准教授 髙尾洋之教授写真
研究員

栗原 稔
坂野 哲平
畑中 洋亮(大学院生)
竹下 康平(特任助教)
高尾 佳代子
吉光 喜太郎

講座(研究室)の概要
 

2015年4月1日より、先端医療情報技術研究講座が立ち上がりました。 近年、その発展がめざましい、ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)を医療に用いることを目的に、技術開発の基礎研究から臨床応用までを幅広く取り扱う講座です。

また、情報通信と接続するウェアラブルデバイスなどの開発を手掛けます。健康管理から、救急現場、病院間ネットワーク、慢性期医療としてのリハビリテーションと介護までの幅広い分野でのICT医療の実践するための研究開発を行います。

国策として、世界最先端IT国家創造宣言(平成25年6月14日閣議決定)の中で、世界最高水準のIT 利活用社会を実現するための各種取り組みを進めると記載され、その中にも医療・健康分野が入っている現状があります。我々は、ICTを如何に効率良く医療現場において活用できるかを研究と共に真剣に臨床応用できるシステムの構築を目指していきます。

ICT医療が、地域の医療機関や介護事業者による迅速かつ適切な患者・利用者情報の共有・連携を推進したり、ICT技術でデータを集めて分析・活用による、国民の健康管理、施策の重点化・効率化、医療技術の発展などを目指していきます。

最終的には、医師・患者などが質のいい医療が受けられ、一つでも多くの命が救われる事を目的としています。さらに、これらの取り組みが膨張化し続ける医療費の削減につなげることを目標に研究を行う講座です。

主な研究テーマ
  1. 医療関係者間コミュニケーションアプリ“Join” 開発
  2. 救命・救急補助スマートフォンアプリ“MySOS” 開発
  3. 介護見守りサービス開発
  4. ウェアラブルデバイス開発
  5. 院内オンライン会計システム開発
  6. 院内総合案内支援サービス開発
主な業績

【学会発表】

1. 髙尾洋之 ICT医療最前線2017〜遠隔医療はどうなる?〜 医療・健康ICTの政策動向と新たな市場@SSKセミナールーム(西新橋) 新社会システム総合研究所 2017.7.4(13:00-14:10)

2. 髙尾洋之 「ICT医療最前線」セミナーインフォ@九段プラザビル2階 2017.6.21(10:00〜12:30)

3. 髙尾洋之 「人工知能とICTは、医療の敵か味方か」「テクノロジーNext2017」ベルサール九段 2017年6月15日(木)

4. 髙尾洋之 「先端医療情報技術と医療〜スマホからウエアラブルまで〜」 第72回循環器診療セミナーin西宮(ノボテル甲子園) 2017年5月18日(木)19:00〜21:00

5. 髙尾洋之 「ICTを活用した脳卒中の地域連携と医療について」 第29回三重中央脳卒中ホットライン 平成29年2月17 日(金)場所:ホテルグリンパーク津

6. 髙尾洋之 「スマホを使ったICT医療と病院ホスピタリティ」 電気通信協会 産業部会 <介護・医療分野におけるICT利用技術の発展と、新たな活用方法の提言>(2016.12.16)東京

7. 髙尾洋之 モバイル・IoTやAIを用いたICT医療〜日本の未来ICT医療〜 モバイル活用支援フォーラム2016Winter(2016.12.9)東京

8. 髙尾洋之 医療 × ITの最前線スマホではじまる未来の日本医療 世界健康大会 台湾 2016.11

9. 髙尾洋之 スマホを用いた脳卒中医療と未来 広島大学 広仁会館 2016.11.14(広島)

