センター長 金城雄樹(兼任)
研究コア・リーダー 堀誠治(兼任)
矢永勝彦(兼任)
事務局 細菌学講座内
講座(研究室)の概要
 慈恵医大・バイオフィルム研究センターは平成27年4月に発足した。本センターは、文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「バイオフィルム感染症制圧研究拠点の形成」(平成24-28年度)の支援を受けた研究を推進するため、本学の先端医学推進拠点群の1拠点として設立されたものである。
 バイオフィルムとは、細菌が菌体外に分泌する多糖類などのマトリクスと菌の集合体から成る構造物である。細菌が付着・増殖すると、細菌はマトリクスに覆われた状態、すなわちバイオフィルムを形成して薬剤に抵抗性を示し、また生体の防御機構からも逃れやすくなるために治療が困難になる。現在、バイオフィルム感染症は外科系診療科をはじめとしたすべての診療科において極めて重要な課題となっており、根本的な予防法・治療法の開発は急務である。本センターは基礎と臨床が共同し、臨床検体から分離したバイオフィルムの細菌叢を網羅的に解析し、バイオフィルム形成における各細菌の役割と疾患との関連性を解明することにより、バイオフィルム感染症に対する診断法・予防法の開発を行う。また、バイオフィルム形成メカニズムの解明とバイオフィルム形成を阻害する物質の探索を行い、バイオフィルム感染症治療薬の開発を目指した研究を推進する
▲ このページのトップへ
センターの2つのコア
バイオフィルム基礎研究コア
・細菌叢解析班(責任者:奥田賢一)
奥田賢一(細菌)、岩瀬忠行(基盤)
・分子メカニズム研究班(責任者:杉本真也)
岩本武夫(基盤)、高田耕司(生物)、千葉明生(細菌)、林浩史(細菌)、 米本圭吾(整外)、上井康寛(大学院生)
・創薬基盤研究・バクテリオシン利用技術研究班(責任者:奥田賢一)
田嶌亜紀子(細菌)、村井法之(分子生物)、吉井悠(呼内)
・高分解能観察技術開発班(責任者:杉本真也)
奥田賢一(細菌)、千葉明生(細菌)、佐藤主税(産業技術総合研究所) 

バイオフィルム感染症研究コア(リーダー:堀誠治・矢永勝彦)
・臨床検体解析班(責任者:矢永勝彦)
丸毛啓史(整外)、上園晶一(麻酔)、長堀隆一(心外)
・臨床応用技術開発班(責任者:堀野哲也)
海渡健(中検)、河野緑(臨検)、荒屋潤(呼内)

機構の概略(2019年4月現在)
センター長
金城雄樹(細菌学講座)
研究コアリーダー
堀誠治(感染)、矢永勝彦(外科)
研究メンバー
丸毛啓史(整外)、上園晶一(麻酔)、頴川晋(泌尿)、海渡健(中検)、高田耕司(生物)、岩本武夫(基盤)、堀野哲也(感染)、杉本真也(細菌)、田嶌亜紀子(細菌)、奥田賢一(細菌)、長堀隆一(心外)、荒屋潤(呼内)、佐藤主税(産業技術総合研究所)、村井法之(分子生物)、河野緑(臨検)、岩瀬忠行(基盤)、林浩史(細菌)、吉井悠(呼内)、米本圭吾(整外)、上井康寛(大学院生)
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
(1) 黄色ブドウ球菌・大腸菌のバイオフィルム形成機構の解明
(2) 大気圧走査電子顕微鏡(ASEM)および超解像顕微鏡を用いたバイオフィルムの構造解析
(3) バイオフィルム形成阻害薬の探索およびバイオフィルム形成を阻害する医療素材の開発
(4) 細菌の機能性アミロイドに関する研究
▲ このページのトップへ
主な業績

(2018年以降)

1. Yonemoto K, Chiba A, Sugimoto S, Sato C, Saito M, Kinjo Y, Marumo K, Mizunoe Y: Redundant and Distinct Roles of Secreted Protein Eap and Cell Wall-Anchored Protein SasG in Biofilm Formation and Pathogenicity of Staphylococcus aureus. Infect Immun. 87(4):e00894-18. Apr. 2019

