教授 岡本 愛光教授写真

礒西 成治
左合 治彦
新美 茂樹
坂本 優
山田 恭輔
准教授 高野 浩邦
佐村 修
講師

田部 宏
矢内原 臨
斎藤 元章
上田 和

(派遣中)
中田 裕信
高橋 幸男
山内 茂人
長尾 充
小田 瑞恵
高梨 裕子
西井 寛
茂木 真
和田 誠司

講座(研究室)の概要
 

 1903(明治36)年5月13日、私立東京慈恵医院医学専門学校が認可されるとともに樋口繁次が初代教授に就任し、ここに産婦人科学講座が誕生した。樋口繁次(在任期間:明治36年〜昭和4年)以来、小島譲(昭和5年〜17年)、樋口一成(昭和17年〜44年)、渡辺行正(昭和40年〜51年)、細川勉(昭和44年〜58年)、蜂屋祥一(昭和51年〜61年)、寺島芳輝(昭和61年〜平成7年)、田中忠夫(平成7年〜平成23年), そして岡本愛光(平成23年〜現在に至る)が講座担当(主任)教授を務めてきた。本学創立130周年に当たる2010(平成22)年には産婦人科学講座は創設107年を迎えたことになるが、その講座あるいは診療科の体制はいくつかの変遷を経てきた。すなわち、当初は主任教授のもと、一講座一診療科の体制であった。しかし、産婦人科学講座の主任教授であった樋口一成が昭和33年12月に本学学長に就任したことに伴い、昭和44年3月に教授を辞した。そして、昭和40年4月から続いてきた樋口一成と渡辺行正との二人体制による一講座一診療科制が改められ、昭和44年1月から二講座一診療科の体制となった。それは学長・樋口一成による産婦人科学教室の隆盛を考えた結果であり、第一講座の主任教授に渡辺行正が就き、その4月から細川勉が第二講座の主任教授に就任した。この体制は昭和51年3月の渡辺行正の定年まで続くが、後任の第一講座主任教授としてその4月に蜂屋祥一が就任した時から診療科も二つとなり、産婦人科学講座は完全に分かれた体制となった。しかし昭和58年、細川勉が在職中に逝去したことに伴い15年間続いた二講座体制は終わり、昭和59年から蜂屋祥一のもとで再び一講座一診療科制に戻った。以降、寺島芳輝、田中忠夫、そして岡本愛光の現在までこの体制が続いている。

医学科教育について
 産科学は妊娠・分娩・産褥、すなわち種保存に必要な生理的な現象とその異常を取扱う領域で、新生児を取扱う小児科学とも密接に関係する。また、婦人科学は女性性器疾患の治療を行う領域であるが、新生児期、乳児期、幼女期、思春期、性成熟期、更年期、老年期と女性の生涯を通じて生理と病態を追及する領域でもある。さらに近年、不妊症に対する生殖補助医療の技術向上も目覚しい。慈恵医大産婦人科の医学教育はこれら周産期、腫瘍、生殖における豊富な臨床実績を背景に、講義、ベッドサイドともに実際的な学習ができるようカリキュラム構成がある。また実習態度、マナーに対する指導も徹底している。
大学院教育・研究について
 主要な研究分野は、婦人科腫瘍学、周産期医学、胎児医学、生殖内分泌学そして更年期医学であり、基礎コースあるいは臨床コースに分かれる。基礎コースでは、主に本学ならびに他施設の基礎医学講座・研究室で、研究課題に関連する分子生物学あるいは免疫学などを研究する。その期間は臨床から離れ、2 〜4 年間の研鑽を行うことを奨励する。臨床コースでは、慈恵大学附属病院ならびに産婦人科学教室関連病院で診察している多数の症例を対象とした臨床研究を主に行う。実際の臨床に携わることも可能だが、期間中に最低1 年間は基礎コースと同様、基礎医学講座などでの研究を行い、基礎医学的基盤を確立することを奨励する。いずれの分野においても、研究課題は臨床にフィードバックでき、“ 女性医学”の発展に寄与できるものを求めている。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年
2年 生殖器系
3年 ヒトの時間生物学
3年 腫瘍学I
4年 生殖・産婦人科
実習科目名称と対象学年
4年 医学総論W演習
4年 臨床医学演習
4年 基本的臨床技能実習
4・5・6年 臨床実習
6年 選択実習
▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
成育・運動機能病態・治療学 > 産婦人科学
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
T.婦人科腫瘍学
卵巣明細胞癌に対するIL-6/IL-6R-Stat3シグナルを標的とした分子標的治療法の確立
卵巣明細胞癌の生物的特徴を規定する体細胞性コピー数変化の検討
卵巣明細胞癌における発癌関連遺伝子の分子生物学的解析
卵巣漿液性癌におけDYRK2を介した転移メカニズムの解明
腹腔鏡下子宮筋腫核出術のための子宮縫合モデルによるトレーニング法の構築
T 期卵巣明細胞癌におけるARID1A発現の臨床病理学的検討
局所再発卵巣がんに対する放射線治療の効果
産婦人科開腹手術閉創におけるJ-VACドレーンの有用性についての検討
顆粒膜細胞腫56例の検討
卵巣漿液性境界悪性腫瘍に関する臨床病理学的検討
樋口式横切割法を応用したReduced Port Surgeryの導入
U.周産期母子医学
 
