教授

上園 晶一教授写真

近江 禎子
下山 直人
木山 秀哉

坪川 恒久

下山 恵美

准教授

瀧浪 將典

北原 雅樹

近藤 一郎

鈴木 昭広

三尾 寧

内野 滋彦

講師

庄司 和広

鹿瀬 陽一

肥田野 求実

久保田 敬乃

須永 宏

木田 康太郎

小島 圭子

照井貴子

講座(研究室)の概要
 昭和44年開講。日本では最も古い歴史をもつ麻酔科学講座のなかの一つ。現在は、本院における4つの診療部(麻酔部、集中治療部、ペインクリニック、緩和医療)と附属3病院の麻酔部を、約100人の医局員でカバーしています。この大学所属医局員数は、日本では最大規模を誇っています。海外への留学(臨床と研究)も積極的に斡旋しており、現在4名の医局員が海外で研鑽しています。
医学科教育について
 4年生に対し、麻酔の総論的な講義(計6回)と心肺蘇生の実習を行っています。さらに、5年生全員に対して1週間の臨床実習を、6年生の希望者に対して1ヶ月の選択実習を、それぞれ行っています。
大学院教育・研究について
 大学院進学者は、基本的に自分の研究テーマにあった基礎系講座に配属されます。過去3年間をみると、解剖学講座、細胞生理学講座、神経生理学研究室にて研究を行っています。大学院生の場合、臨床のdutyはありません。
講座(研究室)からのメッセージ
麻酔科学講座には、physician-scientistを目指す麻酔科医を育てようとする環境があります。未来の麻酔科学をリードしようという意欲ある方を求めています。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年
麻酔蘇生医学(医学科4年生)
和漢薬概論(医学科3年生) 基本的臨床技能実習(医学科4年生)
実習科目名称と対象学年
臨床実習(医学科5年生)
選択実習(医学科6年生)
▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
麻酔科学・侵襲防御医学

麻酔科学総論(前期)(上園晶一、坪川恒久、北原雅樹、瀧浪将典)
麻酔科学総論(後期)(上園晶一、坪川恒久、北原雅樹、瀧浪将典)
麻酔科学演習I (上園晶一、木山、瀧浪将典)
麻酔科学演習II (上園晶一、木山秀哉、瀧浪将典)
麻酔科学実習 (上園晶一、木山秀哉、瀧浪将典)

 

緩和医療学

緩和医療学総論I(前期)(下山直人)
緩和医療学総論 II(後期)(下山直人)
緩和医療学演習(下山直人)
緩和医療学演習(下山直人)

▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
教育・研究概要
1.
  1. 遊離皮弁手術における周術期目標指向型輸液療法の前向き研究
2.
  1. 中枢神経系に及ぼす筋弛緩薬の作用機序の解明
3.
  1. 肝・腎臓における虚血再灌流障害に対する周術期使用薬による保護効果の機序に関する研究
4.
  1. 小児におけるメインストリーム方式CO2センサキット付酸素マスクを使用した呼気二酸化炭素分圧値と血中二酸化炭素分圧値との比較検討
5.
  1. 帝王切開術の術後痛の程度及び術後遷延痛の発生に関わる因子の同定
6.
  1. 専用透析液を使用したクエン酸による持続血液透析の開発
7.
  1. 急性腎傷害患者の尿中バイオマーカーの推移と治療評価
8.
  1. 当院集中治療室における人工呼吸器関連事象の発生調査と予後の検討
9.
  1. 慢性疼痛痛患者に対する集学的治療の有効性
10.
  1. 神経障害性疼痛の正診率、至適治療率の調査
11.
  1. 慢性疼痛患者に対する認知行動療法の効果
12.
  1. アセトアミノフェン静注薬投与によるIVPCAモルヒネ使用量と副作用発現の後ろ向き調査
13. 集中治療専従医配置による患者入院期間への影響
14.
  1. 乳房手術における単回傍脊椎神経ブロックの有用性に関する検討
15.
  1. 全身麻酔導入時循環動態管理における術前体内水分量測定の有用性
16.
  1. 全身麻酔下乳腺外科手術における術前経口補水両方の安全性と補水効果の検討
17.
  1. 化学療法惹起性神経障害性疼痛の治療法および予防法の開発
18. オピオイド性鎮痛薬の鎮痛特性の比較
19.
  1. がん性腹膜炎の痛み、苦痛の評価、および治療法の開発
20.
  1. 化学療法惹起性神経障害性疼痛の治療法の標準化
21.
  1. がん性腹膜炎による腹水に対してのKM-CART
22.
  1. メサドンに神経障害性疼痛に対する有効性に関する研究
23.
  1. オピオイド即効性製剤の利点、欠点に関する研究
▲ このページのトップへ
主な業績

