教授 安保 雅博教授写真
渡邉 修
小林 一成 
准教授 船越 政範
武原 格
講師 鄭 健錫
菅原 英和
佐々木 信幸
竹川 徹
宮村 紘平
上出 杏里
助教 辰濃 尚、濱田 万弓、小林 健太郎、荒川 わかな、巷野 昌子、青木 重陽、殷 祥洙、原 貴敏、橋本 弦太郎、又吉 由紀子、高木 聡、中野 枝里子、秋元 秀昭、新見 昌央、山田 尚基、木村 郁夫、三並 正芳、木下 翔司、坪井 麻里佳、福井 遼太、浦部 博志、林田 拓也、長谷川 雄紀
その他 杉本 淳(非常勤講師)
高田 耕太郎(非常勤)
岡本 隆嗣(非常勤)
百崎 良(非常勤)
講座(研究室)の概要
 リハビリテーション科は、1983年に特設診療科として誕生し、1988年に正式に講座に昇格致しました。治療の対象疾患としては、中枢神経疾患、骨関節疾患、脊損、切断、神経筋疾患その他と、リハ医学分野で扱われる全ての疾患を幅広く診療しています。その診療におけるモットーは、臓器別の診療や検査データにばかりとらわれることなく、体全体としてアプローチする、あくまでも人として向き合う姿勢にあると考えています。講座の最大の目的は、我が国のリハビリテーション医療を支えることができるリーダーシップの育成です。リハビリテーション医に求められる素養として、適切なリハビリテーション治療プランの作成、患者さんへのわかりやすい情報提供、先進的リハビリテーション治療のエビデンス作り、などがあリます。
医学科教育について
 当講座の特徴は、リハビリテーション医を中心として、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの各専門職種が、臨床・教育・研究において相互に密な連携を取り合っていることにあります。リハビリテーション医療は様々な疾患や障害に対応する必要のある昨今、机上の空論ではなく、患者さんを対象に臨床の現場でのチームアプローチを実践することが最も重要です。そのような観点から医学科教育を行っています。
大学院教育・研究について
 基礎研究ではラットを用いて、廃用性筋萎縮に対するリハビリテーションの軽減効果についての研究、ラットの脳損傷モデルの経時的な運動麻痺の回復と免疫組織学的変化の研究、再生医療の研究を行っています。臨床的研究では、脳機能画像を用い、麻痺からの回復あるいは失語症からの回復と脳の可塑性の関係の検討、脳神経線維の描出、高次脳機能障害の評価などをおこなっています。また、治療としてのrTMS(経頭蓋磁気刺激)の検討を行っています。嚥下障害のリハビリテーション、癌に対するリハビリテーション(リンパ浮腫治療など)、有酸素運動が人体に与える影響に関する研究、転倒の評価と予防、地域リハビリテーションについての研究なども行っています。
講座(研究室)からのメッセージ
 リハビリテーション医学は、その治療対象が最も広い治療医学の1つです。幅広い臨床研修施設を持つ当講座は、リハビリテーション診療に関わるあらゆる医療従事者に、それぞれのニーズに合った知識と経験を提供できるものと確信しております。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年
基礎医科学 I(医学科2年)ユニット「細胞から個体へ」
臨床医学 I(医学科4年)ユニット「リハビリテーション医学」
実習科目名称と対象学年
臨床実習(医学科5年)ユニット「リハビリテーション医学」
選択実習(医学科6年)ユニット「リハビリテーション科」
▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
成育・運動機能病態・治療学 > リハビリテーション医学(安保・小林・渡邉・角田)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
廃用性筋萎縮の病態と機序
安静臥床期のリハビリテーションの筋萎縮軽減効果とその機序
脳損傷モデルラットの麻痺回復と免疫組織学的変化
失語症の回復とfMRI による可塑性の研究
運動障害・失語症に対するγTMS の治療的応用
癌に対するリハビリテーション
有酸素運動の影響に関する研究
嚥下障害の包括的リハビリテーション
高次脳機能障害の包括的リハビリテーション
転倒の評価と予防
有用な地域連携に基づくリハビリテーションシステムの研究
ボツリヌス療法の臨床効果の研究
脳機能画像評価
動作解析
小児の運動発達評価に関する研究
▲ このページのトップへ
主な業績

1. Kakuda W, Momosaki R, Yamada N, Abo M. High-frequency rTMS for the Treatment of Chronic Fatigue Syndrome: A Case Series. Intern Med. 2016;55(23):3515-3519. Epub 2016 Dec 1.PMID: 27904120

2. Momosaki R, Kinoshita S, Kakuda W, Yamada N, Abo M. Noninvasive brain stimulation for dysphagia after acquired brain injury: a systematic review. J Med Invest. 2016;63(3-4):153-8. doi: 10.2152/jmi.63.153. Review. PMID: 27644550

