学校法人 慈恵大学 採用情報

初期臨床研修医

附属病院
葛飾医療センター
第三病院
柏病院

専門修得コース(レジデント)

医師公募情報

職員採用情報

お問い合せ サイトマップ トップページ

各診療科プログラム
内科
前に戻る
■柏病院初期臨床研修医募集要項募集案内
診療部・科
内科
内科総括責任者
小倉 誠  
   
   
   
総合診療部一同
プログラム概要
基本研修科目としての内科研修は6ヵ月間である。内科研修は、当院の消化器・肝臓内科、神経内科、腎臓・高血圧内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、腫瘍・血液内科、循環器内科、呼吸器内科、総合診療部の内科系診療科の中から、1診療内科2ヵ月間の研修を計3診療内科で行うものとする。
各診療内科は基本研修科目履修期間の6ヵ月間については各診療科の診療上の特徴を踏まえながら一般内科臨床研修として、下記に定められた内科共通の基本的臨床研修到達目標を達成するよう研修医の指導に当たるものとする。
なお、2年目の選択研修では1〜4ヵ月間の内科研修を選択することができる。選択研修では臓器の特性を基本としたより専門的な研修プログラムが組まれているので、別記の各診療内科2年目選択研修プログラムを参照されたい。 。
臨床研修到達目標(基本研修科目履修6ヵ月分)
1. 一般目標(GIO)
  一般目標としては、医療人として必要な基本姿勢・態度をみにつけることである。具体的には以下の通りである。
1) 患者を全人的に理解し、良好な医師―患者関係を築く。
2) 医療チームの構成員としての役割を理解し、保健・医療・福祉の幅広い職種からなる他のメンバーと協調する。
3) 患者の問題を把握し、問題対応型の思考を行い、生涯にわたる自己学習の習慣を身につける。
4) 患者ならびに医療従事者にとって安全な医療を遂行し、安全管理の方策を身につけ、危機管理に参加する。
5) 患者・家族との信頼関係を構築し、診断・治療に必要な情報が得られるような医療面接を実施する。
6) チーム医療の実践と自己の臨床能力向上に不可欠な、症例提示と意見交換を行う。
7) 保健・医療・福祉の各方面に配慮しつつ、診療計画を作成し、評価する。
8) 医療の持つ社会的側面の重要性を理解し、社会に貢献する。
2. 行動目標(SBO)(経験目標)
 
1) 経験すべき診察法・検査・手技
 
(1) 医療面接
患者・家族との信頼関係を構築し、診断・治療に必要な情報が得られるような医療面接を実施することができる 。
(2) 基本的な身体診察法
病態の正確な把握ができるよう、全身にわたる身体診察を系統的に実施し、記載することができる 。
(3) 基本的な臨床検査
病態と臨床経過を把握し、医療面接と身体診察から得られた情報をもとに必要な検査を自ら実施し、あるいは検査の適応が判断でき、結果の解釈ができる。
基本的な臨床検査とは以下の項目をいう 。
一般尿検査(尿沈査顕微鏡検査を含む)、便検査(潜血、虫卵)、血算・白血球分画、血液型判定・交差適合試験、心電図・負荷心電図、動脈血ガス分析、血液生化学的検査、血液免疫血清学的検査、細菌学的検査・薬物感受性検査、肺機能検査、髄液検査、細胞診・病理組織検査、内視鏡検査、超音波検査、単純X線検査、造影X線検査、X線CT検査、MRI検査、核医学検査、神経生理学的検査(脳波・筋電図)
特に、太字の検査については初期研修の間に自ら実施しなければならない。
(4) 基本的手技
基本的手技の適応を決定し、実施することができる。
基本的手技とは以下の項目をいう。
気道確保、人工呼吸、心マッサージ、圧迫止血、皮内・皮下・筋肉・点滴注射、静脈確保、中心静脈確保、静脈・動脈採血、腰椎・胸腔・腹腔穿刺、導尿、ドレーン・チューブの管理、胃管の挿入と管理、気管挿管、除細動、皮膚縫合
以上の太字の基本的手技は初期研修の間に自ら実施しなければならない。
(5) 基本的治療法
基本的治療法の適応を決定し、適切に実施することができる。
基本的治療法とは、療養指導、薬物療法、基本的な輸液、輸血療法をいう。
(6) 医療記録
チーム医療や法規との関連で重要な医療記録を適切に作成し管理することができる。
医療記録とは[1]診療録(退院時サマリーを含む)、[2]処方箋・指示箋、[3]診断書・死亡診断書・証明書、[4]CPCレポート、[5]紹介状・紹介状への返信、をいう。なお、太字の医療記録は自ら経験しなければならない必須項目である。
(7) 診療計画
保険・医療・福祉の各側面に配慮しつつ、診療計画を作成し、評価できる。
診療ガイドラインやクリニカルパスを適切に活用することができる。
2) 経験すべき症状・病態・疾患
 
