学校法人 慈恵大学 採用情報

初期臨床研修医

附属病院
葛飾医療センター
第三病院
柏病院

専門修得コース(レジデント)

医師公募情報

職員採用情報

お問い合せ サイトマップ トップページ

研修プログラム概要
前に戻る
東京慈恵会医科大学建学の精神
「病気を診ずして、病人を診よ」
 私達は病気の治療のみでてはなく、病者の不安や悩みなどを取り除き、つねに患者さんのための真の医療を考えております。
 また、病者の痛みに共感することができる「医の心」を持つ医師と「看護の心」を持つ看護師の養成を目指しております。
【病院の理念】
 「病気を診ずして病人を診よ」の教えに基づき、質の高い医療を実践し、医療人を育成することにより、社会に貢献し、患者さんや家族から信頼される病院をめざす。
【病院の基本方針】
1. 患者さんや家族が満足する良質な医療を実践する。
2. 先進医療の開発・導入など、日々、医療水準の向上に努める。
3. 優れた技能を身につけ、豊かな人間性と倫理観を兼ね備えた医療人を育成する。
4. 地域社会と連携し、きめ細かな医療サービスを提供する。
5. 全職員が誇りを持って働ける職場づくりを実践する。
東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 臨床研修プログラム概要
1. 研修プログラムの特色
 
1) Common Diseaseに対する基本的な診療から難治性疾患に対する高次医療までの幅広い研修。
2) 総合診療部による内科診療の基礎、救急診療研修を取り入れ、プライマリケアの修得に重点。
3) 研修協力病院・施設および選択診療料を充実し、志望する部門での研修ができる。
4) 共通カリキュラム(院内学会、講演会、症例検討会、CPC、クルズスなど)の充実。
2. 研修目標
 
1) 初期診療の基本的臨床能力を養い、診療情報、診療内容を正しく記録できる。
2) 患者および家族と正しい人間関係を確立する態度を身につける。
3) チーム医療を身につけ、他科あるいは上級医に依頼する時期を判断する能力を養う。
4) 慢性疾患の管理上の要点を把握し、社会復帰の基本計画が立案できる。
5) 末期患者の管理と死後の法的処置を適切に行うことができる。
3. プログラム責任者の氏名
根本 昌実(東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 総合内科診療部長)
4. 臨床研修を行う分野ごとの研修期間および臨床研修病院
 
Ⅰ. 研修期間
  1) 1年目研修  
    必須科目(14ヵ月)
    内科(6ヵ月)、外科(3ヵ月)、救急部(2ヵ月)、麻酔部(2ヵ月)
  2) 2年目研修  
   
(1) 必須科目(1ヵ月)
  地域医療(1ヵ月)
(2) 選択必須科目(2ヵ月)
  精神神経科、小児科、産婦人科
※1診療科を1ヶ月単位として、1科・2ヶ月または2科・各1ヶ月の研修が可能。(但し、小児科、産婦人科は2ヶ月単位とする。)
(3) 選択科目(7ヵ月)
  消化器・肝臓内科、神経内科、腎臓・高血圧内科、循環器内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、呼吸器内科、総合内科、外科、麻酔部、救急部、精神神経科、小児科、産婦人科、皮膚科、画像診断部、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、内視鏡部、病院病理部、ICU
Ⅱ. 臨床研修病院群の内訳
  1. 基幹型相当大学病院
    東京慈恵会医科大学葛飾医療センター
〒125-8506 東京都葛飾区青戸6-41-2 Tel:03-3603-2111
  2. 協力型相当大学病院
   
1) 東京慈恵会医科大学附属病院
〒105-8471 東京都港区西新橋3-19-18 Tel:03-3433-1111
2) 東京慈恵会医科大学附属第三病院
〒201-8601 東京都狛江市和泉本町4-11-1 Tel:03-3480-1151
3) 東京慈恵会医科大学附属柏病院
〒277-8567 千葉県柏市柏下163-1 Tel:04-7164-1111
  3. 研修協力施設
   