妊娠中のストレスと産後うつ病の関連性についての検討
出生前診断における遺伝カウンセリングの重要性の検討
産科合併症例における抗リン脂質抗体および凝固因子異常の関与
妊娠高血圧症(PIH)における胎盤内ビリルビン関連酸化ストレスマーカーの免疫組織学的検討
V.生殖内分泌学
 
当院におけるがん・生殖医療の動向 臨床導入における問題点を探る
「卵子の老化」という言葉が不妊患者に与えた影響 不妊カウンセリング外来の動向からの考察
▲ このページのトップへ
主な業績
2016年
【I. 原著論文】

1) Fukunaga M, Ishibashi T, Koyama T, Onoue K, Kitai S, Tanaka K, Isonishi S. Malignant Struma Ovarii With a Predominant Component of Anaplastic Carcinoma. Int J Gynecol Pathol 2016; 35(4): 357-61

2) Seki T, Tanabe H, Nagata C1) (1 National Center for Child Health and Development), Suzuki J, Suzuki K, Takano H, Isonishi S, Ochiai K, Takakura S2) (2 Dokkyo Medical University Koshigaya Hospital), Okamoto A. Adjuvant therapy after radical surgery for stage IB-IIB cervical adenocarcinoma with risk factors. Jpn J Clin Oncol 2016; 47(1): 32-38

3) 1)Yotsumoto J1)2), Sekizawa A2) (2 Showa University School of Medicine), Suzumori N(Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences), Yamada T(Hokkaido University Graduate School of Medicine), Samura O, Nishiyama M3), Miura K4), Sawai H(Hyogo College of Medicine), Murotsuki J(Tohoku University Graduate School of Medicine), Kitagawa M(Sanno Hospital), Kamei Y5), Masuzaki H4) (4 Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences), Hirahara F6), Endo T(Sapporo Medical University School of Medicine), Fukushima A( Iwate Medical University School of Medicine), Namba A5) (5 Saitama Medical University Hospital), Osada H(Chiba University Graduate School of Medicine), Kasai Y( Japanese Red Cross Medical Center), Watanabe A(Nippon Medical School Hospital), Katagiri Y7), Takeshita N7) (7 Toho University Omori Medical Center), Ogawa M(Tokyo Women's Medical University Hospital), Okai T(Maternal and Child Health Center, Aiiku Hospital), Izumi S(Tokai University School of Medicine), Hamanoue H6) (6 Yokohama City University Graduate School of Medicine), Inuzuka M1) (1 Ochanomizu University), Haino K( Niigata University Medical and Dental Hospital), Hamajima N(Nagoya City West Medical Center), Nishizawa H(Fujita Health University), Okamoto Y(Osaka Medical Center and Research Institute for Maternal and Child Health), Nakamura H(Osaka City General Hospital), Kanegawa T(Osaka University Faculty of Medicine), Yoshimatsu J(National Cerebral and Cardiovascular Center), Tairaku S( Kobe University Graduate School of Medicine), Naruse K(Nara Medical University), Masuyama H(Okayama University Graduate School of Medicine), Hyodo M(Hiroshima University Graduate School of Medicine), Kaji T(The University of Tokushima Faculty of Medicine), Maeda K(Shikoku Medical Center for Children and Adults), Matsubara K(Ehime University School of Medicine), Ogawa M( National Hospital Organization Kyushu Medical Center), Yoshizato T(Fukuoka University Hospital), Ohba T(Kumamoto University), Kawano Y(Oita University Hospital), Sago H3) (3 National Center for Child Health and Development), A survey on awareness of genetic counseling for non-invasive prenatal testing: the first year experience in Japan. J Hum Genet. 2016;61(12):995-1001. doi:10.1038/jhg.2016.96.

