教授

上園 晶一教授写真

近江 禎子
下山 直人
木山 秀哉

下山 恵美

坪川 恒久

石黒 芳紀

近藤 一郎

鈴木 昭広

三尾 寧

准教授

瀧浪 將典

倉田 二郎

桜井 康良

内野 滋彦

庄司 和広

鹿瀬 陽一

香取 信之

須永 宏

虻川 有香子

講師

肥田野 求実

照井 貴子

木田 康太郎

遠藤 新大

山川 健太郎

福島 東浩

池田 浩平

吉田 拓生

ハシチウォヴィッチ トマシュ

講座(研究室)の概要
 昭和44年開講。日本では最も古い歴史をもつ麻酔科学講座のなかの一つ。現在は、本院における4つの診療部(麻酔部、集中治療部、ペインクリニック、緩和医療)と附属3病院の麻酔部を、約100人の医局員でカバーしています。この大学所属医局員数は、日本では最大規模を誇っています。海外への留学(臨床と研究)も積極的に斡旋しており、現在4名の医局員が海外で研鑽しています。
医学科教育について
 4年生に対し、麻酔の総論的な講義(計6回)と心肺蘇生の実習を行っています。さらに、5年生全員に対して1週間の臨床実習を、6年生の希望者に対して1ヶ月の選択実習を、それぞれ行っています。
大学院教育・研究について
 大学院進学者は、基本的に自分の研究テーマにあった基礎系講座に配属されます。過去3年間をみると、解剖学講座、細胞生理学講座、神経生理学研究室にて研究を行っています。大学院生の場合、臨床のdutyはありません。
講座(研究室)からのメッセージ
 麻酔科学講座には、physician-scientistを目指す麻酔科医を育てようとする環境があります。未来の麻酔科学をリードしようという意欲ある方を求めています。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年
麻酔蘇生医学(医学科4年生)
和漢薬概論(医学科3年生) 基本的臨床技能実習(医学科4年生)
実習科目名称と対象学年
臨床実習(医学科5年生)
選択実習(医学科6年生)
▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
麻酔科学・侵襲防御医学

麻酔科学総論(前期)(上園晶一、坪川恒久、瀧浪將典)
麻酔科学総論(後期)(上園晶一、坪川恒久、瀧浪將典)
麻酔科学演習I (上園晶一、木山秀哉、瀧浪將典)
麻酔科学演習II (上園晶一、木山秀哉、瀧浪將典)
麻酔科学実習 (上園晶一、木山秀哉、瀧浪將典)

 

緩和医療学

緩和医療学総論I(前期)(下山直人)
緩和医療学総論II(後期)(下山直人)
緩和医療学演習(下山直人)
緩和医療学演習(下山直人)

▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
教育・研究概要
1.
  1. 中枢神経系に及ぼす筋弛緩薬の作用機序の解明
2.
  1. オランザピンの術後悪心嘔吐予防効果に関する多施設共同研究
3.
  1. 遊離皮弁における周術期目標指向型輸液療法の前向き調査
4.
  1. 超短時間作用型非脱分極性筋弛緩薬の開発を目指した基礎的検証
5.
  1. 深い筋弛緩維持のためのロクロニウム持続投与量の検討
6.
  1. 大孔減圧術における周術期発熱の頻度について(後ろ向き研究)
7.
  1. 経胸壁超音波エコーを使用した健常者におけるConcord体位(腹臥位+ 頭高位)の循環血液量の変化についての研究
8.
  1. 麻酔導入時に香り付マスクを使用し、小児患者のストレス軽減となるか
9.
  1. 小児輪状甲状間膜穿刺の安全性向上のための穿刺モデルの開発:超音波エコーによる挿管時の気管の変位についての検討
10.
  1. 甲状腺手術における咽頭痛、嗄声の発生頻度についての検討
11.
  1. 小児点滴ライン固定法の改革:術前の小児へのプリパレーションは点滴留置に役に立つか?
12.
  1. 小児ペクタスバー挿入術における経食道心エコーによる心臓の動きの解析について
13.
  1. 甲状腺手術における、挿管チューブ自動カフの咽頭痛軽減効果の検討
14.
  1. 小児麻酔における硫酸アトロピンの弊害の有無についての検討
15.
  1. 当院における仙骨硬膜外麻酔の際、Dimple(くぼみ)の頻度及びDimple存在下超音波エコー下仙骨硬膜外麻酔の広がりについて
16.
  1. Mc GRATH MACビデオ喉頭鏡での喉頭展開における圧の測定
17.
  1. Mc GRATH MACビデオ喉頭鏡における喉頭展開時の安全のための圧アラームシステムの構築
18.
  1. 手術室入室時の小児のストレス軽減のための入室着の検討
19.
  1. 胸腔鏡下肺切除術後の心房細動発生にかかわる麻酔薬の影響について
20.
  1. Burugada型心電図を呈す患者の周術期不整脈発生に関する調査
21.
  1. 術後予定外ICU入室患者の調査及びリスク因子の検討
22.
  1. 重症大動脈狭窄症患者の非心臓手術における麻酔法の検討
23.
  1. 全身麻酔手術における舌および口腔粘膜傷害の発症頻度及びリスク因子の検討
24.
  1. 心肺蘇生後脳症の鎮静剤による脳保護戦略
25.
  1. 腹部大動脈ステントグラフト内挿術後の開腹瘤縫縮術におけるエンドリークタイプと術中出血量に関する研究
26.
  1. 心停止蘇生後脳障害に対するミトコンドリア標的型治療薬の効果の検証
27.
  1. 心停止蘇生後脳障害に対する水素ナノバブルの治療効果の検証
28.
  1. マウス心停止蘇生モデルにおける一酸化窒素ナノバブル水の治療効果の検証
29.
  1. 心停止蘇生後脳障害に対するジクロロ酢酸の治療効果の検証
30.
  1. 二酸化炭素を用いた脊髄虚血に対する新たな治療戦略
31.
  1. 重症手術症例において慈恵医大附属病院で行われるハイリスクカンファレンスに関する検討
32.
  1. 重症患者に発生する発作性心房細動の多施設疫学研究
33.
  1. 血液ガス分析装置によるAKIの早期診断
34.
  1. 重症患者における急性腎障害に対するカルペリチドの効果
35.
  1. 敗血症に関する多施設観察研究
36.
  1. 薬剤の希釈液の種類の違いによる影響
37.
  1. 難治性疼痛及び慢性疼痛に対する学際的治療の多面的評価
38.
  1. Fresh cadaverを使用した超音波ガイド下腰方形筋ブロック筋肉内注入(intramuscular quadratus lumborum block:intramuscular QLB)施行後の注入色素の広がりと効果範囲についての検討
39.
  1. 肺悪性腫瘍手術および膝関節置換術後の遷延性術後痛前向き調査
40.
  1. 人工膝関節置換術(TKA: total knee arthroplasty)後の遷延痛はどの程度ADL(日常生活動作)に影響を与えるのか
41.
  1. 慢性痛に対する認知行動療法の無作為化比較試験による効果検証
42.
  1. モルヒネの眠気に対するオレキシン受容体作動薬の効果
43.
  1. オキサリプラチン誘発性末梢神経障害に対するミトコンドリア保護薬の効果
44.
  1. パクリタキセル誘発性末梢神経障害の動物モデル作成
45.
  1. マッキントッシュ型ビデオ喉頭鏡を用いた気管挿管教育の有用性の検討
46.
  1. 日本集中治療医学会主催のICU入室患者登録システム事業への参画
47.
  1. JIKEI Airway management for patient safety course(JAMP)受講前後でのビデオ喉頭鏡による挿管技術の向上調査
48.
  1. 胸筋神経ブロックが乳房切除・乳房部分切除術に与える効果の検討
49.
  1. 婦人科悪性腫瘍患者に硬膜外鎮痛と腹直筋鞘ブロックの比較検討
50.
  1. 脊髄くも膜下麻針による硬膜穿刺抵抗の比較、検討
51.
  1. 術後アセトアミノフェン静注投与は肝機能障害を発生させるか
52.
  1. 輸血時のポンピングによる溶血について
53.
  1. 術中尿道カテーテル挿入と術後AKI/せん妄の発生との関連
▲ このページのトップへ
主な業績

1. Kondo I, Kumemura M, Yamaguchi T, Yamakawa K, Nonaka Y, Iijima M, Uezono S. Accuracy of a novel oxygen mask designed for mainstream capnometer in non-intubated pediatric patients. J Anesth Clin Res 2019, 10(2): 877

2. Endo A, Kuwabara Y, Yamakawa K, Sakamaki D, Suzuki A, Kondo I, Mio Y, Uezono S. Preoperative use of continuous positive airway pressure is related to postoperative respiratory complications in patients with obstructive sleep apnea undergoing endoscopic sinus surgery. J Anesth Clin Res 2018, 9:12

3. Yamaguchi N, Yamakawa K, Rajendran PS, Takamiya T, Vaseghi M. Anti-Arrhythmic Effects of Vagal Nerve Stimulation After Cardiac Sympathetic Denervation in the Setting of Chronic Myocardial Infarction. Heart Rhythm. 2018;15(8):1214-1222.

4. Kakinohana M , Marutani E, Tokuda K, Kida K, Kosugi S, Kasamatsu S, Magliocca A, Ikeda K, Kai S, Sakaguchi M, Hiraia S, Xian M, Kaneki M, Ichinose F.Breathing hydrogen sulfide prevents delayed paraplegia in mice. Free Radic Biol Med 2019; 131: 243-250.

5. Savarese JJ, Sunaga H, McGilvra JD, Belmont MR, Murrell MT, Jeannotte E, Cooke FE, Wastila WB, Heerdt PM. Preclinical Pharmacology in the Rhesus Monkey of CW 1759-50, a New Ultra-short Acting Nondepolarizing Neuromuscular Blocking Agent, Degraded and Antagonized by L-Cysteine. Anesthesiology. 2018; 129(5): 970-988.

