センター長 教授・松浦知和教授写真
部門長 教授・中田浩二
(臨床応用研究部門)
教授・岩本武夫
(基礎医学研究推進部門)
教授・岡野 孝
(SI化学物合成部門)
部門責任者 教授・高田耕司
教授・草刈洋一郎
准教授・永森收志
准教授・越智小枝
所属員 講師(非常勤)・中込まどか
特任助教・Pattama Wiriyasermkul
ポストドクトラルフェロー・Pornparn Kongpracha
講座(研究室)の概要
 

 平成23年度から27年度まで文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 「安定同位体医学応用研究基盤拠点(SI医学応用研究基盤拠点)の形成」(研究代表者:松藤千弥)を推進いたしました。本研究成果の中から、外科学講座、臨床検査医学講座、消化器肝臓内科で開発した安定同位体13C呼気試験が臨床で有用なことが示され、実用化段階に進んでいます。また、自然科学教室では、医学研究のためのSI標識化合物を合成する基盤も整備され、総合医科学研究センター・基盤研究施設には質量分析装置等の機器も設置され、稼働しています。こうした研究基盤をもとに、先端医学推進拠点群に「安定同位体医学応用研究センター」を設置し、1) 安定同位体を用いた臨床病態評価法の実用化、2) 臨床応用のための臨床研究支援、3) SI医学応用に関わる臨床と基礎研究者の育成を推進します。

組織図
安定同位体医学応用研究センター組織図

研究装置
整備された研究装置および研究設備等

教育
 安定同位体(Stable Isotope; SI)を用いた研究手法や臨床応用法について、基礎から臨床にいたる教員が各々の分野で教育に従事しています。
大学院

担当:松浦知和、中田浩二、岩本武夫、岡野 孝、高田耕司、草刈洋一郎、永森收志、中込まどか

 基礎医学・臨床医学の各講座に所属する大学院生が、総合医科学研究センター・基盤研究施設や実験動物研究施設で質量分析法などに関して実地で学び、研究を推進することができます。

主な研究テーマ

  1. 質量分析技術を用いたマルチプレックス検査法の開発
  2. 臨床検査用自動質量分析装置を用いたビタミン・薬物の迅速定量測定法の実用化
  3. 安定同位体呼気試験の臨床法要
  4. 多面的相互作用による生体膜環境の生理機能発現・破綻機序の解明

課題1

課題2
2019年度~臨床検査用LC-MSによる血中25-OH VDの測定 (島津製作所(株)との共同研究)