(2015年 英文論文のみ)

1. Arii T, Uchino S, Kubo Y, Kiyama S, Uezono S. Radiation exposure to anaesthetists during endovascular procedures. Anaesthesia. 2015; 70(1):47-50.

2. Ohnuma T, Uchino S, Toki N, Takeda K, Namba Y, Katayama S, Kawarazaki H, Yasuda H, Izawa J, Uji M, Tokuhira N, Nagata I; JSEPTIC (Japanese Society for Physicians and Trainees in Intensive Care) Clinical Trial Group. External Validation for Acute Kidney Injury Severity Scores: A Multicenter Retrospective Study in 14 Japanese ICUs. Am J Nephrol. 2015; 42(1):57-64

3. Nagata I, Uchino S, Tokuhira N, Ohnuma T, Namba Y, Katayama S, Kawarazaki H, Toki N, Takeda K, Yasuda H, Izawa J, Uji M; JSEPTIC (Japanese Society for Physicians Trainees in Intensive Care) Clinical Trial Group. Sepsis may not be a risk factor for mortality in patients with acute kidney injury treated with continuous renal replacement therapy. J Crit Care. 2015; 30(5):998-1002.

4. Hoste EA, Bagshaw SM, Bellomo R, Cely CM, Colman R, Cruz DN, Edipidis K, Forni LG, Gomersall CD, Govil D, Honore PM, Joannes-Boyau O, Joannidis M, Korhonen AM, Lavrentieva A, Mehta RL, Palevsky P, Roessler E, Ronco C, Uchino S, Vazquez JA, Vidal Andrade E, Webb S, Kellum JA. Epidemiology of acute kidney injury in critically ill patients: the multinational AKI-EPI study. Intensive Care Med. 2015; 41(8):1411-23.

5. Yoshida T, Fujii T, Uchino S, Takinami M. Epidemiology, prevention, and treatment of new-onset atrial fibrillation in critically ill: a systematic review. J Intensive Care. 2015; 3(1):19.

6. Lipcsey M, McNicol L, Parker F, Poustie S, Liu G, Uchino S, Kattula A, Bellomo R. Effect of perfusion pressure on the splanchnic circulation after CPB: a pilot study. Minerva Anestesiol. 2015; 81(7):752-64.

7. Irie T, Sips PY, Kai S, Kida K, Ikeda K, Hirai S, Moazzami K, Jiramongkolchai P, Bloch DB, Doulias PT, Armoundas AA, Kaneki M, Ischiropoulos H, Kranias E, Bloch KD, Stamler JS, Ichinose F. S-Nitrosylation of Calcium-Handling Proteins in Cardiac Adrenergic Signaling and Hypertrophy. Circ Res. 2015; 117(9):793-803.

8. Kida K, Ichinose F. Hydrogen Sulfide and Neuroinflammation. Handb Exp Pharmacol. 2015;230:181-9.

9. Kida K, Marutani E, Nguyen RK, Ichinose F. Inhaled hydrogen sulfide prevents neuropathic pain after peripheral nerve injury in mice. Nitric Oxide. 2015; 46:87-92.

