教授 小島 博己教授写真

鴻 信義
准教授 波多野 篤
飯田 誠
山本 裕
講師 清野 洋一
浅香 大也
近澤 仁志
飯村 慈朗
福田 智美
濱 孝憲
助教 27名
大学院生 5名
その他 時短勤務:2名
関連病院:31名
海外留学:3名
国内留学:4名
レジデント:32名
産休・育休:3名
言語聴覚士:4名
研究技術員:1名
研究補助員:2名
講座(研究室)の概要
 本学の歴史は、高木兼寛により、明治14年(1881)5月1日、東京慈恵会医科大学の前身・成医会講習所を開設され、日本最古の私立医学校を創設されました。
当教室は金杉英五郎先生が明治25年(1892)9月に東京慈恵医院医学校において耳科・鼻咽喉科学の講座を開設され、日本で最初の耳鼻咽喉科を一つにまとめた専門科を標榜しました。
初代金杉英五郎教授、二代目佐藤敏夫教授、三代目佐藤重一教授、四代目高橋良教授、五代目本多芳男教授、六代目森山寛教授を経て、平成25年より小島博己教授が着任しております。
また明治26年、金杉先生と同志により「耳鼻咽喉科雑誌」が刊行され、日本耳鼻咽喉科学会の機関誌となりましたが、当教室では昭和32年に「耳鼻咽喉科展望」を創刊して以来、耳鼻咽喉科実地医家の向上を目的に発刊しています。
そして、約20年前から全国の大学や病院からの医師が参加する「内視鏡下鼻内手術の研修会」と「中耳の手術研修会」を年に1回ずつ開催し、先端医療の普及に努めています。さらにアジア(韓国、台湾、カンボジア)の医師に対しても年1回の内視鏡下手術研修会を開くなど国際的な貢献を果たしています。
医学科教育について
  耳鼻咽喉科学の講義では耳鼻咽喉頭・頭頸部領域に関しての基礎的な解剖学、生理学などの総論から各疾患の病態生理から治療方法までを中心とした各論まで総合的に理解を深められるようにしています。
臨床実習では外来、病棟、手術などを総合的に経験し、各自担当症例を割り振られ疾患理解を深めるように工夫されています。
大学院教育・研究について
 臨床では耳科領域(慢性中耳炎、滲出性中耳炎、難聴、神経耳科、耳管)、鼻科領域(鼻副鼻腔、アレルギー)、喉頭領域(音声、嚥下)、睡眠時無呼吸、頭頸部腫瘍などの研究班による幅広い活動を行っています。
大学院での共通カリキュラムでは実験動物やアイソトープの取り扱い方、また遺伝子操作研究法や形態学研究法、免疫学的研究法の基礎を学び、選択カリキュラムではそれぞれの指導教官のもとでそれぞれテーマにそって、基礎系のテーマの学生は実験し、臨床系のテーマの学生は臨床統計をとり論文を作成しています。
講座(研究室)からのメッセージ
 当教室は総医局員数が130名をこえる大きな医局であり、4つの附属病院と多くの関連病院へ勤務しております。特に本院では専門性を高めた診療を中心に行なっており、手術件数も年間1600件をこえております。ここ最近は入局者数が毎年10名を超えており、他大学からの入局者も増えております。マンパワーがあること、また明るい医局員が多いこともあり、非常に活気のある教室です。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年
耳鼻咽喉科・頭頸部外科(医学部4年生)
実習科目名称と対象学年
臨床医学演習(医学部4年生)
基本的臨床技能実習(医学部4年生)
臨床実習(医学部5年・6年生
▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
耳鼻咽喉科・頭頸部外科学(小島 博己)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
耳班(中耳炎担当)
真珠腫の発症・進展機序の解明と予防
手術治療と術後成績(聴力成績および再発率)の検討
病態による術式の選択
中耳粘膜再生(細胞シートを用いた新たな術式の開発)
真珠腫遺残上皮を標的とした遺伝子治療
バーチャルリアリティー技術を用いたナビゲーションシステムの開発
頭蓋底手術における手術法の研究
耳班(滲出性中耳炎担当)
 
