学校法人 慈恵大学 採用情報

初期臨床研修医

附属病院
葛飾医療センター
第三病院
柏病院

専門修得コース(レジデント)

医師公募情報

職員採用情報


お問い合せ サイトマップ トップページ

研修プログラム責任者からのメッセージ

 
研修委員長
 小倉 誠
研修委員長
小倉 誠

 東京慈恵会医科大学附属柏病院(柏病院)は、『大学病院』であり、優れた教育環境と先進的な医療環境があります。特筆すべきは、『地域の中核病院』であり、『救急病院』であることです。これにより、あらゆるCommon diseaseを経験でき、多くの救急患者さんの診療にも 携わることができます。このような経験を初期研修医のうちにできることは、その後の大きな財産になると思います。また、慈恵医大卒業生の割合は多いものの、他学卒業生も多く、分け隔てなく、アットホームな研修が受けられます。
是非、私たちと一緒に柏病院で実りある研修を行いましょう。
当院の研修の特徴は以下の通りです。
1) 地域の中核病院であり、各科とも症例は非常に豊富です。どの科を回ってもバラエティーに富んだ症例を担当することができます。
2) 「救命救急センター」であり、一次、二次救急はもとより、三次救急診療を経験できます。
3) 蘇生トレーニングコースである研修医ICLS講習会を全員受講します。これは日本救急医療学会認定のコースで、全国で通用する受講証を得られます。
4) 必修科の「地域医療」では、新潟県佐渡島(佐渡総合病院)での選択肢があり、貴重な日本の自然を体験しながら独特の地域医療を経験することができます。
5) 研修2年目の選択研修では、柏病院内のみならず、慈恵医大附属4病院の診療科を選ぶことが可能です。
6) 柏病院の研修医が全員で行なう「研修医勉強会」が毎週開催されるなど、横のつながりや自主性を重んじています。
7) 2ヶ月に1回、「研修協議会」として、研修医全員と病院長・看護部長・事務部長および各科の指導責任者との話し合いの場があり、スタッフと直接意見交換できます。
8) 病院の医局はオープンスペースとなっており、診療科ごとの垣根が低く、ローテーション中ではない診療科の先生にも気安く相談する事ができます。
9) 希望者は、実際に動物を使用して外科の治療手技を習得する「ウェットラボ」も受ける事ができます。
10) 病院の敷地内には大学の臨床医学研究所が設置されており、最先端の診療・研究の現場を目の当たりにできます。
 

戻る
copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.