学校法人 慈恵大学 採用情報

初期臨床研修医

医科
附属病院
葛飾医療センター
第三病院
柏病院

歯科  
附属病院
 

専門修得コース(レジデント)

医師公募情報

職員採用情報

お問い合せ サイトマップ トップページ

各診療科プログラム
産婦人科
前に戻る
■附属病院初期臨床研修医募集要項募集案内
プログラム責任者
岡本 愛光
 
一般プログラム 臨床研修到達目標
1. 一般目標(GIO)
  一般プログラムの臨床研修到達目標と同様に、
1) 女性特有のプライマリーケアを研修する。
2) 妊産褥婦ならびに新生児の医療に必要な基本的知識を研修する。
3) 女性特有の疾患による救急医療を経験する。
 
小児科医・産科医育成プログラム 臨床研修到達目標
1. 一般目標(GIO)
  一般臨床医に必要とされる
1) 女性特有のプライマリーケアを研修する、
2) 妊産褥婦ならびに新生児の医療に必要な基本的知識を研修する、
3) 女性特有の疾患による救急医療を経験する、
  その上で、特に周産期医療全般にかかわる知識・技術をより集中的に研修する。
2. 産科関連・婦人科関連の行動目標(SBO)
 
1) 産科関連(産)
(1) 母体、胎児、胎児付属物、産褥、新生児の生理の基本を理解する。
(2) 産科の基本的診察法を習得する。
 
1: 問診及び病歴の記載  
患者との間に良いコミュニケーションを保って問診を聴取し、病歴作成が出来る。
2: 産科の診察
診療に必要な基本的態度・技能を身につける。
  (ア) 視診
  (イ) 外診、Leopold触診法
  (ウ) 内診、膣鏡診
  (エ) 妊婦健診
(3) 産科の検査
産科診療に必要な種々の検査を実施あるいは依頼し、その結果を評価して、患者・家族にわかりやすく説明することができる。
 
1: 妊娠検査
免疫学的妊娠反応
2: 超音波検査
  (ア) 経膣超音波(初期妊娠の診断)
  (イ) 児推定体重、羊水、胎盤
  (ウ) well being、血流超音波
  (エ) 胎児奇形
3: 分娩監視検査
  (ア) 正常を理解できる
  (イ) 胎児ジストレスの評価
4: 画像診断(骨盤単純X線検査、骨盤MRI検査)
5: 出生前診断(羊水検査)
(4) 産科の治療法および分娩管理を理解し実施することができる。
 
1: 妊産褥婦に対する薬物療法  
  (ア) 催奇形性、胎盤通過性、胎児への影響、乳汁への移行を理解する。
  (イ) 感染症に対して適切な化学療法が実施できる。
  (ウ) 子宮収縮抑制薬の作用幾序、適応、効果、投与法、副作用を理解し、適切な治療が出来る(切迫流・早産の管理)。
  (エ) 分娩誘発、陣痛促進に対する薬剤の適応、効果、リスクを理解し、安全かつ適切な治療が出来る。
2: 分娩管理  
分娩管理法について理解し、正常分娩の管理を経験する。
  (ア) 正常分娩第1期ならびに第2期の管理
  (イ) 正常頭位分娩における児娩出前後の管理
  (ウ) 正常産褥の管理
3: 産科手術療法および周術期管理  
産科手術法、周術期管理、産科麻酔法について理解する。
  (ア) 以下の手術の適応、要約、禁忌、実施法、リスクを理解し、術者もしくは助手を経験する。
    会陰切開・縫合術(術者)
    子宮双合圧迫法(術者)
    腹式帝王切開術(助手)
    iv 頚菅縫縮術(助手)
    v 吸引分娩術(助手)
    vi 胎盤用手剥離術(術者)
  (イ) 上記手術前後の管理ができる。
  (ウ) 産科麻酔について理解し管理できる。
(5) 産科救急疾患について、理解し適切なプライマリーケアができる。
 
1: 妊娠初期の出血・腹痛(含む、子宮外妊娠)
2: 妊娠中・後期の出血・腹痛
3: 産褥出血
(6) 合併症妊娠とその管理方法について理解する。
 
1: 糖尿病合併妊娠
2: 心疾患合併妊娠
3: その他の合併妊娠
(7) 新生児の診察を行い、異常をスクリーニングできる。
 
1: Apgar score
2: Silverman score
3: その他の身体所見
(8) 指導医とともに母体搬送症例への対応(小児科医との連携を含む)を経験する。
(9) NICUでの新生児管理ができる。
2) 婦人科関連(婦)
(1) 女性生殖器の解剖・生理を理解する。
(2) 女性の加齢と性周期に伴うホルモン環境の変化を理解する。
(3) 婦人科の基本的診察法を習得する。
 