4) Yanaihara N, Hirata Y, Yamaguchi N, Noguchi Y, Saito M, Nagata C1) (1 National Center for Child Health and Development), Takakura S, Yamada K, Okamoto A. Antitumor effects of interleukin-6 (IL-6)/interleukin-6 receptor (IL-6R) signaling pathway inhibition in clear cell carcinoma of the ovary. Mol Carcinog 2016; 55(5): 832-41

5) Onda T1) (1 Kitasato University), Satoh T2), Saito T3) (3 National Kyushu Cancer Center), Kasamatsu T4) (4 National Cancer Center Hospital), Nakanishi T5) (5 Aichi Cancer Center Hospital), Nakamura K6), Wakabayashi M6) (6 JCOG Data Center), Takehara K7) (7 Shikoku Cancer Center), Saito M, Ushijima K8), Kobayashi H9) (9 Kyushu University), Kawana K10) (10 The University of Tokyo Hospital), Yokota H11) (11 Saitama Cancer Center), Takano M12) (12 National Defense Medical College), Takeshima N13) (13 Cancer Institute Hospital of Japanese Foundation for Cancer Research), Watanabe Y14) (14 Kinki University), Yaegashi N15) (15 Tohoku University), Konishi I16) (16 Kyoto University), Kamura T8) (8 Kurume University), Yoshikawa H2) (2 University of Tsukuba). Comparison of treatment invasiveness between upfront debulking surgery versus interval debulking surgery following neoadjuvant chemotherapy for stage III/IV ovarian, tubal, and peritoneal cancers in a phase III randomised trial: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG0602. Eur J Cancer. 2016;64: 22-31

6) Ueda K, Nagayoshi Y, Kawabata A, Kuroda T, Iida Y, Saitou M, Yanaihara N, Sugimoto K, Sakamoto M, Okamoto A. Feasibility of reduced port surgery applying Higuchi's transverse incision. Gynecology and Minimally Invasive Therapy 2016; 6(1): 12-16

7) Okamoto A, Nagayoshi Y, Kawabata A, Sakamoto M1) (1 Kyoundo Hospital), Ueda K. Higuchi's transverse incision and a modification of this method for minimally invasive surgery. Gynecology and Minimally Invasive Therapy 2016; 6:66-88

8) Ueda K, Tabata J, Yanaihara N, Nagayoshi Y, Kawabata A, Onota S, Yamamoto R, Iida Y, Sugimoto K, Okamoto A. Laparoscopic conservative surgery for massive ovarian edema with torsion. Gynecology and Minimally Invasive Therapy. 2016; 5(2): 91-93

9) Yanaihara N, Noguchi Y, Saito M, Takenaka M, Takakura S (Dokkyo Medical University Koshigaya Hospital), Yamada K, Okamoto A. MicroRNA Gene Expression Signature Driven by miR-9 Overexpression in Ovarian Clear Cell Carcinoma. PLoS One. 2016; 11(9): e0162584.

