教授 志賀 剛
客員教授 植田真一郎
講座(研究室)の概要
 本講座は1997年5月に景山茂教授のもとで発足した薬物治療学研究室を前身とし、2019年4月臨床講座として設置された。臨床薬理学は、基礎医学における薬理学とは異なり、個々の患者に対応した科学的な薬物治療(個別化治療)の確立を目指した学問領域で、第二次大戦後、欧米を中心に臨床医学の一分野として展開されてきた。本講座では、臨床薬理学の中核である薬物治療学の研究・実践とともに、サブスペシャルティとして専門性を持った臨床医でかつ領域を超えた横断的視野を持つ臨床薬理専門医・研究者の育成に努めていきたい。
医学科教育について
 日本の医学卒前教育では、治療学に割く時間が欧米より非常に少なく、薬物治療については系統的に教育を受けることが少ない。本学では学生時代から科学的な薬物治療の考え方を学ぶ機会を設けている。4年次の薬物治療学では、新薬開発から臨床試験、副作用、薬害、薬物代謝、薬物相互作用、病態に応じた薬物投与設計を教えている。そのゴールは学生が医薬品の添付文書を読み、活用できることである。
大学院教育・研究について
 ヒトを対象とした臨床薬理学的研究を行っている。本講座では肝臓における薬物代謝(特に代謝酵素P450)について長年取り組んできた。諸種の因子で主代謝臓器である肝臓が障害されると、多くの薬物の薬物動態(PK)が変化し薬効(PD)も変化し、思わぬ副作用を招くことになる。また、高齢化とともに生理機能は低下し、薬物動態のみならず薬力学にも大きく影響する。このように加齢あるいは病態の変化に応じた各患者における薬のPK/PD の変化を予測しうるモデルの確立を行う。
 一方、新薬の開発、コホート研究から新たな薬物治療の可能性を探索し検証的研究を行っていくことも臨床薬理学の重要な役割である。そのために薬効評価学、新たな効果指標の確立に取り組む。その手法として費用対効果、レギュラトリーサイエンスの視点から薬物治療の評価を行っていく。
講座(研究室)からのメッセージ
 薬物治療の基本は有害事象を防ぎながら最大の治療効果を上げることである。臨床薬理学は臨床の中にあって、患者における薬の科学的な「合理的薬物治療」を研究していく学問領域である。そのテーマは各疾患における専門領域から診療科を超えた横断的領域まで幅広い。近年、医療が専門化し、高度化しているなか、非薬物治療の進歩も目覚ましい。しかし、臨床医、とくに内科医にとってのメスは薬であるという意識を持って取り組んでいる。
▲ このページのトップへ
教育担当
講義科目名称と対象学年
薬物治療学(4年)
実習科目名称と対象学年
研究室配属(3年)
▲ このページのトップへ
大学院担当科目名称
成育・運動機能病態・治療学:臨床薬理学
▲ このページのトップへ
主な研究テーマ
実験研究

非循環器薬の心毒性に関する研究

代謝酵素の遺伝的多型性に基づいた科学的投与設計

病態に応じた薬物のPK/PDに関する研究
薬物治療の評価指標に関する臨床研究
レギュラトリーサイエンスに関する研究
治療薬の薬効に関するメカニズムの解明を目的としたトランスレーショナルリサーチ
▲ このページのトップへ
主な業績

【総説】

1)志賀 剛. 心房細動治療・管理の基本的な考え方. 山下武志編. 最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 134. 心房細動. 最新医学社、2018: 121-30.

2)志賀 剛. 処方医の観点で考える生活習慣病薬の処方と薬局の連携. フォーミュラリー編集委員会編. フォーミュラリー: エビデンスと経済性に基づいた薬剤選択. 薬事日報社、2017: 194-202.

3)Aonuma K, Shiga T, Atarashi H, Doki K, Echizen H, Hagiwara N, et al. Guidelines for Therapeutic Drug Monitoring of Cardiovascular Drugs Clinical Use of Blood Drug Concentration Monitoring (JCS 2015) - Digest Version. Circ J. 2017; 81:581-612.

【原著論文】

1)Ikeda T, Shiga T, Shimizu W, Kinugawa K, Sakamoto A, Nagai R, et al; J-LandⅡ Study Investigators. Efficacy and Safety of the Ultra-Short-Acting β1-Selective Blocker Landiolol in Patients With Recurrent Hemodynamically Unstable Ventricular Tachyarrhymias - Outcomes of J-Land II Study. Circ J. 2019; 83:1456-1462

2)Shiga T, Suzuki A, Haruta S, Mori F, Ota Y, Yagi M, et al; HIJ-HFⅡ Investigators. Clinical characteristics of hospitalized heart failure patients with preserved, mid-range, and reduced ejection fractions in Japan. ESC Heart Fail. 2019;6: 475-486

3)Matsui Y, Suzuki A, Shiga T, Arai K, Hagiwara N. Effects of Intravenous Landiolol on Heart Rate and Outcomes in Patients with Atrial Tachyarrhythmias and Acute Decompensated Heart Failure: A Single-Center Experience. Drugs Real World Outcomes. 2019; 6:19-26

4)Hattori H, Suzuki A, Shiga T, Nishinaka T, Saito S, Yamazaki K, et al. Impact of Recurrent Ventricular Tachyarrhythmia on Outcome in Japanese Heart Transplant Candidates With a Left Ventricular Assist Device. Circ J. 2018; 82:2305-2310

5)Shiga T, Kohro T, Yamasaki H, Aonuma K, Suzuki A, Ogawa H, et al. Body Mass Index and Sudden Cardiac Death in Japanese Patients After Acute Myocardial Infarction: Data From the JCAD Study and HIJAMI-Ⅱ Registry. J Am Heart Assoc. 2018; 7. pii: e008633.

6)Suzuki T, Shiga T, Omori H, Tatsumi F, Nishimura K, Hagiwara N. Self-Reported Non-adherence to Medication in Japanese Patients with Cardiovascular Diseases. Am J Cardiovasc Drugs. 2018; 18:311-316

7)Shiga T, Yoshioka K, Watanabe E, Omori H, Yagi M, Okumura Y, et al; AF-QOL study investigators. Paroxysmal atrial fibrillation recurrences and quality of life in symptomatic patients: A crossover study of flecainide and pilsicainide. J Arrhythm 2017; 33:310-317

▲ このページのトップへ
主な競争的研究費

〇厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策政策研究事業)
「慢性心不全の薬物・非薬物治療を統合した地域包括型治療の確立に関する研究」(研究代表者)
〇日本医療研究開発機構委託研究開発費
「循環器緩和ケアにおける診療の質評価に関する研究」(研究分担者)
〇科学研究費助成事業・基盤研究(C)(一般)
「三次元画像計測を用いた心臓機械現象の非接触計測とその臨床応用」(研究代表者)

▲ このページのトップへ