事務総合職について

事務系総合職の業務は、下記の3部門で構成されています。

病院事務部門

・管理運営

官公庁への各種届出、病院の予算管理、広報、地域医療機関との連携、院内各種委員会の運営、リスクマネジメントへの対応

・医事業務

患者さんの受診手続き及び各種案内、診療費の算定及び
保険請求、患者サービスに関わる業務

法人事務部門

・ 企画(経営戦略・運営)、人事、総務、財務など

・建物・設備の新設計画、維持管理、施設の電気系統管理・物資の調達・管理等など

大学事務部門

・カリキュラムの編成、学生の学籍管理、学校行事運営

・教室・教育機器の管理、入試に関わる業務、研究助成など

 病院・大学・法人、それぞれの部門を超えたジョブローテーションを経て、日々行う業務から発生する「問題」に対して総合的な視点からの解決方法を考えたり、現状に満足せず、「新たな取り組みを企画し、実行し、検証し、再度取り組む」といった、改善や提案を積極的に行うことが、将来的にはメインの仕事となっていきます。

 総合職としては、将来の慈恵大学の「経営」を担っていただきたいと考えています。

 慈恵大学というフィールドで、「患者さんにとっての最善・最良の医療サービスの提供」と「経営」という2つの視点を持ち活躍いただくことを期待しております。

採用情報 就職説明会 採用試験 FAQ