10) Kajiwara K, Tanemoto T, Nagata C, Okamoto A. Prenatal Diagnosis of Isolated Agnathia-Otocephaly: A Case Report and Review of the Literature. Case Rep Obstet Gynecol. 2016; 8512351

11) Sugiyama T (Iwate Medical University,), Okamoto A, Enomoto T (Niigata University), Hamano T (Kitasato University), Aotani E (Kanagawa Academy of Science and Technology), Terao Y (Juntendo University), Suzuki N (St Marianna University), Mikami M (Tokai University), Yaegashi N (Tohoku University), Kato K (Kyushu University), Yoshikawa H (University of Tsukuba), Yokoyama Y (Hirosaki University), Tanabe H, Nishino K (Niigata University), Nomura H (Keio University), Kim JW (Seoul National University), Kim BG (Sungkyunkwan University), Pignata S (Istituto Nazionale Tumori di Napoli, Naples), Alexandre J (Hôpital Hôtel-Dieu), Green J (University of Liverpool), Isonishi S, Terauchi F(Tokyo Medical University), Fujiwara K(Saitama Medical University International Medical Center), Aoki D(Keio University). Randomized Phase III Trial of Irinotecan Plus Cisplatin Compared With Paclitaxel Plus Carboplatin As First-Line Chemotherapy for Ovarian Clear Cell Carcinoma. Jpn J Clin Oncol 2016; 34(24): 2881-7

12) Ito Y, Shiraishi E, Kato A, Haino T, Sugimoto K, Okamoto A, Suzuki N(St. Marianna University School of Medicine). The Utility of Decision Trees in Oncofertility Care in Japan. J Adolesc Young Adult Oncol 2017; 6(1): 186-189

13) 横溝 陵, 拝野 貴之, 白石 絵莉子, 大野田 晋, 鴨下 桂子, 伊藤 由紀, 山本 瑠伊, 加藤 淳子, 杉本 公平, 佐村 修, 岡本 愛光. ホジキンリンパ腫治療後に発症した早発卵巣不全に対しホルモン療法を施行し生児を得た1例. 日本受精着床学会雑誌 2016; 33(2): 235-238.

14) 笠原 佑太, 拝野 貴之, 川嵜 友貴, 上條 真紀子, 石澤 亜希, 稲川 早苗, 白石 絵莉子, 大野田 晋, 鴨下 桂子, 伊藤 由紀, 山本 瑠伊, 加藤 淳子, 杉本 公平, 岡本 愛光. ホルモン療法を施行した卵巣予備能低下21症例の後方視的検討. 日本受精着床学会雑誌 2016; 33(2): 231-234.

15) 田畑 潤哉, 上田 和, 永吉 陽子, 黒田 高史, 松野 香苗, 川畑 絢子, 嘉屋 隆介, 飯田 泰志, 斉藤 元章, 矢内原 臨, 山田 恭輔, 岡本 愛光. 胸腹腔鏡同時手術により診断・治療しえた横隔膜交通症. 東京産科婦人科学会会誌 2016; 65(1): 82-88.

16) 鈴木瑛太郎, 松本直樹, 渡部佐和子, 長田まり絵, 鈴木永純, 松本智恵子, 高橋幸男. 緊急帝王切開後に敗血症をきたした塩酸リトドリン誘発性無顆粒球症の1例. 埼玉産科婦人科学会雑誌 2017; 47(1): 53-57.

17) 津田 明奈, 青木 宏明, 佐村 修, 笠井 章代, 小西 晶子, 田沼 有希子, 吉居 絵理, 嘉屋 隆介, 上出 泰山, 種元 智洋, 大浦 訓章, 岡本 愛光. 産褥期卵巣静脈血栓の診断におけるD-dimer値の有用性. 日本周産期・新生児医学会雑誌 2016; 52(3): 815-819.

18) 後藤 ちひろ, 杉本 公平, 吉川 直希, 横溝 陵, 大野田 晋, 鴨下 桂子, 山本 瑠伊,加藤 淳子, 拝野 貴之, 岡本 愛光. 生殖カウンセリングのニーズに対する考察〜なぜ今カウンセリングが必要なのか〜. 日本生殖心理学会誌 2016; 2(1): 9-12.

