学校法人 慈恵大学 採用情報

初期臨床研修医

医科  
附属病院
 
葛飾医療センター
 
第三病院
柏病院

歯科  
附属病院
 

専門修得コース(レジデント)

医師公募情報

職員採用情報


お問い合せ サイトマップ トップページ
研修プログラム説明
  研修プログラムは内科6ヵ月、救急部3ヵ月、外科3ヵ月、麻酔部2ヵ月、地域医療1ヵ月(合計15カ月)を必須科としたスーパーローテイトを基本とし、選択必須科目では小児・産婦人科・精神神経科の中から2ヵ月選択し、残りの7ヵ月間は自由に診療科を選択できるプログラムになっています。選択科は附属4病院にて連携しており、どの附属病院でも研修科の選択科可能です。(研修プログラムPDF)
 各科の詳しい研修内容について研修医がご紹介いたします。 (下図の各ローテイト科をクリックしてください!

【内科】

池脇宏嗣
葛飾医療センターは大学病院でありながら、中規模市中病院としての役割も担っているため、高度医療・集中治療管理を要する重症例からCommon diseaseまで幅広い症例を経験することができます。 研修医は科ごとに1人であることが多いので、上級医の先生方から治療計画の立て方、データ・画像の読み方など熱心に教えてもらえます。さらに、中心静脈カテーテル・腰椎穿刺・トロッカー・関節穿刺など手技のチャンスも豊富にあります。
内科では様々な合併症を持った患者を担当することが少なくありませんが、診療科ごとの垣根も低いためローテイト以外の科の先生に直接指導を受けることができるのも大きな強みです。
topに戻る
【外科】

五十嵐陽介
研修医の必修ローテーションとして外科を3ヶ月研修します。
仕事内容は主に、カンファレンス、病棟回診、手術の参加です。学生も交え、みんなで一緒に回診し、手術に入るような印象です。研修中はスタッフの一人としてみなされます。時には一人病棟回診など、重要な仕事を任されることもありますが、それは結果的に自身のスキルアップに繋がります。手技としては、採血やルート確保は当然のこと、中心静脈カテーテルやトロッカーの挿入、手術の執刀までさせていただきました。また、先日は演題発表の機会をいただき、福岡の学会にも参加して参りました。こちらが熱心であれば、その熱意にも答えて下さります。
先生方はユーモアがあり、とても温かいです。先生方の患者さんへの熱心な対応は、今後の医者人生において大きく影響するものがあります。研修の最後には、将来の志望診療科関係なく研修医ひとりひとり送別会を開いていただきました。
外科の研修期間を終えても、診療科の垣根を超えて症例の相談にのって下さったり、様々なイベントを開いて下さります。当院は比較的小規模な大学病院であり、一度顔を覚えていただければ様々な機会をいただけることが研修の強みであると思います。

春日恵里
葛飾医療センターの外科では、2チーム制で診療を行っています。各々のチームにそれぞれ研修医が配属され、上の先生のご指導の下、3ヶ月間の研修にあたります。病棟では、回診を研修医1人でしなくてはならないことも多く、自分の裁量が認められることが多いです。勿論、最初のうちは分からないことは上の先生や主治医の先生に相談をしながら行いますが、上の先生方はどんな質問でも快く答えてくださいます。スタッフの数も15人ほどと多過ぎず、自分のチームの患者さんのことだけではなく、お昼の食事の時などに他愛のない会話もしますので、全ての先生と必ずお話する機会があり、とても質問がしやすい環境です。
また、手術も盛んに行っており、自分が興味がある手術は先生に相談をすれば、皆さん快く入れてくださいます。手術中も、解剖から縫合、デバイスの使い方まで、しっかりとご指導いただけます。また、手術に関しては、内科系・外科系志望問わず、虫垂炎や鼠径ヘルニア修復術などの術者も、研修医でありながら行うことができます。
topに戻る
【救急部】