10. Yamakawa K, Rajendran PS, Takamiya T, Yagishita D, So EL, Mahajan A, Shivkumar K, Vaseghi M. Vagal nerve stimulation activates vagal afferent fibers that reduce cardiac efferent parasympathetic effects. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2015; 309(9):H1579-90.

 

11. Yagishita D, Chui RW, Yamakawa K, Rajendran PS, Ajijola OA, Nakamura K, So EL, Mahajan A, Shivkumar K, Vaseghi M. Sympathetic nerve stimulation, not circulating norepinephrine, modulates T-peak to T-end interval by increasing global dispersion of repolarization. Circ Arrhythm Electrophysiol. 2015; 8(1):174-85.

 

12. Heerdt PM, Sunaga H, Savarese JJ. Novel neuromuscular blocking drugs and antagonists. Curr Opin Anaesthesiol. 2015; 28(4):403-10.

 

13. Toyama S, Matsuoka K, Tagaito Y, Shimoyama M. Retrospective evaluation of the effect of carotid artery stenosis on cerebral oxygen saturation during off-pump coronary artery bypasses grafting in adult patients. BMC Anesthesiol. 2015; 15:180.

 

14. Shimoyama N, Gomyo I, Teramoto O, Kojima K, Higuchi H, Yukitoshi N, Ohta E, Shimoyama M. Efficacy and safety of sublingual fentanyl orally disintegrating tablet at doses determined from oral morphine rescue doses in the treatment of breakthrough cancer pain. Jpn J Clin Oncol. 2015; 45(2):189-96.

 

15. Shimoyama N, Gomyo I, Katakami N, Okada M, Yukitoshi N, Ohta E, Shimoyama M. Efficacy and safety of sublingual fentanyl orally disintegrating tablet at doses determined by titration for the treatment of breakthrough pain in Japanese cancer patients: a multicenter, randomized, placebo-controlled, double-blind phase III trial. Int J Clin Oncol. 2015; 20(1):198-206

 

16. Ushida T, Shibata M, Kitahara M, Yabuki S, Sumitani M, Murakami T, Iseki M, Hosoi M, Shiokawa H, Tetsunaga T, Nishie H, Fukui S, Kawasaki M, Inoue S, Nishihara M, Aono S, Ikemoto T, Kawai T, Arai YC. The effect of guidance for home exercise and activities of daily living on female adolescents experiencing adverse events after human papillomavirus vaccination in Japanese multidisciplinary pain centres. Pain Res Manag. 2015 Oct 16. pii: 17124.

 

17. Kikuchi M, Yoshimura Y, Hiraishi H, Munesue T, Hashimoto T, Tsubokawa T, Takahashi T, Suzuki M, Higashida H, Minabe Y. Reduced long-range functional connectivity in young children with autism spectrum disorder. Soc Cogn Affect Neurosci. 2015; 10(2):248-54.

 

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

○若手研究(B) 慢性筋痛の病態解析と運動療法の効果検証

○挑戦的萌芽研究 機能障害からみた慢性痛の新たな病態像の提案と理学療法の効果検証

○若手研究(B) 周術期テーラーメイド疼痛管理にむけた妊婦術後痛及び術後遷延痛に関連した因子の同定

○基盤研究(C) 蘇生後脳症における脳保護戦略

○基盤研究(C) 肝・腎臓における虚血再灌流障害に対する麻酔薬による保護効果の機序に関する研究

○基盤研究(C) オキサリプラチンによる難治性神経障害性疼痛の機序解明および治療法の開発

○慢性の痛み対策研究事業 慢性の痛み診療の基盤となる情報の集約とより高度な診療の為の医療システム構築に関する研究

○慢性の痛み解明研究事業 慢性痛に対する認知行動療法資材作成とセミナー開催

▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 麻酔科学教室
http://www.jikeimasuika.jp/
▲ このページのトップへ