教授 村橋 睦了教授写真
研究室の概要
2020年に新外来棟の移設に伴い、新たにGMP/GCTP省令の製造管理および品質管理基準の概念を準用する新細胞加工施設としてリニューアルされました。当施設の最大のミッションは、アカデミアシーズの first-in -human を臨床試験もしくは医師主導治験として実施することにあると考えています。このような探索期の臨床研究で初めて分かる知見・トラブルを最適化し、次の開発のステップへつなぐことが目標です。一方で、保険収載されたCAR-Tなどの細胞加工製品や再生医療等製品の保管・品質管理など病院機能の一部を担っていくことも求められており、これらのニーズに応えていくことも当施設の役割です。また、産学連携によるがん免疫治療や再生医療分野研究の支援・活性化も目指しています。

これまで当施設では、本学耳鼻咽喉科による難治性中耳疾患に対する細胞シートを用いた中耳粘膜再生治療および脳神経外科・小児科と悪性腫瘍治療研究部の共同研究として脳腫瘍に対する免疫細胞療法の臨床試験を実施してきました。耳鼻咽喉科による中耳粘膜再生治療は、現在、AMEDの再生医療実用化研究事業として採択され、まもなく医師主導治験の開始が予定されています。また、脳神経外科・小児科による脳腫瘍に対する免疫細胞療法も症例が蓄積されており、AMEDの革新的がん医療実用化研究事業での採択を目指しています。

このようにJIKEI-CPFでは、再生医療、がん免疫治療など分野を問わず支援する体制を整えておりますのでCPFご利用をお考えの方は学内外・産学を問わずぜひお気軽にご相談ください。皆様の研究にお役に立てますことを願っております。

〒105-8461 東京都港区西新橋3-25-8 外来棟 6F
TEL 03-3433-1111(内線2420) FAX 03-3433-1230
E-mail murahashi@jikei.ac.jp
▲ このページのトップへ
主な業績
  1. Yamamoto K, Yamato M, Morino T, Sugiyama H, Takagi R, Yaguchi Y, Okano T, Kojima H. Middle ear mucosal regeneration by tissue-engineered cell sheet transplantation. NPJ Regen Med. 2017;2:6.
  2. Akasaki Y, Kikuchi T, Homma S, Koido S, Ohkusa T, Tasaki T, Hayashi K, Komita H, Watanabe N, Suzuki Y, Yamamoto Y, Mori R, Arai T, Tanaka T, Joki T, Yanagisawa T, Murayama Y. Phase I/II trial of combination of temozolomide chemotherapy and immunotherapy with fusions of dendritic and glioma cells in patients with glioblastoma. Cancer Immunol Immunother. 2016 ;65(12):1499-1509.
  3. Koido S, Homma S, Okamoto M, Takakura K, Mori M, Yoshizaki S, Tsukinaga S, Odahara S, Koyama S, Imazu H, Uchiyama K, Kajihara M, arakawa H, Misawa T, Toyama Y, Yanagisawa S, Ikegami M, Kan S, Hayashi K, Komita H, Kamata Y, Ito M, Ishidao T, Yusa S, Shimodaira S, Gong J, Sugiyama H, Ohkusa T, Tajiri H. Treatment with chemotherapy and dendritic cells pulsed with multiple Wilms’ tumor gene 1 (WT1)-specific MHC class I/II-restricted epitopes for pancreatic cancer. Clin Cancer Res. 2014; 20(16):4228-39
  4. Homma S, Kikuchi T, Ishiji N, Ochiai K, Takeyama H, Saotome H, Sagawa Y, Hara E, Kufe D, Ryan JL, Ohno T, Toda G. Cancer immunotherapy by fusions of dendritic and tumour cells and rh-IL-12. Eur J Clin Invest. 2005; 35(4):279-86.
  5. Kikuchi T, Akasaki Y, Abe T, Fukuda T, Saotome H, Ryan JL, Kufe DW, Ohno T. Vaccination of glioma patients with fusions of dendritic and glioma cells and recombinant human interleukin 12. J Immunother. 2004; 27(6):452-9.
  6. 本間 定、鎌田裕子、赤崎安晴. 樹状細胞ワクチンと多形性膠芽腫. 実験医学増刊「がん免疫療法 腫瘍免疫学の最新知見から治療法のアップデートまで」編集 河上 裕、羊土社、東京、p179-83, 2016
  7. Koido S, Homma S, Okamoto M, Namiki Y, Takakura K, Uchiyama K, Kajihara M, Arihiro S, Imazu H, Arakawa H, Kan S, Komita H, Kamata Y, Ito M, Ohkusa T, Gong J, Tajiri H. Strategies to improve the immunogenicity of anticancer vaccines based on dendritic cell/malignant cell fusions. Oncoimmunology. 2013 Sep 1;2(9):e25994. Epub 2013 Sep 12.
▲ このページのトップへ