中耳含気腔圧と滲出性中耳炎の予後の検討
成人の滲出性中耳炎の病態解明についての検討
好酸球性中耳炎の病態に関する研究
耳班(難聴担当)
 
代謝異常疾患の内耳生理
遺伝子難聴の解析
神経耳科班
 
前庭誘発筋電位(VEMP)による球形の機能評価
BPPVに対する理学療法
脳血流SPECTを用いたeZIS解析
鼻副鼻腔班
 
鼻副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻内手術(ESS)の症例および術後経過に関する前向き研究
立体内視鏡画像とステレオナビゲーションとを重畳表示させるハイテクナビゲーション手術
嗅覚障害患者に対する病態究明と治療方法の開発
頭蓋底手術および通常の内視鏡下手術トレーニングと新しい術式の検討
慢性副鼻腔炎術後急性増悪に対する治療に関する研究
アレルギー性鼻炎患者の鼻汁および血清中におけるIL-33の発現解析
頭頸部腫瘍班
 
頭頸部癌におけるEGFRの発現解析
ヒト乳頭腫ウィルス(HPV)と頭頸部癌の関連に関する研究とその臨床応用
喉頭班
 
音声外科手術
痙攣性発声障害の診断と治療
嚥下障害の評価と治療
Sleep Apnea班
 
アレルギー性鼻炎と睡眠障害
遠隔睡眠医療の拡充
成人OSASに対する新しい外科治療に加え多くの診療科の知識の統合をめざす
小児OSASにおける手術治療および保存治療の有用性
UPPPの効果と適応に関する研究
▲ このページのトップへ
主な業績

1. Komori M, Yamamoto Y, Yaguchi Y, Ikezono T, Kojima H. Cochlin-tomoprotein test and hearing outcomes in surgically treated true idiopathic perilymph fistula. Acta Otolaryngol. 2016 Apr;8:1-4.


2. Ando Y, Chiba S, Capasso R, Okushi T, Kojima H, Otori N, Wada K. Risk factors for sleep impairment in adult patients with chronic rhinosinusitis. Auris Nasus Larynx. 2016 Aug;43(4):418-21.


3. Iimura J, Hatano A, Ando Y, Arai C, Arai S, Shigeta Y, Kojima H, Otori N, Wada K. Study of hemostasis procedures for posterior epistaxis. Auris Nasus Larynx. 2016 Jun;43(3):298-303.


4. Uchimizu H, Matsuwaki Y, Kato M, Otori N, Kojima H. Eosinophil-derived neurotoxin, elastase, and cytokine profile in effusion from eosinophilic otitis media. Allergol Int. 2015 Sep;64 Suppl:S18-23.


5. Wada K, Moriyama H, Edamatsu H, Hama T, Arai C, Kojima H, Otori N, Yanagi K. Identification of Onodi cell and new classification of sphenoid sinus for endoscopic sinus surgery. Int Forum Allergy Rhinol. 2015 Nov;5(11):1068-76.


6. Hama T, Yamamoto K, Yaguchi Y, Murakami D, Sasaki H, Yamato M, Okano T, Kojima H. Autologous human nasal epithelial cell sheet using temperature-responsive culture insert for transplantation after middle ear surgery. J Tissue Eng Regen Med. 2015 Apr 7.