6. Miyazaki Y, Sunaga H, Kida K, Hobo S, Inoue N, Muto M, Uezono S. Incidence of Anaphylaxis Associated With Sugammadex. Anesth Analg. 2018; 126(5): 1505-1508

7. Yoshida T, Uchino S, Yokota T, Fujii T, Uezono S, Takinami M. The impact of sustained new-onset atrial fibrillation on mortality and stroke incidence in critically ill patients: A retrospective cohort study. J Crit Care. 2018; 44: 267-272.

8. Abe T, Uchino S, Sasabuchi Y, Takinami M. The incidence and outcome of hyperlactatemia in patients admitted to the intensive care unit after elective surgery. Am J Surg. 2018; 216(5): 886-92.

9. Shiba A, Uchino S, Fujii T, Takinami M, Uezono S. Association Between Intraoperative Oliguria and Acute Kidney Injury After Major Noncardiac Surgery. Anesth Analg. 2018; 127(5): 1229-35.

10. Fujii T, Uchino S, Doi K, Sato T , Kawamura T; JAKID study group. Diagnosis, management, and prognosis of patients with acute kidney injury in Japanese intensive care units: The JAKID study. J Crit Care. 2018; 47: 185-91.

11. Yokota T, Uchino S, Yoshida T, Fujii T, Takinami M. Predictors for sustained new-onset atrial fibrillation in critically ill patients: a retrospective observational study. J Anesth. 2018; 32(5): 681-7.

12. Harada D, Uchino S, Kawakubo T, Takinami M. Predictability of serum vancomycin concentrations using the kinetic estimated glomerular filtration rate formula for critically ill patients. Int J Clin Pharmacol Ther. Dec; 56(12): 612-6.

13. Fujii T, Sato T, Uchino S, Doi K, Iwami T, Kawamura T; JAKID study group. Human atrial natriuretic peptide for acute kidney injury in adult critically ill patients: A multicenter prospective observational study. J Crit Care. 2018 Dec 1. [Epub ahead of print].

14. Kotani Y, Fujii T, Uchino S, Doi K; JAKID Study Group. Modification of sequential organ failure assessment score using acute kidney injury classification. J Crit Care. 2019 Feb 26;51:198-203. [Epub ahead of print]

15. Toyama S, Shimoyama N, Tagaito Y, Nagase H, Saitoh T, Yanagisawa M, Shimoyama M. Non-peptide orexin-2 receptor agonist attenuates morphine-induced sedative effects in rats. Anesthesiology 2018; 128(5): 992-1003.

16. Toyama S, Shimoyama N, Szeto HH, Schiller PW, Shimoyama M. Protective effect of a mitochondria-targeted peptide against the development of chemotherapy-Induced peripheral neuropathy in mice. ACS Neurosci 2018; 9(7): 1566-77.

17. Hattammaru Y, Hascilowicz T, Utsumi I, Murakami Y, Oumi S.Iatrogenic tension pneumothorax developed during ventriculo-peritoneal shunt surgery and detected shortly before extubation. JA Clinical Reports 2018; 4: 39.

18. Miyazaki Y, Sunaga H, Kida K, Hobo S, Inoue N, Muto M, Uezono S. Incidence of Anaphylaxis Associated With Sugammadex. Anesth Analg. 2018; 126(5): 1505-08.

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

○科学研究費助成事業 基盤研究(C)・継続:ミトコンドリア障害が関与する対称性遠位末梢神経障害の治療法の検討(下山恵美)

○科学研究費助成事業 基盤研究(C)・新規:機械学習MRIとミクログリア画像化PETによる痛みの疾患別バイオマーカーの確立(倉田二郎)

○科学研究費助成事業 基盤研究(C)・新規:超短時間作用型非脱分極性筋弛緩薬の開発を目指した基礎的検証(須永宏)

○科学研究費助成事業 基盤研究(C)・新規:二酸化炭素による新たな脊髄保護戦略(木田康太郎)

○科学研究費助成事業 基盤研究(C)・継続:蘇生後脳障害に対する新規ミトコンドリア標的型治療薬の開発と治療効果の検証(池田浩平)

○科学研究費助成事業 若手研究・新規:安全性向上のための小児輪状甲状間膜穿刺モデルの開発:3Dプリンターの適応(虻川有香子)

○科学研究費助成事業 若手研究(B)・継続:ラット摘出灌流心臓における心筋収縮動態の高速高精度解析(照井貴子)

○平成28年度大学教育再生戦略推進費「課題解決型高度医療人材養成プログラム」・継続:慢性の痛みに関する教育プログラムの構築(上園晶一)

○平成30年度慢性疼痛診療体制構築モデル事業・継続:東京慈恵会医科大学附属病院内における多職種ならびに複数科による慢性疼痛診療体制の構築(上園晶一)

○厚生労働行政推進調査事業費補助金(慢性の痛み政策研究事業)・新規:慢性疼痛診療システムの均てん化と痛みセンター診療データベースの活用による医療向上を目指す研究(上園晶一)

▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 麻酔科学教室
http://www.jikeimasuika.jp/
▲ このページのトップへ