19) 小曽根 浩一, 廣瀬 宗, 田川 尚美, 野口 大斗, 駒崎 裕美, 鈴木 二郎, 江澤 正浩, 上出 泰山, 田部 宏, 高野 浩邦. 全腹腔鏡下子宮全摘(TLH)術後に腟断端離開を生じ腹腔鏡下に加えて腟式に再縫合した1例. 千葉県産科婦人科医学会雑誌 2017; 10(2): 108-112.

20) 永吉 陽子, 上田 和, 上井 美里, 横溝 陵, 白石 絵莉子, 大野田 晋, 川畑 絢子, 拝野 貴之, 斉藤 元章, 矢内原 臨, 杉本 公平, 岡本 愛光. 電動モルセレータを使用しない2孔式腹腔鏡補助下子宮筋腫核出術の導入. 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2016; 32(1): 129-134.

21) 永江 世佳, 青木 宏明, 泉 明延, 松岡 知奈, 小西 晶子, 井上 桃子, 吉居 絵理, 鈴木 美智子, 種元 智洋, 佐村 修, 大浦 訓章, 岡本 愛光. 当院3年間の腟細菌培養における基質拡張型βラクタマーゼ(ESBL)産生菌検出率の推移. 関東連合産科婦人科学会誌 2016; 53(4): 661-665.

22) 中島 あかり, 井上 桃子, 横溝 陵, 上井 美里, 小西 晶子, 吉居 絵理, 鈴木 美智子, 青木 宏明, 種元 智洋, 佐村 修, 岡本 愛光. 当院にて妊娠・分娩管理を行い、母児ともに経過良好であった四胎妊娠の1例. 東京産科婦人科学会会誌 2016; 65(2): 361-364.

23) 笠原 佑太, 松本 直樹, 齋藤 智之, 渡部 佐和子, 長田 まり絵, 鈴木 永純, 松本 智恵子, 高橋 幸男. 妊娠糖尿病妊婦に対する分娩中血糖値の積極的管理を行っていない施設における短期的な新生児合併症. 埼玉県医学会雑誌 2016; 51(1): 432-437.

24) 森 祐介, 加藤 淳子, 白石 絵莉子, 伊藤 由紀, 拝野 貴之, 杉本 公平, 岡本 愛光. 不妊治療中の子宮温存が可能であった子宮頸管妊娠の1例. 東京産科婦人科学会会誌 2016; 65(3): 602-606.

25) 飯田 泰志, 上田 和, 田畑 潤哉, 黒田 高史, 永吉 陽子, 鳴井 千景, 丸田 剛徳, 川畑 絢子, 嘉屋 隆介, 關 壽之, 矢内原 臨, 岡本 愛光. 腹腔鏡下子宮体癌根治術後の病理組織検査で卵巣癌が発見された重複癌の1例. 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2016; 31(2): 455-459.

26) 鈴木 美智子, 佐村 修, 高谷 明秀, 佐藤 泰輔, 堀谷 まどか, 上出 泰山, 伊藤 怜司, 青木 宏明, 種元 智洋, 矢内原 臨, 小林 正久, 杉本 公平, 小林 博司, 大浦 訓章, 岡本 愛光. 羊水細胞染色体検査で過剰マーカー染色体を認め、FISH解析、染色体マイクロアレイ解析を追加実施した一例. 日本遺伝カウンセリング学会誌 2016; 37(3): 135-141.

27) 武藤 美紀, 柳田 聡, 後藤 ちひろ, 田中 昌哉, 大和田 彬子, 佐藤 琢磨, 野口 大斗, 鳴井 千景, 黒田 浩, 田中 邦治, 礒西 成治. 卵巣腫瘍と鑑別困難であった結腸間膜に発生したミュラー管組織由来と考えられる粘液性境界悪性腫瘍の1例. 東京産科婦人科学会会誌 2016; 65(2): 320-324.

28) 田中 昌哉, 關 壽之, 武藤 美紀, 上井 美里, 後藤 ちひろ, 佐藤 琢磨, 森本 恵爾, 黒田 浩, 田中 邦治, 柳田 聡, 礒西 成治. 卵巣明細胞境界悪性腫瘍の1例. 東京産科婦人科学会会誌 2016; 65(3): 520-524.

