学校法人 慈恵大学 採用情報

初期臨床研修医

附属病院
葛飾医療センター
第三病院
柏病院

専門修得コース(レジデント)

医師公募情報

職員採用情報

お問い合せ サイトマップ トップページ

研修プログラム概要
前に戻る
第三病院初期臨床研修医募集要項募集案内
 当院は、緑豊かな武蔵野の自然に囲まれた環境にあり、地域密着型の大学附属病院として一般的な疾患から高度な専門医療まで幅広く提供しています。
リハビリテーション病棟・結核病棟・森田療法センターと特色ある病棟も兼ね備え、新しくできた新手術棟はグッドデザイン賞を受賞するなどハードの面でも充実しています。
 研修プログラムにおいては1年目から選択科を2ヵ月配置し、地域研修では数多くの地元開業医のもとで研修が出来るなど、年々工夫され充実したプログラムとなってきています。これらの改善は研修医からの声を吸い上げて実現したものであり、自由に意見を出し合い、良いものはスピーディーに実現させる風土があります。そして何より病院で「楽しく」働くスタッフの姿、お互いのつながりの強さが当院の魅力です。
 
研修プログラムの特色

 第三病院初期臨床研修プログラムは全て共通して日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるよう、プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度、技能、知識)を身につけることを基本方針として構成されている。
各プログラムの特色は下記の通りである。

<一般プログラム>
一般プログラムの特色としては

1. 内科や救急部、地域医療の他、外科・麻酔科は医師としての土台づくりに必須であると考え必須とした。
2. 基礎である内科疾患を2年目でも研修できるように、基本研修科目である内科を1年目4ヶ月、2年目2ヶ月の構成とした。救急部や麻酔科についても同様1年目に2ヶ月、2年目に1ヶ月の構成とした。
3. 選択必修科目は精神神経科、小児科、産婦人科の中から1診療科を1ヶ月単位として2診療科を選択とした。
4. 地域医療研修に地元医師会の協力を得て開業医等施設での研修を行えるようにした。

 これらの特色は研修医からの要望を受けて改善した項目もあり、今後も継続してさらに研修医の成長にとってよりよいプログラム作りをして参ります。
研修評価についてはポートフォリオを用いた各ローテイト科の評価結果に加え、2年間の研修状況を総合的に判断し修了判定を行います。
 
小児科専修プログラム
<小児科専修プログラム>
小児科専修プログラムの特色としては

1. 小児科を必修科目として2ヶ月とし、選択科での小児科研修の期間を各自の希望に合わせて設定することで、研修期間に応じた専修プログラムの習得が可能。
2. 基礎である内科疾患を2年目でも研修できるように、基本研修科目である内科を1年目4ヶ月、2年目2ヶ月の構成とした。救急部や麻酔科についても同様1年目に2ヶ月、2年目に1ヶ月の構成とした。
3. 選択必修科目は精神神経科、産婦人科の中から1診療科を2ヶ月もしくは2診療科を各1ヶ月研修することとした。
4. 選択科目は1、2年目合計5ヶ月とし、研修医の幅広いニーズに対応できるようにした。

将来の進路が小児科に限定される訳ではありません。ローテーションは一般プログラムと同様、本人の希望に沿い幅広い選択が可能です。

研修評価についてはポートフォリオを用いた各ローテイト科の評価結果に加え、2年間の研修状況を総合的に判断し修了判定を行います。
 
産婦人科専修プログラム
<産婦人科専修プログラム>
産婦人科専修プログラムの特色としては

1. 産婦人科を必修科目として2ヶ月とし、選択科での産婦人科研修の期間を各自の希望に合わせて設定することで、研修期間に応じた専修プログラムの習得が可能。
2. 基礎である内科疾患を2年目でも研修できるように、基本研修科目である内科を1年目4ヶ月、2年目2ヶ月の構成とした。救急部や麻酔科についても同様1年目に2ヶ月、2年目に1ヶ月の構成とした。
3. 選択必修科目は精神神経科、小児科の中から1診療科を2ヶ月もしくは2診療科を各1ヶ月研修することとした。
4. 選択科目は1、2年目合計5ヶ月とし、研修医の幅広いニーズに対応できるようにした。