1: 問診及び病歴の記載
患者との間に良いコミュニケーションを保って問診を聴取し、病歴作成が出来る。
2: 婦人科の診察
診療に必要な基本的態度・技能を身につける。
  (ア) 視診
  (イ) 外診
  (ウ) 内診、直腸診、膣鏡診
  (エ) 穿刺診(ダグラス穿刺、腹腔穿刺)
3: 婦人科の検査
婦人科診療に必要な種々の検査を実施あるいは依頼し、その結果を評価して、患者・家族にわかりやすく説明することができる。
  (ア) 婦人科内分泌検査
    基礎体温表検査
    各種ホルモン検査
  (イ) 感染症の検査
    膣カンジダ検査(鏡検・培養)
    膣トリコモナス検査(鏡検・培養)
    クラミジア検査(抗原・抗体検査)
  (ウ) 細胞診・組織検査
    子宮膣部細胞診
    子宮内膜細胞診
    病理組織生検
  (エ) 画像診断
    超音波検査
    腹部単純X線検査
    腹部CT検査
    骨盤MRI検査
    尿路造影検査
(4) 婦人科手術療法について理解し、経験する。
 
1: 婦人科良性腫瘍(子宮内膜症を含む)手術とその周術期管理
婦人科良性腫瘍手術へ助手として参加し、その周術期管理ができる。
  (ア) 開腹手術
  (イ) 腹腔鏡下手術
  (ウ) 子宮鏡下手術
2: 婦人科悪性腫瘍手術とその周術期管理
婦人科悪性腫瘍手術へ助手として参加し、その周術期管理ができる。
(5) 婦人科薬物療法について理解する。
 
1: 婦人科感染症の薬物療法
婦人科感染症の薬物療法について理解し実施できる。
2: 婦人科良性腫瘍(子宮内膜症を含む)の内分泌療法
婦人科良性腫瘍の内分泌療法について理解し実施できる
3: 排卵障害・機能性子宮出血などの内分泌異常に対する内分泌療法について理解できる。
4: 更年期障害などへのホルモン補充療法について理解できる。
5: 婦人科悪性腫瘍の化学療法
婦人科悪性腫瘍の化学療法について理解し、その副作用対策ができる。
(6) 婦人科癌の終末期管理ができる。
 
1: 終末期患者の栄養管理が実施できる。
2: 癌性疼痛管理について理解し実施できる。
(7) 婦人科救急(急性腹症)について理解し、適切なプライマリーケアができる。
 
1: 女性の急性腹症を系統的に診断できる。
2: 婦人科救急疾患の手術に助手として参加し、周術期管理ができる。
(8) 不妊症の検査・治療について理解できる。
(9) 妊孕性温存手術・治療の適応について理解できる。
一般プログラムの研修期間と行動目標
 
研修期間
(ヶ月)
産科
(ヶ月)
行動目標 婦人科
(ヶ月)
行動目標
1 0.5 (産)1-4 0.5 (婦)1-5
2 1 1
3 1〜2 (産)1-5 1〜2 (婦)1-6
4 2 2
5 2〜3 2〜3
6 3 (産)1-6 3 (婦)1-7
7 3〜4 3〜4
8 4 (産)1-7 4 (婦)1-8
9 3〜5 3〜5 (婦)1-9
小児科医・産科医育成プログラムの研修期間と行動目標
 
研修期間
(ヶ月)
産科
(ヶ月)
行動目標 婦人科
(ヶ月)
行動目標
1 1 (産)1-4 0  
2 2 (産)1-5 0
3 2 1 (婦)1-5
4 3 (産)1-6 1
5 4 1
6 5 (産)1-7 1
7 6 1
8 7 (産)1-8 1
9 8 (産)1-9 1
その他の必須プログラム
 
共通 術前カンファレンス 月曜日 8:00-9:00
集談会 木曜日(隔週) 18:00-20:00
産科関連 病棟カンファレンス 月曜日 17:00-18:00
周産期カンファレンス 水曜日 16:30-17:30

周産期全体カンファレンス

月曜日(第二) 16:30-17:30
婦人科関連 腫瘍カンファレンス 月曜日 7:30-8:00
病棟カンファレンス 月曜日 17:00-18:00

病理・放射線・婦人科合同カンファレンス

水曜日(隔月) 18:00-20:00

top
copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.