29) 小曽根 浩一, 廣瀬 宗, 白石 絵莉子, 野口 大斗, 黒田 高史, 駒崎 裕美, 鈴木 二郎, 平田 幸広, 丸田 剛徳, 江澤 正浩, 田部 宏, 高野 浩邦. 臨床経過により診断に至った全腹腔鏡下子宮全摘術後に発生した腟断端子宮内膜症の一例. 千葉県産科婦人科医学会雑誌 2017; 10(2): 122-127.

【II. 総説】

1) 種元 智洋, 田畑 潤哉, 小西 晶子, 井上 桃子, 鈴木 美智子, 青木 宏明, 北井 里実, 佐村 修, 岡本 愛光. 【産婦人科病態への血管の診断と治療【診断編】】 前置癒着胎盤の診断. 産婦人科の実際 2016; 65(8):933-941

2) 青木 宏明. 【周産期で必要なくすり まず押さえるべき35】 乳汁分泌抑制薬 カバサール パーロデル. ペリネイタルケア 2016; 35(4):369-371

3) 恩田 威一, 横溝 陵, 小田嶋 俊, 田沼 有希子. 【周産期管理がぐっとうまくなる!ハイリスク妊娠の外来診療パーフェクトブック】 産科合併症の管理 妊娠悪阻. 産婦人科の実際 2016; 65(10):1199-1208

4) 飯田 泰志. 【婦人科腫瘍の遺伝診療】 BRCA/BRCAness. 産婦人科の実際 2016; 65(6):667-671

5) 横溝 陵, 矢内原 臨, 岡本 愛光. 【婦人科腫瘍の遺伝診療】 Microsatellite instability. 産婦人科の実際 2016;65(6):725-729

6) 佐村 修. 【正常の確認と異常への対応を究める! 妊婦健診と保健指導パーフェクトブック 妊娠期別ガイド】(第1部)ローリスク妊娠編 妊娠初期(〜12週未満) 無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT). ペリネイタルケア 2016; (2016夏季増刊):100-103

7) 平田 幸広, 矢内原 臨, 岡本 愛光. 【糖尿病が女性ヘルスケア・がんに与えるリスク】 糖尿病と婦人科がん 糖尿病が卵巣がんの病態・予後に与えるリスク. 臨床婦人科産科 2016; 70(5):411-416

8) 佐村 修. 生命倫理に関するもの 出生前診断と医療倫理. 東京産婦人科医会誌 2017; (49): 48-53.

9) 青木 宏明, 仲村 将光. わが国における切迫早産に対する管理の問題点 切迫早産へのエビデンスのない過剰な医療により妊婦のQOLを下げている可能性がある. 日本医事新報 2017; (4844): 58-59.