1) 財団法人復光会総武病院(精神神経科:選択必須科研修)
〒273-0001 千葉県船橋市市場3-3-1 Tel:047-422-2171
2) 葛飾赤十字産院(小児科・周産期医療:選択必須科研修)
〒124-0012 東京都葛飾区立石5-11-12 Tel:03-3693-5211
3) いなば内科クリニック(診療所:地域医療研修)
〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-26-2-204 Tel:03-5680-8005
4) いずみホームケアクリニック(診療所:地域医療研修)
〒124-0062 東京都葛飾区青戸5-30-4 Tel:03-3603-1717
5) 青戸腎クリニック(診療所:地域医療研修)
〒125-0062 東京都葛飾区青戸2-6-2 Tel:03-5654-2215
6) わたクリニック(診療所:地域医療研修)
〒125-0054 東京都葛飾区高砂5-36-7 Tel:03-5648-7025
7) 足立共済病院(市中病院:地域医療研修)
〒120-0022 東京都足立区柳原1-36-8 Tel:03-3881-6116
5. 研修医の指導体制
初期臨床研修を受け持つ各診療科(部)において、臨床経験7年以上の指導医及び上級医が、研修目標の到達情況を適宜把握し研修医の指導・評価にあたる。
6. 研修医の評価について
 
1. プログラム責任者は研修医の目標到達情況を適宜把握し、研修管理委員会に研修目標の達成情況を報告する。
2. 病院長ならびに研修管理委員長が行う評価の結果、臨床研修を修了したと認めるときは臨床研修修了書を交付する。
3. 臨床研修を修了したと認めないときは、その理由を文書で研修医に通知する。
7. 研修管理委員会について
 
1. 東京慈恵会医科大学葛飾医療センター研修管理委員会を設置する。
2. 委員会の構成
  1) 委員長(院長)
  2) プログラム責任者(研修委員長)
  3) 基本研修科研修実施責任者代表
  4) 必須研修科研修実施責任者代表
  5) 研修協力施設の研修実施責任者もしくは代表者
  6) 事務部門の責任者
3. 委員会は以下に掲げる事項を行う。
  1) 研修プログラムの全体的な管理と各研修プログラム間の相互調整
  2) 研修医期間中の研修医の全体的な管理
  3) 研修医の研修状況の評価
  4) 採用時における研修希望者への評価
  5) 研修後あるいは中断後の進路について相談等の支援を行う。
  6) 研修プログラムの自己点検・評価
  7) 指導医ならびに診療科(部)の評価
  8) 採用時における研修希望者の評価
  9) 研修委員会の定期的開催
8. 各診療科研修プログラム・プログラム責任者および指導医
 
1) 各診療科(部)研修プログラムの詳細は別に定める。
2) プログラム責任者は病院長が指名する。
プログラム副責任者はプログラム責任者が指名する。

3) プログラム責任者および副プログラム責任者は研修プログラムの作成、および研修医の指導・管理を担当する。
4) 指導医は臨床経験7年以上で、プライマリ・ケアを中心とした指導を十分行える能力を有する者とする。
5) 指導医1名が受け持つ研修医は5名までとする。
9. 研修医の評価ならびに臨床研修修了証の交付について
 
1) 指導医は当該診療科での研修期間中、研修医の目標到達状況を把握する。
2) プログラム責任者およびプログラム副責任者は研修実施責任者と共に研修医の目標到達状況を把握し、研修委員会にその達成状況を報告する。
3) 研修管理委員長(病院長)は、研修委員会が研修医の評価に基づき臨床研修を修了したと認めたものに対し、臨床研修修了証を交付する
4) 研修委員会の評価の結果、研修医が臨床研修を修了したと認められない場合には、研修管理委員長はその理由を文章で当該研修医に通知する。
10. 研修医の身分および処遇について
 
1. 身   分: 附属病院長直属の常勤医師
2. 研 修 手 当: 月額約25万円(通勤・当直手当を含む)
通勤手当は規程により支給
当直手当は規程により支給
原則として日直は月1回、当直は週1回を限度とする
賞与・退職金は非支給
3. 勤 務 時 間: 9:00〜17:00 時間外勤務有り
4. 休   暇: 有給休暇(1年目10日・2年目11日)
年末年始休暇有り
5. 社 会 保 険: 医療保険及び年金共に私学事業団に加入
労災加入
雇用保険加入
6. 宿   舎: 単身者用宿舎有り(寮費:10,000円)
7. 院 内 個 室: 研修医専用の共用スペースに専用の机を配置してある
8. 健 康 管 理: 教職員定期健康診断を年2回実施
9. 医師賠償保険: 各自、任意加入
10. 研 修 活 動: 学会・研究会等への参加可、費用負担無し
11. そ の 他: 研修医の雇用契約期間中のアルバイトは禁止する。

top
copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.