教授 常岡 寛教授写真

敷島 敬悟
郡司 久人
准教授 高橋 現一郎
中野 匡
渡辺 朗
酒井 勉
林 孝彰
講師 柴 琢也
久米川 浩一
増田 洋一郎
加畑 好章
後藤 聡
大熊 康弘
月花 環
講座(研究室)の概要
 明治24年4月、初代宮下俊吉教授の就任で東京慈恵会医科大学眼科学教室の歴 史の幕が開かれました。その後、第二代日高昴教授、第三代村上俊泰教授、第四代大橋孝平教授、第五代舩橋知也教授、第六代松崎浩教授、第七代北原健二教授らに引き継がれ、平成19年4月より、現職の第八代常岡寛教授のもと、八十余名の在籍医局員のチームワークで、あらゆる眼疾患に対応できる体制を整えています。
医学科教育について
 慈恵医大眼科は、すべての分野で専門医がおり、基本的事項の教育を洩れなく受 けることができます。系統講義は、眼科一般検査に始まり、眼球運動、瞳孔、ぶ どう膜炎、斜視弱視、角結膜疾患、緑内障、網膜疾患、白内障、視神経症、眼窩 疾患など眼科学の全分野にわたり網羅して詳細に行われております。 当科はわが国でも有数な外来患者数ならびに手術件数を誇る診療科です。臨床 実習では、各専門外来で指導医のもと、基本的な検査手技、多彩な症例、多数 の手術見学の経験が積めます。また、手術用顕微鏡下でのマイクロサージェリー を、豚眼を使用して、実際に体験してもらいます。
大学院教育・研究について
 慈恵医大眼科は、わが国でも有数な外来患者数ならびに手術件数を誇る診療科で、 各専門分野の指導医のもとに最先端の医療を提供しています。このような豊富な スタッフと症例数を背景に、「視覚情報処理機構の生理・病態に関する研究」を 主テーマとして、眼科領域全般にわたる幅広い分野において、診断・治療に直結 した基礎的・臨床的研究が行われていることが特徴です。 最初は、近年の研究動向や展望を掌握し、将来の研究への礎とするため、眼解剖 組織学、眼病理学、眼免疫学、眼光学、眼生理学、電気生理学、眼疫学手法に関 する研究領域の基本事項を修得してもらい、眼科領域全般にわたる研究意義の本 質を考える能力を培います。その後、各専門領域の研究班において研究計画を立 案し、問題点を抽出し考案する能力を養います。日々の診察から課題を見出し、 各自の研究の成果を診察にフィードバック出来ることを目標とします。 また、海外、国内の多くの研究施設に留学生を派遣し、国内外の施設との共同研 究も精力的に行っています。
講座(研究室)からのメッセージ
 本学眼科学講座は、各専門外来において非常に多くの臨床研究を行っていますが、 眼科の広い分野で臨床に直結した基礎研究も積極的に行っています。海外及び国 内の大学や研究施設とタイアップして、視機能、遺伝子、免疫、放射線医学など に関連する研究を活発に行い、各専門学会で多数の発表を行っています。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年
臨床医学 I(医学科4年)ユニット「眼」
実習科目名称と対象学年

臨床医学 II(医学科5年)ユニット「臨床実習 眼科」
選択実習(医学科6年)

▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
眼科学
眼科学総論(前期)(常岡教授)
眼科学総論(後期)(敷島教授)
眼科学特論(後期)(中野、酒井、林、柴、各講師)
眼科学演習 I(常岡、敷島、各教授)
眼科学演習 II(中野、酒井、林、柴、各講師)
眼科学実習(常岡、敷島各教授、渡辺(朗)、各講師)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
Ⅰ.白内障に関する研究
極小切開白内障手術の視機能についての研究
多焦点眼内レンズ挿入眼の視機能についての研究
乱視矯正眼内レンズ挿入眼の視機能についての研究
小切開創眼内レンズ縫着術の開発
角膜内皮細胞移植手術併用白内障手術の開発
角膜形状解析装置を用いた眼内レンズ度数計算方法の研究
フェムトセカンドレーザー白内障手術についての研究
Ⅱ.眼腫瘍・病理・形態に関する研究
 
角膜上皮内癌に対する5-FUパルス点眼療法の研究
外眼部腫瘍の臨床所見、眼病理に関する統計解析
眼内悪性リンパ腫と眼瞼脂腺癌の多施設共同解析
眼内悪性リンパ腫の細胞診、免疫学的検索、遺伝子検査による評価
IgG4関連眼疾患の全国調査に関する他施設共同研究

視神経鞘髄膜腫の診断と新しい定位放射線治療(IMRT)の有効性に関する研究

Ⅲ.神経眼科に関する研究
 
小動物用超高磁場MRIによる視神経疾患の病態解析
非動脈炎性虚血性視神経症に対するウノプロストン点眼治療の有効性に関する多施設共同RCT試験
抗AQP-4抗体陽性視神経炎の疾患感受性遺伝子のゲノムワイド解析