10) 杉本 公平, 岡本 愛光.【現代女性のメンタルヘルス】 不妊症とメンタルヘルス. 産婦人科の実際 2017;66(3):299-304

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
○平成29年度 科学研究費 基盤研究(C)
出生前検査における過剰マーカー染色体の由来と表現型の関係
研究代表者 佐村修
○基盤研究(C)  平成28-30年度
卵巣癌の早期診断・予後予測・分子治療を目指した包括的癌関連microRNA解析
代表研究者 矢内原臨
○平成29年度おぎゃー献金研究費補助費
母体血中胎児細胞を用いた非侵襲的な新しい胎児機能評価法の確立
研究責任者 教授 岡本愛光
▲ このページのトップへ
その他
臨床統計
2015 本院 葛飾 第三
分娩数 早産 89 12 26 73
正期産 701 306 248 350
過期産 2 0 0 0
分娩総数 795 318 274 423
単胎/双胎 単胎 777 315 270 403
双胎 16(1) 3 4 20
分娩様式 帝王切開(%) 272(34.3%) 89(27.9%) 85(31.0%) 182(43.0%)
鉗子分娩(%) 7(0.9%) 0(0.0%) 0(0.0%) 1(0.2%)
吸引分娩(%) 96(12.1%) 28(8.9%) 10(3.6%) 44(10.4%)
母体搬送 受入数 69 15 29 49
2015 本院 葛飾 第三 合計
卵巣がん 37 24 21 77 159
卵巣境界悪性腫瘍 27 10 8 24 69
子宮頸がん 32 21 10 90 153
上皮内がん 14 22 4 18 58
子宮体がん 49 38 20 70 177
子宮内膜異型増殖症 0 5 3 3 11
その他 5 8 5 11 29
悪性腫瘍総数 164 128 71 293 656
2015 手術症例数 本院 葛飾 第三 合計
悪性腫瘍 開腹手術 155 105 81 203 544
その他 33 29 7 30 99
188 134 88 233 643
良性腫瘍 開腹手術 237 273 141 402 1053
腹腔鏡手術 224 273 85 133 528
その他 9 87 26 107 229
470 446 252 642 1870
日帰り 224 74 71 90 459
手術総数 902 654 411 965 2932
産科手術を除く
生殖・内分泌症例数 (2015)
初診患者数
不妊症 152(人)
不育症 123(人)
その他(手術患者など) 176(人)
外来処置件数
人工授精(AIH) 468(周期)
採卵 193(周期)
胚移植(新鮮胚移植+凍結融解胚移植) 239(周期)
子宮卵管造影(HSG) 154(件)
子宮鏡検査 27(件)
不育症患者・免疫療法 25(人)
精子凍結(TESEを含む) 34(件)
2014 本院 葛飾 第三
分娩数 早産
(22w〜36w)
126 9 30 44
正期産
(37w〜41w)
769 341 240 418
過期産
(42w〜)
0 0 0 3
分娩総数 895 350 270 462
単胎/双胎 単胎 801 350 264 440
双胎 33(品胎1例) 0 6 22
分娩様式 帝王切開(%) 286(32.0%) 93(26.6%) 76(28.1%) 201(43.5%)
鉗子分娩(%) 6(0.6%) 0(0%) 0(0%) 2(0.4%)
吸引分娩(%) 130(14.5%) 17(4.9%) 16(5.9%) 30(6.1%)
母体搬送 受入数 81 12 21 26
2014 本院 葛飾 第三 合計
卵巣がん 33 28 14 69 144
卵巣境界悪性腫瘍 21 10 5 21 57
子宮頸がん 29 24 15 57 125
上皮内がん 15 14 3 23 55
子宮体がん 58 27 32 77 194
子宮内膜異型増殖症 1 3 1 13 18
その他 13 5 7 24 49
悪性腫瘍総数 170 111 77 284 642
2014 本院 葛飾 第三 合計
悪性腫瘍 開腹 147 90 70 268 575
その他 42 16 4 51 113
189 106 74 319 688
良性腫瘍 開腹 214 213 140 277 844
腹腔鏡 227 58 49 154 488
その他 19 112 14 196 341
460 383 203 627 1673
日帰り 254 50 68 0 372
手術総数 903 539 345 946 2733
産科手術を除く
2014
初診患者数
不妊症 140(人)
不育症 151(人)
その他(手術患者など) 114(人)
外来処置件数
人工授精(AIH) 366(周期)
採卵 152(周期)
胚移植(新鮮胚移植+凍結融解胚移植) 225(周期)
子宮卵管造影(HSG) 97(件)
子宮鏡検査 4(件)
不育症患者・免疫療法 21(件)
精子凍結(TESEを含む) 29(件)
東京慈恵会医科大学 産科
http://www.jikei-boshi.jp/department/obstetrics_and_gynecology/obstetrics_and_gynecology.html

東京慈恵会医科大学 生殖内分泌
http://www.jikei-boshi.jp/outpatients/speciality/obstetrical/sterility.html

東京慈恵会医科大学 不育症
http://www.jikei-boshi.jp/outpatients/speciality/obstetrical/miscarriage.html
▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 産婦人科学講座
http://www.jikei-obgyn.jp/
▲ このページのトップへ