教授 武田 聡教授写真

卯津羅 雅彦
准教授 大谷 圭
奥野 憲司
講師 行木太郎
講座(研究室)の概要
 平成17年5月1日 救急医学講座は開講されました。講座の主目的は,良質な救急医の育成であり,研究テーマは,脳心肺蘇生,救急医療システム,災害医療,患者安全です。国内留学・海外留学を含めたオリジナルカリキュラムの作成を取り入れ,臨床を中心に、研究や教育活動を行っております。
医学科教育について
 「教育担当」に挙げる講義・実習のほかに,国内・外からの学外学生に対する見学実習を積極的に受け入れております。
大学院教育・研究について
 救急医学の細目を担当しております。急病で来院するすべての救急疾患(内因性、外因性、複合性)の初期診療を行い、とくに心肺脳蘇生を中心とした集中治療管理も統括する医療の根源に関わる医学です。また,病院前救護への関与に関わることでの救急隊員へのメディカルコントロール体制整備による救急医療の質の向上への寄与,災害による健康危機への対応を研究する災害医学も救急医学における重要な役割の一つです。大学院では、救急診療に必要な知識や技術を修得し指導的な役割を果たした上で、基礎的または臨床的研究に従事し,成果をまとめて学会発表,論文作成ができることを目指しております。
講座(研究室)からのメッセージ
 初期治療から集中治療まで広く深く行い,また,チーム医療を通じて幅広い人間教育に力を入れております。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年
3年生 臨床基礎医学T「創傷学」
4年生 臨床医学T「救急医学」
実習科目名称と対象学年
1年生 医学総論T「救急蘇生実習」
4年生 基本的臨床技術実習「CPR実習」・OSCE
4〜5年生 全科臨床実習「臨床実習救急医学」・OSCE
5〜6年生 診療参加型臨床実習「選択実習」
▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
救急医学(武田 聡)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究
救急医療システムと病院前救護
心肺脳蘇生法の標準化と教育に関する研究
重症病態に対する集中治療管理
循環器救急に関する基礎的または臨床研究
神経救急に関する基礎的または臨床研究
災害医療の標準化と教育に関する研究
国際災害時の邦人救出対策の実践的研究
外傷手術手技に関する臨床研究
脳蘇生脳保護法の開発と基礎研究
神経免疫、炎症に関わる基礎研究
救急疾患と酸化ストレスに関する基礎的および臨床的研究
▲ このページのトップへ
主な業績
1. 武田 聡.アルゴリズム,シミュレーショントレーニング.心拍再開後ケアと低体温療法トレーニング・マニュアル(学樹書院).2015;19-20.
2. 大村和弘,川村哲也,佐藤浩之,太田修司,武田 聡.専門医が教える研修医のための診療基本手技 2018;1. 2018年4月1日
3. Toshiya Mitsunaga, Yuhei Ohtaki, Nobuaki Kiriyama, Kei Ohtani, Wataru Yajima, Takahiko Hibi, Satoshi Takeda. Characteristics of patients hospitalised in an emergency department observation unit in Japan. [Emergency Care Journal 2018; volume 14:7381] page51~55.
4. Toshiya Mitsunaga ,Masahiko Hujita,Izumu Hasegawa,Kei Otani,Kenji Okuno,Yuhei Ohtaki,Yutaka Seki,Kunihiro Mashiko,Satoshi Takeda . Abbreviated National Early Warning Score predicts the need for hospital admission and in-hospital mortality in elderly patients. [Emergency Care Journal 2018; 14:7771]
▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
○文科研基盤(C)
「救急外来での国際コミュニケーション能力向上のための外国人模擬患者参加型実習の開発」研究分担(2016年〜2018年)
○未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業救急の現場にて傷病者が早く正しい医療を受療できる技術開発プロジェクト
「急性期 IoT リストバンド型ウェアラブルデバイス・クラウドスマホアプリシステム医療機器開発研究」研究分担(2016年〜2018年)
○先進的医療機器・システム等技術開発事業(先進的医療機器・システム等開発プロジェクト)
「病院前救急医療ICTシステムの開発・事業化 Development and Industrialization of Telemedicine system for Pre-Hospital emergency care. 」研究分担(2019年4月〜2022年3月)
▲ このページのトップへ
講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 救急医学講座
http://jikeier.com/index.html
▲ このページのトップへ