抗AQP-4抗体陽性視神経炎と抗MOG抗体陽性視神経炎の臨床像についての多施設共同研究

難治性視神経症に対する新しい治療法の開発

Leber 遺伝性視神経症の病態解析と全国疫学調査

拡散テンソル画像によるMeyer’s loopの評価
Ⅳ.視覚神経心理に関する研究
  1fMRIを用いたヒト視覚機能のメカニズムの解明
Ⅴ.視覚脳機能画像に関する研究
 
1) fMRIとMRI拡散強調画像を用いた緑内障症例のデータ解析
2) fMRIを用いた近視と正視群の視覚刺激に対する脳賦活の研究
3) fMRIを用いた両眼加重現象と斜視患者における脳賦活の研究
Ⅵ.緑内障に関する研究
 
角膜形状解析装置による緑内障手術の評価
緑内障点眼薬の眼圧下降効果と使用感についての検討
緑内障スクリーニング法の開発
OCTによる緑内障判定法の確立
各種緑内障治療薬の臨床研究
緑内障患者の性格傾向とアドビアランスの関連性
機能選択的視野検査による早期緑内障の検出精度
Ⅶ.遺伝子診療・分子生物学に関する研究
 
Occult macular dystrophyなどの黄斑ジストロフィに対する黄斑部局所網膜電図および多局所網膜電図を用いた視機能評価と遺伝子型の関連性について
常染色体優性網膜色素変性症の遺伝子解析 (多施設共同研究)
Enhanced S-cone syndromeに対する色刺激網膜電図(S-cone ERG)解析と遺伝子診断
単一遺伝子が原因による遺伝性網脈絡膜疾患の遺伝子診断
常染色体優性視神経萎縮に対するOPA1, OPA3遺伝子診断
加齢黄斑変性症の疾患感受性遺伝子の多型解析(多施設共同研究)
先天色覚異常、全色盲の遺伝子解析
家族性滲出性硝子体網膜症に対する遺伝子解析(多施設共同研究)
Ⅷ.生化学に関する研究
 
加齢黄斑変性およびぶどう膜炎の発症進展における血中および眼内液中のサイトカイン・ケモカインの影響
加齢黄斑変性におけるプロテオミクスによるバイオマーカーの探索
加齢黄斑変性および網膜変性における炎症をターゲットとした新規治療戦略の解明
Ⅸ.ぶどう膜に関する研究
 
ベーチェット病における遺伝子多型解析と表現型との関連性
Vogt-小柳-原田病(VKH)の原因遺伝子の探索(多施設共同研究)
視細胞の細胞死を伴う慢性型ぶどう膜炎に対する治療戦略
実験的自己免疫性ぶどう膜炎に対するナノステロイド・ナノシクロスポリンの治療効果
VKHの治療に関する多施設共同前向き臨床試験
Ⅹ.黄斑に関する研究
 
加齢性黄斑変性症とエンドセリンに関する研究
滲出型加齢黄斑変性に対するアフリベルセプトの有効性を検討する研究
中心性漿液性脈絡網膜症における血中セロトニン測定
網膜外層障害を呈する網脈絡膜疾患における抗網膜抗体の検出と臨床所見との関連
網脈絡膜および視神経の循環障害および炎症が関与する眼疾患の画像および機能評価
▲ このページのトップへ
主な業績

1.Tsuneoka H,Shiba T,Takahashi Y.Feasibility of ultrasound cataract surgery with a 1.4 mm incision.Journal of Cataract and   Refractive Surgery 2001;27:934−40.


2.Shikishima K, Kawai K, Kitahara K. Pathological evaluation of orbital tumours in Japan: analysis of a large case series and 1379   casesreported in the Japanese literature. Clin Experiment Ophthalmol 2006; 34: 239-44.


3. Nakano T, Tatemichi M, Miura Y, Sugita M, Kitahara K. Long-term Physiological Changes of Intraocular Pressure: A 10-year   Longitudinal Analysis in Young and Middle-aged Healthy Population of Japanese Men. Ophthalmology 2005; 51:43-51.


4.Yoshida M, Ida M, Nguyen TH, Iba-Zizen MT, Bellinger L, Stievenart JL, Nagao T, Kikuchi S, Hara T, Shiba T, Kitahara K, Cabanis   EA. Resolution of homonymous visual field loss documented with functional magnetic resonance and diffusion tensor imaging. J   Neuro-ophthalmol. 2006; 26: 11-17.


5.Watanabe A, Shibata T, Ozaki M, Okano K, Kouzaki K, Tsuneoka H. Change in anterior chamber depth followingcombined pars plana   vitrectomy, phacoemulsification, and intraocular lensimplantation using different types of intraocular lenses. Jpn J Ophthalmol. 54   383-386 2010.