10. 髙尾洋之 IT医療最前線日本における世界に対する取り組み みずほ銀行2016年11月9日 東京

11. 髙尾洋之 医療 × ITの最前線スマホではじまる未来の日本医療 リナックスアカデミー 基調講演 2016年11月3日

12. Hiroyuki Takao ICT (Information and Communication Technology)for Stroke Emergency TTST 2016( 2016.10.31神戸)

13. 髙尾洋之 ICTを用いた医療の今後 関西健康・医療創生会議遠隔医療セミナー「脳卒中の遠隔医療」10月29日 徳島

14. 髙尾洋之 スマートフォンを用いた診断補助システムと将来 東京都医師会 医療情報検討委員会 10月20日(東京)

15. 髙尾洋之 スマートフォンを用いた診断補助システムと将来 第52回日本医学放射線学会秋季臨床大会 京王プラザホテル シンポジウムI ICTによる画像診断の変化と将来(東京)2016.916

16. 髙尾洋之 ICT医療と未来の脳卒中診療 第10回東京脳卒中の血管内治療セミナーTSNETS(東京医科歯科大学 血管内治療学分野内)(2016.9)東京

17. 髙尾洋之 スマホで始まる未来の医療 帯広厚生病院 2016.9.5(北海道)

18. 髙尾洋之 スマホを用いた脳卒中医療と地域連携 南大阪脳卒中研究会2016.8(大阪)

19. Hiroyuki Takao M.D.1, Ishibashi Toshihiro, M.D. 1,Kostadin L. Karagiozov M.D 1, Masaki Ebara, M.D. 1 Ichiro Yuki, M.D. 1 Shogo Kaku, M.D. 1 Issei Kan, M.D. 1 Satoshi Ikeuchi, M.D. 1 Yuichi Murayama, M.D. A new smartphone application for decision-making support in stroke cases APSCアジア太平洋脳卒中学会(APSC 2016, Brisbane, 2016/07/15)

20. 髙尾洋之 スマートフォンを用いたICT脳卒中医療 第41回日本脳卒中学会総会(2016.4.15 札幌

21. "A new smartphone application for decision-making support in stroke case", Takao H, Asia Pacific Stroke Organization (APSO), APSC 2016, (2016_7)

22. "日本におけるICT医療",髙尾洋之,日本国際医学協会,第423回 国際治療談話会例会,(2016_3)

23. 髙尾洋之 橋本雄幸 安岡博之 スマートフォンと医療〜SNSを使った取り組み〜 日本医師会2016 東京 2月

24. 髙尾洋之 スマートフォンが今後の医療をどうかえるか 熊本県医師会 熊本 2月 2016年

25. Hiroyuki Takao スマホを用いたICT医療 県立病院分科会 岩手 11月 2015年

26. Hiroyuki Takao Bringing Mobile Clouds in Medical ICT & Healthcare 3rd Annual Global Health Conference 台湾 11月 2015年

27. 髙尾洋之 スマートフォンから変わる医療 航空宇宙医学会 東京 11月 2015年

28. 髙尾洋之 ICT医療最前線~iPhoneを使って~ 日本脳神経血管内治療学会学術総会 岡山 11月 2015年

29. 髙尾 洋之、石橋 敏寛、結城 一郎、郭 樟吾、菅 一成、西村 健吾、鈴木 倫明、渡邊 充祥、村山 雄一"遠隔脳卒中治療で、医療費は削減できるか?Save the medical expenses using telemedicine"JSNET2015(Poster)

30. H. Takao, T. Ishibashi, I. Yuki, S. Kaku, I. Kan, K. Nishimura, R. Mori, M. Watanabe,Y.Kanbayashi, Y. Yeh, K. Irie, T. Sakano, H. Arita, T. Oobatake, Y. Murayama;"The new app to support decision making during stroke emergencies"Society of NeuroInterventional Surgery 12t Annual Meating(Poster)

31. 髙尾洋之 竹下康平 石橋敏寛 村山雄一 脳卒中医療における遠隔医療ICTシステムの費用対効果 神戸学会Mtfuji2015 神戸 8月

32. 髙尾洋之 ITで医療はどうかわるのか〜スマートフォンとタブレット〜 秋田県立脳血管研究センター 秋田 8月 2015年

33. H. Takao, T. Ishibashi, I. Yuki, S. Kaku, I. Kan, K. Nishimura, R. Mori, M. Watanabe, Y.Kanbayashi, Y. Yeh, K. Irie, T. Sakano, H. Arita, T. Oobatake, Y. Murayama; The new app to support decision making during stroke emergencies SNIS サンノゼ 7月 2015年