岡島英梨
当院の初期研修では、救急部を3ヶ月ローテートします。救急部は1次・2次救急を中心としすべての救急搬送患者の初期診療を担当しているため、総合内科と並びGeneralな診断学・初期治療を学ぶことができる診療科となっています。勤務体制は日勤と夜勤に分かれた交代制のシフトとなっています。日勤では救急車の初期対応を中心的に行い、鑑別・適切な検査・確定診断、外傷処置、上級医・専門医への適切なコンサルテーションを行います。当院で受ける救急患者の特徴としては、とてもCommon diseaseが多くなっており、初期研修医がまず習得すべき対応を学ぶことができます。しかしながら緊急を要する、見逃してはならない疾患が隠れていることや、CPA症例も数多く経験します。また、内科当直とは異なり特に外傷患者のアセスメントに強くなります。Primary surveyからsecondary surveyまで細かく上級医に指導してもらえるため、基本的な対応には困らなくなります。夜勤ではwalk in症例と救急搬送症例のすべての初期対応を行います。内科・外科ともに基本的に研修医がファーストタッチを行うため、疾患の偏りなく様々な症例・手技を経験することができます。
topに戻る
【麻酔部】

中田遼志


倉内洋輔
当院麻酔部研修での1日は、朝カンファレンスから始まります。曜日によっては、朝カンファレンスの前に、ICU勉強会、麻酔科手技(神経ブロック等)や医療機器に関するミニレクチャーが開催されており、大変勉強になります。カンファレンス後は上級医の指導の下、麻酔を行い、症例の合間に術前・術後の回診を行います。
当院麻酔部の上級医の方々は非常に熱心であり、麻酔管理、手技の基本的知識を身につけられることはもちろんのこと、実践する場を与えて頂けます。具体的には中心静脈カテーテル留置や硬膜外麻酔など指導医のもとで行うことが可能です。また興味のある症例があれば、経験の場を与えて頂けます。自分の頭で考え、経験することで麻酔管理の重要性を学び、実感することができました。麻酔導入時の気道確保、マスク換気を例として、麻酔部研修はその後の研修や将来の専門科に進んだ後も必要不可欠な基礎を学ぶ期間でもあり、貴重な2ヶ月間となります。当院麻酔部で是非貴重な経験をしていただればと思います。
topに戻る
【地域医療】

根本委員長
 地域医療研修では基本的に葛飾医療センターの近隣の診療所・病院で研修します。いずれも病病連携、病診連携を密接に取っている医療機関です。在宅医療、外来診療、療養、病床での医療を体験できます。1年目でしっかりと基礎を身に付け、2年目の1ヵ月間、外の研修協力施設で十分に力を発揮してきてもらいたいと考えています。
topに戻る
【選択必須科 小児科・精神科・産婦人科】

宮國憲昭
葛飾医療センターでは選択必修科として小児科・精神科・産婦人科の3診療科から選ぶことができます。
私の場合小児科・精神科を選択したのでこの2診療科について述べたいと思います。
まず小児科に関してですが、一番の特色としては受け持った患児の主治医となることです。日々の点滴や抗生剤などの治療計画のみならず、退院の日程調整までを考えなければなりません。ほとんどの診療科では上級医が決定するため小児科でのこのような研修は一人の医師・人間として大きく成長できる機会でした。また、受け持つ症例としても肺炎・喘息などのcommon diseaseはもちろんのこと、川崎病などの全身疾患まで多岐にわたります。それぞれの疾患を受け持つたびに疾患に対して論文・ガイドライン等で研究し、実際の臨床に活かすサイクルは興味深いものでした。
精神科は基本的には外来の患者さんの予診と入院患者のコンサルトです。認知症やうつ病、睡眠障害などが外来治療で良くなっていく様子を実感することができます。また、週に2回総武病院で研修を行い、精神科の入院患者を診療することができます。こちらはなかなか診ることができない統合失調症などの管理を学ぶことができます。
いずれの診療科でも上級医は優しく、疑問点を解決してくれました。
【選択科】 

増谷祐人
 〜附属4病院の選択連携について〜
私は、研修2年目の7月と8月を本院小児科、9月を柏病院の循環器内科、10月を柏病院の救急科をローテーションさせていただきました。
選択科目で慈恵の他の附属病院での研修ができることは私が慈恵で研修することを決めた理由の一つでもありました。
分院と本院では診療科の雰囲気も診ている患者・疾患も異なり、将来自分が進む科の他の病院での雰囲気、診ている疾患を研修医のうちに見ておきたいと思い、他の分院、本院での研修を希望しました。
私が研修をしていた葛飾医療センターは病院の規模も4病院で一番小さく、市中病院に近い雰囲気でcommon diseaseの患者が非常に多く来る病院でありました。それに比べると、附属病院はいかにも大学病院といった雰囲気があり、難治症例や珍しい疾患を数多く経験することができました。柏病院では救命救急センターのある病院として、葛飾医療センターに比べて重症患者の数が非常に多く診ることができ、人工呼吸器管理や透析、重症患者の初期対応を学ぶことができました。
また、他の病院で研修している同期や先輩、後輩との情報交換や交流もはかれて非常に有意義な研修期間を過ごすことができました。
自分の研修場所から離れてほかの病院を見ることは自分の研修にとって非常に刺激になり、勉強になりました。
【選択科】