(1) 頻度の高い症状
全身倦怠、不眠、食欲不振、体重減少、体重増加、浮腫リンパ節腫脹発疹、黄疸、発熱頭痛めまい、失神、けいれん発作、視力障害視野狭窄結膜の充血、聴覚障害、鼻出血、嗄声、胸痛動悸呼吸困難咳・痰嘔気・嘔吐、胸やけ、嚥下困難、腹痛便通異常(下痢、便秘)腰痛、関節痛、歩行障害、四肢のしびれ血尿排尿障害(尿失禁・排尿困難)、尿量異常、不安・抑うつ、などの症状に関しては自ら診療し、鑑別診断を行うことができる。
特に、太字下線の症状については初期研修の間に経験し、レポートを提出しなければならない。
(2) 緊急を要する病状・病態
心肺停止、ショック、意識障害、脳血管障害、急性呼吸不全、急性心不全、急性冠症候群、急性腹症、急性消化管出血、急性腎不全、急性感染症、急性中毒、誤飲・誤嚥、電解質異常などの病態に関しては初期治療に参加すること。
特に、太字の病状・病態については初期研修の間に必ず経験しなければならない。
(3) 経験が求められる疾患・病態
貧血(鉄欠乏貧血、二次性貧血)、白血病、悪性リンパ腫、出血傾向・紫斑病、脳血管障害(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血)、変性疾患、脳炎・髄膜炎、湿疹・皮膚炎群(接触性皮膚炎、アトピー性皮膚炎)、蕁麻疹、薬疹、皮膚感染症、骨粗鬆症、心不全、狭心症、心筋梗塞、心筋症、不整脈、弁膜症、動脈疾患(動脈硬化症、大動脈瘤)、高血圧症(本態性、二次性高血圧症)、呼吸不全、呼吸器感染症、閉塞性・拘束性肺疾患、肺循環障害(肺塞栓・肺梗塞)、過呼吸症候群、胸膜炎、自然気胸、肺癌、食道・胃・十二指腸疾患小腸・大腸疾患(イレウス、急性虫垂炎、痔核・痔瘻)、胆嚢・胆管疾患、肝疾患(ウイルス性肝炎、急性・慢性肝炎、肝硬変、肝癌、アルコール性肝障害、薬物性肝障害)、膵臓疾患、腹膜炎、急性腹症、腎不全(急性、慢性、透析)、原発性糸球体疾患、全身疾患による腎障害(糖尿病性腎症)、尿路疾患(尿路結石、尿路感染症)、前立腺疾患、下垂体機能障害、甲状腺疾患、副腎不全、糖代謝異常(糖尿病、糖尿病合併症、低血糖)、高脂血症、高尿酸血症、糖尿病・高血圧・動脈硬化による眼底変化、視覚屈折異常、角結膜炎、白内障、緑内障、中耳炎、アレルギー性鼻炎、痴呆アルコール依存症、気分障害(躁うつ病)、ストレス関連障害、ウイルス感染症、細菌感染症、結核、真菌感染症、性感染症、寄生虫疾患、SLE,慢性関節リウマチ、アレルギー疾患、高齢者の栄養摂食障害、老年症候群(誤嚥、転倒、失禁、褥痩)などの疾患について70%以上の経験が必要である。
特に、太字下線の疾患・病態については初期研修の間に入院患者を受け持ち、診断、検査、治療方針について症例レポートを提出しなければならない。また太字の疾患・病態については受け持ち入院患者(合併症を含む)で自ら経験しなければならない。 。
3) 特定の医療現場の経験
 
(1) 救急医療
生命や機能的予後に係わる、緊急を要する病態や疾病に対して適切な対応をすることができる。特に、救急医療の現場を経験することは必須である。
(2) 緩和・終末期医療
緩和・終末期医療を必要とする患者とその家族に対して、全人的に対応することができる。特に、臨終の立会いを経験することは必須である。
プログラム
1. 研修1ヵ月目
 
1) 指導医と医療面接を実施し、診断・治療に必要な情報を得ると共に、患者・家族との信頼関係を構築することができる
2) 基本的な身体診察法を習得し、診療録に適切に記載することができる。
3) 基本的な臨床検査を自ら実施すると共に、その結果を解釈できる。
4) 医療の安全管理を学び、適切な対応マニュアルを理解・習得する。
2. 研修2ヵ月目
 

研修1ヵ月目の到達目標に加えて、
 
(1) 基本的診療手技の意義を理解し、自ら実施することができる。
(2) 基本的治療法を理解し、適切に実施することができる。
(3) 指導医と共に診療計画を立案することができる。
(4) 文献検索が出来、EBMに基づいた考察を思考することができる。
(5) 指導医の指導の下に、内科の集談会において症例を提示できる。
3. 研修3ヵ月目
 

研修2ヵ月目までの到達目標に加えて、
 
(1) 患者ならびに家族に対する病状説明に立会い、説明と同意を得ることができる。
(2) 退院時サマリー、紹介状への返信を適切に記載することができる。
(3) 頻度の高い症状について適切なレポートを作成することができる。
(4) 経験が求められる疾患・病態について診断し、治療計画を立案することができる。
4. 研修4ヵ月目
 

研修3ヵ月目までの到達目標に加えて、
 
(1) チーム医療の一員として症例検討会に参加し、自分の意見を述べることができる。
(2) 症例レポートを作成し、症例の問題点を適切に指摘することができる。
(3) 退院後の生活指導について立案し、患者に適切な助言を与えることができる。
(4) 内科の集談会において症例発表を行なうことができる。
5. 研修5ヵ月目
 

研修4ヵ月目までの到達目標に加えて、
 
(1) 緊急を要する病状・病態について初期治療に参加することができる。
(2) 内科の救急医療を経験し、適切に対処することができる。
(3) 緩和・終末期医療に立会い、患者とその家族に対し適切に対応することができる。
(4) 医療の安全管理を理解し、適切な行動をとることができる。
6. 研修6ヵ月目
 

研修5ヵ月目までの到達目標に加えて、
 
(1) 指導医の下に外来診療を経験し、適切な診断・治療計画が立案できる。
(2) 他科との医療連携において患者の病状を適切に説明し、他科と協同で治療計画を立案し遂行することができる。
(3) CPCレポートを作成し、病院の臨床病理検討会で症例を提示することができる。
(4) 症例の問題点を適切に考察し、学会・研究会等で症例報告を発表できる。

top
copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.