3. Nakayama Y, Iijima S, Kakuda W, Abo M. Effect of home-based training using a slant board with dorsiflexed ankles on walking function in post-stroke hemiparetic patients. J Phys Ther Sci. 2016 Aug;28(8):2353-7. doi: 10.1589/jpts.28.2353. Epub 2016 Aug 31. PMID: 27630431

4. Sasaki N, Abo M, Hara T, Yamada N, Niimi M, Kakuda W. High-frequency rTMS on leg motor area in the early phase of stroke. Acta Neurol Belg. 2017 Mar;117(1):189-194. doi: 10.1007/s13760-016-0687-1. Epub 2016 Aug 9. PMID: 27502413

5. Niimi M, Abo M, Miyano S, Sasaki N, Hara T, Yamada N. Comparison of Functional Outcome between Lacunar Infarction and Branch Atheromatous Disease in Lenticulostriate Artery Territory. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2016 Sep;25(9):2271-5. doi: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2016.05.015. Epub 2016 Jul 11. PMID: 27425175

6. Momosaki R, Kakuda W, Yamada N, Abo M. Influence of repetitive peripheral magnetic stimulation on neural plasticity in the motor cortex related to swallowing. Int J Rehabil Res. 2016 Sep;39(3):263-6. doi: 10.1097/MRR.0000000000000180. PMID: 27262135

7. Niimi M. Effects of botulinum toxin A therapy and multidisciplinary rehabilitation on upper and lower limb spasticity in post-stroke patients. Hara T, Abo M, Hara H, Kobayashi K, Shimamoto Y, Samizo Y, Sasaki N, Yamada N, Int J Neurosci. 2017 Jun;127(6):469-478. doi: 10.1080/00207454.2016.1196204. Epub 2016 Jun 27. PMID: 27256591

8. Kakuda W, Abo M, Sasanuma J, Shimizu M, Okamoto T, Kimura C, Kakita K, Hara H. Combination Protocol of Low-Frequency rTMS and Intensive Occupational Therapy for Post-stroke Upper Limb Hemiparesis: a 6-year Experience of More Than 1700 Japanese Patients. Transl Stroke Res. 2016 Jun;7(3):172-9. doi: 10.1007/s12975-016-0456-8. Epub 2016 Feb 16.

9. Niimi M, Hashimoto K, Kakuda W, Miyano S, Momosaki R, Ishima T, Abo M. Role of Brain-Derived Neurotrophic Factor in Beneficial Effects of Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation for Upper Limb Hemiparesis after Stroke. PLoS One. 2016 Mar 23;11(3):e0152241. doi: 10.1371/journal.pone.0152241. eCollection 2016. PMID: 27007747

10. Momosaki R, Yasunaga H, Kakuda W, Matsui H, Fushimi K, Abo M. Very Early versus Delayed Rehabilitation for Acute Ischemic Stroke Patients with Intravenous Recombinant Tissue Plasminogen Activator: A Nationwide Retrospective Cohort Study. Cerebrovasc Dis. 2016;42(1-2):41-8. doi: 10.1159/000444720. Epub 2016 Mar 18.

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

【平成25年度〜平成29年度】

<科学研究費補助金>

基盤研究(C)「脳外傷者の自動車運転能力に関する脳科学的評価法の確立」渡邉 修

【平成27年度〜平成29年度】

<科学研究費補助金>

挑戦的萌芽研究「パーキンソン病に対する、rTMS深部刺激と集中的リハ併用の臨床的意義の検討」安保 雅博

基盤研究(C)「大規模データベースを活用したリハビリテーション疫学・経済学研究」百崎 良

【平成27年度〜平成30年度】

<科学研究費補助金>

若手研究(B)「脳卒中患者に対する経頭蓋的磁気刺激療法の画像的治療戦略アプローチの検討」原 貴敏

【平成28年度〜平成30年度】

<科学研究費補助金>

若手研究(B)「脳損傷患者へのアトモキセチン内服および磁気刺激とリハビリテーション併用療法の検討」山田 尚基

若手研究(B)「上肢麻痺に対するfNIRSに基づく反復経頭蓋磁気刺激療法の開発」木下 翔司

【平成29年度〜平成31年度】

<科学研究費補助金>

基盤研究(C)「高次脳機能障害に対する反復性経頭蓋磁気刺激(rTMS)と脳血流量変化」佐々木 信幸

若手研究(B)「rTMSの脳卒中後うつ改善効果と神経可塑性関連物質との関係性の調査」新見 昌央

▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 リハビリテーション医学教室
http://jikei-reha.com/
▲ このページのトップへ