 将来の進路が産婦人科に限定される訳ではありません。ローテーションは一般プログラムと同様、本人の希望に沿い幅広い選択が可能です。

 研修評価についてはポートフォリオを用いた各ローテイト科の評価結果に加え、2年間の研修状況を総合的に判断し修了判定を行います。
 
臨床研修の目標の概要
1. すべての臨床医に求められる初期診療の基本的臨床能力を身につける。
1) バイタルサインを正しく把握し、生命維持に必要な初期の処置を的確に行うことができる。
2) 初期診療に必要な最小限の情報収集ができ、迅速に検査、治療計画をたて、指示し、かつ実施する。
2. 患者を身体的だけでなく、心理的・社会的の面も併せて全人的にとらえ、患者および家族との正しい人間関係を確立する態度を身につける。
3. チーム医療のうえで他の医師および医療メンバーと協議する習慣を身につける。
4. 他科あるいは上級医に委ねるべき問題があれば、必要な記録を添えて転送する時期を判断する能力を養う。
5. 慢性疾患の健康管理上の要点を把握し、社会復帰の基本計画が立案できる。
6. 末期患者の管理と死後の法的処置を適切に行う。
7. すべての情報、診療内容を正しく記録する習慣を身につける。
 
臨床研修病院群
1) 基幹型臨床研修病院
(1) 東京慈恵会医科大学附属第三病院(581床)
〒201-8601  東京都狛江市和泉本町4丁目11番1号
TEL 03-3480-1151
2) 協力型臨床研修病院
(1) 東京慈恵会医科大学附属病院(1076床)
〒105-8471  東京都港区西新橋3丁目19番18号
TEL 03-3433-1111
(2) 東京慈恵会医科大学葛飾医療センター(365床)
〒125−8506  東京都葛飾区青戸6丁目41番2号
TEL 03-3603-2111
(3) 東京慈恵会医科大学附属柏病院(640床)
〒277-8567  千葉県柏市柏下163丁目1番
TEL 0471-64-1111
(4) 特定医療法人社団青山会青木病院(335床)
〒182-0035  東京都調布市上石原3-33-17
TEL 0424-83-1355
3) 研修協力施設
(1) 天本病院
〒206-0036  多摩市中沢2-5-1
(2) 八王子保健生活協同組合城山病院
〒193-0826  八王子市元八王子3-2872-1
(3) にゅうむら医院
〒183-0024  調布市布田2-16-2ステックス2F
(4) 愛和クリニック
〒182-0002  調布市仙川町一丁目15番47ひなたビル1階
(5) しばさき内科クリニック
〒182-0007  調布市菊野台2-5-21
(6) 工藤ハートフル・クリニック
〒182-0011  調布市深大寺北町6-38-6
(7) 調布東山病院
〒182-0026  調布市小島町2-32-17
(8) さいとうクリニック耳鼻咽喉科
〒 182-0022 調布市国領町4-8-3 亀の子ビル4階
(9) 津田整形外科
〒182-0022 調布市国領町2-13-5
(10) 小針クリニック
〒182-0026 調布市小島町2-54-4 ライオンズプラザ調布シティ2階
(11) 高坂皮膚科
〒182-0036 調布市飛田給1-27-3 吉野ビル1階A
(12) 西田医院
〒182-0014 調布市柴崎1-64-13
(13) 調布病院
〒201-0034 調布市下石原3-45-1
(14) しおり小児科
〒182-0024 調布市布田2-44-1
(15) 大枝医院
〒182-0024 調布市布田6-25-2
(16) 石戸谷小児科
〒201-0012 狛江市中和泉1-1-1 狛江YSビル4F
(17) 染谷クリニック
〒201-0012 狛江市中和泉5-33-2 ヒルズソゲツ1階
(18) 仙川さとうクリニック
〒182-0002 調布市仙川町2-18-15 メゾン仙川1階

(19)

榎本内科クリニック
〒182-0036 調布市飛田給2-12-9

(20)

あらし耳鼻咽喉科クリニック
〒182-0026 調布市布田1-37-12

(21)

岩瀬外科内科
〒201-0003 狛江市和泉本町3-3-18
 
受け入れる研修医の数
病床数より算定して定員は年23名とする。
全国公募としてマッチングシステムに参加する。

top
copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.