主な業績
  1. Fujii T, Shimizu T, Katoh M, Nagamori S, Fukuoka J, Koizumi K, Sawaguchi A, Okumura T, Shibuya K, Fujii T, Takeshima T, Sakai H* Survival of detached cancer cells is regulated by movement of intracellular Na+,K+-ATPase. iScience 2021 24, 102412.
  2. Quan L, Ohgaki R, Hara S, Okuda S, Wei L, Okanishi H, Nagamori S, Endou H, Kanai Y. Amino acid transporter LAT1 in tumor-associated vascular endothelium promotes angiogenesis by regulating cell proliferation and VEGF-A-dependent mTORC1 activation. J. Exp. Clin. Cancer Res. 2020 Nov 30;39(1):266.
  3. Ezaki H, Matsuura T, Ayaori M, Ochi S, Mezaki Y, Masaki T, Taniwaki M, Miyake T, Sakurada M, Ikewaki K. The fasting 13C-glucose breath test is a more sensitive evaluation method for diagnosing hepatic insulin resistance as a cardiovascular risk factor than HOMA-IR. Clinica Chimica Acta. 2020;500:20-7
  4. Taki T, Hoya Y, Nakada K, Kawamura M, Iwasaki T, Murakami K, Okamoto T, Mitsumori N, Yanaga K. Gastric Emptying Improved Significantly After PRG Compared to Billroth-I Reconstruction: Assessment of Gastric Emptying With a 13C-Breath Test. Anticancer Res. 2019 Jun;39(6):3227-3230
  5. Mezaki Y, Kato S, Nishikawa O, Takashima I, Tsubokura M, Minowa H, Asakura T, Matsuura T, Senoo H. Measurements of radiocesium in animals, plants and fungi in Svalbard after the Fukushima Daiichi nuclear power plant disaster. Heliyon 2019; 5(12): e03051
  6. Nomoto H, Maehashi H, Shirai M, Nakamura M, Masaki T, Mezaki Y, Park J, Aizawa M, Ohkawa K, Yoshida K, Matsuura T. Bio-artificial bone formation model with a radial-flow bioreactor for implant therapy ? comparison between two cell culture carriers: porous hydroxyapatite and β-tricalcium phosphate beads. Human Cell 2018 Oct, http://doi.org/10.1007/s13577-018-0218-x
  7. Nakada K, Matsuhashi N, Iwakiri K, Oshio A, Joh T, Higuchi K, Haruma K. Development and validation of a simple and multifaceted instrument, GERD-TEST, for the clinical evaluation of gastroesophageal reflux and dyspeptic symptoms. World Journal of Gastroenterol. 2017; 23:5216-5228.
  8. Kajimura I, Akaike T, Minamisawa S. Lipopolysaccharide delays closure of the rat ductus arteriosus by induction of inducible nitric oxide synthase but not prostaglandin E2. Circ J. 2016,80: 703-11.
  9. Tajima A, Murai N*, Murakami Y, Iwamoto T, Migita T, Matsufuji S. 2016. Polyamine regulating  protein antizyme binds to ATP citrate lyase to accelerate acetyl-CoA production in cancer cells. Biochem Biophys Res Commun. 2016, 471: 646-51.
  10. Shimura D, Kusakari Y, Sasano T, Nakashima Y, Nakai G, Jiao Q, Jin M, Yokota T, Ishikawa Y, Nakano A, Goda N, Minamisawa S. Heterozygous deletion of Sarcolipin maintains normal cardiac function. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 310(1):H92-H103. 2016.
著書・総説, 解説等
  1. 中田浩二、羽生信義、松浦知和.日常診療に活かせる消化管機能検査 -13C呼気試験とドリンクテストを中心に-.日本消化器病学会雑誌, 2019, 116(10), 788-800.
  2. 松浦知和, 江崎裕敬, 中村まり子, 目崎喜弘, 政木隆博. 空腹時13C-glucose呼気試験による肝臓インスリン抵抗性の簡易診断法. RADIOISOTOPES 2019; 68: 1-6
  3. 松浦知和,目崎喜弘,政木隆博,松本喜弘,前橋はるか,中村まり子,中田浩二,朴 鍾爀,横山 寛.バイオ人工肝臓開発から臨床検査医学へ-空腹時13C-glucose呼気試験の開発-.臨床病理 2016;64(5):558-63
  4. 中田浩二、羽生信義、松浦知和、矢永勝彦.呼気による消化管機能評価.(In:) 槻木恵一 監修,非侵襲的検体検査の最前線 -唾液検査・呼気検査を中心に-.東京:シーエムシー出版,2015:246-52.「13C呼気試験法」の原理と臨床応用.ALFA CLUB 4月号(第370号), 2-3, 2013.
  5. 中田浩二. 吐息でわかる胃腸の働き-胃切除後の胃腸障害との関係(下)  「13C呼気試験法」でみた胃を切った後の胃腸の働き.ALFA CLUB 5月号(第371号), 2-3, 2013
  6. 中田浩二.新しい診断ツール「13C呼気試験法」による病態評価とその臨床応用.日本医事新報 2012;4581:48-9.
  7. 中田浩二.吐息でわかる胃腸の働き-胃切除後の胃腸障害との関係(上)  新しい生体機能検査
主な競争的研究費
  1. 文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 「安定同位体医学応用研究基盤拠点(SI医学応用研究基盤拠点)の形成」(研究代表者:松藤千弥)(平成23年度-27年度)
  2. 文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究(B)(代表:永森收志)「階層的アプローチによる膜輸送体の隠されている生理的基質の解明」(令和3年度―)
▲ このページのトップへ