学校法人 慈恵大学 採用情報

初期臨床研修医

附属病院
葛飾医療センター
第三病院
柏病院

専門修得コース(レジデント)

医師公募情報

職員採用情報


お問い合せ サイトマップ トップページ

専門修得コース(レジデント)

附属病院院長からのメッセージ


病院長 丸毛 啓史
 学祖・高木兼寛は、病める人を全人的に治療する英国医学を学び、日本において全人的治療を実践できる質の高い医療人を育成するため、1881年に本学の前身である成医会講習所を開設しました。その後、東京慈恵会医科大学と名を改め、今日に至っています。この間、一貫して「病気を診ずして病人を診よ」を建学の精神に掲げ、数多くの良医を輩出してきました。こうした歴史を踏まえ、本学では平成9年から専門修得コースを設置し、本学の附属4病院[本院(港区)、葛飾医療センター(葛飾区)、第三病院(狛江市)、柏病院(柏市)]を中心に、専門修得コース関連病院などで、各診療科のプログラムに沿った研修を進めています。
 本学の附属4病院と晴海の診療所(慈恵医大晴海トリトンクリニック)は、新橋にある本院を中心として、各病院が首都圏エリアに位置し、相互に機能分担と医療連携を行っています。附属4病院あわせて2650床を有し、一日の外来患者数は約7500名であり、日本でトップクラスの規模を有する大学附属病院です。 とくに本院には、世界に数台しかない各種の最新医療機器を他の医療機関に先駆けて積極的に導入するなど、的確な診断と低侵襲性治療を目指し、アジアにおける医療機関の拠点となるべく世界最先端のハード面の整備が整いつつあります。また、他の附属病院にも先端の医療設備・機器ならびに優秀な人材・知材が備わっており、多様な疾患と広範な経験を通じて臨床医としての幅を広げるとともに、地域社会への貢献を体感できるプログラム構成になっています。
 これらの恵まれた環境のもと、各専門分野の指導者が熱心に教育を行っています。そして専門修得コース全体の管理運営を図るためにレジデント委員会を設置し、各個人の意思を尊重した柔軟なプログラム運営を行っています。
 高度化かつ多様化した現代医療では、医師として幅広い基礎知識と技能の修得を基盤とした専門領域の十分な知識および卓越した技能の修得が要求されています。本学の附属4病院は、こうした社会的ニーズに応えながら、専門領域の知識・技能に偏ることなく、常に患者さんの抱える様々なニーズを的確に捉え、患者さんの立場に立った医療が実践できる医師の育成を目指しています。
 全国からファイトにあふれる優秀な人材が集まることを期待しています。

 

戻る
copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.