6.Takeuchi T, Hayashi T, Bedell M, Zhang K, Yamada H, Tsuneoka H.A novel haplotype with the R345W mutation in the EFEMP1   gene associated with aut osomal dominant drusen in a Japanese family.Invest Ophthalmol Vis Sci. 2010 Mar;51(3):1643-50.


7.Kuniyoshi K, Hayashi T, Sakuramoto H, Nakao A, Sato T, Utsumi T, Tsuneoka H, Shimomura Y. Novel mutations in enhanced S-  cone syndrome. Ophthalmology 2013 ; 120 : 431.e1-6.


8.Sakai T, Ishihara T, Higaki M, Akiyama G, Tsuneoka H. Therapeutic effect of stealth-type polymeric nanoparticles with   encapsulated betamethasone phosphate on experimental autoimmune uveoretinitis. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2011;52:1516-1521.


9.Sakai T, Matsushima M, Tsuneoka H. Endothelin-1 in Neovascular AMD. Ophthalmology 2011;118:1217.

10.Sakai T, Watanabe H, Kuroyanagi K, Akiyama G, Okano K, Kohno H, Tsuneoka H. Health- and vision-related quality of life in   patients receiving infliximab therapy for Behcet uveitis. Br J Ophthalmol. 2013 (Epub ahead of print).


11.Kuroyanagi K, Sakai T, Kasai K, Tsuneoka H. Spectral domain optical coherence tomography and angiographic findings in multifocal posterior pigment epitheliopathy treated with low-fluence photodynamic therapy. Clin Exp Optom. 2012

12.Japanese study group (Shikishima K) of IgG4-related ophthalmic disease. A prevalence study of IgG4-related ophthalmic   disease in Japan. Jpn J Ophthalmol 2013; 57: 573-9.


13.Sakai T, Shikishima K, Matsushima M, Tsuneoka H. Genetic polymorphisms associated with endothelial function in nonarteritic   anterior ischemic optic neuropathy. Mol Vis 2013; 19: 213-9.


14.Katagiri S,Yoshitake K,Akahori M,Hayashi T,Furuno M,Nishino J,et al. Whole-exome sequencing identifies a novel ALMS1   mutation (Q2051X) in two Japanese bothers with Alström Syndrome.Mol Vis 2013; 19: 2393-406.


15.Ogasawara M,Matsumoto Y,Hayashi T,Ohno K,Yamada H,Kawakita T,et al.KRT12 mutations and in vivo confocal   microscopy in two Japanese families with Meesmann corneal dystrophy.Am J Ophthalmol 2014; 157: 93-102.


16.Katagiri S,Akahori M,Sergeev Y,Yoshitake K,Ikeo K,Furuno M,et al. Whole exome analysis identifies frequent CNGA1   mutations in Japanese population with autosomal recessive retinitis pigmentosa.PLoS One 2014; 30; 9: e108721.

 

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

○文部科学省科学研究費補助金「杆体一色型色覚の表現型と遺伝子型の関連性についての研究」(林孝彰)
○独立行政法人日本学術振興会科学研究費補助金「ヒトの視覚野における高空間分解機能的磁気共鳴イメージング(fMRI)の研究」

  (吉田正樹)

○文部科学省科研費、基盤研究C「網膜ジストロフィにおける遺伝子異常と疾患表現型の相関研究」(林孝彰)
○文部科学省・科学研究費補助金(特別研究員奨励費)「輝度情報処理のダイナミズムと羞明のメカニズムの解明」(堀口浩史)
○文部科学省 科学研究費 基盤研究 (C)「網膜色素変性に対する分子遺伝学的研究」(林孝彰)
○厚生労働省科学研究費「遺伝性網脈絡膜疾患の生体試料の収集・管理・提供と病態解明」 (代表:岩田岳、分担:林孝彰)

○文部科学省科学研究費 若手研究(B)「チン小帯脆弱の他覚的非侵襲診断法の確立」(小川智一郎)

○文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「安定同位体医学応用研究基盤拠点(SI医学応用研究基盤拠点)の形成」

  (松藤千弥)「プロテオミクス解析による加齢黄斑変性のバイオマーカーの探索」(酒井勉)

○文部科学省科学研究費 研究活動スタート支援「網膜変性における炎症をターゲットとした新規治療戦略の解明」(神野英生)

○文部科学省科学研究費 若手研究(B)「 CCL3-CCR5ケモカイン経路に着目した網膜変性における新規治療戦略の開発」(神野英生)

○文部科学省科学研究費 若手研究(B)「視細胞の網膜死を伴う慢性型ぶどう膜炎に対する治療戦略」(岡野喜一朗)

○厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等政策研究事業)「神経免疫学的視点による難治性視神経炎の診断基準作成」(敷島敬悟)



▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 眼科学講座
http://www.jikei-eye.com/index.html
▲ このページのトップへ