東京慈恵会医科大学 学術研究

医科教育研究活動
看護学科教育研究活動
総合医学研究センター
学術情報センター 図書館・標本館・写真室・史料室
教育センター
教育センター
痛み脳科学センター
学術リポジトリ



倫理委員会
認定再生医療等委員会

お問い合せ サイトマップ トップページ

学術研究トップ > 教育センター

教育センター

 スタッフ
センター長 福島 統 教授
     
教育センター教員 尾上 尚志 教授
中村 真理子 准教授
岡崎 史子 講師
櫻井 結華 助教
 
 
 組織図

教育センター内組織図(平成28年4月1日)

 
 教育センターの目的

教育センターは、本学医学・看護学の卒前ならびに卒後教育の支援組織として、教育を推進する。これらの活動を通して、東京慈恵会医科大学の発展に寄与し、国民のための医療者教育の向上に貢献することを目的とする。

教育センター規程はこちらをご覧ください。

 
 センターの業務について
(1) 医学科教育の支援業務に関すること。
(2) 看護学科教育の支援業務に関すること。
(3) 看護専門学校教育の支援業務に関すること。
(4) 大学院教育の支援業務に関すること。
(5) 卒後教育の支援業務に関すること。
(6) 地域医療者教育に関すること。
(7) 教育関連補助金獲得および教育補助金検討委員会の管理・運営に関すること。
(8) シミュレーション教育施設の管理運営に関すること。
(9) 教育情報基盤支援業務(e-learningを含む)に関すること。
(10) 学校法人主催公開講座の企画、調整、実施支援に関すること。
(11) 教育IRに関すること。
(12) その他、本学教育に関すること。
   
 教育センターの活動
(1) シミュレーション教育の実践と利用
  a) シミュレーション教育の実践例と今後の課題
  b) 平成24年度シミュレーション教育施設の利用状況
西新橋校 国領校
(2) eラーニングの利活用について
  a) 臨床技能教育とeラーニング
  b) 症候学演習eラーニングの活用事例
  c) 大学連携によるIT腫瘍学教材の開発と利用
     (教育改革ICT戦略大会)
  d) 基本的臨床技能実習
「乳房診察」の教育開発・実践・評価
  e) 平成24年度 eラーニングの利用実績
(3) 看護キャリアサポートセンターについて
  平成23年4月に看護における卒前・卒後教育の推進のため、看護キャリアサポートセンターを設置しました。エデュケーションナース研修等を実施しています。
  a) 看護キャリアサポートセンター概念枠組み
(4) 医学科卒業生アンケート
  慈恵の医学教育改善のために、慈恵で受けた学生教育と卒業してから経験したことを踏まえ、卒業生にアンケートを実施しました。
アンケートの結果はこちらから
 
 大学教育改革支援事業について
文部科学省では、大学教育の充実事業(Good Practice:GP)を通じて、教育の質向上に向けた大学教育改革の取組を選定し、財政的なサポートや幅広い情報提供を行い、各大学などでの教育改革の取組を推進しています。現在、本学が実施しているGPは次の通りです。
  1)

平成25年度未来医療研究人材養成拠点形成事業
  卒前から生涯学習に亘る総合診療能力開発 -地域における臨床研究の推進を目指して-
  2)

平成24年度基礎・臨床を両輪とした医学教育改革によるグローバルな医師養成
グローバルな医学教育認証に対応した診療参加型臨床実習の充実
  参加型臨床実習のための系統的教育の構築
 
今までに選定されたGPは次の通りです。
 

平成22年度大学教育・学生支援推進事業大学教育推進プログラム
   学生一人ひとりを育てる学習評価システム
 


平成20年度大学教育充実のための戦略的大学連携支援事業
  東京都内4医療系大学連携によるカリキュラム開発と 地域医療者生涯学習コース提供
 


平成19年度特色GP
  地域の教育力を活かす医療者教育 
―大学と地域との連携、地域の教育力を大学に、大学の智を地域に―
 

平成19年度医療人GP
   プライマリケア現場の臨床研究者の育成
 


平成18年度現代GP
  卒前教育教材から生涯継続学習教材へe-learningを用いた医療系学部の地域医療者貢献
 

平成17年度特色GP
   多くの職種が参加する医療者教育  ―Inter-professional Education―
 

平成15年度特色GP
   医療者(専門職業職者)育成のための学習評価システム
 
 

copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.