2. Takatsuka S, Inukai T, Kawakubo S, Umeyama T, Abe M, Ueno K, Hoshino Y, Kinjo Y, Miyazaki Y, Yamagoe S: Identification of a Novel Variant Form of Aspergillus fumigatus CalC and Generation of Anti-CalC Monoclonal Antibodies. Med Mycol J. 60(1):11-16, Feb. 2019

3. Shimbashi R, Chang B, Tanabe Y, Takeda H, Watanabe H, Kubota T, Kasahara K, Oshima K, Nishi J, Maruyama T, Kuronuma K, Fujita J, Ikuse T, Kinjo Y, Suzuki M, Kerdsin A, Shimada T, Fukusumi M, Tanaka-Taya K, Matsui T, Sunagawa T, Ohnishi M, Oishi K; and the Adult IPD Study Group: Epidemiological and clinical features of invasive pneumococcal disease caused by serotype 12F in adults, Japan. PLoS One. 14(2):e0212418, Feb. 2019

4. Abe M, Nakamura S, Kinjo Y, Masuyama Y, Mitsuyama J, Kaku M, Miyazaki Y: Efficacy of T-2307, a novel arylamidine, against ocular complications of disseminated candidiasis in mice. J Antimicrob Chemother. doi: 10.1093/jac/dkz020. Feb. 2019

5. Ueno K, Yanagihara N, Otani Y, Shimizu K, Kinjo Y, Miyazaki Y: Neutrophil-mediated antifungal activity against highly virulent Cryptococcus gattii strain R265. Med Mycol. doi: 10.1093/mmy/myy153. Jan. 2019

6. Takahashi M, Izawa K, Urai M, Yamanishi Y, Maehara A, Isobe M, Matsukawa T, Kaitani A, Takamori A, Uchida S, Yamada H, Nagamine M, Ando T, Shimizu T, Ogawa H, Okumura K, Kinjo Y, Kitamura T, Kitaura J: The phytosphingosine-CD300b interaction promotes zymosan-induced, nitric oxide-dependent neutrophil recruitment. Sci Signal. 12(564). pii: eaar5514. Jan. 2019

7. Ueno K, Urai M, Sadamoto S, Shinozaki M, Takatsuka S, Abe M, Otani Y, Yanagihara N, Shimizu K, Iwakura Y, Shibuya K, Miyazaki Y, Kinjo Y: A dendritic cell-based systemic vaccine induces long-lived lung-resident memory Th17 cells and ameliorates pulmonary mycosis. Mucosal Immunol. 12(1):265-276. Jan. 2019

8. Okuda K, Yoshii Y, Yamada S, Chiba A, Hironaka I, Hori S, Yanaga K, Mizunoe Y: Detection of bacterial DNA from central venous catheter removed from patients by next generation sequencing: a preliminary clinical study. Ann Clin Microbiol Antimicrob. 17(1):44. Dec. 2018

9. Ueno K, Urai M, Izawa K, Otani Y, Yanagihara N, Kataoka M, Takatsuka S, Abe M, Hasegawa H, Shimizu K, Kitamura T, Kitaura J, Miyazaki Y, Kinjo Y: Mouse LIMR3/ CD300f is a negative regulator of the antimicrobial activity of neutrophils. Sci Rep. 8(1):17406. Nov. 2018

10. Abe M, Kinjo Y, Ueno K, Takatsuka S, Nakamura S, Ogura S, Kimura M, Araoka H, Sadamoto S, Shinozaki M, Shibuya K, Yoneyama A, Kaku M, Miyazaki Y: Differences in Ocular Complications Between Candida albicans and Non-albicans Candida Infection Analyzed by Epidemiology and a Mouse Ocular Candidiasis Model. Front Microbiol. 9:2477. Oct. 2018

11. Kinjo Y, Takatsuka S, Kitano N, Kawakubo S, Abe M, Ueno K, Miyazaki Y: Functions of CD1d-Restricted Invariant Natural Killer T Cells in Antimicrobial Immunity and Potential Applications for Infection Control. Front Immunol. 9:1266, Jun. 2018

12. Sugimoto S, Arita-Morioka K, Terao A, Yamanaka K, Ogura T, Mizunoe Y: Multitasking of Hsp70 chaperone in the biogenesis of bacterial functional amyloids. Commun Biol. 1, Article number: 52, May. 2018

