプチドワクチン療法開発のための第 Ⅰ 相・第 Ⅱ 相(前半)臨床試験」

・頴川 晋.平成26年度厚生労働科学研究費助成金
「難病・がん等の疾患分野の医療の実用化研究事業(国際水準臨床関係研究分野)」「低用量BCG膀胱腔内注入維持療法の再発予防効果ならびに安全性に関するランダム化比較試験」

・清田 浩.平成26年度文部科学省研究補助金(基盤研究C)
「前立腺癌に対するシグナルクロストロークの解明」

・古田 昭.平成26年度文部科学省研究補助金(基盤研究C)
「脊髄における下部尿路機能を制御する神経伝達物質の網羅的解析と新規治療薬の探求」

・田代康次郎.平成26年度文部科学省研究補助金(若手研究B)
「去勢抵抗性前立腺癌におけるアンドロゲン受容体isoformおよび癌関連遺伝子の検討」

・古田 昭.平成27年度文部科学省研究費助成金(基盤研究C)
「間質性膀胱炎におけるハンナ―病の解明とバイオマーカーの探求」

・田代康次郎.平成27年度文部科学省研究補助金(若手研究B)
「去勢抵抗性前立腺癌におけるアンドロゲン受容体isoformおよび癌関連遺伝子の検討」

・頴川 晋(分担)平成28年度日本医療研究開発機構研究費
「低用量BCG膀胱腔内注入維持療法の再発予防効果ならびに安全性に関するランダム化比較試験」

・古田 昭 平成28年度文部科学省研究費助成金(基盤研究C)
「間質性膀胱炎におけるハンナ―病の解明とバイオマーカーの探求」

・古田 昭 平成29年度文部科学省研究費助成金(基盤研究C)
「間質性膀胱炎におけるハンナ―病の解明とバイオマーカーの探求」

・古田 昭 平成29年度日本医療研究開発機構研究費
「間質性膀胱炎に対する新規治療法の開発」

・木村高弘 平成29年度日本学術振興会科学研究費(基盤研究C)
「前立腺癌骨転移と骨髄内感覚ニューロンとの分子学的相互メカニズムの解析」

▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 泌尿器科
http://jikei-ur.umin.jp/
▲ このページのトップへ