34. HIROYUKI TAKAO Empowering the information flow for next level healthcare eHealth2015 イタリア 7月

35. 髙尾洋之 郭樟吾 石橋敏寛 結城一郎 入江是明 森良介 菅一成 西村健吾 渡邊充祥 神林幸直 大橋洋輝 村山雄一 ICTを用いた脳卒中治療の地域連携医療 CNTT2015 大阪4月

【論文】

1. Takao H, Yu Y, Arita H, Oobatake T, Sakano T, Kurihara M, Matsuki A, Ishibashi T, Murayama Y, "Primary salvage survey of the interference of radio waves emitted by smartphones on medical equipment", Health Physics Journal, accept April 4th 2016.

【著書】

1. 髙尾洋之 「医療と大規模なICT化」 産学官連携ジャーナルVol.13 No.2 (P10-14)2017.2

2. 髙尾洋之 「ICTを活用した病院マネジメントの将来ビジョン」 病院(医学書院)(2017.1)Vol.76 No.1(P35-39)

3. 髙尾洋之 ICT医療と医療業務〜業務軽減・負担軽減効果の検証〜 月刊 新医療2016.10(P104〜109)

4. 髙尾洋之 医療者や企業が信念をもって新たな技術の開発に取り組み患者のための医療の実現に向けITの力で医療を変えていく ITVISION  2016.7(P18-19)

5. 東京慈恵会医科大学 先端医療情報技術研究講座 (代表著者: 髙尾洋之),スマホで始まる未来の医療〜医療+ICTの最前線〜,2016,日経BP社

6. 髙尾洋之, 村山雄一.telemedicine system(遠隔医療システム)を用いた脳卒中医療 神経疾患最新の治療2015-2017 編集 小林祥泰 南江堂出版 2015;7-10

7. 村上雄太、畑中洋亮、髙尾洋之 モバイルICTがもたらした看護業務の変化 病院設備5月号(2017.5 Vol.59. No.3)P48-51

【出版物】

1. 2017.3 MacFan 医療とApple(先進事例から考える「医療現場にICTを普及するための課題」

2. 2017.3 日経コミュニケーション 通信の力で日本の医療を変える 導入しやすい環境作りを事業者に期待

3. 2017.2 日経コミュニケーション スマホ3000台で医療従事者間の情報共有 入院短縮、医療費削減効果も

4. 2017.1 脳と循環Vol.22 No.1 脳卒中治療のためのICT画像システムとは?

5. 2016.12 読売新聞掲載 病院会計待ち時間なし〜アプリでカード決済

6. 2016.10 日本臨床スポーツ医学会誌2016Vol.24 脳波ウエアラブルデバイスとスポーツ

7. 2016.8 日本国際医学教会誌(第423回国際治療談話会例会) 日本におけるICT医療

8. 2016.7 MacFan 医療とApple

9. 2016.5.30 日本経済新聞 医療マニュアル電子化を支援

10. 2016.3 テレコミュニケーション モバイルは医療現場をどう変えるのか

11. 2016.3 MacFan 医療とApple

12. 2016.2.25 Medical Tribune(特別企画) CFDが開く血流解解析の新時代

13. 2016.1.29 日経産業新聞 医師用ソフトに医療j保険

14. 2016.1.28 日本経済新聞 医療ソフト初の保険報酬

15. 2016.1.22 日経産業新聞 「慈恵医大、医療従事者にスマホ」

講座(研究室)独自のホームページURL
東京慈恵会医科大学 先端医療情報技術研究講座
http://dimitjikei.jp/
 
▲ このページのトップへ