13. Arita-Morioka K, Yamanaka K, Mizunoe Y, Tanaka Y, Ogura T, Sugimoto S: Inhibitory effects of Myricetin derivatives on curli-dependent biofilm formation in Escherichia coli. Sci Rep. 8(1): 8452, May. 2018

14. Ikeda-Dantsuji Y, Nakamura S, Ohno H, Inukai T, Nagi M, Ueno K, Umeyama T, Kinjo Y, Yamagoe S, Shibuya K, Miyazaki Y. Intraspecies variation in the efficacy of adjunctive recombinant interferon-γ therapy against cryptococcal meningoencephalitis in mice. Med Mycol. 56(3):382-386. Apr. 2018

15. Iwase T, Okai C, Kamata Y, Tajima A, Mizunoe Y: A straightforward assay for measuring glycogen levels and RpoS. J Microbiol Methods. 145: 93-7, Feb. 2018

16. Sugimoto S, Sato F, Miyakawa R, Chiba A, Onodera S, Hori S, Mizunoe Y: Broad impact of extracellular DNA on biofilm formation by clinically isolated Methicillin-resistant and -sensitive strains of Staphylococcus aureus. Sci Rep. 8(1): 2254, Feb. 2018

17. Okuda K, Nagahori R, Yamada S, Sugimoto S, Sato C, Sato M, Iwase T, Hashimoto K, Mizunoe Y: The Composition and Structure of Biofilms Developed by Propionibacterium acnes Isolated from Cardiac Pacemaker Devices. Front Microbiol. 9: 182, Feb. 2018

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費
○文部科学省科学研究費補助金・国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(A))「アミロイド性バイオフィルムのマトリクス形成制御」
○国立研究開発法人 科学技術振興機構・ERATO「大気圧走査電子顕微鏡(ASEM)を用いた複合微生物集団の構造と機能の統合的理解」
○国立研究開発法人日本医療研究開発機構・橋渡し研究戦略的推進プログラム「低分子化合物によるバイオフィルム感染症制御法の開発」
○文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(B)「新規肺炎球菌ワクチンのNKT細胞を介する抗体産生誘導及び感染防御の持続機構の解明」
○文部科学省科学研究費補助金・挑戦的研究(萌芽)「抑制性受容体を介する免疫抑制に着目した播種性カンジダ症の病態解明および治療法の開発」
○文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(C)「細胞壁ターンオーバーを介した黄色ブドウ球菌の薬剤耐性と抵抗性の包括的制御」
○文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(C)「プロファージ由来遺伝子による宿主細菌の遺伝子発現と病原性のコントロール」
○文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(C)「バイオフィルム離脱細菌の解析と治療への応用」
○文部科学省科学研究費補助金・挑戦的萌芽研究「採食行動の進化における腸内細菌の役割」
○文部科学省科学研究費補助金・若手研究「納豆菌を活用した病原細菌の制御法の開発」
○文部科学省科学研究費補助金・若手研究「感染免疫応答における骨髄局在性uncommitted NKT細胞の機能解明」
○私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「バイオフィルム感染症制圧研究拠点の形成」研究成果報告書
○国立研究開発法人日本医療研究開発機構「ユニバーサル肺炎球菌ワクチンの創出研究」
○国立研究開発法人日本医療研究開発機構「新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業 下痢原性細菌におけるサーベイランス手法及び病原性評価法の開発に向けた研究」(分担)
○厚生労働科学研究費補助金(新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業)(分担)「成人の侵襲性細菌感染症サーベイランスの充実化に資する研究」
○武田科学振興財団 研究助成金「細胞壁ターンオーバー因子を標的としたMRSA薬剤耐性改変剤の開発」
○大山健康財団 学術研究助成金「バイオフィルム形成機構の解明及び制御法の開発」

【社会的な活動・その他】
日本バイオフィルム学会評議員(金城・杉本・奥田)
日本バイオフィルム学会広報委員(杉本・奥田)
日本生体防御学会理事(金城)
日本感染症学会評議員(金城)
日本化学療法学会評議員(金城)
日本免疫学会評議員(金城)
日本ブドウ球菌研究会運営委員(岩瀬)
▲ このページのトップへ