7. Orlandi RR, Kingdom TT, Hwang PH, Smith TL, Alt JA, Baroody FM, Batra PS, Bernal-Sprekelsen M, Bhattacharyya N, Chandra RK, Chiu A, Citardi MJ, Cohen NA, DelGaudio J, Desrosiers M, Dhong HJ, Douglas R, Ferguson B, Fokkens WJ, Georgalas C, Goldberg A, Gosepath J, Hamilos DL, Han JK, Harvey R, Hellings P, Hopkins C, Jankowski R, Javer AR, Kern R, Kountakis S, Kowalski ML, Lane A, Lanza DC, Lebowitz R, Lee HM, Lin SY, Lund V, Luong A, Mann W, Marple BF, McMains KC, Metson R, Naclerio R, Nayak JV, Otori N, Palmer JN, Parikh SR, Passali D, Peters A, Piccirillo J, Poetker DM, Psaltis AJ, Ramadan HH, Ramakrishnan VR, Riechelmann H, Roh HJ, Rudmik L, Sacks R, Schlosser RJ, Senior BA, Sindwani R, Stankiewicz JA, Stewart M, Tan BK, Toskala E, Voegels R, Wang de Y, Weitzel EK, Wise S, Woodworth BA, Wormald PJ, Wright ED, Zhou B, Kennedy DW. International Consensus Statement on Allergy and Rhinology: Rhinosinusitis. Int Forum Allergy Rhinol. 2016 Feb;6 Suppl 1:S22-S209.


8. Tokunaga T, Sakashita M, Haruna T, Asaka D, Takeno S, Ikeda H, Nakayama T, Seki N, Ito S, Murata J, Sakuma Y, Yoshida N, Terada T, Morikura I, Sakaida H, Kondo K, Teraguchi K, Okano M, Otori N, Yoshikawa M, Hirakawa K, Haruna S, Himi T, Ikeda K, Ishitoya J, Iino Y, Kawata R, Kawauchi H, Kobayashi M, Yamasoba T, Miwa T, Urashima M, Tamari M, Noguchi E, Ninomiya T, Imoto Y, Morikawa T, Tomita K, Takabayashi T, Fujieda S. Novel scoring system and algorithm for classifying chronic rhinosinusitis: the JESREC Study. Allergy. 2015 Aug;70(8):995-1003.

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

1) 小島博己. 2016年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C
  (ア) 課題番号15K10766「細胞シート技術を用いた難治性中耳疾患に対する粘膜再生医療の開発」


2) 櫻井結華. 2016年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C
  (ア) 課題番号15K10765「汎用性のある内耳特異的ノックアウトマウス作製法の開発」


3) 浅香大也. 2016年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C
  (ア) 課題番号26462587「好酸球性副鼻腔炎における新規バイオマーカーの同定―エンドタイプの確立を目指して―」


4) 福田智美. 2016年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C
  (ア) 課題番号25462647「新動物モデルを用いた真珠腫性中耳炎のエピジェネティクス制御機構解明と治療への応用」


5) 福田智美. 2016年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C
  (ア) 課題番号16K11186「中耳真珠腫発症機序へのメカノトランスダクション誘導性YAP関与の解明と治療応用」


6) 濱孝憲. 2016年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C
  (ア) 課題番号26462624「頭頸部癌における抗体依存性細胞傷害活性と癌免疫監視機構に関する研究」


7) 山本和央. 2016年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C
  (ア) 課題番号16K11198「細胞シート移植を用いた中耳粘膜再生医療の実現」


8) 森恵莉. 2016年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B
  (ア) 課題番号16K21392「小児嗅覚検査の開発」


9) 遠藤朝則. 2016年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B
  (ア) 課題番号16K20282「スギ花粉症緩和米による免疫療法確立を目的とした経口免疫寛容誘導機構の解明」


10) 大村和弘. 2016年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B
  (ア) 課題番号16K21391「鼻粘膜における創傷治癒促進因子の解明 及び 細胞シートによる新しい治療法の確立」


11) 杉本直基. 2016年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B
  (ア) 課題番号16K20281「好酸球性副鼻腔炎における自然免疫と獲得免疫の制御機構の解明」


12) 宇野匡祐. 2016年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B
  (ア) 課題番号15K20232「慢性副鼻腔炎における自然免疫リンパ球の関与について」

▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 耳鼻咽喉科学教室
http://www.jikei-ent.com/

耳鼻咽喉科展望会
http://www.jibitenbou.gr.jp/
▲ このページのトップへ