センター長 中田 典生教授写真
助教授 王 作軍
講座(研究室)の概要
超音波応用開発研究部(略称DOUDA)は平成27年5月に、前医用エンジニアリング研究室室長、古幡博教授の超音波の脳梗塞治療への応用研究を担当する研究部として創設されました。このようにDOUDAは医用エンジニアリング研究室より超音波装置の工学的応用研究をするために分離独立した研究部です。超音波は診断の他に治療にも用いられており、放射線被曝がなく、医療費低減や省エネ省スペースの点でも注目されています。超音波治療は低侵襲治療装置として、ある種の神経疾患や骨折治療にはすでに臨床使用されています。また診断装置は携帯電話サイズになり、内科外科はもちろん、麻酔科からスポーツ医学まで幅広く臨床に使われていますし、将来的には超音波を使った分子イメージングによる個別化医療への応用をめざしています。DOUDAでは超音波のコンピュータ支援診断の研究も始めています。超音波は外来などベットサイドで患者さんの診察をしながら行うことのできる画像診断装置です。
これからの医師や研究者は最先端のIT技術を通じて患者と医師の関係向上について研究していきます。
▲ このページのトップへ
教育担当
▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
①超音波の脳梗塞治療への応用研究
②超音波を使った分子イメージングによる個別化医療への応用
③超音波におけるコンピュータ支援診断の研究>
▲ このページのトップへ
主な業績
1. Ohta T, Nishioka M, Nakata N, Fukuda K, Kato K. Five cases of axillary lymph node metastatic breast cancer on contrast-enhanced sonography, J Ultrasound Med. 2015, 34(6):1131-7.

2. Nakata N, Suzuki N, Hattori A, Hirai N, Miyamoto Y, Fukuda K. Informatics in radiology: Intuitive user interface for 3D image manipulation using augmented reality and a smartphone as a remote control, Radiographics. 2012, 32(4):E169-74.

3. Hayashibe M, Suzuki N, Hattori A, Otake Y, Suzuki S, Nakata N. Surgical navigation display system using volume rendering of intraoperatively scanned CT images, Comput Aided Surg. 2006, 11(5):240-6.

4. Hayashibe M, Suzuki N, Hattori A, Otake Y, Suzuki S, Nakata N. Data-fusion display system with volume rendering of intraoperatively scanned CT images, Med Image Comput Comput Assist Interv. 2005, 8:559-66.

5. Hayashibe M, Suzuki N, Kobayashi S, Nakata N, Hattori A, Nakamura Y. Development of a 3D visualization system for surgical field deformation with geometric pattern projection. Stud Health Technol Inform. 2005;111:172-7.

6. Nakata N, Kandatsu S, Suzuki N, Fukuda K. Informatics in Radiology (infoRAD): mobile wireless DICOM server system and PDA with high-resolution display: feasibility of group work for radiologists, Radiographics. 2005, 25(1):273-83.

7. Yoshihiro A, Nakata N, Harada J, Tada S. Wireless local area networking for linking a PC reporting system and PACS: clinical feasibility in emergency reporting, Radiographics. 2002, 22(3):721-8.

8. Nakata N, Yoshihiro S, Miida K, Tashima M, Sunakawa Y, Harada J, Tada S, Fukuda K. PC reporting system for radiologists: practical use under PACS environment, Comput Methods Programs Biomed. 2001, 66(1):17-24.

9. Nakata N, Miyamoto Y, Tsujimoto F, Harada J, Tada S, Fukuda K.Ultrasound virtual endoscopic imaging. Semin Ultrasound CT MR. 2001, 22(1):78-84.

10. Hayashi N, Miyamoto Y, Nakata N, Irie T, Ikegami M, Asao K, Tada S. Breast masses: color Doppler, power Doppler, and spectral analysis findings, J Clin Ultrasound. 1998, 26(5):231-8.


11. 遠藤啓吾、小畑秀文、鳥脇純一郎、中田典生 他 厚生労働省 次世代医療機器評価指標作成事業 コンピュータ診断支援装置審査WG報告書. 2010.

12. 小畑秀文、安藤裕、椎名毅、中田典生 他 経済産業省(産業技術総合研究所)医療機器評価指標ガイドライン 画像診断分野(コンピュータ診断支援装置)開発WG報告書. 2012.
▲ このページのトップへ
その他
【社会的活動】

日本医療研究開発機構(AMED) 医工連携事業化推進事業技術審査委員(中田)
日本医用画像工学会 幹事(中田)
日本超音波医学会 学術集会委員会委員、保険委員会委員(中田)
日本医学放射線学会 広報委員会委員(中田)
腹部エコー研究会 幹事(中田)

▲ このページのトップへ