岸本勇将
葛飾医療センターの研修では、病床数に比べて研修医の数が少ないため、多くの症例を経験することができます。大学病院ですが、心不全や肺炎の ようないわゆるcommon diseaseを多く経験することができ、大学病院ならではの珍しい疾患も経験できます。指導医の先生方がおおくいらっしゃり、どの科を選択しても、一か ら丁寧に教えてくれます。毎週新患カンファや病棟カンファもあり、プレゼンに関しても問題なく勉強できます。手技は採血、静脈路確保のような初歩的な手技 から、CV挿入、腰椎穿刺、挿管といったものまで幅広くまんべんなく習得できます。また、当院での当直は救急当直であり、内科、外科、ウォークイン、救急 車まで研修医がファーストコールになっており、色んな救急疾患の初期治療を一人で行うことができます。不安な時や、冷や冷やする場面もあり、大変ではあり ますが、常に上級医の先生がバックアップしてくれます。幅広い症例、手技、救急初期対応などを経験したい方に当院での研修をお勧めします。
topに戻る
【選択科】

雨宮えりか
7か月の選択科は、4病院の各科から選ぶことができます。私は泌尿器科、整形外科、外科と麻酔科のおかわり、放射線科、柏の呼吸器内科、を選択しました。選択科では自分次第でいかようにも学ぶことができます。中規模病院なのでたくさんのcommon diseaseの診断・治療を学べるので、マイナー科で得たものは、どの科に進んでも役立ちます。私はコテコテの外科系気質なため、かなり積極的に色々な手技をさせてもらいました。また、当院では研修医が少ないのもあり、途中で選択科を変更したくなった際も速やかに柔軟に対応してもらえるため、日毎に成長し変化していく自分の考えに沿った研修を行うことができます。

<泌尿器科>
手術日は朝からひたすら手術。他の日は病棟業務がメイン、外来の見学やお手伝い、救急対応も。できる手技は
・血尿、頻尿、排尿障害の診察
・尿道カテーテル挿入困難で他科から依頼された患者さんへの尿道カテーテル挿入
・膀胱洗浄
・膀胱鏡検査(観察のみ)
・前立腺生検(仙骨硬膜外麻酔から生検まで全て)
・初歩的な手術(膀胱結石破砕、陰嚢水腫、包茎)の術者・第一助手
・各科管理の手術の脊椎麻酔や大腿神経ブロック
・ESWL(体外衝撃波結石破砕術)
など

<整形外科>
泌尿器科同様、手術、病棟、外来、救急対応。できることは
・骨折などのシーネ固定
・脱臼整復
・大腿骨骨幹部骨折の直達牽引
・大腿骨転子部骨折の手術(γネイル)の術者
など

<外科>
必修ローテーションの時よりもやらせてもらえること、やりたいことに自由度が出ます。
・CV挿入
・CVポート造設
・胸腔ドレーン挿入/抜去
・鼠径ヘルニア/急性虫垂炎の手術の術者
などができる

<麻酔科>
脊椎麻酔や硬膜外麻酔、神経ブロック、CVやAライン挿入などをやらせてもらえる他にも、術中の麻酔薬も自分で考えて相談して、好きなように麻酔をかけさせてもらえました。自分の気持ち次第では、ICUで学ぶ機会もいただけるというオイシイかんじです。

<放射線科>
朝からひたすら読影。自分でテーマを絞って(私は急性腹症と頭部外傷)学ぶことができます。上級医が優しく丁寧に教えて下さり、自分の読影レポートも添削してもらって実際のカルテに自分の名前と共に記載されます。血管内治療を見ることもできます。

<柏の呼吸器内科>
もともと当院にいらした先生が柏病院に異動になったこともあり選択しました。
肺癌だけでなく、間質性肺炎・COPD・気管支拡張症・CO2ナルコーシスなど様々な病態を診ることができ、気管支鏡検査も観察から生検までさせてもらいました。
topに戻る

戻る
copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.